Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の整骨  011 person

2013.04.10 person   comments 0
彼女の存在は、私にとって微光というのでしょうか、ささやかでそれゆえとても尊い光のようでした。眩しい光ではなく、ひとすじの微光がよいと私はいつもおもっています。今日は彼女のためにも一生懸命お話ししなければなりません。

                辺見 庸「たんば色の覚書」

      

スポンサーサイト

心の整骨  011 person

2013.02.12 person   comments 0
ジンゴロ先生は、たしかに、あまり白黒をつけない。梅さんと話していても感じられることだが、ふたりとも総じて寛容だ。ただし、どこかで絶対に譲れない部分を持っていて、グレーゾーンはそのうえで用意されている応接のためのごく私的な領域だという気がする。白黒を決めるときは、きちんと決める。
                  堀江敏幸「なずな」

心の整骨  010 person

2012.12.08 person   comments 0
四十五歳になった今、一目置かれているから遅刻するのではない。二十歳のときからすでによく遅刻した。生まれるのだって予定日より十六日遅れた。アダムスベルグは時計を持たない。なぜなのか自分でもわからない。時計が嫌いなわけではなかった。傘だって同じだ。何に対しても特に好き嫌いはなかった。自分がしたいことだけをしているわけではないが、やる気にならないことを無理にすることは、決してない。

               フレッド・ヴァルガス「青チョークの男」


心の整骨  009 person

2011.02.27 person   comments 0
わたしはあなたを信じているといいつつ、内心に、あなたを信じていないという声がある場合、外にでた声も内にこもった声も、どちらも自身であり、声なき声にだけ真実があるわけではない。人をあざむくことは同時に自己をあざむくことで、そこにも真実がある。つまり、虚におもわれるところにも実はあり、実であるところにも虚はある。あえていえば、人はそういう玄妙さに生きている。

                         宮城谷昌光「太公望」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  008 person

2011.02.25 person   comments 0
しかし、自分を冷静に省る(みる)のはよいのですが、萎縮してはなりません。人はめぐりあう人によって大きくも小さくもなります。大きくなりたかったら、自分より大きな人にぶつかってゆかねばなりません。おのれの形を棄てるのです。形をもったままぶつかってゆけば、その形は毀れましょう。が、形のない者は、毀れるものがないのですから、恐れることはありますまい。

                     宮城谷昌光「太公望」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • person
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2013年04月10日 (水)
心の整骨  011 person
2013年02月12日 (火)
心の整骨  011 person
2012年12月08日 (土)
心の整骨  010 person
2011年02月27日 (日)
心の整骨  009 person
2011年02月25日 (金)
心の整骨  008 person
次 >>

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。