FC2ブログ
Loading…
 

『忙しくても家事を楽しむ小さな工夫』田中千恵

2020.01.18 家事   comments 0
 KADOKAWA
 Amazon



なるほど、京都の人だ。

ビミョウに差別発言的なタイトルでごめんなさい。
そうだなぁ、やっぱり私。京都の人苦手なんかなぁ。

「京都の人」と一括りにするのが間違ってるよね。
うん。うん。だけど。やっぱり、京都人の特性ってありますよ。

それは・・・まぁ苦手な部分と。憧れの部分に分かれる。

京都の人の暮らしぶりには、流石と思わされる。
衣食住へのこだわりというか、美意識というか。

特別な人だけがそうなのじゃなくて。
全体的に。一般の人も意識が高いと感じます。

この本の中で言えば。
「忙しくても、だしだけは取っておく」

京都人じゃなくても、やってる方はいらっしゃると思います。
ただ、なんかこの発言に京都っぽさを感じてしまうのです。
えっと。心から尊敬いたしますが。うん。

見習いたくても、見習えないかな・・・

暮らしぶりは。穏やかに健やかに、静かに美しい。
和でもないけど、洋でもない。
この和モダンというか、和洋折衷は私の苦手な感じ。

でも。それは見た目の問題で。
暮らしぶりとしてはとても好ましい。
いい空気が流れてるお宅ですね。

まぁ。どうってことないって言えば。
どうってことないような内容で。
目新しい発見といえば。

たこ焼き器でホットケーキをやく!
これいいな。でも、たこ焼き器捨てちゃったしな・・・

簡単おつまみが載ってる中で、これやってみよう。

レンジで水菜の豚巻き

水菜を洗って食べやすい長さに切り、豚肉でくるくると巻く。
耐熱皿にのせラップし、レンジで5分くらい加熱。
刻んだネギと大根おろしをたっぷりのせ、ポン酢をかける。


(2019. 11.3 読了)
特に参考になったところはないのですが。
きちんと暮らすって、やっぱりいいなと思わされます。

大人のヘルシー弁当

レタスクラブMOOK
Amazon




お財布と胃に優しいお弁当レシピを探して

「体にも、家計にもやさしい」と副題にあります。
あ。私の望みにぴったり!

何しろ、お財布の中身が潤沢とは言えないし。
胃腸は弱いし(だから正直、冷たいご飯とおかずが苦手)。
お弁当って、どうしても味付けが濃くなりがちだしね。

さて。作ってみようかなのレシピをいくつかメモ。

さつまいもとヨーグルトのサラダ

さつまいも 1/5本(50g)
レーズン 小さじ1

A
プレーンヨーグルト 小さじ1
マヨネーズ 小さじ1
塩、粗挽き黒胡椒少々

1 さつまいも は皮付きのままラップで包み、レンジで1分30秒
2 粗熱が取れるまで冷ましたら1,5cm角に切る
3 さつまいもとレーズンを合わせ、混ぜ合わせたAで和える

にんじんの甘煮

人参 1/5本

A
はちみつ 大さじ1
バター、塩 各少々

1 小鍋に5mm厚さの輪切りにした人参とかぶるくらいの水、
  Aを入れ、オーブン用ペーパーで落し蓋して火にかける
2 煮立ったら弱火にし、柔らかくなるまで煮る

ブロッコリーの胡麻和え

ブロッコリ 3房

A
白すりごま 小さじ1
砂糖 小さじ 1/3
醤油 少々

1 ブロッコリは水にくぐらせラップで包みレンジで約20秒加熱
2 Aを混ぜ合わせ、ブロッコリを和える

大根の梅和え

大根 1cm
梅肉 小さじ1/4

1 大根を薄いいちょう切りにする
2 ポリ袋に入れ、梅肉を加えてもむ

菜飯

大根の葉 適宜
温かいご飯 150g
白いりごま少々
塩 少々

1 大根の葉は塩茹でし、冷水にとって水気を絞り、粗く刻む
2 ご飯に、1とゴマを加えて混ぜる

タンドリーチキン風弁当

鶏ささ身 2本

A
ヨーグルト 大さじ1
トマトケチャップ 小さじ1
ウスターソース 小さじ1
カレー粉 小さじ1/4

オリーブ油 少々
塩こしょう少々

1 鶏ささ身は、混ぜ合わせたAに1時間から一晩つける
2 オーブントースターの天板にペーパーをひき、
  ささ身のたれを軽く拭き取って並べる
3 12〜15分焼く

キャベツの塩昆布和え

キャベツ 1枚
塩昆布 小さじ1/2

1 キャベツは食べやすくちぎる
2 塩昆布と合わせて和える

ポークオニオン炒め

豚こま切れ肉 100g
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
塩こしょう 適宜
サラダ油 小さじ1

A
酒 小さじ1
ウスターソース 小さじ1
オイスターソース 小さじ1

1 豚肉は塩こしょう
2 玉ねぎは1cm厚さのくし切り
3 パプリカは3〜4cm長さの細切り
4 フライパンに油を熱して豚肉を炒める
5 色が変わったら、玉ねぎとパプリカを加える
6 Aで味付けし、塩こしょうで整える

きのこのチーズソテー

粉チーズ 小さじ1弱
エリンギ 大1本
マッシュルーム 3個
オリーブ油 小さじ1/2
塩こしょう

1 エリンギは3〜4cm長さ、1cm幅の薄切り
2 マッシュルームは薄切り
3 フライパンにオリーブ油を熱して1と2を炒める
4 しんなりしたら粉チーズをふり、塩こしょうで味を整える

プルーンの紅茶煮

プルーン 10個
濃いめに入れた紅茶 1/4カップ
砂糖 大さじ1/2〜1

1 小鍋に材料全ていれる
2 オーブンペーパーで落し蓋し火にかける
3 煮立ったら弱火にし、汁気が少なくなるまで煮る

小松菜のからし和え

小松菜 2株

A
だし汁 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
酢 小さじ1
醤油 小さじ1
練り辛子 小さじ1/4

1 小松菜は水にくぐらせラップで包み1分レンジ加熱
2 冷水にとって水気を絞り、3cm長さに切る
3 Aを混ぜ合わせ、小松菜を和える

干し椎茸のオイスターソース煮

干し椎茸 3枚

A
みりん 小さじ1
オイスターソース 小さじ1

1 干し椎茸は、ぬるま湯1/2カップに1時間つけて戻す
2 水気を絞り、軸を除いて4等分に切る
3 小鍋に戻した干し椎茸と戻し汁とAを入れる
  オーブンペーパーで落し蓋して火にかける
  煮立ったら弱火にし、汁気がなくなるまで煮る


(2019. 11.11 読了)
こんなにレシピを載せちゃっていいのかしら・・・
簡単で材料がシンプルなレシピが多くて実用的。
私が選んだレシピは副菜ばかりですが(笑)
ちなみに毎日頑張ってお弁当を作っています。

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子



たくさんの自分たちの会話。

第158回芥川賞受賞です。

63歳の新人、というのと。
最愛の夫を亡くした老女が主人公というのと。
方言を駆使して書かれているというのと。
予備知識で興味を抱いたので読んでみました。

主人公の「おら」(桃子さん)は。
8年前に喪った夫を「惚れ抜ぬいだ男」と断言しつつも。
彼の死に一点の喜びがあった、と気付きます。

ギリギリの時に浮上してしまった、隠していた心。
「独りで生きでみたがった」
「思い通りに我れの力で生きてみたがった」

しかし。亭主の死後、「意味」さえあれば耐えられる、と。
「意味」を欲し、探し、時には作り上げる桃子さんでもあり。

そんな桃子さんが脳内で繰り広げる自分たちの会話が描かれて。
ただ、それだけなのですが、退屈はしません。

事件は脳内で起こっている、のです。

岩手弁も、知らないのに不思議とわかる。
読みにくくはちっともない。リズム感があって楽しい。

多少、気になるとしたら。
74歳という設定の割に、主人公が老けてるかなという気が。
都会暮らしの老人はもっと若いよね。
日々、高齢の方々に接しているとそう感じる。

あと。何よりも残念だったのが終わり方。

え。結局、孫が遊びに来て、ほんわかと救われるの?
今時、孫がいない高齢者もいるんだよ。
いてもいなくてもいいけど。
孫を都合よく登場させるのは反則でしょう。

なんか、最後にがっかりしてしまった。

「独りで生きたい」とか言って、結局それか。
そもそも、あなた、「独り」だったことないし。
いやいや、誰といても人は独りだとも言えるけど。
それは今更すぎることだし。

つまんないなぁ。
もったいないなぁ。

でもある意味。
桃子さんのこの「残念さ」にリアリティがあるかも。
「独り」の心の中の闘いなんて、所詮。
可愛い孫の存在で、吹き払われる程度のもんなんだよ、と。

そうでもなきゃ、やってらんないのかな。
生きていくのって、しんどすぎるのかな。

子供も、孫もいない老後をいつか迎える私の僻みかもしれない。
そう考えると、私もちっぽけだな。

上から目線を承知で言わせていただきますと。
「悪くない」作品でした。感動はなかったな。

うん。やっぱり。最後がダメでしょう。
桃子さんを結局、「中途半端から脱出できない女」にしちゃった。
彼女の葛藤に付き合ってきた時間が無駄になった感じがした。

まぁ。そんなことはないんだけれどね。
終わり方って、難しいよね。好みの問題もあるしね。

この最後が良かったって人もいるだろうし。
正しい、正しくないの問題でもないし。

終わりが残念、と思えるだけの評価ができるってことで。
心象風景ばかりで単調でつまらないと感じることはなかった。

それも読者の性格や資質によるものがあって。
それを「つまらない」で切り捨ててしまえるのも個性だね。
私は心の中の言葉たちが、どんな作品でも一番面白いと思うけれど。
逆に言えば。派手な活劇はつまらないと感じがちだったりもする。

老人でも、いろいろなんだから。
高齢者が多い世の中なんだから。
もっと様々なタイプの老人がヒーロー、ヒロインでもいいよね。
まだまだ。ステレオタイプに描かれてると思う。小説でも映画でも。

自分なりに。
型破りな老女になってみたいです。

(2019. 7.2読了)
老人小説だったら。
京極夏彦の『オジいサン』の方が断然、好きだなぁ。

こちらに過去記事があります。

『オジいサン』京極夏彦
関連記事

『短くて恐ろしいフィルの時代』ジョージ・ソーンダーズ



オーウェル『1984年』の童話版?

小洒落た、しかしどこか毒々しさも漂う装丁。
シンプルなのにクセがある。
小口が表紙と同じオレンジに染められていて。
見る者に妙に不安な気持ちを呼び起こす。

内容もまさしく、そんな見た目通りで。
シンプルで毒があって、スマート。

一言にまとめると。
非常に洗練されたスタイルで描かれた、恐怖政治物語。

訳者があとがきでも書いていますが。
オーウェルの『1984年』を思い出させる内容です。

先入観なしで読んだ方が面白いと思うので。
あまり多くは語らないことにしますが。

寓話性に印象は和らげられているけれど。
これは一人のちっぽけな男による恐怖政治の物語。

まず一番に誰もが思い浮かべるのはヒトラーだろう。
風采の上がらぬ、生まれも貧しい男。

中身は空っぽなのに妙に立派に響く演説の才能に恵まれ。
罪なき者の命を奪うことを正当化する。

人間はいつの時代もエラソウな人に弱い。
熱狂して、その後に従い、どこまでも行く。
その結果招いた悲劇、惨劇の責任は一切とらない。

途中でニセモノに騙されたことに気づく人は。
立ち向かうも遅すぎて、抹殺されてしまう。

独裁者が恐ろしいのか。
それに従っていく大衆が恐ろしいのか。
その流れを止めることができない状況が恐ろしいのか。

全部、恐ろしい。

いや。独裁者は。実は滑稽だ。
だから一層、招かれた惨劇が恐ろしい。

そしてもっと恐ろしいのは。

その恐怖政治をまた人は忘れ。
再び歴史を繰り返すということだ。

自分の中に誰もが持っている「怪物」を。
誰かが具現した時、それは魅力とも感じられる。

つまらない欲望を。
つまらないとは思えない人間を。
救うことは不可能なのだろうなぁ・・・

「救い」をとんでもない方向に求めてしまう。
そういう人間も後をたたなくて。

まぁ。それは私自身だってそうなのかもしれない。


(2019. 9.3 読了)
ディティールというか。
この物語の「国」「国民」のカタチは面白い。
愛らしいというか、楽しいというか。
まぁグロテスクでもあるとも言えるけれど。
あ。「キモかわいい」かも。

どうにか、こうにか。

なんとか。
時間と体力が常に不足しながらも生活しています。

労力の節約ということを常に心がけていて。
その一環として、腰まであった髪を切りました。
まぁ。もともと。伸びたら寄付するつもりだったんですけど。

ショートカットになって、さっぱりしたし!
手入れが楽になって時短になったし!
お世辞かもしれないけれど(その可能性大)、皆褒めてくれるし!

図書館へ行くのも辞めました。
本を返すのも借りるのも負担になるので。
手持ちの本を読んでいます。

ひたすら、片付け中・・・あまり捗ってはいませんが。
捨てるには惜しいけれど、手放したいものが結構あり。
とうとう、恐る恐るメルカリデビュー。
コツコツ出品して、いつの間にか30点ほど売れました。

今年は年末に大きなイベントが控えていて。
それゆえに、やらねばならぬことは目白押しです。

気力と体力と交渉力と財力、運、色々必要。
(普段、自分に不足していると感じているものばかり)

でも。
母は少し、具合は良くなりました。

私は母を励まさなければならなかったから。
落ち込んだり、苦しんだり、哀しむ余力がなくて。
人生でこんなに前向きだったことはないくらい前向きで。

周囲に頑張りすぎていると心配されるのですが。
頑張っているという意識は本人には不思議となくて。
割と普通に日々を暮らしていけるようになってきました。

以前の私だったら。
もう動けずにひたすら落ち込んでいるだろうなぁ・・・

だけど。そうやってとことん落ち込めたのは。
支えてくれる人がいたからなのだと実感しています。
哀しみに没頭できるって。贅沢なことですね。

そんな余裕、今はどこにもありません。

落ち込む暇があったら。何かしようと思う。
思うだけで出来ない場合も実は多いけれど・・・

生きていくために必要な仕事って。こんなにあったんだな。
いや。どうだろう。本当にこんなにやらなきゃならないのか。
生き方を変えないと。雑用に埋もれて死んでしまう。

で。変わるかどうかわからないけれど。
強制的に変えることにしたんですね。
そのことに関しては。まぁ実現してから発表します。

周囲が絶句したくらいには大きな決断です。
私のためっていうより母のためなのですが。
そうして母を理由にしつつ、私もきっかけが欲しかったのかな。

不安は・・・不思議なくらいありません。
ていうか。不安を一度でも認めてしまったら。
再起不能になるから、認められないのかもしれない。

気持ちだか、脳だか、頭だか。やはり精一杯だ、いつも。

で。ブログ、再開します。
読んだものの感想書いていない本は150冊あるらしいですよ!
あはははははははははははは

もう笑うしかない。

書こうにも、記憶が消えてるんじゃないかと思いますが。
覚えてることだけ書いてみることにします。
なので。内容は期待しないでください。

私がこんな本を読んだという報告程度のものですね。

どうなんだろうなぁ。
ブログやってるヒマ、ないはずなんだけどなぁ。
それでもやろうと思うのは何の意地なんだろうか。

物も捨てちゃった方が断然早くて楽なのに。
かなり苦労してメルカリで売ってる自分に感心する。
いや・・・そこそこ呆れる。

潔い性格とか生き方に憧れ続けていても。
本質的に諦めが悪い性格で、要領が悪い生き方で。
ま。でも。そういう部分を楽しんでもいるのだと思う。

どうにか、こうにか。
2020年も乗り切っていけるでしょうか。

いまだに父の死を納得できていない自分がいる。
きっと。私以上に母はそうなのだと思います。

だけど。
だから。

前を向いて生きていかねば。

今から今年の抱負や目標を立てようと考えるくらいには。
私もいつものマイペースを取り戻しつつあります。

自分の図太さ・・・だか、底力だかを信じて。
日々、どうにかこうにか楽しみも見つけて過ごしていきたい。

では。また、しばらく。どうぞよろしく。
この一年続けられたら。まだ続けられるでしょう。

ブログを続けようと思う理由の全てを。
私は実は語ってはいませんが。
そして、語る日は当分は来ないはずですが。

何事にも。意外な理由があったりするものです。
言うほど、自分で自分のことは決められなかったりする。

あ。また意味不明な一人語り!
ごめんなさい。

帰ってこられて、私は嬉しいです。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

母の入院

2019.11.14 私のこと
1月の父の死から、生活も心もいっぱいいっぱいで。
それでも、どうにかこうにか母と助け合ってやってきました。

自分の力以上に頑張ってきたと思います。
無理はしたくないけれど、無理をするしかなかった。

やっと。少し折り合いというか、加減というか。
生活のペースが生まれ始めていたかな、というところでの母の発病。

母はずっと無理をしていたのだな、と。

この先の自信がないけれど。
でも。母の激しい沈み具合を見ていると。
私がしっかりするしかなくて。

もうすでに無理の上に重ねる無理は決定しているけれど。
そうと認めてしまったらおしまいだから。
なんとかなる、大丈夫。毎日自分に言い聞かせながら。

あえて言えば。良いことは。
生活がシンプルにならざるを得ないことで。
あれもこれもと生活の中から消えていきます。

無理だから。
今までは通った無理も。
もう本当に本当に本当に無理だから。

乗り越えられるかわからない大きな山がまだあります。
どうなるんだろう。どうするんだろう。
私の力でやり遂げられるんだろうか。

自分を信じるしかありません。

ブログも、週1、2回くらいの更新でやってきましたが。
当分の間、お休みします。

戻ってくるつもりはあるのです。
たぶん、本も隙間の時間にぽつりぽつり、読むでしょうし。

投げやりでもないし。
悲観的でもない。

でも。しんどいし。哀しいし。苦しい。
そのことを隠してみても、余計疲れるだけだし。

静かに自分と向き合いながら、消化していけたらと思います。
消化・・・なんか違うな、それも。
まぁ。まだ。どこかに残っています。私の楽観性。

基本。ネガティブなようで。
どこか要所要所はポジティブなのです。

前向きっていうよりも。
なんとかなるようになるというか。

最悪の事態があり得ないのではなくて。
大いにあり得るけれど。
それなりに。どうにかこうにか乗り切れるものだと。

考えても仕方ないから考えない。
できることをやっていくしかない。

となると、ブログどころではありません。
きっと。残念ながら。今回は長引きそうです。

誠に勝手ながら。
返事する余裕がない為、コメント欄は閉じさせて頂きます。

ではまたお会いできる日まで。

『仮面の街』ウィリアム・アレグザンダー



アニメ化したら良さそうな・・・

私ね。ファンタジーって好きなつもりだったけど。
どうも。近頃、それは勘違いかもと思えてきた。

結構、評価が高いファンタジーも。
なんかピンと来ないことがすごく多くて。

本作も、期待大でした。
アーシュラ・K・ルグィンが絶賛したと聞いたので。

うーん。でもなぁ。
なんでだろう。なんか苦手だなぁ。
入って行きにくい世界観だ・・・

キャラクターの魅力も中途半端。
いや。なんか。良いんですよ、良いんですけどね。

私。ファンタジーはすごく好き嫌いあるんだな。
明確でわかりやすいストーリーが好きってことはない。
でも。モヤモヤとぼかした感じも好きではない。

ファンタジーって理屈っぽくない方がいいんでしょうが。
あまり、理屈抜きなのも、理屈屋の私には馴染めない。

なんか。釈然としないな。よくわからないな。
誰が、何をしたかったのか。
主人公がお兄ちゃんを必死で探してたことはわかるけど。

うーん。

映像にした方が、面白くなりそうな気配はあります。

(2019. 10.25 読了)
私の想像力とか、頭の柔軟性が足りないのかも。
ファンタジーとしては、秀作なんだろうとは思います。
相性の問題ですね、たぶん。
でも。なんか。どこかで見たり聞いたりした話の。
断片を寄せ集めたような雰囲気もあるんですよね・・・

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***