Loading…

災害がほんとうに襲った時――阪神淡路大震災50日間の記録  中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 18.2015 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622076144

みすず書房
Amazon

中井久夫氏の言葉はなぜか、書き留めておきたくなる。

あらためて思う。日本人は希望的観測に盲従する傾向があると。

日本人はかねがね「援助下手」であったが「援助され下手」でもあった。

私が改めて感じたのは、われわれの医学が、ガス、水道、電気の存在を空気のように前提としていたことであった。かつて、冗談まじりに「医師国家試験には電気のない条件でかくかくの疾病を治療せよといった問題を出すべきだ」と言ったことがある(もっとも、日本医師のそのような条件下での行動力は十年前に比べてかなり向上していると私は思う)。

一般に何の整理を優先させるかにその科の哲学が現れていた。

私は行き帰りの他は街も見ず、避難所も見ていない。酸鼻な光景を見ることは、指揮に当たる者の判断を情緒的にする。私がそうならない自信はなかった。動かされやすい私を自覚していた。

私たちは涙もろくなっていた。いつもより早口で甲高い声になっていた。第三者からみれば躁状態にみえたかもしれないが、実際には自己激励によるエキサイトメントであったと思う。万一「空しい」と感じてしまえばそれこそコトだと私は思った。

精神科医たちが一堂に会した時、いかにいじめられっ子出身者が多かったかに驚いたことがある。いじめられっ子は先生に絶望した経験を持っているものだ。

弱音を吐けない立場の人間は後で障害が出るという。

実に多くの人が、この状況にあった「ただでものをもらう」ことに抵抗を感じていた。初期にはそのためのためらいがあった。かなりの神戸市民は政府の援助を争って受けたのではない。心理的抵抗を乗り越えてようやく受けたのであることを彼ら彼女らのために言っておきたい。

 私自身が、おそらく震後十日ごろから、悪夢を自覚するようになった。それは、透明な悪夢とでもいうべきもので、まったく内容がなく、ねじられ、よじられ、翻弄される体感感覚より成る悪夢であって、なかなか覚醒せず、私は非常に苦しんで、ようやく目ざめると時計は五時を少し回っていることが多かった。

阪神淡路大震災から、もう20年。
あれからまた幾つもの大きな震災があって。
震災を知らずに育った子供たちもいて。

何が出来るわけでも、できたわけでもなかったけれど。
せめて忘れずにいなければと・・・

(2015.1.31)

「昭和」を送る  中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 09.2015 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622077698

みすず書房
Amazon

穏やかで冷静で柔らかな筆致は変わらず。
時事的な内容も、この人の書くものは古びない。

いつも考えさせられる。そして鋭いのに心が深く癒される。
清涼感のある優しさにすっと心が鎮まる。

氏の言葉の紡ぎ方がとても好きで。
同じことを書こうとしたら殺伐としてしまいそうな
悲鳴と呻きに満ちてしまいそうなそんな気がする私は。

何が違うのだろうと考え。
きっと、ずうっとずうっとずうっと。
考えて考えて考え続けてこられたのだろうと推測し。

悲哀と絶望を越えようとする時に。
力みすぎて語調が強くなる人がほとんどだというのに。

それもなく、逆に沈み込むということもなく、
静かに瞬く希望の光をいつも内部から発しているような。

ああ。こんな文章を書けたらいいな。
こういう心持ちで生きていけたらいいな。
他人を見る目の、この柔らかさを持てたらいいな、と。

ご本人にお会いしたことがあるわけではないから。
ほんとうの人柄ということは分かり得ないわけだけれど。
文章の中に見える知と情のバランスはきわめて好ましく。

一見ごく無造作で何気ない表情のなかに、
たくさんの秘密や発見が鏤められているような、
見過ごしがちな小さな茶目っ気が潜んでいるような。

しかし。今まで読んだ氏の著作の中では。
いちばん、生身の人としての氏の姿が窺える一冊だった。

こだわってしまうこと。
許せないこと。
忘れられないこと。
心配なこと。
不安なこと。

大きな声で語らないけれど。
やはり当然、誰にもあるのだとそっと知らされる。

それをどのように処すかということなのだと。
当たり前のことだけれども改めて実感させられ。
ほんの少しでも見習えたらな、とそう思った。

(2015.1.6)
以下、脈絡の無いメモです。完全に自分のためのもの。
書き抜いた文章と、雑なまとめ。
読んでも訳がわからないと思うのでスルーして下さい。

家族の深淵  中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 15.2015 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622045931
みすず書房
Amazon

時間がなくて、駆け足で読んでしまいました。
気に留って書き写していたところが少しあるので転載します。

しかし、治療というものは、多くの一見の無駄を必要とし、多くの隠し味に支えられて成り立つものである。良質の隠し味が多い治療、水面下の部分が多い治療ほど、奥行きのある治療、ゆるぎにくい治療であると私は思う。

「多くの事物は、その『居心地のよさ」を保つために環境としての人間を頼みにしているようだ。きっと「居心地」をよくさせる人間とそうでない人間がいるのだろう。」

大勢の人間を率いて来た力が見える。人の輪の中にも積極的にはいっていく。気持ちよい礼儀正しさ。


感想になっていませんけれど。
読む度に中井久夫氏の文章はいいだなぁと思います。
氏の、人を見る目が特に好きです。

(2013.11.30)

最終講義―分裂病私見   中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 23.2014 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622039613

みすず書房
Amazon

著者の文字通り「最後の講義」を文章に起こしたもの。
はぁぁ。ため息が出ます。
分裂病を専門にしていらしたので。
もちろん、その話が大半ではあるのですが。

精神病の成り立ちや研究についての話という印象はなく。
人間が生きていくことの苦しさと、
それでも失われない希望ということを強く感じます。

あとは。著者の観察眼の鋭さと、繊細さ。
そして、それを表現する言葉の優しさ。
心の中で起きている嵐を、そして回復を、
文章に置き換える際の言葉選びが、とても良いのです。

人がそれぞれ持っている「宇宙」のことを思い。
哀しくも愛しくも苦しくもなる、素敵な講義でした。

以下は単に自分のためのメモです。
未整理で意味不明で・・・すみません。


お魚でも水族館に長く飼うと鈍い「水族館色」になる。

患者が抱く「恐怖」
心の自由度がゼロの状態

心のゆとりがなくなると「乱数発生」できなくなる。

分裂病の回復は登山でいうと、山を登る時でなく山を下りる時に似ている。

夢の健康度

コンラート『分裂病のはじまり』

つまり、分裂病でない人は、のほほんとしていても分裂病にならないのではなくて、日々、何らかの入力によって、分裂状態という、とても苦しい、逆説的な、宙づりになっているような状態の実現を妨げられているのだと考えることもできるでしょう。

身体症状
夕方には対象のない不安が高まる

「精神交互作用」、すなわち注意を向けることによって症状が強化され維持される悪循環。

(2014.8.22)
著者が救えなかった青年の思い出を語った言葉が印象に残ります。
「彼の生きる美学に背反してしまって、彼の生きる士気をくじいたのであろうか」

清陰星雨   中井久夫

Posted by 彩月氷香 on 15.2014 中井久夫   0 comments   0 trackback
4622048191

みすず書房
Amazon


気になる箇所に挟んだ付箋がなんと64枚・・・。
この本、買います。(古本屋で見つけたら)

私、一読して著者のファンになってしまいました。
精神科医として「巨人」とも呼ばれる方だそうですが。
何しろ、穏やかで深い「知」を感じさせる人で。
文章がとても美しいのです。

どういう文章を美しく感じるのかということは。
時々考えてはみるのですが・・・

まずは文面が穏やかで。
ごく普通の言葉で綴られているものが多いようです。

削ぎ落したような迫力のある名文というよりは、
もう少し柔らかい、何気ない表情をしていて、
その中にハッとするような表情が時おり見える、
そんな感じの文章が好きです。

「神戸新聞」に掲載された随筆をまとめた本書は、
なかなか扱っている話題は重たいものが多いのですが。
著者は常に静かに、一見ごくあっさりと見えるほど、
極めて穏やかな語り口で綴っています。

なにかとても。響いてくるのですよね。
ああいいなぁ。こういう文章が書けたらなぁと思います。

「学園の私語に思う」という随筆から引用してみますね。
(全文ではないので・・・ごめんなさい)

 私は実験をしてみた。マイクをやめた。少しいい。次に教壇から降りてみた。私語があっても、音響の集中点にいないと、あの霧が押し寄せてくる感じはなくなる。
(中略)スライドは絶対に必要な時だけ使うようにした。あれはノートがとれない。それに既成のものを販売している感じがある。なるべく黒板である。黒板は只今動いている思考を目に見える形であらわしてゆく。映画のように流すこともできれば、複雑な関係をあらわすこともできる。いちばん古くていちばん新しいのではないか。

 学生の席の間に立っているといろんなことが見えてくる。三人掛けの席では真ん中の人がたいへんである。両方の人の動きにかき乱されて脳の余力が減るはずである。

うん。何度読み返しても、気持ちが良い。
では、自己満足というか調子にのって他にも幾つか。

すべての辞典が上下逆さまにしてあった。なるほど、逆さま本の上端に手をかけると本は一回転してすっと手もとに収まる。これがプロかと感心した。さっそく真似をしてみたが部屋があまりにも落ち着かなくなって間もなくもとに戻した。

鯨と馬は私には高貴すぎて人間が食膳に上せるのはおこがましいという気になっている。

私はかつて、なぜ人を殺してはいけないかというアンケートに「それは一つの宇宙を壊すことだから」と答えたが、被害者の宇宙は消滅するけれども、加害者の宇宙は消滅よりももっと耐えがたい状態になる。

 高名な詩人にはなぜか、どうしてこの人がという駄作が必ずといってよいほど混じるのに、「この一冊」に賭けておられる方の詩集にはそれがない。それから装丁に品がある。だから、本棚のその部分は美しく、すがすがしい。

 そのころ、買い物は主に大阪だった。阪急百貨店の八階の食堂から南を見渡せばことごとく重厚な瓦屋根に白い壁であって、向こうに梅田新道の堂ビルがみえた。大阪ほど、戦後に街の人相が変わった街はない。川筋に柳が影を落とし、赤煉瓦のビルが土蔵作りの倉庫群に混じる風景が私の大阪だ。(「移り住んだ懐かしい町々」)

あと、とある女流詩人について語った一節。
そのリズム、音調は私の内的リズムとぴったり一つになって響く。偶然の一致である。そういう人とはお会いしないほうがいいのであろう。

あれれ。こうも断片ばかりだと、伝わらないでしょうか?
特別なことを言おうとしていない感じが好きなのです。

(2014.8.5)
いじめや、震災について語られている部分には。
著者の洞察力の深さ、知性の鋭さを感じます。
それでも、やはりそれらを包む優しさに癒されるのです。
人間の闇を人一倍、見続けて来た人だと思うのに。
この人は人間に常に光を見ているのだと感じます。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***