Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共喰い 田中慎弥

4087714470
集英社
Amazon

川の臭いがする。澱んだ水の気配に包まれている。
血と暴力と性に塗込められているはずなのに、
不思議なくらい、そこには閉塞感がない。

あらがい難い欲望や業に馴染んでいても、
どこか淡々として端正な顔つきをしている。

極めて小説らしい小説。純文学のお手本のような。
描かれる舞台のせいばかりでもなく、郷愁を漂わせている。
毒を込めても涼しげな表情であることは、美点なのか瑕なのか。

無駄も無理もなく、退屈でもない文章は、完成度が高い。
著者本人のイメージに重ならない、器用過ぎるとも言える手並。

惹き込まれて一気に読まされて。ほうっと思わず溜め息をついて。
充分に満たされながらも、よぎる懸念。

題材のインパクトを取り払った時に文章の上手さ以外に残るものはあるのか。
いや作品全体を染める近年珍しいくらいの正統な文学性以外に何かあるのか。

描かれる想いは一見、熱を孕んでいても。
身を蝕むような切実さとは質が異なっている。
そこに不足を感じさせない程の力量があることが、
著者の不在を覆い隠している・・・そんな気がしてくる。

(2012.5.25)
辛口な批評になりましたが。とても感心して読んだのです。
ベタ褒めするつもりで書き始めたのに・・・気付いたらこのように。
ここに描かれているのが「彼」の問題ではないと感じられたことが、
私にはどうしても、ひっかかってしまったのです・・・。

誤解のないように言い添えますが、芥川賞受賞には納得できます。
著者の巧さは手先の器用さではなく、足元がしっかりしています。

円城塔さんと比べるとしたら・・・あまりに作風が違って難しいですが。
どちらかを選べと迫られたら迷わずに、田中慎弥さんになります。

ただ。個人的に。円城塔さんの作風の方に「伸び代」を感じます。
「わからないことを楽しむ」という新鮮な読書体験を与えてくれるのは
得難い個性だと思いますし、それが技巧を凝らした諧謔ではないことを
読み手に伝える核のようなものを持っていらっしゃるので。

まぁ。とにかく。今年の芥川賞にはかなり満足です。
お二人の作品は既に多く出版されているので、いずれ読んでみようかと。

余談になりますが。
本書に併録されている「第三紀層の魚」の方が表題作より好きです。
地味で新鮮味はなく往年の文学調、と酷評され得るかとも思いますが。

主人公の少年の目線にすんなり入って行くことが出来、
同じ年の頃の自分の面影に重なりながら生き生きと蘇ってくる、
幼さゆえの葛藤や感傷や願望や倦怠が懐かしくも痛々しくて。
妙に、ほっとさせられる作品なのです。


スポンサーサイト
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 田中慎弥
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2012年06月06日 (水)
共喰い 田中慎弥

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。