Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラの弟  片桐はいり

4344013409
幻冬舎
Amazon

「わたしのマトカ」を読んで一気にファンになった、片桐はいりさん。
本書も期待を裏切らず、思い切り笑わせてくれました。

しかし。おかしくて堪らない、あれやこれやの出来事の背景に。
決して笑いごとでは済まない、家族の事情が見えてきます。

はいりさんだから、笑いに転換できるけど。
私だったら、ドーンと、落ち込んでるかも・・・
いや。グズグズ悩むとか。グチグチこぼすとか。

この発想の芯の強さ!ただの能天気とは違うのです。

はいりさんは、常にちゃんと考えていて。
でも、それがマイナス思考ではなくて。
かと言って今風にやたらにプラス思考に捻じ曲げてるのでもなく。

ちょっと諦めっていうか・・・悟りのような空気も漂わせつつ、
淡々と真面目にズッコケつつ、気がつくとシャン!と立っている(笑)

素直なんですね、お人柄が。だけど、まっすぐ前を見る!ってのでなく。
微妙にナナメで・・・その具合が楽しくて、愛らしい。かつ鋭いんです。

それにしても、やっぱり語り口が絶妙で。
自然体な感じだけど、言葉選びが、さりげなく上手くて。
ちょうどいいお湯加減のお風呂みたいな心地よさ。

で、ありながら、ちゃんとオチまでついてる、サービス精神!

なんでだろう・・・と思っていたら、それは家庭環境に秘密が。
彼女の母は、とっても忙しい人だったので。
話を聞いてもらうには、面白く、かつ短くまとめて要領よく、
喋る必要があったのだそうです。

常に「今日の出来事」をいかに面白く効果的に語るかに、
頭をフル回転させていた子供時代だったとのこと・・・

なるほど!
母が忙しいということには、そういう思わぬ効用があるんだ!(笑)
(それ以前に「話を聞いてもらいたいような母」である必要がありますが)

(2011.11.8)
タイトルの意味を、妙にヒネって理解していた私。
はいりさんには、グアテマラに「弟のような存在」がいるのだとばかり。
じゃなくて。実の弟さんがグアテマラで妻(現地の人)と暮らしている・・・
なぜ。私は、素直に言葉を理解できないんだ!?
(いや。グアテマラに弟が住んでる、とはまさか誰も思うまい・・・違う?)


スポンサーサイト

わたしのマトカ  片桐はいり

434401135X
幻冬舎
Amazon

映画「かもめ食堂」がお好きな人は、必読。
特に、あの映画の裏話というわけではありませんが。

出演者だった、片桐はいりさんが明かす、
フィンランドでの撮影事情は、かなり楽しいです。
お国柄が見えて、驚いたり、感心したり、呆れたり。

はいりさんが、また。とても素敵な人。

笑いのセンスがありますねぇ~。
そして。感性が素直。面白い、可愛い人。

ちょっと羨ましくなるような生き方です。
旅好きの彼女の、逞しい伸びやかさ。

彼女が外国で。「私は俳優です」と言うと。
たいてい、「この四角い顔が?」と冷たい反応をされると言う。

なんとも、非常な現実であるが。彼女にはとっておきの魔法が。
「私、ウルトラマンの映画に出演したことあります」と言えば。
突然。相手は「クール!プリティ、クール!」と連発して興奮。

「つくづく、『ウルトラマン』に出演してて良かった」という彼女。
そんなにも、ウルトラマンって、威力があるのね(笑)

伸びやかな気持ちをお裾分けしてもらえるような、
いい空気を持っている本です。

(2011.9.19)
これが初めて書いた本と聞いてびっくり。
ハギレよく、リズムのいい文章で。
一つ一つのエピソードの締めくくりがキマってる。

シンプルなんだけど。奥行きがある。
どうせタレント本でしょ、と侮らず読んでみて欲しい本。


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 片桐はいり

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。