Loading…

銀色の翼   佐川光晴

Posted by 彩月氷香 on 19.2010 佐川光晴   0 comments   0 trackback
4163250107
文藝春秋
Amazon

芥川龍之介が「歯車」という小説の中で、
偏頭痛の兆候を言い表した語が「銀色の翼」なのだそうな。

著者は今、41歳。
2000年に新潮新人賞。2002年に野間文藝新人賞。
35歳デビュー、ちょっと遅めだね。

タイトルの付け方の上手い人。
表題作ともう一つ、「青いけむり」という作品が収録されている。

とても読みやすく、オーソドックスに小説らしい小説という感じ。
私とは肌合いが違うのだけど、素直に結構いいなと思う。

人間の弱さを声高に語らず、でも確実に実感させてくれる。
そこに不思議と、端正な癒しの気配がある。

(2006.10.3)
「今」と本文中にあるのは、2006年当時のことなので、ご注意を。
この一作きりしか読んでいない作家さんですが、
淡々とした地味な印象の、静かな作風だったと思います。
気になるので、また近いうちに他の作品を読んでみるつもりです。


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 佐川光晴
2010年10月19日 (火)
銀色の翼   佐川光晴

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***