Loading…
 

正しく時代に遅れるために  有栖川有栖

4062137496
講談社 Amazon

これは・・・困った本だ。

私にとって困った本にも色んなタイプがあるので、説明すると。
①つまらない本・・・これ、説明不要よね。

②難しい本・・・ナニやら良さげなこと書いてるけど理解出来ない時、悔しい。

③数字が多い本・・・途端に私の読解力が半滅します。

④カタカナの固有名詞が多い本・・・ロシア文学がその筆頭。大好きなんですけれど、私カタカナに弱くて。ドストエフスキーを長年ドエトフスキーと間違えて読んでた(汗)。他にも同様の事例あり。気付くまでに数年が経過してたりするから怖い。

⑤出来は素晴らしいのに無性に嫌いな本・・・一般評価なんて気にしない性質で、絶賛されてる小説を「どこが良いのさ」と切り捨てても平気なんですけど。ちゃんと「良い作品」とわかるのに、大嫌いだったりすると、そんな感情的すぎる自分の精神の貧しさに涙が・・・。

⑥好き過ぎて今すぐ買いたい本・・・だから買えないんだってば、貧しくて。

⑦注釈の多い本・・・全部読まなきゃ気がすまないので読むけど疲れます。

⑧自分の厭な思い出とリンクする本・・・苦痛。読むのをやめることも。

⑨暴力・流血・残虐シーンの多い本・・・描き方にもよるが、これも疲れる。

⑩文体が超・独特な本・・・新しい試みは評価したいけど、やり過ぎはダメ。

⑪あり得ない日本人や日本文化を登場させる海外小説・・・苛々するっ!!

⑫翻訳が度を越して下手糞な本・・・最近は減ったけど、昔はよく見かけた。

⑬装丁が大嫌いな本・・・カバーをすれば解決するんですけどもね。

⑭好きになれない挿画が満載な本・・・ああ、絵がジャマ、ジャマ・・・。

⑮素敵な本をいっぱい紹介してくれる本・・・これ、長所のようだけど、ただでさえ読みたい本を読みきれずにヒーヒー言ってる私には、最も罪の重い本。

うっ。書き始めたときは、5つくらいなつもりだったのに・・・

ごめんなさい、しょっぱなから大脱線しましたが、ここから感想に入ります。
さて、この本は上記のいずれのタイプに属するのでしょう?


女王国の城  有栖川有栖

4488012272
東京創元社
Amazon

有栖川有栖さんも久しぶり。
どのくらいご無沙汰か正確を期すために、データを当たってみた。
(私個人の読書データ、19年分)

1998年10月に「月光ゲーム」を読んだのを皮切りに、以後1年間で、
「孤島パズル」「海のある奈良に死す」「ダリの繭」「スウェーデン館の謎」
以上5冊を読んでいるのがわかった。・・・思ったより、多いな。

でね。以降、全く読んでいないわけも、読書ノートを読んで判明。
「月光ゲーム」と「孤島パズル」で著者のファンとなった私なのだけど、
「スウェーデン館の謎」に感想で、以下のような厳しいことを書いている。

「この人のミステリは常に及第点ではあるけど70~80点。人物描写、人物造形が甘い。いまひとつ魅力不足。月光ゲームが一番良かった。」
・・・要は、こうして、見切りをつけてしまったんだな。

さて。11年ぶりの再開で、著者を見直した、と言いたいところなんだけど。
残念。この本を読む間に私、4冊も他の本を読了してしまった。
・・・つまり、一気に集中して読めなかった。

舞台も筋立ても面白いかな、って初めは思うけど、ダレる。
し、やっぱり人物に魅力が足りなさ過ぎる。
無駄にボリュームあり過ぎる小説だと感じる。

ただ、有栖川さんに好感は抱いているのだよね。
何故かというと、彼が作中に取り上げる、小説や文学作品が、
私の大好きなものばかりだから。

しかも、微妙に渋い好みなんだ。
本作では、カフカの「城」、J・P・ホーガンの「星を継ぐもの」。
「孤島パズル」では、中原中也の詩、オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」。

どれも、何千冊と本を読んできて、
その大半を記憶からこぼれ落としている私が、
「特別」という烙印を押して、大切に心にしまっている本なのだ。

つまり、有栖川氏と私の感性は近いってことか?
にしては、肝腎の氏の小説が私の好みに合わないんだけど・・・。

(2010.7.5)



  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 有栖川有栖

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***