FC2ブログ
Loading…
 

『引き寄せの法則』マイケル.J・ロオジエ

4062772698
講談社文庫
Amazon

引き寄せ本の決定打。

わかりやすく、要領よくまとまってる。
引き寄せ本は、うじゃうじゃあるので。
いちいち読んでたらキリが無い。

説明の仕方が違うだけで。
どれも同じことを言おうとしてるのだし。

引き寄せるには。
欲しいものを願うだけでいいんです。

ただ。たいていの人は。
自分が何を望んでいるかよくわかっていない。

「望むもの」への憧れでなく、
「望まないもの」への嫌悪に気持ちが行きがち。

職場でも家庭でも。
「私のことを理解してくれる人がいない」と言ってません?

同じ状況でも。
「私のことを理解してくれる人が欲しい」と言いましょう。

あと。自分に似たものが引き寄せられますから。
不機嫌にしてるのはソンですね。

「あなたは思考、感情、心象、そして言葉によって外に発動させているものを、自らの人生に引き寄せているのです」


ですので。よい波動を表しましょう。
まず、マイナスの波動を出すものは。

・失望
・孤独
・足りない、欠けている
・悲しみ
・とまどい
・緊張、ストレス
・怒り
・痛み

プラスの波動を出すものは。
・喜び
・愛情
・わくわくする
・充実している
・誇り
・安心
・自信
・好意

えー。
孤独と悲しみと怒りは私の得意分野ですが。

ま。そこんとこは置いといて。
「もっとわがままに生きてみよう」という提言が。
これ、大賛成です。

しかも。なんと著者は。
「人生のあらゆる領域でわがままになる」ことを勧めます。

あとは、まぁね。
今まであらゆる引き寄せ本で言われているのと同じ。
違うのは簡潔にまとめられていること。

これだと。すっきり頭を整理できます。

なんども言ってますが。
私は「引き寄せの法則」は信じています。

それで大富豪になれるとかは思いませんが。
150歳まで生きられるとかも思いませんが。

「念」の強さに応じて。
物事や人が引き寄せられてくるのは間違いない。

私はちょっと。
最悪のところから抜け出したところです。
沼にハマっているとき、負が負を呼ぶ感じでした。

(近頃は「沼」は悪い方に使わないですけど)

なるべく気分良く過ごしているだけでも。
状況は好転してくるものですね。

(2018.9.12)
引き寄せに興味がある人は読んでソンはない本です。
私はこれを最後に引き寄せ本を卒業しようと思います。

『こうして、思考は現実になる』パム・グラウト

4763133586
サンマーク出版
Amazon

あなたを「思い込み」の牢獄から解放します。

あ。私が言ってるんじゃありません。
本書の目的が、そうなんですって。

「思い込み」ゆえに願いが叶わないのだと著者は言います。

・人間は自転している地球の動きにも気付かず生活している。
・赤毛の人がいない国から来た人は、毎日赤毛の人に会っても、
 相手が赤毛と認識できず、黒髪と思い込んでいた。

人間は現実の200万分の1パーセントしか見てないそうです。
なんか、適当な数字すぎて根拠が不明ですけれども。
以下の言い分にはまぁ、うなづけます。

人間は生まれるとすぐに、世界を認識する一つのパターンを確立し、そのパターンに合致しないものはすべて意識から排除するフィルターを装備する。つまり、世界のすべてを知覚しているのではなく、ごく限られた世界観に合致するものだけを知覚していると言うことだ。

人生の主役は目に見えないエネルギーや、思考、感情、意識。
しかし私たちはそれらを理解せず、自分のために活用していない。

意識はテレビのようなもの。
100以上のチャンネルがあっても、一度に見られるのは一つ。
今見ている番組以外の99は存在しないのと同じ。

つまり、本当に見たいチャンネルを選ぶことがとても大切。
嫌な現実を放送するチャンネルは、たとえ一瞬でも見てはいけない。
自分の意図に合致するチャンネルだけ見るのが人生を変えるコツ。

ごく簡単に言うと。
欲しい靴があれば、それに全集中。
もっと高邁な願いでももちろん良い。
平和が欲しいなら、平和のことだけ考える。
愛が欲しいなら、愛のことだけ考える。

平和は不可能だとか、愛はすぐ消えるとか、
靴を買うお金なんかないとか、一切考えてはいけない。
ただ自分の欲しいもののことだけ考える。

いわば。本書は欲しいものを手にいれるための指南書。
そうです。タイトルからも分かる通り、引き寄せの法則の本。

ただ。例え方が抜群にうまい。
自分の欲しいものがわかっていれば手にいれることができる、とは。
どの本でも言っている法則なわけですが。

例えばこれを。
A地点からB地点まで行くと例える。
Aはそう、古くなった車、心底嫌いな仕事、淋しい生活。
Bは、キラキラ輝く新車、やりがいがあって稼げる仕事、楽しい生活。

で。Bへはどうやって行けばいいのか。
簡単。Bに意識を集中する。Aのことは全て忘れる。
嫌な仕事や、古い車や、淋しい生活は存在しないものとして扱う。

なぜかと言えば。常に状態は一つだから。
Bに向かっている状態か、Aに戻っている状態か、のどちらかの。

つまり「いい仕事なんてない」とか。
「あるかもしれないけど私には縁がない」と考えてはダメ。

Bに向かう思考とは。
「新しい仕事はきっと素晴らしい。この車はなんて素敵なんだろう」

で。とにかく何があっても歩き続ける。立ち止まらない。
気が散ったり、後ろを振り返りたくなる。でも歩き続ける。
B地点のことを考え続ける。

「〇〇になりますように」と祈ると同時に
「そうならなかったらどうしよう」と心配する。
これでは、絶対に願いは叶わない。

あ。願いか叶わない理由が4つ挙げてありました。

1 結局いつものパターンに落ち着く
2 広告コピーに踊らされる
3 他人の頭に影響される
4 自分の頭に惑わされる

ま。私の場合、圧倒的に4ですね。
自分に自信がない、ってことです。
で、1になっちゃうんですね。

引き寄せの法則の本を今までたくさん読んできて思うのは。
要はどれも語り口や実例が少々違うだけで。
「思い込みの力」について語っているのだな、と。

思い込みの方向と力が人生を導いていると言っても過言ではない。

いくつか私にも小さな思い込みがありまして。
それら小さな思い込みに関しては良い方に作用しています。

何か小さな成功体験をきっかけに。
私はいつもこの点に関してはツイていると思い込むのはオススメ。
小さな幸運の思い込みも積み重なると、結構大きいです。

私は販売の仕事をしていますが。
ずっと長年欠かしていない良い思い込みがありまして。
「私はお客様に恵まれる」「お客様運が強い」というのがそれ。

あと。売り上げで苦しむことがない、という思い込みも。
おかげで、売り上げが取れずに辛かったことが一度もない。
必死にならなくても、普通にしてたら売れるのでありがたい。

ただ。「今日はダメだ」と思う日がないではなくて。
そう思ってしまうと、本当にその日はダメです。

それでも。二つの思い込みのおかげで、長年やってこれました。
ていうか。この二つがあれば販売って天職かと思えますよね。

ところが残念なことに。
上司と同僚に恵まれないと思い込んだせいで。
いつまでたっても、そちらの方面での苦労を背負い込んでいます。
これがもう、半端じゃない。超・異常レベル。
お客様運と販売運なんて帳消しにしてくれるくらいのマイナス。

思い込みってね。
どんどん強化されるのですよね。
近頃これは自分が作っている現実なのではと思い始めました。

卑近な例で申し訳ありません。
この手の本も、いわば著者の思い込みで出来上がっているようなもの。
鵜呑みすることもないと思います。

信じて得なことだけ都合よく信じてみるのもアリ。
そのくらいの気持ちでいないと。生きていくのはしんどいし。

それこそ「思い込みの牢獄」に囚われて人生が終わってしまうかも。
どのような「思い込み」が良いか悪いかも、きっと人それぞれ。

自分のためになる「思い込み」を持った方が自分がラク。
そして、「私苦労してます」オーラを発しなくなることで。
周囲にも良い影響を与えられる気がします。

(2018.4)
あまり良くないタイプの思い込みに限って頑固です。
消すのは無理だとしたら、せめてあまり意識せずにいよう。
なるべく無視して、徐々に消えていくよう促してもいいかも。
いつの間にか消えた思い込み、とかもありますよね?

『宇宙のパワーと自由にアクセスする方法』ディーパック・チョプラ

4894516365
フォレスト出版
Amazon

願いを叶える方法

ざっくり言えば。
引き寄せの法則の系統ですよね。
著者が医師ということもあって。
毛色は微妙に違うんですけれど。

共感できるところと。
ん?ってところがありますね。

以下、引用。

真の幸せとは「無条件の幸せ」
条件づけをしない、理由や根拠のない幸せ。
自分の外側に喜びや幸せを求めないこと。

真の幸せを求めると、私たちは自分の内側にある喜びの源・・・創造の源である「純粋意識」につながろうとします。あらゆるものすべての創造の源につながるので、私たちが望むどんなものでも簡単に達成できてしまうというわけです。

ポジティブな心より「静かな心」

結果を求めなければ願望は叶う

 自然は最高に効率良く機能しており、この自然原理は、より少ない行動でより多くを達成します。これが最小限の努力の法則です。もし私たちが自然の原理を自分たちにも反映させることができれば、私たちも最小限の努力でより多くを達成できるのです。
 私たちにできることは、すべての創造力の源である沈黙の場に行って、まず願望を持ち、そして手放し、やってくる結果を観察することです。
 そして物事が私たちの望みどおりに進んでいないように見えるとき、「自分が考えているよりもっと大きな絵(全体像や宇宙の計画)があることに気がついていないだけなんだ」ということを信頼して、物事がこうでなければならないという考えを手放すのです。
 全体的に見れば、より大きい絵のほうが私たちにとって良いことです。私たちは、自分の人生には目的があり、宇宙全体の目的に適合していることを理解しています。宇宙が自分のサポートに回ってくれていることを知ることによって、私たちは執着せずに、ただ受け入れられるようになるのです。


引き寄せの法則や、宇宙にお願い系の本に。
半ば胡散臭さを感じつつも惹かれるのは。
元来、私の中に似た感じ方があるからです。

昔、私はそれを神様だと思っていましたけれど。
その神様は既製の宗教に当てはまらなくて。

というのも。
どの宗教の神様も「型」が強過ぎて。
私の思う神様は「エネルギー」に近かったかな。

助けて下さいと祈ることはなかったのは確か。
自分のなかにある創造性を発揮できますようにというのが。
私の不変の願いでした。

具体的に何かを作るという意味ではなくて…
「行い」も「創造」であるという考えで。

(2018.7.18)
本書はどうも散漫な印象を受けました。
あ!と思うところもあるのですけれど。


『新・ハトホルの書』トム・ケニオン

4864511039
ナチュラルスピリット
Amazon

アセンションって何ぞや???

アセンションした文明からのメッセージ
・・・と、副題にあります。

アセンションね。
えーと。

天国へ行くこと。
キリストの昇天。
惑星地球の次元上昇。

あ。Wikiを参照しました。
この場合は最後のヤツですね。

えー。地球全体が次元が上昇する、と。
うん。言ってる本人にもよくわからないわ。

人間が全員、神になるってことかな?
わー。なんか怖いわ。

個人が四次元になる。
おー。なんのこっちゃろ。

・・・と茶化しまくりましたが。

なんかね。読んでいると心安らぐんですね。
「あなたは神の一部であり、創造の一部」という前提で。
力強くも優しい、人間の「意識」を肯定するメッセージなので。

たとえば。幾つか引用しますね。

あなた自身の体験と感覚、感情反応を大切にしてください。それこそあなたの人生の意味であり、脈絡であり、目的なのですから。

感情の抑圧は健全なことではありません。感情反応は無視したり打ち消したりせず、感じている体の部位に注意深く意識を持って行く。音を出してみる。浄化するまで。叫びや悲鳴でも。

一瞬一瞬が、自分の外側と内側で起こってくるものごとにどう反応するかを選択する機会です。自分の感情反応に「のっかってしまう」のでなく、気づきと受容と思いやりを選択すれば、その選択は叡智と平和というご褒美をもたらしてくれる。


アセンションできるかどうか。したいかどうかは措くとして。
スピリチュアル系あるあるの怪しさも勿論満載ですが。
不思議なくらいに共感出来る部分が多い本です。

心とか意識とか呼んでいるものは。
「エネルギーである」っていうのは実感としてわかる。

まぁ。本書は基本的に。
霊的に成長することを目指す人への指南書なわけで。
そのためのエクササイズまで載っているんですよ。

次元が上昇するとどうなるかっていうと。
考えたり言ったりしたことが実際に生じるようになる。

そうそう。これって。「神様になる」ってことだよね。
あるいは。「引き寄せの法則」とも同じとも言える。

どちらも。アプローチによっては詐欺か似非宗教っぽいけど。
自分の心のコントロールとか浄化とか成長を促すってことだと思う。
ていうか。私はそういうつもりで読んでいます。

上手く伝えられないところでもあるのですが。
私は別にスピリチュアルにハマってるわけでもなく。
そういうものを実践したり信望しているわけでもなく。

ただ、所々、実感としてわかる部分がある。
私はそのことを宇宙人や神様に例えないけれど。

単純に言えば。
見えない世界はある、ということですね。
それが見えるようになりたいというわけでもなく。
見える人に付いて行こうとか、それを信じるとかでもなく。

見えない世界を信じるにあたって。
道は色々あるということですね。

一見、まったく違っているようで。
繋がっている、もしくは実は同じというものはある。
「翻訳」の仕方が違うのだと思っています。

それは。受け手の性格とか資質も影響しますし。
自分にわかりやすい言葉に変換されるのでしょう。
神も、霊も、魂も、天使も、悪魔も、宇宙人も。
乱暴に言えば、同じなのじゃないかと思ったりします。

それぞれについて紡がれる物語のどれにも。
少しずつ、納得できるという適当な私。

商法化しているものはご免こうむりますが。
結果的にそうなってしまいがちな性質ということもある。
金儲けが目的になる以前の姿で判断しなくてはね。

どんなご立派な宗教も。
私腹を肥やす手段に成り果てるのが世の常で。

信じずに、感じる。
ウソかホントか、という二択ではなく。

そうすると。
自分のなかに「在る」ものに出会えたりするのです。

そうだ。こう言えばいいかな。
自分の心だか、魂だかと対話するための手法は。
自分流であり続けるけれど。

その対話のきっかけとして。
他人の知恵を借りることはあります、と。
いや。知恵じゃないか。閃き?

うーん。なんか。やはり説明しづらい。
胡散臭く聞えるね。

この言い方も。著しく誤解を招きそうなのだけど。
それを承知で敢えて言うならば。

私は誰かを信じるよりは。
自分自身を信じられるような自分になることを目指すタイプで。
それは極論すると「自分が神になる」という方向なんですね。

自分に自信があるとか。自信を持ちたいというのとも違う。
修業をするつもりは毛頭ないけど。
「悟りの境地」に達したいというのに少し近いかもしれない。

本書を読んでいて面白いのは。
「感情的」ってことは悪い意味に使われることが多いけれど。
ほんとうにそうだろうか、って思えてくる点ですね。

逆に「感情」が教えてくれるものにフタをし過ぎかもしれない。
「感情」に任せて行動してたらエライことになるって思うけど。
ふだん感情を抑え過ぎてるから、突如暴走するのだとも言える。

私は。
自分自身の感情に過敏で。
それが良いとも悪いとも思いませんが。
なかなかに、生き辛いというかしんどいとは感じます。

でも。「もっと感情を大切にする」という道もあるな、と。

(2018.6.26)
ちなみに。私自身は。
霊が見えたり。声が聞えたりとかはしません。
生まれかわりや、死後の世界も信じていません。
四次元になるとかって・・・???
でも。信じている人を「異常」とは思いません。
科学的とか。理性とか。それも結構、幻想でしょう。
私は自分が信じるか信じないかということに重きを置かず。
人間は様々なことを信じられるということに救いを感じます。
同時に、それが恐ろしくもあるわけですが。

『夢をかなえる小さな習慣』相川圭子

4479772103
大和書房
Amazon

パワースポットは自分の中に。

本書の中にあったことばですけどね。
うん。そうだな。その考え方はいいね。

いい波動をもっていれば、
目の前にいい現象が起き、
いい人にめぐりあったり、
願ってもない物を得たりする。

これもね。
「波動」っていうと曖昧ではあるけれど。
そういうことはあるといえば、ある。

ま。相変わらず。
とても「道徳的」な真っ当過ぎる言葉が並びますが。

エネルギーは意識をするところに集まる

いつも何かを心配している人はそこへエネルギーが集中

さらに不安になる

当たり前っていえばそうだけど。
それは本当にね。ほんとにそうなんだよね。

ちょっと。きれいごと過ぎると感じつつ。
以下の一節も、ああ、それもあるかな、と。

思いやりをもって、謙虚さをもって、感謝をもって、過ごして行きます。
そうすると、体の奥底から自信が湧いてきます。これは自分本位の心(マインド)の自信ではなくて「魂の自信」です。
そうすることで常に守られ、自信をもって生きていくことができるのです。
 
「魂の自信」というのがね。
うん。まぁ。なかなか。そこには到達しないだろうけど。
瞬間的には、似たものを感じられることもあるよね。

自信っていうと。自分を頼るとか、自分を強くとか。
そっちの方向へ行ってしまいがちだけれど。
そうやって築いた「自信」って崩れやすいものね。

著者の特質とも言える「説教臭さ」は健在ながら。
ところどころ、冴えた言葉のチョイスがあって。

なにしろ。どういう流れで出て来た言葉か忘れたけど。
「パワースポットは自分の中に」は気に入りました。
同じようなこと考えてたんだけど、
こんなふうに端的には言い表せなかったんだよね。

(2018.6.3)
他力を排し過ぎて自力に頼り過ぎて。
でも、そんなに自力も湧いて来ないという・・・
そういう人にとって、まともな意見は辛く感じられることがある。
いわゆる「頑張ってるのに頑張れと言われる」に近いんですね。
でも。それは「頑張り方を間違えている」とも言えなくもなく。
ていうか。頑張れとは実は誰も言っていなかったりもして。
自分で自分を癒せるような。そういう生き方が出来るといいよね。
著者のことがたぶん、私はあまり好きにはなれず。
それにはそれなりの理由もあるのですが。
それはそれとして、すっと腑に落ちるところもあり。
ちゃっかり「美味しいとこ取り」させてもらいました。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***