FC2ブログ
Loading…
 

『牛乳パックでつくる便利なおうちこもの』

2019.05.28 手芸   comments 0

作ってみたいものも、なくはない。

布選びを工夫すれば、可愛いものが出来るかも。
実用性はどれもあると思えるのですが。
いかにも手作り感が溢れ出しているのが残念。

リサイクル手芸って、貧乏臭くなりがち。
そうならないためには、センスが必要だなー。

特別な道具や素材を使ってないのは好感が持てます。

(2018.12.17)
牛乳パックだけでは無理なので。
ダンボールなんかは使用されています。
最近は通販で買い物するおかげで家にゴロゴロあったりします。
材料には事欠かないので。あとは気力とセンスですね。

『リバティ好きの小さな幸せ リバティプリントで日々の暮らしと旅の手作り』 玉村利恵子

2019.05.21 手芸   comments 0

いつか、行きたいお店、トランテアン。

ていうか、近いんだけどね。割と。
京都の西の方だから。
私は大阪の北の方だから。

なんか。中途半端な場所なので通過しちゃう。
住宅街なんだよね。知り合いもいないし。
用事が他に、何も無い。

でも。「いつか」を「今」に買えなきゃね。
私の溜めに溜めた「いつか」貯金、消費しなきゃ。

うん。「いつか」も悪くないの。
未来のお楽しみということで。
ま。心のゆとりというか「貯金」だな。
お金じゃないから……「貯心」かな。

で。また。「いつか」が溜まっちゃうけど。
本書に載ってるピンクッション(p6)可愛い。
p38の刺繍のマルシェバックを作りたい。
p49のかぎ針ケースも作りたい。

正直。リバティじゃなくてもいい。
リバティは好きと言えば好きだけど。
多用しすぎると騒がしいと思うのね。

パッチワークではなく。
布は単品づかいの方が実は好き。

あ。今更だけど。
著者は「トランテアン」というお店の店主。
京都にある、リバティ布を中心にした小さな店です。

(2018.10.22)
お店のURL貼っておきますね。
オンラインショップもされてて、キットも色々売ってます。

リバティプリントショップ トランテアン

『かぎ針で編んで作る ビーズクロッシェのブレスレット』 芝 裕子 荒木晴美 北垣葉月

2019.05.15 手芸   comments 0

幼い頃からビーズが好き。

だから、捨てられずに。
今もたくさん、箱いっぱいあります。
なかなか。使うのって難しい。

マスコットもアクセサリーも作れるけれど。
ちょっと子供っぽくなってしまう、どうしても。

高級なビーズを使えばいいのだけれど。
子供が買えるお値段のビーズですから。

ナントカ工夫して。
大人も使用に耐えるものを作りたいな。

(2018.11.12)

『絵本の国のぬいぐるみ』原 優子

2019.05.12 手芸   comments 0

表紙のぐりとぐらのクオリティ!

感想はその驚きに尽きるでしょう!
いや、よく出来てますねぇ。

実際に作れるかっていうと。
作り方があっても、作れる気はしないけれど。

ひたすら感心して眺めてました。

あ。でも生地の質感などにこだわり過ぎなければ。
なかなかイイ線行くものが作れるのかも。

ぬいぐるみはちょっともう作れないかなって。
目が弱り過ぎて思ってたりするのですが。

何年も前からの作りかけのテディ・ベアが出来たら。
次にはこの本の中から作ってみてもいいかな。

(読了日 2018.12.10)
あげたら喜んでくれる子供とかいないと作る元気は出ない。
うん。残念ながら、やっぱり眺めて終わりだな。

『着回し自在なニットのふだん着  -リネン、コットンで編む-』 michiyo

2019.05.02 手芸   comments 0

かぎ針編みのボレロが編みたくて。

あ。何かダサイニットを想像したでしょ?
かぎ針編みのボレロなんていうと。

でも。michiyoさんデザインのはそうじゃない。
編み図を見てもイマイチ編み方がわからないのですが。
たぶん、編み始めたらわかると思う。

え。編み物ってそういうもんですよ?

問題は編む暇がないことだ。
いつか編もう……と書くのも哀しい。

いっそ。老後に編もう、と言い換えるか。
でも。いつが老後なのだ?
私はいつまで働けばいいのだ?

ああ先が長過ぎて、息苦しい……。

(2018.10.20)
ブログのカテゴリを見直し中で。
「手芸」も「編み物」と「縫い物」に分けたい。
でも、それもなかなかの仕事になりそう。
どちらにも当てはまらないものもあるし。
「編み物」「縫い物」「刺繍」「その他」でいいか。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***