Loading…
 

心の整骨  008 interior

2011.09.28 interior   comments 2
心と体の関係は、「鶏と卵」のようなものです。

心がシンプルに研ぎ澄まされれば、体も自ずからすっと引締まる。逆に、食事を整え、体を引き締めていくことで、心もシンプルに磨かれていきます。

これは、心と部屋の関係でも同じこと。心を磨き上げたいなら、部屋もシンプルに整えていきましょう。

簡素な生活こそが美しい。それこそが禅の精神です。

簡素というのは、無駄なものを削ぎ落していくことです。本当に必要なものを見極め、それを大切にしていくことです。それは「質素」とはまた違うものです。質素というのは、価値の低い物で生活すること。価値といっても、それは値段だけでなく、その物に対する思いの深さも含まれます。

シンプルに暮らすとは、たとえば、毎日使う茶碗などは本当に気に入ったものを使うこと。ひとつの茶碗を大切に、長く使うこと。本当に必要であればいい物を揃えること。簡素な生活こそが心を磨くもとです。
 
             桝野俊明「禅、シンプル生活のすすめ」 

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  007 interior

2011.02.16 interior   comments 0
ダルグリッシュは自分の視線が部屋の中をあちこちと移り歩いているのに気がついた。けばけばしい装飾品は一つもなかった。オリジナリティとか効果とかを意識して狙ったわけではないのだった。しかもなお、心づかいがちゃんとなされていた。何もかもが適切な場所に置いてあった。それらはジュリアスが気に入ったからこそ、購われたのだとダルグリッシュは感じた。

                   P・D・ジェイムズ「黒い塔」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  006 interior

2011.01.18 interior   comments 0
モノを削げるところまで削ぐと、何をどこに置いたら最も相応しいかということも、直感的にわかってくる気がします。モノが本来あるべきところにあると、気分がよくなり、心もすっきりして、気は高まります。場のエネルギーも高まるでしょう。

                     川畑のぶこ「断捨離のすすめ」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

心の整骨  005 interior

2011.01.06 interior   comments 0
生きているから、ちらかります。かたづけなければ、活きていけません。生きていたいから、かたづけます。それが、かたづけです。だから、生きていく希望がなくなると、かたづけられません。
きれいにかたづけるのは、これから、活き活きと生きていく気持ちのあらわれです。

               加藤博司 世古真一「かたづけ学」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」
   

心の整骨  004 interior

2011.01.02 interior   comments 2
好きなモノ、使い勝手のよいモノは、自然に必要なモノとして使われ続け、ポジションも決まってきます。そしてポジションを確定させるモノが少しずつ増え、その範囲を広げ、自分のまわりのモノをみんなピカピカ輝かせながら使い続けられたらどんなにすてきでしょう。私にとっての快適な暮らしとはそういうことをいいます。
そうなったとき、暮らしぶりはすっきりと、心豊かであるにちがいありません。

             板垣康子「モノを大事にする人は捨て方がうまい」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • interior
2011年09月28日 (水)
心の整骨  008 interior
2011年02月16日 (水)
心の整骨  007 interior
2011年01月18日 (火)
心の整骨  006 interior
2011年01月06日 (木)
心の整骨  005 interior
2011年01月02日 (日)
心の整骨  004 interior
次 >>

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***