FC2ブログ
Loading…
 

『殺しの仮面(下) 』ヴァル・マクダーミド  


なんか、やっぱり、好きな世界。

キャロルとトニーが好きだな。
面倒くさい性格だけどね、二人とも。
どちらも他人と馴れ合わない生き方をしている。
だけど。強くはない。そんなに。

無惨過ぎる殺人の被害者を前に。
防げなかった殺人の犠牲者を見た時に。
主人公のキャロルは、こう言う。

「わたしは、怒りをうまくエネルギーに変えるようにしてる。怒りから力を得て、それを活用することでぎりぎりまでがんばって、さらにはそれ以上にがんばれるようにしてるの」

しんどい。やっぱ、しんどいわ。
でも。彼女はそれが割と平気で出来る人格でもあった。
ある事件を境に、それがうまくいかなくなった。

立ち直るために選んだ方法も。
ま、美しくはないよね。
共感もたぶん、呼ばない。

キャロルもトニーも。
半分壊れてる人間という印象を受ける。
それを当人たちが自覚しているとも。

それでも。その欠陥をある意味で武器として。
生き抜いて行ける強かさがある。

トニーの言葉によくそれは表れている。

どんな人間でも、自分の過去を振り返れば、反社会人格障害誕生に至る長く複雑な道のりの第一歩を示すいくつかの指標を見られることに気づくはずだ———その道を最後まで歩んだかどうかは別にして。


さりげない描写に生活感とか人柄が表れるところも好き。
たとえば、こんなの。

CDプレーヤーのスイッチを入れ、アルヴォ・ベルトの<アリーナ>を押し込んでから、彼の隣にすわる。ふたりのあいだには、心を決めるとき、それほど深刻にならずにすむ程度の距離があいていた。ピアノとヴァイオリンの軽妙な調べに助けられて、会話はすんなりと始まった。

で。さっそく、アルヴァ・ベルトをAmazonで検索しましたとさ。
視聴してみて、「なるほどね」と思いました。

細部が好きなんだよね。住居の情景とか。
だけど、その細やかな描写が殺人場面に適用されると正直辛い。

(2018.11.4)
殺人犯に共感や同調はしませんが。
それにしたって。本作の犯人、最高に憎たらしい。
こういう人間がいちばん、嫌いだし、怖い。
ま。その点、最後に溜飲が下がりました。


『殺しの仮面(上) 』 ヴァル・マクダーミド


おぞましさの極み。

ひどい。ひど過ぎる。
辛い。辛過ぎる。
エグイ。エグ過ぎる。

残虐な殺人は読み慣れてるハズなのに。
ヴァル・マクダーミドを読むと泣きそうになる。
本作に至っては、途中、投げ捨てかけました。

なんで、こんなの書けちゃうんだろ……怖い。

なんだかんだ。文句言いながら。
ズルズルと読み進めました。

主人公たちがまた、グズグズ悩むこと。
生きてるのがしんどそうな登場人物が多いな。
だからかな。もうヤダと思いつつ、読めてしまった。

ありそうでない感じの。
クセになるおぞましさがある。
うん。でもなー。しんどいわー。

(2018.11.3)
このシリーズはやっぱり、第一作目が良かった。

『殺しの迷路』ヴァル・マクダーミド

4087604683
集英社文庫
Amazon

著者の性格がかなりサディスティックなのかな〜
主人公がかなり虐められますよね。
そして、それでも負けない!と。

うーん。
そういう根性ものが読みたいのではないんですが。
それでも続きが読みたくなる魅力があるんですよね。

才色兼備で気が強い、というヒロインが何故か好き。
彼女が恋しているグズグズした男もなんか好き。
毎回登場するサイコキラーのキャラクターも秀逸。

お決まりの警察内部の腐敗だの、
上下関係の厳しさ、理不尽さ、マスコミの愚かさ、
それらにメゲズにのし上がろうとするヒロインの野心。

ある意味、王道なんでしょうか。
でも筆力があって。平凡な印象はありません。
とは言え、惰性で読み続けるシリーズと化しそうな気配も。

シリーズの第一作(「殺しの儀式」)が一番良かった・・・

(2014.12.31)

『殺しの四重奏』ヴァル・マクダーミド

4087603601

集英社文庫
Amazon

「殺しの儀式」が面白かったので。
第二弾にも、手を伸ばしてみました。

女性警察官キャロルと、
心理分析官でプロファイラーのトニー。
このコンビもなかなか、好きなんです。

前作でも印象に残ったことですが。
やはり殺しの手口と描写がエグイです。

そういう点に性差があるかどうか、
あまり考えたことはなかったのですが。
女性でここまで書く人は少ない気がします。

そういう残虐シーンが魅力だと言いたいのではありません。
また、それが不必要な読者サービスだとも思いません。

実際、珍しくなくなりましたものね、こういうサイコ殺人。
しかし、殺されゆく者の視点で描かれるとギョッとします。
あまり、想像力を働かせないようにして読んでいます(笑)

前作はミステリーでしたが。
今回はサスペンスになってしまいました。
だって、犯人が始めからわかってるんですもの。

で。犯人がつかまらないうちに犠牲者が増える・・・
これが私としては、何だかイヤでしたね。
犯人が判明しないうちなら仕方なく思えるんですが。

っていうか。まぁ。読者に提示されているだけで。
作中人物は犯人に辿り着いていないわけですが。
この段階って、読者にとっては苛立たしいですね。

早い話が、私はサスペンスはあまり好きではないのです。
うー。なんか残念。それでも面白かったのですけれど。

結局、どこが好きなのかと言えば。
主人公たちがウジウジ悩み続けているってことでしょうか。
自分の仕事とか、生き方とか、人間関係とかに。

(2014.12.27)

『殺しの儀式』ヴァル・マクダーミド

4087603075
集英社文庫
Amazon

うわぁぁ。エグイ。殺し方が。
残虐シーン苦手な人にはお勧めしません。
私も得意ではない(当たり前か)です…

でもね。面白いの。

(2014.7.29)

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***