Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モレスキンのある素敵な毎日  中牟田洋子

4479783598

大和書房
Amazon

芸術的センスがあるユーザーが多過ぎ。

たぶんね、だからモレスキンの敷居が高くなるんです。
ま、お値段も高いですけれど・・・

大きさ(私はポケット・ラージ共に使用)の割に、
みっちり書き込めるし、ページ数も多いので。
案外、コストパフォーマンスは高いんですよ。
(注:定価でなくAmazonで安値で購入した場合)

あと。使用中・使用後の佇まいが美しいです。
ただの真っ黒、というのは視覚の邪魔にならない。
なおかつ、アレンジも効く。

紙質は正直、万年筆の裏写りがあるのが辛い。
し、ハズレに当たると背の部分から剥がれます・・・
品質と値段が見合っているかというと言葉に詰まる。

でも。ここしばらくモレスキンをやめてみて。
やはり他のノートにはない良さが見えて来ました。
一番は表紙の固さですね。ここが最大のポイント。

実を言えば、百均のそっくりさんも試してみました。
これが結構使えちゃったりもするのですが。
なぜか、使っていてテンションが下がってしまう。
ページ数も少ないし、ぱっと見分からないけれど、
全体にやはり、しょぼいんです(当たり前ですが)。

本書で紹介されるモレスキンユーザーは軒並み上級者。
紙面が、ミニ雑誌かなんかのようにカッコいい。
色づかいのセンス、レイアウト。字体まで洒落てる!
イラストレーターさんのものなど、もはやミニ画集。

こういうのを書きたい!

・・・とか思うと、挫けますよ、凡人は。
まずは、ぐっちゃぐちゃに書き込んでもいいと思う。
それから、自分の書きたいことを自分なりに整理して。
少しずつ、「私の書式」を作っていけばいいんです。

部分的に参考にしてみようという目線で眺めると楽しい。

さらっとした紹介に物足りなさを感じる人もいるでしょうが。
「アイデア集」として活用できて、むしろ好きです。

登場するユーザーも徐々に自分の様式を作り上げたのが分かる。
ノートというより、小さな本を作る感覚がどこかにある。
それはモレスキンの形のせいなんだと思います。

そう、そこが好き。

本書は入門篇というよりは。
すでに使っている人が使い方に工夫加えたい時に役立つ本かな。
逆に言うと、もうそれくらいやってる!って場合も多いのかも。

私自身は文字の書き込みがメインですが。
それでも色とレイアウトに試行錯誤中なのです。

(2017.1.16)
過去に読んだモレスキン関連の本の感想を貼っておきます。
恥ずかしながら、私のモレスキンも少し載せてます。
このころは「モールスキン」と頑なに呼んでいました。


モレスキン「伝説のノート」活用術
スポンサーサイト

ラクガキノート術 実践編   タムラカイ

4777942228

エイ出版社
Amazon

二匹目のドジョウ狙いに過ぎぬ・・・のか?

あ。本書をこきおろそうという魂胆ではありませぬ。
「実践編」という本の成り立ちについての話です。

言えることは。
私は今後一切、「実践編」と名のつくものは読まないということ。

本編だけ読めば、もう十分でしょう。
いかに上手く編集したり、図を付け加えたりしても。
「焼き直し」感が濃厚過ぎる。

ですから。本書のことではありません。
「実践編」全般についての意見です。

今までも幾つか「実践編」と名乗る本を読みまして。
それで、到達した私の決意です。

何度でもいいます。
二度と「実践編」なるものは読まない!!!

だいたい、本編が気に入った時にこそ、
「実践編とな?そりゃ読んでみたい」と読むわけです。

で、毎回毎回。
「うー。別にこんなの読まなくてもよかったし」となります。

早い話が、整理して図解してあるだけなんです。
そういうのって、他人にやられると意味がない。
読んだ人間が、自分でやればいいことなんです。

キレイにまとまってる分、熱意もメッセージも弱い。
見栄えよく盛りつけられてるけれど、味が薄まっている。

本編と併せて見ればいいわけですよね?
はい、それはわかってますけれども・・・

この本。本編に載ってたことばかりです。
ただ、本編読まずこちらから読めば、全然アリだと思う。

うん。読んだ私が悪いのであって。
本が悪いのではありません(たぶん)。

(2017.1.11)
とてもキレイにわかりやすく、絵も大きくのっていて、
「参考書」と思えば良い本です。
私の好みに合わないだけですので、悪しからず。

図で考えるとすべてまとまる  村井瑞枝

484437463X
クロスメディア・パブリッシング
Amazon

図が描けないと思い込んでいる人も大丈夫。

ちょっと文章がまどろっこしい感じがしますね。
図を描くことの利点を伝えたいのでしょうが・・・
本題に入る前に投げ出しそうになりました。

「すべてまとまる」は言い過ぎじゃないかなぁ。
だけど図が苦手で、アレルギーを持ってる人間にとっては、
案外、手軽に描けることがわかって嬉しかったです。

図なんて描けなくてもいいやと思ってましたが、
試してみると、頭の整理に役立って良かったです。

長過ぎる導入部をすっきりさせて、
図の描き方や実例をもっとたくさん載せて欲しかったな。

(2016.12.28)

ラクガキノート術  タムラカイ

4777935396
エイ出版社
Amazon

ラクガキを楽しむ、とっておきのコツ。

ラクガキしましょうよ!
絵心がないとか言わないで!

ラクガキで絵が上手くなるのではなく。
「観察」→「想像」→「表現」の力がつく。
それが、生活を豊かにしてくれますよ、と。

ええ。それはそうでしょうけれど。
上手くなくてイイんです、って言われても、
下手過ぎると描く気も失せるのが人情。

その辺のところ著者さんはわかってらっしゃる。

ちょっと見栄えがよくなったり、
見る人に伝わりやすくなるような、
ラクガキのコツを色々と教えてくれます。

人は描けません!
顔は描きません!
立体感? そんなのナシで!

・・・という画力の私が。
「あ、そっかぁ。それでいいんだ」と
納得して、描けてしまう分かりやすさ。

絵でもない。
イラストでもない。
図でもない。

ラクガキっていうのがミソなんですね。

(2016.12.1)
簡単に描いてるのに「らしく見える」。
これが「ラクガキ」の重要なポイントだと思うのですが。
上手い人にしか出来ない芸当だとずっと考えてました。
でも。本書を読んで。
コツさえつかめば出来るかも!と希望が湧きました。

書くだけで人生がうまくいく嫌なことノート

4776208512
アスコム
Amazon

著者名が「嫌なことノート普及委員会 」となっています。
うーん、ここんところがナゾ。
それはさておき。
ポジティブ思考流行の昨今、なぜ「嫌なこと」?

著者いわく、人は自分のことを意外と知らない。
自分を知るためにまず「嫌なこと」を知るのが近道だ、と。

ちなみに、嫌なことは主に4つのパターンがある。

1 自分に起きた「嫌なこと」
2 自分のまわりの他人に起きた「嫌なこと」
3 自分がやってしまった「嫌なこと」
4 テレビ、新聞、WEB、街中で見た「嫌なこと」


嫌なことばっかり書いたノートとか、
見ただけで憂鬱になるのでは?と不安を感じますが。

嫌なことに気づけるようになると、逆にも気づく。
つまり、「小さないいこと」に目が行くようになる。
結果、高感度な人間になれる・・・と。

さらに嫌なこと対策をすることがスキルアップになるそう。
うーん。どうだろう。やってみないとわかりませんね。

嫌なことノートは二冊必要。
一つはメモする小さなノート(スマホアプリ可)。
とにかく、気づいた時に書き留める。
もう一つは、そのメモから書き起こすまとめノート。
嫌なことの隣りに対策を考えて書き込む。

へーぇ。こりゃ、ノートの消費に良さそうだ。
(ノートを買い溜め過ぎてストックが大量にあるのです)

問題は。大抵の嫌なことは「解決不可」なことです。
著者はそんなことありません、って言うのですけれど。
自力の及ばない領域って社会の中では広いですよね・・・

(2016.11.18)
小さなことですが、幾つか「嫌なこと」に気づいて。
改善することができました。効果ありますね、この方法。
ただ。ノートに書かずに頭の中で解決しちゃいました。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。