Loading…
 

競売ナンバー49の叫び  トマス・ピンチョン

4480831290
筑摩書房
Amazon

読み始めてしばらく、本書をミステリーだと勘違いしていた私。
作中に鬱陶しくさえあるほど散りばめられた文学的な言葉遊び、
歴史的作品へのオマージュと窺われる諧謔、に首を傾げつつ、
なんて文学の薫り高いミステリーかしら、と感心していた。

それにしても、それにしても。事件は起きない。
そこでやっと、表紙をじっくりと眺めた。
トマス・ピンチョン!
「重力の虹」で有名な現代アメリカ文学の!!

時々、作者名すら見ずに読む自分には呆れる。
今年、他にも同様のことをやらかしていて、その時も相当ビックリした。
(私のうっかりぶりを知りたい方は、こちら→水村美苗「高台にある家」

「重力の虹」といえば、文学と呼ばれるものは全て読もうという、
熱意に溢れる文学少女だったかつての私が気にかけつつも、
苦手な気配を感じて読まないまま機会を失い、存在も忘れた作品。

いつかは読もうと思ってはいたトマス・ピンチョンを、
心構えなしに読み始めてしまったことに少なからぬショックを受け、
脳が一旦停止。頭をぶんぶん振って気を取り直し、読書再開。

あの、大袈裟に聞こえるかもしれませんが。
雑食系読書家な私も元を辿れば折り目正しい(?)文学少女。
文学には変わらず敬意を抱き、読む際には襟を正します。
チャンネルを切り替えて読む、って言った方が近いかな。

なのに、ミステリモードで読んでいたなんてショック!

すみません、お馬鹿な導入部分が長くなりましたが、やっとここから本題です。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • トマス・ピンチョン

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***