Loading…
 

心のおもむくままに   スザンナ・タマーロ

4794216408
草思社
Amazon

家を出た孫娘へ、老女が手紙を書く。
長い長いその手紙は、まるで読まれるあての無い日記のよう。

心の奥深くに仕舞い込まれた過去の秘密へと迫りつつ、
「今」の何気ない喜びと苦しみも織り交ぜながら、
何日も何日もかけて、ゆっくりと紡がれていく。

老女(わたし)と孫娘の間には、今は亡き娘の幻影が。
老女の母の影も、チラホラと見える。
ある意味、これは女たちの物語。
否、幾とおりかの母娘の物語。

理解しあえない不幸は、母のせいでも娘のせいでもなく、
世代の違いという単純なものでもなく。

女たちは一様に、「自分らしく」生きたいと願い、
「母」をそれを妨げる「敵」と感じて反発する。
その生き方を、考え方を、自分を育てたやり方を、非難する。

「自分」に捉われ過ぎて周囲が見えず、
その結果、そんなにも固執している「自分」さえ見失って、
そのことに半ばは気付きながらも容認する勇気が持てず、
虚無のなかに原因を追い求めて、傷を広げていく・・・。

特別なことではなく、きっと誰の身の上にも起こること。
しかし、そこから抜け出すことが出来ぬままに自滅した、
老女の娘であり、孫娘の母であるイラリアは。
憐れむには愚かすぎて、でも他人事に思えなくて。

母親がこれほどの重荷を背負っている横で、
父親は何をしているのだ?
その不在が母娘の関係を必要以上に濃密にしているのではないか。
いやいや、そういう、わかりやすい家族の話ではない。

「心の声に耳を澄まそう」なんて、
言い古され、擦り切れたテーマのように思うのに、
それが、真っ直ぐに心に響き、安らぎすら運んできてくれるのは、
細やかなのに伸びやかで、深みに踏み込んでくるのに穏やかな、
スザンナ・タマーロの類い稀なる文章の力だろう。

手紙の最後の、孫娘への語りかけの一文に、
その万感の思いが込められている。

(2010.7.19)

新たな一歩を踏みだすために   スザンナ・タマーロ

4794208626

草思社
Amazon

この静かで深い語り口に、なんと心の安らぐことか。
騒音の中に埋もれて生きている自分を再確認させられる。
静けさを求めている心の声に耳を塞いでいる苦しさを、今更に感じる。

この人の他の著作も読みたい。

(2008.7.22)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***