FC2ブログ
Loading…
 

『端切れ10cmから始める1時間雑貨』

2020.09.18 手芸   comments 0
主婦と生活社
Amazon

端切れ消費のアイデア満載。

手作りビギナーさんでもこれなら簡単!
・・・とあります。

p48 ヘキサゴンのブックカバー
p50 ヘキサゴンのポーチ
p51 大人色のお出かけバッグ
p53 クレージーキルトのマット
    端切れポケットのエプロン

布合わせのセンス良し。
この本、欲しい。

また借りる!


(2019.3.3 読了)
この手の本は大抵。
下手すると作例に貧乏臭さが漂うのですが。
センスが良くて、作ってみたくなるものが多い。
端切れ収集家としては、なかなか貴重な手芸本です。

『はじめての苔テラリウム』園田純寛


成美堂出版
Amazon

ちょっと好みと違った

失敗しない植え方・育て方・メンテナンスがわかる
・・・と副題にあります。

私。箱庭的なものが好きなんですね、昔から。
苔玉とか、盆栽とかも好きです。
アクアリウムも興味あります。

ある日。テレビで「パルダリウム」なるものを見て。
わー、これいいわー、やりたーい、と。

しかし。

テラリウム、アクアリウム、、ビバリウム、パルダリウムって。
いったい何が違うんだー!?

簡単に言うと。
 
ビバリウムはあらゆる動植物を含み。
アクアリウムは水生の動植物を含み。
テラリウムとビバリウムは曖昧で。
パルダリウムが最新のブームで。

パルダリウムは湿地の環境を再現する・・・かな?

まぁ。なんでもいいんですけど。
湿地っていうのが私の好みにあっていて。
あと、植物メイン、もしくはオンリーなのがいい。

ただ。大掛かりっていうか、手にあまりそう。
最初は苔テラリウムくらいがいいんじゃないか、って。

で。借りてみたんですけどね。
うーん。思ってたんと違う。

この本自体はとても懇切丁寧でいいと思う。
苔テラリウムを始めたい人にはうってつけ。

問題は私がやりたいのは苔テラリウムでなかったこと・・・

パルダリウム で検索すると。
なぜか、『パルダリウムで楽しむヤドクガエル』なる本が。
やだー! カエルは要らんー!

下手するとパルダリウムも熱帯雨林になりそうですが。
ていうか、そういうもんなんでしょうが。
神秘的な森の感じで作れたら素敵だなぁ。

しかしね。この苔テラリウムも。
改めて眺めると、悪くないです。
自分なりのセンスで作れば面白いかも。

(2020年8月 読了)
室内に緑が欲しいなぁと近頃感じてる。
でも観葉植物は好みに合わないんだよね。
多肉植物も自分の部屋には似合わないし。
じゃあリウム系が似合うかっていうと疑問。

『ザ・パワー』ロンダ・バーン



兎にも角にも、良い気分でい続けるべし。

本書の内容を一言で言えば。
常に良い気分でいよう、ってことです。
そうすれば全ては好転する、と。

以下、ひたすら引用。
(雑です。メモです。読まなくていいです)

関連記事

つぶやき集 2018年7月 2

心がとまった。なんか、そういう感じ。壊れてはいない。折れたのとも違う。止まった。無理に動かすとキシキシ厭な音がする。でもとまったままも不気味。不思議なくらい乾いている。辛くないとは言えないようで。辛いと言えば嘘のようで。ただ、心が動かない。

会社公認で一週間の休みをもらう。ラッキーといえばラッキーだ。問題は一週間後に出勤できるのかどうかということ。どうなんだろう。自分で判断できないから病院へ行くしかないのだけれど。不安。果たして行けると言われるのが怖いか、行けないと言われるのが怖いか。

一週間で。何ができるだろう。本はちょっと読めるかな。本屋さん、できれば行きたいな。すこし、はるばる出かけるような本屋さんへ。図書館も行かなきゃ。あと、本棚整理。あと本の感想。とりあえず思い浮かんだのは本のことばかり。

A型気質を発揮して。ミニのモレスキンの残り頁を数えてみる。314頁。となると、今から一日2頁描き続ければ、だいたい丁度今年いっぱいで使い切る。そしたら来年(2019年)のを買ってもいいかな。また毎日コツコツ描いてもいいな。しかし。一日一頁もキツいのに一日二頁のノルマを課す発想がおかしい。

でも。うまく描こうとか欲をかかずに、何気なく描けば。そして今日の出来事を象徴するような何かをスケッチしようとか妙に肩肘張らなければ。二頁がしんどいということもない。むしろ、いい気晴らしになる・・・たぶん。

日課がある、って。ふしぎと心の支えになる。好きなことでも毎日欠かさずとなると負担にならなくはないのだけれど。それでも続けていると、それがリズムになってきて。不調の波に溺れそうなときに小声で歌ってくれるのだ。自分への応援歌。消えそうな小さな声ではあるけれど。

『「つながり」の精神病理』中井久夫

4480093621ちくま学芸文庫
Amazon

書くことの意味を問う。

何も書かないのが最高であるといちおうは思う。第一、この言明には「恰好のよさ」がある。

著者はこう書いている。
しかし一方で、こうも言う。
書かなかったなら、重いうつ病になったかもしれないと。

書くことは明確化であり、単純化であり、表現衝動の「減圧」である。何よりもまず、書くことに耐えない多くの観念が消え去る。あるものは、その他愛なさによって、あるものは不都合によって、あるものは羞恥によって却下される。おそらく、夜中に大発見をしたと思い、朝にその下らなさに呆れるのと同じことである。

ああ。とても。とてもとてもとても同感。
私はかつて読み手がなくても書き続ける人でしたが。
なぜ書かねばならないかといえば、自分を救うためでした。

もう一つは、日本というのはどういう国なのかを知ることでした。そのために外国のことをいろいろ知ろうとしました。とにかく家中の本を手当たり次第読みました。一番読んだのは百科事典だったと思います。ヨーロッパのいくつかの国やアジアの国を勉強することで、戦争による精神的な危機を切り抜けようとしたのだと思います。これらは今も私のベースになっていると思います。

私は、ここまでには至れませんでした。
世界について知ろうとした時代はありましたが。
知力と精神力があっという間に尽きてしまって・・・

ものを考えることと悩むことだけが得意な人。
思春期か、もしくは大人になっても死にたいと思った人。
世の中にも自分自身にも耐えられないと絶望した人。

居場所がなくて。
誰にも理解されなくて。
誰をも理解できなくて。

ひとりぼっちに慣れてしまった人。
自分自身を誤魔化しながら誤魔化しきれず生きている人。

自分を少数派だと常に感じている人。
何か特別な事件がなくてもいつも苦しい人。

そういう人に読んで欲しい。

私は中井氏の書物にいつも救われて。
この人の言葉は奇跡としか思えぬ程、尊くて。

自分が辿り着けなかった境地に達した氏を尊敬して。
ほんの少し、悔しくて。

生まれ変わるなら。
やはり、どれほど苦しんでもいいから。
中井先生のように考えぬける頭を持ちたいと思う。

卑屈にならずに。誠実に。
苦しみから逃げないで考え続けられる人間になりたいと思う。

怖いくらい。この人、本物だ。

(2018.8.10)
氏の文章は、私の理想の文章。
伝えづらいことを簡潔に書き。
飾ることなく、美しい。
言わない。大切なことを。
なのに、わかる。
ううん。わかる人にはわかる。
わからない人のことなど、氏は考えていない。
だけど傲慢ではない。独りよがりでもない。
伝わる人はいると、おそらく信じている。
伝わらない人がたくさんいることもわかっている。
媚びは一切ない。
言葉の精度がとてつもなく高くて。
いつも。読んでいて泣きそうになる。
彼のように考えられる人がいることに救われる。
彼のように書ける人がいることに嫉妬する。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***