FC2ブログ
Loading…
 

心の整骨  019 creative

2019.04.22 creative   comments 0
 昨日と同じことをやっていても、こうしたほうがいいかなって、何かの拍子にふと思いついてそれをやってみて、そのとおりにうまくいくとうれしいし、楽しいの。それがどんなささいなことでもね。自分で思いつくから楽しいんだと思う。
 ほんと台所にいることが好きなの、だからいつも心はルンルンよ。

     つばた英子 つばたしゅういち「ふたりからひとり」


「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  018 creative

2019.04.15 creative   comments 0
いくらかでも値打ちのある作家なら、その作りだすものは、彼の意識的精神が囲い込めるものよりはるかに大きい領域に源を持つものであり、つねに読者によりも作家自身にとって大きな驚きであるはずなのだ。
 
          フラナリー・オコナー『秘義と習俗』

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  017 creative

2017.03.09 creative   comments 0
作家は、自分を、第三者の目で第三者の厳しさをもって採点しなければならぬ。作家の中の預言者は、同じ作家の中に怪物をも見なければだめなのだ。芸術は自我の中に埋没したりはしない。それどころか、芸術における自我は、観察したものと創作されつつあるものが出す要求を満たそうと努める中で、自らを忘れてしまうのである。
 
          フラナリー・オコナー『秘義と習俗』

「心の整骨」って何のこと?と疑問な方はこちらをどうぞ。
「心の整骨  まえがき」 

心の整骨  016 creative

2012.10.20 creative   comments 2
 いい文章の条件には、平明、正確、具体性、独自性、抑制、品格など、大切な要素がたくさんあります。どれ一つとっても、到達点が霞んでみえぬ、はるかな道を歩まねばなりません。
 同時に、私がいつも思うのはいい文章のいちばんの条件は、これをこそ書きたい、これをこそ伝えたいという書き手の心の、静かな炎のようなものだということです。大切なのは、書きたいこと、伝えたいことをはっきりと心でつかむことです。そのとき、静かな炎は、必要な言葉を次々にあなたに贈ってくれるでしょう。

                  辰濃和男「文章のみがき方」

かなり久しぶりに登場の「心の整骨」です。
「心の整骨」って何のこと?と疑問な方はこちらをどうぞ。
「心の整骨  まえがき」 

心の整骨  015 creative

2011.12.17 creative   comments 0
最後にライターとして、同じライターである若い人たちに言いたいことがある。映像っていうのは集団芸術で、俺たちはその第一陣を任されるわけだけど、その後に色んな人間が、夫々の才能を持ち寄るわけだ。その中には良い才能も悪い才能も加わるだろう。だから自分の思い通りにはならない。

それに只腹立てても仕様がないンだな。

だからね。

自分としての「完全」を勝ちとる為には、90の「完全」を見せたいならば120のシナリオを書けば良い。
100の「完全」を見せたいならば150のシナリオを書けば良い。そうすればたとえスタッフやキャストが多少中身をねじ曲げようとも100の作品になってくれるよ。

けんかしてもそこで終わるだけだからね。
これが、けんかで一度世をしくじった俺の君たちへの贈る言葉だよ。
腹が立ったらその怒りをね、内に溜め込んでバネにすることだよ。

                 倉本 聰 「獨白」



  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • creative
2019年04月22日 (月)
心の整骨  019 creative
2019年04月15日 (月)
心の整骨  018 creative
2017年03月09日 (木)
心の整骨  017 creative
2012年10月20日 (土)
心の整骨  016 creative
2011年12月17日 (土)
心の整骨  015 creative
次 >>

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***