FC2ブログ
Loading…
 

父の死

病気一つしたことのない父が。
昨日、あっという間にこの世を去ってしまいました。

私が出勤して。
その後、母が買い物へ出かけて。
母は買い物から40分後に帰宅して。

その時にはトイレで倒れていました。
すでに心肺停止でした。

朝。いつも通りに朝食を一緒にとり。
自分の仕事と父が決めている掃除もして。
私の分もコーヒーを淹れてくれ。

何もかも。
いつもと同じ朝だったのに。

父がいない暮らしが想像できません。
母と二人きり。
どちらも弱い人間なのに。
そんな二人を支え続けてくれた父が消えてしまった。

どれほど。我慢づよく。
どれほど。優しく。
どれほど。愛情深い人だったろう。

何もしてあげられなかった。

75歳は、若すぎるとは言わないかもしれないけれど。
でも。やっぱり早すぎる。

いつかは、ということは全く考えないわけではなかった。
でも。まだ、先のことだと思っていた。

親をなくすことは。
誰にでもあることと覚悟はしていた。
でも。今ではなかった。

トイレで倒れたと言っても。
服もきちんと着て、床一つ汚すこともなく、
きれいにパタリと倒れていたという。

とにかく、病気と縁がなく。
どこかが痛いとかしんどいとか口にしたこともない人で。
誰よりも健康に見えていた人だったから。

皆がただただ、びっくりして。信じられなくて。

そんな中、親族の一人が思わずつぶやいた。
「あまりにも爽やかに逝ってしまった」と。

仕事中の私は、メールも電話もロッカーの中。
後になって開いた母からのショートメールには。

「お父さんが亡くなってしまいました」
「お父さんが亡くなってしまいました」

と。二回、短かい言葉が繰り返されていました。

長かった父の逝った一日、それよりも長かった翌日、
そして、父を送る明日。

私の心は半分くらいは平静で、
けれど一睡も出来ないほどには動転から冷めず、
気がつくと、こうつぶやき続けている。

「お父さんがいない、お父さんがいない、お父さんがいない」

もう会えないなんて。
そんなおかしなことってあるだろうか。

ごめんなさい。
ブログ、当分、お休みします。

落ち着いたら帰って参りますね。

暮しの手帖 4世紀82号

B01D5311MY
暮しの手帖社
Amazon

あれ? 松浦さんじゃないんだ?

編集長がいつの間にか変わっていました。
そうなんだ。いいとか悪いとかっていうより、吃驚。

でも。落ち着いて考えてみると。
松浦氏が長く編集長をやるわけはないようにも思える。

約10年、勤められたようですね。
気になって調べてみると。

彼は暮しの手帖社入社時、「売り上げを倍にする」と、
社主であり創業者の大橋鎮子さんにと約束したのだそう。

実際、退社直前にはその約束は果たせたようで。
10万部だったのが21万5千部になっていたそう。

えっと。で。この号ですね。
違いを感じるのかってことですね。
あのー。すみません。真剣に読んでませんでした。

そんなにピンと来るものはなかったようでもありますが。
うわー以前と違っちゃった!と嘆くほどでもなく。

中の人が変わってないから大丈夫なのかな。
毎号読んでいないせいもあってか、よくわかりません。

とにかく贅沢は言いません。
クウネルの二の舞にならなければOKです。

次はちゃんと読みますね。
心が折れていて、なんか内容が頭に入らなかったんです。

(2018.7.20)
昔のクウネルが大好きで。
バックナンバーをコツコツと集めています。
30冊くらいあるかな。
あれは本当に本当に大好きな雑誌でした。
ある日突然、俗悪雑誌に劇的に変貌。
ファンにとっては廃刊になる以上の悲劇。
暮しの手帖は、そうはなりませんように。
大丈夫と思いますが・・・


『宇宙のパワーと自由にアクセスする方法』ディーパック・チョプラ

4894516365
フォレスト出版
Amazon

願いを叶える方法

ざっくり言えば。
引き寄せの法則の系統ですよね。
著者が医師ということもあって。
毛色は微妙に違うんですけれど。

共感できるところと。
ん?ってところがありますね。

以下、引用。

真の幸せとは「無条件の幸せ」
条件づけをしない、理由や根拠のない幸せ。
自分の外側に喜びや幸せを求めないこと。

真の幸せを求めると、私たちは自分の内側にある喜びの源・・・創造の源である「純粋意識」につながろうとします。あらゆるものすべての創造の源につながるので、私たちが望むどんなものでも簡単に達成できてしまうというわけです。

ポジティブな心より「静かな心」

結果を求めなければ願望は叶う

 自然は最高に効率良く機能しており、この自然原理は、より少ない行動でより多くを達成します。これが最小限の努力の法則です。もし私たちが自然の原理を自分たちにも反映させることができれば、私たちも最小限の努力でより多くを達成できるのです。
 私たちにできることは、すべての創造力の源である沈黙の場に行って、まず願望を持ち、そして手放し、やってくる結果を観察することです。
 そして物事が私たちの望みどおりに進んでいないように見えるとき、「自分が考えているよりもっと大きな絵(全体像や宇宙の計画)があることに気がついていないだけなんだ」ということを信頼して、物事がこうでなければならないという考えを手放すのです。
 全体的に見れば、より大きい絵のほうが私たちにとって良いことです。私たちは、自分の人生には目的があり、宇宙全体の目的に適合していることを理解しています。宇宙が自分のサポートに回ってくれていることを知ることによって、私たちは執着せずに、ただ受け入れられるようになるのです。


引き寄せの法則や、宇宙にお願い系の本に。
半ば胡散臭さを感じつつも惹かれるのは。
元来、私の中に似た感じ方があるからです。

昔、私はそれを神様だと思っていましたけれど。
その神様は既製の宗教に当てはまらなくて。

というのも。
どの宗教の神様も「型」が強過ぎて。
私の思う神様は「エネルギー」に近かったかな。

助けて下さいと祈ることはなかったのは確か。
自分のなかにある創造性を発揮できますようにというのが。
私の不変の願いでした。

具体的に何かを作るという意味ではなくて…
「行い」も「創造」であるという考えで。

(2018.7.18)
本書はどうも散漫な印象を受けました。
あ!と思うところもあるのですけれど。


『片づける勇気』佐原美和 岩井俊憲

4584136807
ベストセラーズ
Amazon

「自分の答え」を見つける

片付けのなかで「残すか、手放すか」の問いは必ず発生する。
それに答えられるのは「自分の気持ち」しかない。
他人の意見は参考にしかならない。

・「あと片づけ」は使ったものを定位置に戻すこと。
・「整理」は乱れた状態にある物を整えること。

この二つの違いを知ることが大事。
まず「あと片づけ」からはじめる。

「定位置」を定めることが重要。そのポイントは。
・その物を使うところになるべく近く
・必ず1ヶ所にする
・グループごとにまとめて定位置を作る
・あまり使わない物は一覧表にする

「あと片づけ」は習慣にする。
使った後すぐが理想だが、難しい場合もあると思うので。
一日一回、決めたタイミングで。
*習慣になっている行動に紐づけするのが良い。
 例えば歯磨きの後とか、入浴の前とか。
 ↓
習慣になるまで3週間ぐらい、楽しみながら。
(出来た日はカレンダーにシール貼るとか)

 
*******************************************************************************
上記に簡単にまとめたのは一部です。

本書は近ごろ流行ってるアドラー心理学流だそうで。
あ。ちょっと引用しますね。

 アドラー心理学では、『自己決定性』と言って、親の性格や生活習慣などが、子どもに大きな影響を与えることはあるけれど、その環境で育ったからということだけで、その子どもの人生や性格を決める決定的な要因にはならない。
 それを受け止めた後に、建設的な行動を取るか、非建設的な行動を取るかは、自分自身で決めることができるからだ。

つまり。建設的な行動を取るためのコツが書いてある。
ワークとして。ひとつずつ、こなす形式になっています。

ひとつひとつの問いに真剣に答えていくと。
今まで、できてなかったことが出来てくる。

私、不便に気付いてなかったと知りました。
物の出し入れが面倒だから片づかなかったのね。
幾つかの物を場所移動しただけで、生活が快適に。

場所を固定する効果としては。
そこからはみ出すほどは自然と持たなくなるし。
逆を言えば。定位置から溢れない程度は物が増やせる。

当然、少ない方が楽ですけれどね。
私みたいな「物が好き」な人間は。
無理して減らすストレスの方が大きかった。

あと、これも自覚していなかったけれど。
同じジャンルの物を二ヶ所、下手したら三ヶ所に収納してた。

お気に入りとそこそこと、あんまり気に入らない物と。
どうも自分の中の「好き」の濃度で分ける傾向にあって。
同じ用途の物でも、わざわざ別にしてたみたい。

同じジャンルの物を一つにまとめて行くと。
色々と見えてきて、頭も整理できました。

まとめた時に見て美しい状態であって欲しいから。
周囲から浮き上がってるものがあると気になって。
あ。これは「仲間じゃないぞ」って認識できて。
お別れを告げられた物がいくつかありました。

さて。
私の片付けタイムは。朝、日記を書いた後。
10年日記が二冊目に今年、突入したのですけれど。
これは必ず、翌日の朝、朝食の前に書く習慣。

ま、これが定着するまでも紆余曲折ありましたが。
今は99%守れている鉄壁の習慣なので。
この後に片付けを紐づけしました。

で。終えたら、カレンダーの今日の日付けにシール。
シールね。やたらあるんです。
可愛いから捨てられないのだけど。
そんなに使い道もなくて。ちょうど良かった!

カレンダーが可愛いシールで埋まるとニヤけます。

日記も片付けも当日の夜の方が普通だと思うけれど。
私は朝の方が元気なので、パパッとできます。
夜は疲れてて、日記書いても暗くなるし。
掃除しても不機嫌になるし。

今まで、お片づけ本は散々読んで参りましたが。
これがもしかしたら、「決定打」かも。

結局。人に教えてもらったり決めてもらったり。
誰かが言ってたりやってたりをマネしたり……では。
心が納得していなくて。リバウンドするのだな。

自分に問うて、自分が答えるしかない。
それが簡単にはできないわけなので。
どう問えばいいかを手助けしてくれる本書は有り難い。

(2018.7.17)
すべてのことに対して。
「自分の答え」を見つけたいんだなぁ、私。
別にオリジナルだったり、新発見じゃなくてもいいの。
試行錯誤してアレンジするというのでも十分。
ただ、誰かの答えではない、と言えるような。
自分自身の現状に合うものにしたい。
うん。結局は誰かが出した答えだとしても。
自分の心の中で再発見できたように感じられるのが大事。
そのためには、よくよくよくよく考える必要があるのだ。
(実は面倒くさくて考えるのを怠りがち)

『マニッシュなキルト かっこよくてシンプルで 毎日使える』小関鈴子

2019.01.10 手芸   comments 0
4766129288
グラフィック社
Amazon

かっこいい。甘過ぎないけど可愛い。

手作りは大好きなんだけれど。
手作り感が満載はイヤなのね。

手作りっぽさもあるけれど。
売ってるみたいなのがいいの。

やり過ぎないことが大事。
抜け感が必要なのね。

「いかにも作りました!」でなく。
「えー。作ったの?」ってのがいい。

作ったとは思えないほど上手くても。
売ってるわけが無いようなセンスじゃ困る。

難しいのよ……

パッチワークは特に手作りっぽさが前に出る。
小関さんは、その辺、上手い。
パッチワークで「マニッシュ」と来ましたよ。

でありつつも。ほんのりガーリーだからね。
素敵。

(2018.7.2)
でも。布選びからセンスが問われるからなぁ。
真似るのはかなり大変。
同じにはならないし。なってもつまらないし。
ヒントはいっぱい貰えます。


『音楽家の家』ジェラール・ジュファン クリスティーヌ・バスタン

4890136827
西村書店
Amazon

作曲家は美意識かなり高いね?

名曲が生まれた場所を訪ねて
……と、副題にあります。

素敵なお宅がじゃんじゃん登場。
眺めて楽しい。


ヴァンサン・ダンディの家。
おしゃれだ。うっとり。


エルガーさんの家も好き。

シベリウスも静謐でいい。

グリーグもいいし。

ブラームスも悪くない。
うっとり・・・ひたすら、うっとり。

(2018.7.15)
美しく暮らすのはいいなぁ。いいなぁ。

2018年12月に観た映画

2019.01.08 映画   comments 0
foxeiga1.jpg 12/3
ボヘミアン・ラプソディ
★★★★

監督 ブライアン・シンガー
2018年 アメリカ
135分

ラミ・マレック
ルーシー・ボーイントン
グウィリム・リー


大ヒットしましたね。
ヒットの兆しが見えてきた頃に観に行きました。
全然、期待はしていなくて。正直観たいという気持ちもあまりなく。
でも。親友が良かったというので行ってみたのです。

うん。俳優がいい。脚本もいい。音楽もいい。
オーソドックスというか、ベタというか。
とても素直で素朴とも言える印象を受ける映画です。

クイーンなんて知らないよ、と思っていたら。
あれ、この曲? え、この曲も? へーぇ。
というくらい、どの曲も知っていて懐かしかった。

ファンでもなく、フレディーはヘンなおじさんのイメージだったけど。
この人、めちゃめちゃ才能があったんだな。メンバー達も。
曲作りしているシーンがワクワクしました。

音楽に魅力がなければ成り立たない映画でしたね。
格好良くて、哀しくて、少し滑稽で、美しい。
ただ、こんなの映画じゃない、とまでは言わなくても。
ドキュメンタリーとミュージックビデオの融合、
と取れてしまわなくもない内容ではあります。

だけど。フレディー・マーキュリーの人生自体が。
音楽なしではあり得ないものだったわけだから。
その音楽を極めて巧妙にたっぷりと織り込んだ構成は、
彼の魅力と才能と苦悩を描くのに適していたと思います。

クイーンを知らなかった世代も感動できるような、
気の利いた演出で彼らの音楽を聴かせるこの映画は、
フレディーへの追悼にふさわしかった気もします。

私も勢いでサウンドトラックCDを買いそうになりました。

France2cinema1.jpg 12/7
おかえり、ブルゴーニュへ
★★★★

監督 セドリック・クラピッシュ
2017年 フランス
113分

ピオ・マルマイ
アナ・ジラルド
フランソワ・シビル


ブルゴーニュのね、ワイン造りをしている一家の物語。
放蕩息子が10年ぶりに帰郷するところから始まる。
一言でいうと。ものすごいありがちなストーリー。

でも、家族の、というか兄弟だな、の描き方が良くて。
とても気持ちよく見られる映画で、私は好きでした。
長男と、長女と、次男。素敵な兄弟なんです。
長女が特にいいな。次男のいかにも次男ぽいところも。

ワイン造りについても勉強になりますね。
無類のワイン好きってわけではありませんが。
この映画を観ていると、妙にワインが飲みたくなる。

フランス人の気質とかが垣間見えるのも楽しい。
正直、長男の回想シーンが少々気障で鬱陶しかったかも。
そこもなんとなく、フランスっぽかった。嫌じゃない。

ドラマチックではなく。とことん、普通の家族なんです。
悩み方も、対処の仕方も、本当に普通。
愛されて育った、どちらかというと恵まれた子供達。

ま、ブルゴーニュの醸造家に生まれるというのは普通ではないけど。
変な意味での気負いはなくて、良い子達なんですよね。
素直に共感しやすい。

主題は骨肉の争いとかに化けてもおかしくなかったから。
それが、美しくも現実的な家族の話になっていたのが良かった。

こういう地味な佳作は、疲れた時にぴったり。
何しろ葡萄畑の景色もとびきり美しくて癒されます。

あまり映画を観なかった一年でしたが。
最後の月にそれでも、観に行けて良かった。
どちらも好きになれる映画でした。
来年は、もっと観たい!
(もう今年ですが)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***