Loading…
 

ティファニーで朝食を   トルーマン・カポーティ

4102095012
新潮文庫
Amazon

映画のイメージとは違います。
まったく別のものと考えた方がいいでしょう。

原作も映画もヒロインの魅力が作品の中心ですが。
その魅力の方向性が違います。

・・・とか、言いながら。映画観てないんです(汗)
オードリーのファンなのに、なぜなんでしょうね。

主人公に共感できないだろうと予感していたからかな。
読んでみて、やはりその勘は外れていませんでした。
でも。彼女の魅力と淋しさは胸に残りました。

翻訳はあえて古い方で読みました(瀧口修造氏)。
新訳は村上春樹氏で、ずいぶんと評判も良いのですけれど。
私、彼の翻訳がどうにも苦手で・・・
良くも悪くも「ハルキ節」すぎるのです。

それはともかく。表題作以下、カポーティの秀作。
その中でも、「クリスマスの思い出」だけは既読でした。
村上春樹氏の訳でしたね・・・そういえば。
私は瀧口氏の翻訳の方が、どうやら好きです。

ただ、「ティファニーで朝食を」は村上訳で読んでみたいかな。
どうしても会話が古臭くなってしまっているので。
村上さんなら、きっとスマートに翻訳されているでしょうし。

そのスマートさが曲者で。それも私はひっかかるのです。
一番いいのは原書で読むことじゃないか、と毎度感じますが。
私の乏しい語学力だと厳しいんですよね・・・

(2014.3.30)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • トルーマン・カポーティ

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***