FC2ブログ
Loading…
 

『ひといちばい敏感な子』エレイン・N・アーロン


「生きづらさ」を抱え続けてきた人へ。

要は、HSPについて書かれた本です。
HSPって、最近言われ始めたのですけれど。
簡単に言えば、この本のタイトルの通りです。

「ひといちばい敏感」

これによって、どのくらい生き辛くなるかということ。
あー。わかる。わかるわかるわかる。わかり過ぎる。

HSPについての説明は、知りたい人はこちらを。

https://www.10000nen.com/media/3512/

HSPの診断テストもこちらにあります

https://hsptest.jp/

やらなくてもわかってましたけど。
私のHSP度は、満点(?)に近いほど高かったです。

そもそも。
私がHSPのことを知り、自分がそうではないかと思ったきっかけは。
職場の同僚におそらく発達障害であろう人がいて。
その人との軋轢で精神を病んで、休職することになったのが発端。

辛い日々の中で。
その人を理解すること、
もしくは自分の被害を減ずる対応を学ぶために、
発達障害についてあれこれと調べました。

彼女がそうであろうことは。
私一人の見解ではなくて。
身近に関わった人の一致した意見でした。

ただ、発達障害のせい、としてしまうと。
発達障害の人全般に失礼だとも思える、
彼女のみの特性ではという問題も多々ありました。

サイコパスか、精神分裂、虚言癖か。

ノルウェイの森のレイコさんを追い詰めた少女の恐ろしさ。
あれに、かなり似ているんです。ほんとに。

引用してみましょう。

「その子は病的な嘘つきだったのよ。あれはもう完全な病気よね。なんでもかんでも話を作っちゃうわけ。そして話しているあいだは自分でもそれを本当だと思いこんじゃうわけ。そしてその話のつじつまをあわせるために周辺の物事をどんどん作り変えていっちゃうの。

でも普通ならあれ、変だな、おかしいな、と思うところでも、その子は頭の回転がおそろしく速いから、人の先にまわってどんどん手をくわえていくし、だから相手は全然気づかないのよ。それが嘘であることにね」

「彼女は自分を守るためには平気で他人を傷つける嘘をつくし、利用できるものは何でも利用しようとするの。
そして相手によって嘘をついたりつかなかったりするの。」

「病気なのよ」

「病んでいるのよ。それもね、腐ったリンゴがまわりのものをみんな駄目にしていくような、そういう病み方なのよ。そしてその彼女の病気はもう誰にもなおせないの。死ぬまでそういう風に病んだままなのね。だから考えようによっては可哀そうな子なのよ。」

ああ。ほんとに! 似過ぎている!


とにかく、病的な嘘つきで。
一日中、嘘ばかりついているのですが。
本人がどうやら、その嘘を心の底から信じていて。
ゆえに彼女の中ではそれは絶対的な真実で。

ただ。
嘘つきの部分を覗いて考えると。
ちょっと、幼少時の私ももしかすると、
彼女と似たようなところがあったかもと思えたりもしました。

これは、上に引用した少女のような質のものと違う面です。
自分の世界にこもり勝ちという傾向の特性の部分。
あと周囲に馴染まない、空気を読めないとされがちなところ。
妙に何かの点で意固地になるようなところ。

私が「普通ではない子」とされてきたのは確かなので。
その普通でなさというのは、「発達障害」だったかも?と。
ちょこっと、近い部分もあるような気がしてきたのですね。

そもそも。彼女がまき散らす害は相当なもので。
ひとことで言うと、共に働く人間は発狂しそうになります。
比喩ではなく。ほんとうに。
彼女に耐えられず仕事を辞めてしまった人もいます。

身近に発達障害の人がいる人がかかる病気もあるそうで。
私はそれではないかと疑ったりもしました。
(カサンドラ症候群)

毎日、彼女が夢に登場し。
食欲はなく。
そもそも眠れず。
彼女の顔を見るだけで震えが走り。
職場へ向かう電車に乗っただけで吐き気。

で。ありながら。
私に対して一番、関わってくるのです、あちらから。

そして。ひたすら嘘をつき。
仕事ではありえないミスを積み重ね、
その尻拭いはすべて、こちらに回ってくる。
決して、自分の非を認めることはありません。

毎日驚愕レベルの事件・事故を起こしているのに。
誰よりも自分が仕事ができて頭がいいと信じている。

どう考えても。私自身はそうではない。
そうなのだけれど、何かちょっと、ひっかかる。
微妙に、相手方から「同族のよしみ」的な接近を感じる。

彼女が発達障害だと皆が口を揃えて言うのは。
嘘つきだからではなく。
常にユラユラ揺れていて、同じ話を延々と繰り返し、
まず相手の気持ちがまったくわかっていないのが明らかで、
つい先程のことを覚えていないことがしょっちゅうで、
何があっても自分が正しいという信念が強固で、
まぁ・・・もうキリがありませんが、
ありとあらゆる症例が当てはまったからです。

誰も。そうは言わないのだけれど。
なぜか。彼女に悩まされ、苦しんでいるうちに。
実は私も発達障害なんじゃないかと思えて来たのです。

そんな時に。HSPのことを知りました。
あ。これか。とすぐに納得が行きました。
実際、HSPは発達障害と間違われることが多いそうです。

いちばんの違いは共感能力が強いところで。
神経の過敏さというところでも、タイプが違うと思う。
でも。私はまさにHSP的な神経の細かさでした。
子供の時は、特に。何もかもに怯えていましたから。

今も基本的に。変っていません。
ただ、あるパターンを習得すると少しは「慣れる」。
我慢や、やり過ごしが可能にはなる。

この本はHSPというか、HSCという、
過敏過ぎる子の話なのであって。
その生きるのにどちらかというと不利な特性(病気ではない)を、
プラスのスキルと捉えて成長していくための提言なのですよね。

読みながら。
ああ。私は自分には合わないやり方で育てられたなと思いました。
けれど。両親は育てにくい子をそれでも頑張って育てたな、と。

知ってても。知らなくても。
どっちみち、私は私だった、と。今は思います。

母がこの本を読んでいたりしたら。
私も母も、だいぶ気持ちが楽だったでしょうけれど。

HSPであることがいいとも、悪いとも言えない。
私はとにかく、幼少時と思春期、異様に生き辛かったけれど。
そして、その理由の一端が判明したとは感じたけれど。

敏感であるがゆえに、得た恩恵もたくさんあった。
というよりも、その苦しみもひっくるめて私自身だった。

発達障害の子と働くことで。
精神を病むにまで至ったのも。
私の特性が悪い方に作用したのでしょう。

世の中の人には何でもないような些細なことに。
いつもいつも、傷ついているような気がして。
そんな自分を持て余し、呆れ、責めている人がもしいたら。

その敏感さは。責められるべきものではありませんよ、と。
そう教えてくれるというだけでも、本書は値打ちがある。

私は自分を苦しめた彼女以上に。
その彼女とうまくやっていけなかった自分を責めていました。

あ。HSPは「ハイリー センシティブ パーソン」の略。
この本が取り上げているのはHSC。
つまり「ハイリー センシティブ チャイルド」

ただ敏感だってだけのことにわざわざ名前をつけるなよ、って。
そう感じるひともあるでしょうけれど。

その敏感さの加減がどれほど普通とかけ離れているか、
それゆえに誤解されるか、もしくは理解されないか、ということを
身をもって知りながら成長した当事者はそうは思わないでしょう。

そして。これは病気ではない。
たぶん。人間の進化という意味で。
こういう特質の人もいることが大切だったんじゃないか、と。
著者は言っているわけです。

人類全員が過敏でも困るんだけどね。
でも。こういう人がいてくれなきゃな場面もあるのよ。

(2018.11.8)
5〜6人に一人がHSPだとも言われていて。
決して珍しくもないらしいです。
思い当たるフシのある人は読んでみると心が楽になるかもしれません。
私の書き方が不適切で。もしかすると。
発達障害でなくHSPで良かった、と言ってるように聞えるのではと心配です。
レイコを悩ませた少女がじゃあ「発達障害」なのか。
そこのところも掘り下げないで下さい。そうと言いたいわけではありません。
ただ。この少女にはきっとモデルがいるのだろうという迫真性を感じる。
それは若かりし頃に読んだ時にはわからなかったことでした。
私を死ぬほど悩ませた女性も、彼女なりの生き辛さを抱えているでしょう。
ちなみに私は「適応障害」と診断され、3ヶ月間休職しました。

『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』イルセ・サン

by カエレバ

私がHSPであることは99%間違いないけれど。

HSPって?

知らない方のために簡単に説明しますと。
ものすごく敏感すぎるという体質ですね。
先天性のものです。

大きな音、諍い、人混み、群衆、パーティが苦手。
苦手というレベルではなくて、精神的に追い詰められる。
敏感さが過度であり過ぎて。
普通の生活でも息も絶え絶えなくらいに疲れ果てる。

私、テストしてみましたが。
140点が最高のところ、136点でした。
HSPであることは確実です。

それゆえの生きづらさに苦しみ続けてきたとも思う。
だからってね。それはHSPの特性ゆえでした、と。
そう言われたから気持ちが救われるものでもなく。

かなり、自分なりに抜け出そうと頑張ってきたんだな。
本書に書かれている解決法に自らほぼたどり着いていた。

つまり。具体的に説明しますと。
世間でマイナス評価されがちな自分の性分を。
自分だけはプラス評価しようと決めてそうしてきた、ってこと。

それでも。
世間的な基準から見れば。
もっともっと我儘と受け止められるレベルまで。
自分の気質を優先させて生活してもいいのかもしれない。

そうしないと。
自分の望まぬところに気力と体力を奪われ続けるのだ。

言いたいことを言ってそうなイメージあるかもしれませんが。
現実の私はかなりの気遣い超人です。

気を遣い過ぎて疲れ果て。
色んなことに気づき過ぎて疲れ果て。
一方で言いたいことは全く言えずに疲れ果て。
それやこれやを一人で溜め込んで疲れ果て。

しかも気遣いが功を奏していないという哀しいオチ。

あ。HSPはやたらめったら自分を責めまくるようですが。
これも物凄く当てはまっていまして。
四六時中反省し、自分をひたすらに責めている人生でした。
何十年も前のことで自分を責め続けているとかザラ。

でもね。これはいつの間にかマシになってるみたい。
ていうか、もう自分を責める気力が潰えたんですね。
あ。でも。まだ絶え間無く自分を責めているか。
それが普通になり過ぎているのかもしれない。

もっと早く知っていたら、もう少し楽に生きられたのかな。
休職するまでには至らなかった可能性も少しはあるかな。

ま。でも。一度、がっくり折れたおかげで。
心は休養できたのだと思っています。

HSPの恵まれているところはもちろんあって。
私はその点を大事にしているので。
というよりも自分の存在の拠り所にしているので。

ま。自分がHSPだと知ってても知らなくても。
変わらないって言えば、変わらないね。

親がわかってくれてたら良かったのになとは少し思うけれど。
それほど、運が悪くはなかったのかな、その点は。
普通にできようがないところを普通にさせようとして。
親はたいへんで、こちらも大変だった。

まぁ、そんなの。HSPじゃなかろうともあるでしょ。

ざっくり言えば。
自己肯定感がとてつもなく低くなりがちなHSPに。
自信を持って生きなさい、と言ってるんだね、この本は。

その言葉に励まされるHSPも多いと思います。

(読了日 2019.1.9)
チラッと触れましたので、補足しておきます。
休職の原因は、ありがちな職場の人間関係のストレス。
しかしストレスに強いはずの私が精神崩壊したくらいですから。
発生源はありがちと言えるような人間ではありませんでした。
長らく耐え続けたものの、弁護士に訴えるほどの事態となり。
その過程で自身の心身の不調が正常値を超えていることに気付き。
診断を受けるよう忠告されてクリニックの門を叩きました。
結果、なんと雅子妃と同じ病気(適応障害)と判明。
即、休職を余儀なくされ。二ヶ月半後に復帰しました。
今では遠い昔のように思えますが、去年の夏の出来事です。

『老眼のウソ』平松 類

4788715457
時事通信社
Amazon

老眼鏡生活がそろそろ始まる。


副題に「人生をソンしないために」とあります。

老眼について巷で流布している知識って間違いだらけ。
近眼の人が老眼にならないわけではないのです。
老眼鏡をかけると老眼が進むわけでもないのです。

私でもそれは知ってたぐらいなので。
そんなに目新しい情報ではありません。
でも。将来的に老眼が治るかもというのは、おおーっ、と。

ていうか。今でも手術で治るんですね。
しかし。治り具合が微妙で。
むしろ生活に支障が出たりもするようです。

・・・って、それ「治った」っていうんかいな。
言えるんですね。そこが医学の難しいところだ。

そうそう。私はスマホ老眼も入ってる?かも?

夕方や夜になると老眼になる「夕方老眼」もあるそう。
あ! 私、これだわ……

「スマホ老眼」=スマホやタブレットを使い過ぎてなる老眼
「夕方老眼」=筋肉が弱くなり夕方に疲れて老眼になっている状態


えっと。どちらも該当するのでダブルか!
いや。本気の加齢による老眼もあるだろうけど。
それにしては見える時と見えない時の差が激しい。

見にくいのを放置すると認知症になりやすいそうで。
それは目からの情報が極端に減るためで。

で。肝腎の老眼への対処法ですが。

老眼鏡
(老眼鏡をかけることに抵抗がない人)

老眼用コンタクトレンズ
(老眼鏡をかけたくない人)

トレーニング
(コンタクトレンズをつけ外ししたくない人)

手術
(費用がかかってもいい人)


その他、眼に良いことなど。

目にいい食べ物、ブルーベリーは疑問。
青魚はいい。

目をつぶって、レンジで温めたタオルを5分
冷めたらもう一本用意したものを。


老眼にならないために生活で気をつけること。

・同じ距離を見続けない
・目をこすらない
・紫外線をうけない


視力は日によって、時間によって違う
(あ。やっぱそうですよね)

お昼ぐらいに眼鏡の度数は合わせるのがよい

老眼鏡の作り方

以下のどれに該当するかを明確にしてから作る。

1どこを見たいか?
 値札をみるか、本を読むか、楽譜か、パソコンか
2どのくらいの時間をそこを見るか?
 主にパソコン用か、本か。スマホか。
3遠近両用か、かけ外しにするか

*かけ外しするなら眼鏡チェーンはあった方がいい。


レンズの手入れの注意点

・ティッシュで拭かないこと。
・水・中性洗剤で洗う
・ティッシュでこすらず、押すように水分を取り、
 最後にメガネふきで仕上げる。
・メガネふきはきれいに洗濯するか、年に一度変える。
・石鹸や酸性・アルカリ性洗剤では洗わないこと。
・メガネは週1回洗うこと


年に1回はメガネ屋さんでメガネを調整する。


なんか。バラバラしてまとまりなくてすみません。
老眼について不安に感じている人は読むといいかも。

トレーニングは効果があるとは書いていません。
ないとも言えない、というくらい。

基本的には老眼鏡をすすめていらっしゃいます。
手術も相当の覚悟がない限りやめた方が良さそう。

(2018.9.13)

『あなたの年齢は「意識」で決まる』ディーパック・チョプラ

4894516977
フォレスト出版
Amazon

わかるような、わからないような・・・

話がちゃんとまとまっているような、まとまらないような。
だから結局、どうしたらいいんですか?と問いたくなる。

やりたくてもできないです、ってことも多い。
そして、提唱することを本当にやるべきかに疑問も。

ま。最後の方に載ってた良いに決まってる項目を写します。

時間をあなたの味方にする方法

・規則正しい生活をする。決まった時間に食事や睡眠をとる
・食事や生活における劇的な変化を避ける
・仕事環境を整然と整える。気を散らすものを減らす
・1日のうち一度か二度は静かに休息し、体を再調整させる
・できるだけ早くストレスの多い状況から抜け出す
・急がず、自分のペースで進める
・決断が必要になったらすぐ決める。
 先延ばしにしたり、気をそらしたりしない
・目の前にあることに注意を向ける。一度にひとつのことに集中する
・リスクが高い状況に陥るような誘惑を避ける
・自分に適した居心地のよい場所にとどまる
・家のことや財政状態を整える
・潜在する心配事を認める
・抑圧された怒りを解放する自分をコントロールできなくなったり、
 他人を傷つけたりすることなく、怒りを解放できるようになる
・思考や言葉における暴力を放棄する
・感情から立ち直る力をさらに高める
・職場と基本的な人間関係から混沌とした影響を取り除く
・世界中のすべての時間が自分のものであるかのように生きる


えーと。最後のが最終ゴールだそうです。
(「世界中のすべてが自分のものであるかのように生きる」)
ものっすごく当たり前のことで、でも実現不可な内容・・・

さらに。

人生がコントロール不能と感じている患者へのセラピストの提言

・まず家に帰って掃除をして下さい
・毎朝ベッドメイキングをしてください
・一週間の間、朝食を必ず摂るように
・いつもより15分早く仕事にとりかかってください
・そしたら、あなたの悩みについて話し合いましょう


これはつまり。
ダメージからの回復にはまず簡単なことから始めるってこと。
こちらは可能ですけれど。

そして。

時間はあなたの敵ではないことを受け入れる。

あなたの体は「今この瞬間」を生き、ひとつの連続した流れの中で、
それぞれの瞬間が次の瞬間に融合していっています。
その流れを遮断するものが本当の敵なのです。


流れが途切れると次のようなことが起きる。

・エネルギーが浪費される
・体内コミュニケーションが遮断される
・体の知性に空洞が生じる

しかし、一度流れを復元させることができるようになると、
それまで受けたダメージの修復が可能になる

老化を即座に留めることはできませんが、変化は生まれる。
目標は心を「新しい在り方」と同調させること。
そのためには瞑想が重要。

内的対話を鎮める瞑想

目を閉じて、静かに座ってください

呼吸を落ち着かせてください

胸の中心に意識を集中させてください

息を吸うとき、「ソー」という音節に意識を置き、
吐くときは、「ハム」という音節に意識を置いてください。

空気があなたの体に入って来るのを感じ、
音が優しく巡るのを感じてください

空気があなたの体から出て行くのを落ち着いて感じてください

「ソーハム」「ソーハム」

これを10分から20分続けてください。


メモしたものをざっとまとめたので・・・
なんだか、雑然としていてごめんなさい。


(2018.8.7)
健康法なのか、スピリチュアルなのか。
どっちともつかないけれど医学風な顔つきをしている。
著者が代替医療のパイオニアである医学博士ということで。
なんだか、理論的なようでもあり、かなり胡散臭くもあり。


『カラダはすごい! 』久坂部 羊

4594077064
扶桑社
Amazon

タイトルの軽さが勿体ないような

「モーツァルトとレクター博士の医学講座」
……と、副題にあります。

本書の内容については著者自身が、あとがきで書いています。
簡潔でわかりやすいので、引用します。

 世間があまりに健康を求めるため、詐欺に近い情報や、商品が氾濫していることにも、私は疑問を感じます。だますほうも悪いですが、だまされるほうも悪いと思います。消費者が冷静な判断を下すようになれば、怪しげな売り物は淘汰されるでしょう。
 医学の知識が、そのことにも役立つことを、願ってやみません。

本文も筆致は軽快ですが、中身は真面目。
著者の、この思いが全体に満ちています。

タイトルだけがムダに軽い。
帯に踊ってる言葉も三面記事風だ。
手に取りやすいように、という工夫のつもりなのでしょう。

私はむしろ、警戒するわ………
半ばトンデモ本と覚悟して読み始めたもの。

実は、トンデモ本も面白かったりするので。
きゃはは〜って笑いながら読めてしまうし。
それなら、それで、いいやと思って。

いやいやいや。
エンターテイメントの衣は被ってるけど。
身体の仕組みがどうなっているかがよくわかる本だ。

日頃なんとなく疑問だったことも、やさしく教えてくれる。
点滴って、やっぱりね。私、不審に思っていたのよ。
著者は、脱水症以外に使用することに異を唱えてます。

あと、ザクッと面白いと思ったところを。

動物にも血液型がある。
チンパンジー・・・A型とO型
ゴリラ・・・すべてB型
犬・・・13種類以上の型

大便は毎日出す必要なし。自分のペースに合わせればよい。
毎日排便があると、むしろ肛門の耐用年数が短くなる。

同じ色を見ても他人が自分と同じ色を見ている保証はない

痛みを安易に止めることに疑問。
痛みは生存に必要な重要なサインだから。

例えば。
胃が痛い⇒食べるなという合図
腰痛・関節痛⇒動かすなという警告
  
(確かにね。痛みが取れたら食べるし、動くし)

味覚が敏感なのも良し悪しで。鈍感でもいい。

味覚が敏感だと、
・食材の鮮度もわかる
・少し古いとおいしく感じられない
・化学調味料もすぐ見分けられる
  ↓
むしろ鈍かったり未熟な方が、
おいしく食べられるものが多くて幸せ

(ガーン。私、不幸な組に入る!)

これは絶対にそうというわけではなく、考え方次第?
・・・と思うところもありますけれど。

「検診を毎年受けるほうが短命」というところとかね。
これは性格にもよるのではないかしら。
それで安心する人にまで受けるなとは言いづらい。

ただ私は頑固な「受けない派」で。
その理由は、まさに著者の考えと一致します。

検診は「病気でないものも病気とする」ことがある。
「早期発見」の利を私は信じていません。
治療で苦しむ時間が増えるだけだという考え方。

著者がそう言ってるわけではないですが。
病気に気付くなら、手遅れになってからの方がいい。
そしたら、それまでは普通に生きていられるのだもの。

あとは。病気でもないのに。
検査入院でむしろ病気みたいになってしまった、という。
そういう例をたくさん知っているので。

「病気探し」をすると「病気になる」って思っています。

ま。実際に病気になったらなったで。
病院の方が病気を見つけてくれなかったりもするのです。
……とか言うと、ただの医者不信だなぁ。

興味半分で読んでも十分に面白く。
かつ参考になること、考えさせれることが多い本だと思います。

(2018.4.4)
私も家族も病弱なんですけれど。
体の異変に正直で、無理に頑張らない。
なので。実は一周回って健康なのかもしれません。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***