Loading…
 

冷血(下)  高村 薫

2017.09.26 高村 薫   comments 0
4620107905

毎日新聞社
Amazon

殺人の理由が「ある時」「ない時」。

さて。
一家四人が惨殺された後の出来事が描かれる下巻。
高村薫の描きたかったものが見えてくる。

殺人者と被害者の命の重みに、差をつけない。
これは許し難いことにも思えるだろうけれど。

犯罪を肯定するわけでは勿論なく。
犯罪者に同情しているわけでもない。

極悪人も、結局。
「裁けない」ということが書かれていると思う。

いや。それでも「法」は裁きますよ。
しかし、本質的には人が人を裁くことは出来ない。

4人も人を殺しても、悔いることが出来ない。
そんな人間は死んでもらうしかないと感じる。
私は死刑に反対したことは一度もない。

けれど、正しいことだとも思っていなくて。
敢えて言うならば、必要なことだと捉えている。
でも、その「必要」を満たすための犠牲の大きさも感じる。

それは、死刑を執行される犯罪者のことではない。
「死刑」というシステムを支えている、
それに関わっている人々の犠牲だ。それは重い。

当事者でない人間にとって凶悪犯罪は、
しょせん「怖いけれど魅入ってしまう絵」のようなもの。

「怖さ」を面白がれるのだ・・・人間というものは。
そのことが、私は怖い。
(当然、「人間」に自分も含めてのこと)

でも、もっと怖いのは。
犯罪者自身も「当事者」の意識を持たずにいられること。
元々、そういう傾向がある人間は犯罪と親和性があると思うが。
現代はいっそう強まっている、もしくは増えているのだろう。

ミもフタもなく言えば。
たまたま「ノリ」で殺しちゃった、みたいなもので。
ノってなかったら、殺さなかった・・・そんな殺人。

身勝手であっても、殺人者側に「殺す理由」があれば。
おそらく、第三者はいくらか安心できるのだけれど。

探しても探しても。
問うても問うても。
それがやっぱり、無い。

面白いから殺した、のですらない。

理由がないことを。認めることは難しい。
お金が欲しかったとか、憎かったとか。
理由があれば、殺人にも「居場所」が出来て。
なぜだか、殺された側にも救いがあるように思える。

そんなのは錯覚で。理由があろうとなかろうと理不尽だ。
いや。理由がないと理不尽は倍増する。倍増して感じられる。

その理不尽さは当事者以外にも広がる。
だから。事件を担当した刑事として。
合田が犯人に手紙を書き続けるのは、わかる。

わからないままにしておきたくない、闇。
その闇は「深い」と表現してしまえば簡単になるが。
むしろ、浅過ぎるのかもしれないという印象を受ける。

海に沈んで死ぬよりも。
洗面器の水で死ぬ方が、怖くない?
海なら納得できるけれど。洗面器なんて。

本書で描かれる犯人たちが浅いと言いたいわけじゃない。
ただわかりやすい深さを持っていないと言える。

時代のような気もするし。
ずっとずっと、そうだったのだという気もするし。

見なくても。自分が巻き込まれない限りは生きていける。
しかし。「死ぬべき人間」を決定する法を支持している限り。
本来は無視してはいけないものだ。出来ないはずのものだ。

死刑になる人間がどんな人間か。
自分とはまるで違う人間と言って済ませてすむかどうか。

ヒトは平気でヒトを殺せるヒト足り得る。
それは個人の問題か、社会の問題か、遺伝の問題か。
そもそも、人間と言う「種」の持っているものか。

(2017.5.6)
今、合田シリーズが新聞連載してます。
わくわくと読み始めたものの。
高村薫はどうやら連載向きではない様子。
小間切れに読むのはかなりしんどいです。
もはや、毎朝の苦行と化してます(笑)
軌道に乗るまでの我慢だと思ってますが。

冷血(上)  高村 薫

2017.09.24 高村 薫   comments 0
4620107891

毎日新聞社
Amazon

そう、こうしてわたしはまた何か考えているのだ、とあゆみは思う。子どもには子どもの直感がある。具体的なことは分からないけれど、何かを感じて備えるのは平穏に生きるための必然というものだ。子でもの一日が平穏であるためには、たぶん、父と母のこころが平穏であることが第一なのだ。

わたしは考えないために考えているのだろう。考えなければならないことを考えないために、余計な迂回をしているだけだろう。

以上は十三歳になったばかりの少女の独白。
スタンダールの『赤と黒』を読み始めたと日記に記している。
本もよく読むが数学の才能もある。早熟で賢い。

そう。この本は彼女の日記の文面から始まる。
もう、その時点から不吉なカウントダウンが始まる。

だって。高村薫でしょう。
タイトルが「冷血」でしょう。

たとえレビューを読まなくたって。
この少女が惨殺されることは明白。

カポーティの「冷血」は紛うことなき名作。
読んでいて、怖くて怖くてたまらないけれど。

さて。本作は。

じわじわじわじわと、怖い。
何が起こるかを知っているからなのか。
その過程が妙に明るいからなのか。

残念ながら。
この少女は著者の時代の少女だろう。
私が少女の頃であっても、まだ少し古い。

だから少女像を描けていないことにはならないけれど。
しっくりこない感覚というのは、案外、尾を引く。

力作だし、秀作だし、面白くないとは言わないし。
著者の意図も感じ取れはするけれど。

合田刑事のシリーズとして読むと、ツマラナイかな。
そこは意識しないに限るような気がするし。
もう合田さんの若かりし頃は私も忘れつつある。

非道、としか形容出来ない犯行はなぜ生まれるだろう。
どのようにして、犯罪者の人格は出来上がるだろう。

理解出来ないし、したくないし。
そう突き放せば、それでおしまい。

でも。自分が当事者になったらどうする?
知りたい、納得したいとは思わないだろうか。

なぜ、少女とその弟、父母は殺されなければならなかったか。
その殺人は防げなかったか。

(2017.5.5)
読みにくさを指摘する声もありますが。
高村薫はもともと独特の読みにくい文体です。
文章に癖と粗があると思います。
乱暴に言えば、それも味と思える人には読みやすい。
私の場合、導入部をしばらく我慢すれば、馴染んできます。

半眼訥訥  高村 薫

2010.07.26 高村 薫   comments 0
416355940X
文藝春秋
Amazon

久しぶりに深く考えさせられた。
読み流すことができず、何度も立ち止まって「私自身」と対面した。

新聞・雑誌にかつて掲載された時評(本人によれば雑文)を収録した一冊。
平易な文章で正直な感想を述べたものが多い。
・・・私には、とても気持ちのよい文面。

ふだん抱えている、うまく言葉にできぬ思いを代弁してもらった心地よさ。
図々しくも、考えていることは同じ、と言いたいくらい、近しく感じるが、
語り口も内容も、私の力では、はるかに及ばないものだ。

こんなとき、ただ満足して読み終えてしまう場合が多いが、
なぜか、今回は読了後も私は考え込んでいる。

何をかはわからず、その何かを問うて、
沈黙した思考の彼方に、微かに聞こえる羽音に耳を済ませている。

物を考え、それを言葉に変えること。
その意味を今更のように考えてみる。

必要のないことと切り捨てた行為が、かつての私の生活の、
中心であった頃に思いを馳せながら。

日々の小さな快・不快の刹那的な感情に流されて生きている今の、
そしてこの先の「自分」を受け入れられるのか、と自問しながら。

(2004.10.5)
高村 薫氏の小説は、もちろん大好きです。
なのに、感想がひとつも見当たらないのだけど、
たぶん、それは読むだけで満足しきってしまうからかも。
彼女のコラムは小説に負けず劣らず素晴らしいです。
作家としての力量が存分に発揮されたコラムで、
精神の気高さと庶民の目線が融合しているのが凄い。
静かな怒りの迫力が、ずしん、と来ます。
ちょっと、時事問題としては、古いかも。
「閑人生生 平成雑記帳2007~2009」ていうコラム集が出てるんだね。
これ、読みたいな。読もう。



  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 高村 薫
2017年09月26日 (火)
冷血(下)  高村 薫
2017年09月24日 (日)
冷血(上)  高村 薫
2010年07月26日 (月)
半眼訥訥  高村 薫

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***