Loading…
 

005 夢の話

2012.10.19 夢の話   comments 2
05fuseli0140_convert_20121001143810.jpg

私は西洋人っぽい若い美形の男性である。国籍は不明。
そして、仕事で異国へと派遣される。
(註・・・以下、「彼=私」となります)

自然が豊かなようでいて雑多な印象もあり、
南米っぽいような北欧風のような、不思議な街である。
そこで彼はある日、美しい二人の女性に出会う。

ところがどうしてか、幽霊か幻と勘違いされる。
それが楽しくて、わざわざ生身の人間に見えぬように装って、
二人の前に表れて楽しむようになる。

仕事?それは元々、あってないようなもの。

彼は部屋を借りる。真四角の箱のような家。
野原にポツンと建っている。四方がガラス張り。

仕事をサボり過ぎたのか、何か不手際があったのか。
とうとう、彼の同僚(友人でもある)が本国から探しに訪れる。

彼を発見する前に(どうやら行方をくらましているらしい)、
二人の美女に会い、彼が実在の人物だということを教える。

それを覗き見していた彼はがっかりする。
自分が夢のような朧げな存在であることを楽しんでいたのだ。

彼は泳いだり(美しい川!)走ったりしながら、逃走する。
見つかってしまってラクになりたい思いと闘いながら、
自分でも理解し難いような熱意を持って逃げ続ける。

部屋にはカーテンをかける。
外出できないので、とうとう食料も底をつく。

ベーコン入りの食パンが二切れだけになり。
一枚は焼き、一枚は冷凍庫へ。

・・・と。友人の姿が窓の外に見える。
すーっと通り過ぎて行くが、そのすぐ後に電話が鳴る。
彼は悩むが、わずかな荷物を持って部屋を出る。

やはり、その後すぐ友人がやって来る。
その姿を彼は遠くから、哀しい気持ちで眺めている。

(2009.7.06の日記より)

******************************

妙にありきたりな小説風な夢ですね(笑)
細部がくっきりとしていて、街や感情が生き生きとしていました。
ベーコン入りの食パン?と思いますが、これがとても美味しそうで。

自分で自分の姿が見えるのは、どうもオカシイんですが。
小説風に、一人称と三人称が混じっているようです。

あれ、ていうか混ぜちゃいけないんでしたっけ??
いや、混ぜても成立するように書くのが難しいんですよね。
ま、それは小説技法の話であって、夢は自由自在ですから。

それにしても。何なんでしょう、この夢。
男性(=私)は、この女性たちにとって謎の存在であるという、
その立場に溺れて行き、きちんとした生活が出来なくなる。

女性たちは男に恋心を抱き、いつも会いたいと探している。
だが彼は生身の存在ではなく、偶然にしか会えぬものと思っている。

男は女性のうちの一方にとくに惹かれていて、
実は相思相愛なわけですが、騙していたことが後ろめたく、
自分が生身の人間とバレてからは、姿を現すことができない。

身勝手でグズグズした男だな!(笑)

しかし、自分も女性たちも掛け値なしの美形だったので、
目の保養になる夢でした・・・景色も映画のように綺麗で。
美女二人が姉妹なのか友人なのかは、判然としませんでした。

実はこの日、数珠つなぎに夢を見たらしく、
一番はっきり思い出せたのがこの夢なのです。

一個前の夢は、微かに覚えています。
なぜか、5〜6階建ての不思議なビルを昇り降りしていて。
どう不思議かとういうと、ワンフロアが狭すぎるんですね。
集会所っぽい、見渡せる広さの一部屋だけなんです。

どの階も、すごく見つかりにくい所に階段があるのです。
しかも階によっては、部屋の周囲がぐるりと小さなプールだったり。

例によって、夢の中の私は何か探しているようでした・・・


冒頭の絵の作者はヘンリー・フュズリ。
1741年、スイス生まれ。聖職者を志したが、やがて画家に転向。
24歳のときロンドンに渡る。1825年、ロンドンにて死去。
その作品は、眠り、夢、死、幻覚、狂気、あるいは性的な妄想などを
主題としたものが大半を占めている。


(追記)
夢の記録は、あちこちに散乱していて。けっこうな量があります。
気紛れに古いものを掘り起こして、こうして公開しています。
近頃はズボラになり、ツイッターでつぶやくことが増えましたが・・・
冒頭には本文とは関係なく、幻想的な絵(私の主観です)を。
この絵を選ぶのが、秘かな楽しみだったりします。

004 夢の話

2012.10.09 夢の話   comments 6
o0428059810386187717.jpg

夢の中で、何故か私は結構(!)愛されていて。
それに応えようとはするけれど、空回りしていた。

彼は海へ連れて行ってくれるのだが、私だけ用事で帰宅。
すぐ戻るね、と約束したのだが、用事が片付かない。
トイレへ行くだけでも大変で、なかなか辿り着かないのである。

そこは昔(小中学生の頃)住んでいたマンションそっくりで、
なのに巨大なショッピングモールとつながっている。
圧倒されるほどに沢山の人!人!人!人の波!

とても優しく、紳士的なナイスシニアも登場。
突如、場面が変わって私はその人と川辺でキャンプしている。

彼にせめて連絡しようと手紙を書くが・・・手紙?
届けるのが不可能だと気がつくが、携帯電話もない。

やれやれ、始りかけでもう、終わる恋の予感。
だってなぁ、趣味が違い過ぎるもん、と私は真剣に考えている・・・

(2009.9.14の日記より)

***********************************

細部がリアルな夢でした。トイレのドアや、階段や。
実際はもっと長いのですが、ざっと思い出せたのがこれだけ。
トイレを探して彷徨った場面が再現できたらいいんですけど。

なぜ、トイレに行くのがこんなに冒険なんだろう?と
夢の中でしきりと悩んでいたのが後になってみるとオカシイ。


冒頭の絵は、ギュスターブ・モロー作「ペリ」。
昔、京都で開かれた「ギュスターブ・モロー展」で実物を観ました。
モローの絵は、とても現代的で・・・どこかアニメ風。

題材が幻想的なものばかりだから、尚更なのかもしれない。
天野義孝になんとなく、似てません?
順番から言えば、天野義孝がモローに似てるんでしょうけど。

サロメの絵が有名かな。展覧会でも無数のサロメの絵を観ました。

この人の油彩画は繊細だけど、荒っぽい印象が同時に強くて。
「ペリ」も油彩で描いたものが国立西洋美術館に所蔵されていますが、
私はこちらの方が好き。展覧会でも一番のお気に入りの一枚でした。

ペリというのは、イラン(ペルシャ)の妖精。白い鳥の羽を持つ。
人の辿り着けない険しい山中の、草花が咲き乱れる「ペリの園」に住み、
麝香、紫檀、白檀、シトロンなどの香りを食べて暮らしているのだそう。

この絵のペリは、グリフォンに乗っていますね。
グリフォンというのは、ご存知の方も多いと思いますが、
鷲或いは鷹の翼と上半身、ライオンの下半身を持つ伝説上の生物です。

別名、ペーリ、パリー、ピアリとも。読み方の違いのようですね。

003 夢の話

2012.03.28 夢の話   comments 2
c0153302_024115.jpg

何故か、大切な人が死ぬ夢をよく見る。
今回は、架空の恋人である。

海でサメに食べられて命を落とすのだ。
現場に私は居合わせたわけではないが、全てがリアル。

事後に、そこへ訪れる私。
心の痛みが何よりも生々しく、とても夢とは思えず・・・。


(2005年7月26日の日記より)


13番目のイケメン

2011.01.18 夢の話   comments 6
jacek-yerka_convert_20110117154033.jpg

「13番目のイケメン」と言われてピンと来ない方は誠に恐れ入りますが、
まず、こちらに目を通してから、この記事をお読みください。
→「002 夢の話」(リンクで飛びます)

え~、で、当ブログのゲストコメンテーターのお一人、奇堂さまが、
以下のような楽しいコメントをくださいました。(*一部、抜粋)

相変わらず面白い夢を見てますね。
僕は1~12番目のイケメンが気になる所です。

それぞれタイプの違ったイケメン共が出てきて、
そりゃあもう大変そうです(書き分けが)

口は悪いが実は人の良いイケメンや、情にもろく正義感の熱い(誤字ではない)イケメン、一匹狼で斜に構えたイケメン、気は優しくて力持ちなイケメン、カレーが好物なイケメン等々のイケメンパラダイス。キャラがただかぶりですが気にしてはいけません。

そして、13番目に堂々の登場のイケメン。
……すいません。完全に僕の中でコメディです。
例え、制作陣が前衛的な野心に満ち溢れていようともコメディです。
間違いなくコメディです。だって、「13番目のイケメン」ですもの。

この素敵なコメントに触発され、私が考えた、ぐだぐだの与太噺が、
以下、延々と続きます・・・どうぞ、心を広くして、お読み下さいませ。



002 夢の話

2011.01.13 夢の話   comments 6
rasen_convert_.jpg

久しぶりにヘンな夢を見た。
いや、これは正確に言えば、事実ではない。
変わった夢は幾つか見たが、書き記せるほど覚えていないだけ。

さて。昨夜の夢。これが初夢だとは・・・と不満な私でありますが。

例によって、私は、私以外の人物になりきっておりました。
さて、いったい、今回は何者?

(ご記憶の方もいるかな?・・・前回紹介した夢では中年の建築家でした)

****************************************************

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 夢の話
2012年10月19日 (金)
005 夢の話
2012年10月09日 (火)
004 夢の話
2012年03月28日 (水)
003 夢の話
2011年01月18日 (火)
13番目のイケメン
2011年01月13日 (木)
002 夢の話
次 >>

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***