FC2ブログ
Loading…
 

『いつでも引き寄せの法則 願いをかなえる365の方法』エスター・ヒックス/ジェリー・ヒックス

4797349913 SBクリエイティブ
Amazon

エイブラハムシリーズが好きならば
 
絵本のような作りです。
明るい絵と要約された言葉。

これだけを読むとわかりにくいのかも。

引き寄せの本を読みなれている人ならば。
パラパラめくると思い出せていいかも。
引き寄せ流の思考の整え方を。

参考書や教習本を熟読した人が。
単語帳やまとめドリルをめくる感じ。

(2018.7.5)
私は引き寄せ信者ではないのですが。
自分の思考のクセをほぐしてくれる感じがして。
たまに引き寄せ本を読むのは好きです。


『ゆるゆるの法則: 宇宙を味方にする 今日からあなたも思い通り!』越智啓子

4198643245
徳間書店
Amazon

超・超・超・超・ポジティブの見本!

大丈夫か?
正気か?

思わず、そう問いたくなるほどの。
ポジティブ過ぎて、狂気すら感じるほどの。

前向きとか明るいとかのレベルじゃない。

これは何だろう?

精神科医であるという著者の胡散臭さがハンパではない。
しかし、強い伝染力でもって読んでいると気が晴れる。

言ってることは、終始。
「ゆるゆるになりましょう!」

いいのか・・・それで。

いいのかもしれない。
常に「ガチガチ」派の私にとって。
異次元すぎて、面白い。

もう。何だろう。ここまで来るとケチもつけられない。
ご本人に会ってみたい気がしてくるなぁ。

信じる信じないで言うと。
え・・・ちょっと・・・え・・・えええっ・・・

ですが。
パカっだか、ポカっだか。
なんて言うか、気持ちを軽くしてくれる作用がある。

これも、引き寄せ本?かな?

(2018.8.14)
正直内容は覚えていません。
でも、胡散臭さを超越して・・・と言うか。
胡散臭さと共にありながら、読み手の気分を明るくできる、
これって一種の才能だなぁと思いました。
新興宗教の教祖とかになれる素質の人ですね。
しかし、妙に軽快なんですよ。面白かった。


『なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?』ジョー・ヴィターレ

4877713182
きこ書房
Amazon

コツは、「信じること」

思考回路をプログラムし直しましょう、と。
はい。タイトルから想像がつくかと思いますが。
こちらも、いわゆる引き寄せ本です。

簡単に言えば。
人間の行動は、その人が見るものによって変わる。
そして、何を引き寄せるかはその人の行動で決まる。

つまり。
ポジティブであれば、良い結果を招く行動ができる。
そう。当たり前のことなんです。

でも。怒りや悲しみに人は慣れてしまいやすい。
何かがうまくいかなかった時に、絶対やってはいけないのは。
過去の不快な経験のせいにすること。

この癖がつくと、未来にも影響します。
心の傷のせいにするというのはある意味ラクなんです。
その罠にはハマらず、過去を手放して前に進みましょう。

で。「ゆだねて信じる」

これが出来ずに、必死で努力する人が多い。
自分でコントロールしようという感情が足かせになる。

何をすべきかインスピレーションが湧いたら。
コントロールしたいという感情を手放す。
そうすれば、進むべき道が見える。

以下、長くなりますが、引用。
(本書の言いたいことはこれ、と私は思います)

 自分の中の聖なる力を信じ、心の導くままに行動しましょう。あらゆる状況において知ったかぶりをやめれば、新しいものを受け入れ、学び、より手軽で良い方法を見つけることができます。
 これは川の中に立っているようなものです。進むべき方向を知っているとたかをくくっていると、川の流れに逆らって歩くことになります。一方、宇宙にゆだね、流れに身を任せれば、楽に人生を送ることができます。

不安か、奇跡か。
ネガティブか、ポジティブか。

どちらでも選べるのだから。
奇跡を信じ、ポジティブでいる方がいいはず。

(2018.8.18)
自他共に認めるネガティブ人間な私ですけれど。
まだらにポジティブで、根拠のない自信もあったり。
それだけに、ポジティブの効用は信じられるのですが・・・

『ザ・シークレット』ロンダ・バーン

4047915572
角川書店
Amazon

引き寄せの王道。

引き寄せに興味がある人は。
「基本」として読んでいることが多いのではないでしょうか。

「あなたの考えていること、思っていることが現実になる」

煎じ詰めれば、「引き寄せの法則」はそれだけのことです。
考え方、感じ方を変えることで人生を好転させられます、と。

そのことを言葉や例えを変え、繰り返し書いているだけ。
・・・そう言っても過言ではない。

人々が自分の欲しいものを手に入れていない理由は、欲しいものよりも、むしろ、欲しくないものを考えている時間が長いからです。

誰だって、欲しいもののことを考えている、はずと言われそうですが。
「手に入るはずがない」という前提で欲しがっていたりする。

上手に欲しがる、ただそれだけのことなんです。
本来は、努力しなくても出来るはずのことかもしれない。

自分の、人生の、世界の、「ダメなとこ」に目が行きがちだと損。
わかっていても、クセになってしまっているので。

それをほぐすために、「引き寄せ本」を読んでいます、私は。
正直、「宇宙が叶えてくれる」とかいう台詞は苦手です。
努力なんて要らない、とも思いません。

「願えば叶う」は、あるけれど。
そして、願い方のコツというのもあると感じるけれど。

それは。願い方が美しければ。
願いの成就に向けての行動も整ってくるからだと思う。

とか、なんとか言いながら。
引き寄せの世界を離れてみると胡散臭いような決め台詞を。
ズラーっと書き写していたりする私なのでした。

以下、そんな引用の断片。
(注:大量にあります)


『引き寄せの法則』マイケル.J・ロオジエ

4062772698
講談社文庫
Amazon

引き寄せ本の決定打。

わかりやすく、要領よくまとまってる。
引き寄せ本は、うじゃうじゃあるので。
いちいち読んでたらキリが無い。

説明の仕方が違うだけで。
どれも同じことを言おうとしてるのだし。

引き寄せるには。
欲しいものを願うだけでいいんです。

ただ。たいていの人は。
自分が何を望んでいるかよくわかっていない。

「望むもの」への憧れでなく、
「望まないもの」への嫌悪に気持ちが行きがち。

職場でも家庭でも。
「私のことを理解してくれる人がいない」と言ってません?

同じ状況でも。
「私のことを理解してくれる人が欲しい」と言いましょう。

あと。自分に似たものが引き寄せられますから。
不機嫌にしてるのはソンですね。

「あなたは思考、感情、心象、そして言葉によって外に発動させているものを、自らの人生に引き寄せているのです」


ですので。よい波動を表しましょう。
まず、マイナスの波動を出すものは。

・失望
・孤独
・足りない、欠けている
・悲しみ
・とまどい
・緊張、ストレス
・怒り
・痛み

プラスの波動を出すものは。
・喜び
・愛情
・わくわくする
・充実している
・誇り
・安心
・自信
・好意

えー。
孤独と悲しみと怒りは私の得意分野ですが。

ま。そこんとこは置いといて。
「もっとわがままに生きてみよう」という提言が。
これ、大賛成です。

しかも。なんと著者は。
「人生のあらゆる領域でわがままになる」ことを勧めます。

あとは、まぁね。
今まであらゆる引き寄せ本で言われているのと同じ。
違うのは簡潔にまとめられていること。

これだと。すっきり頭を整理できます。

なんども言ってますが。
私は「引き寄せの法則」は信じています。

それで大富豪になれるとかは思いませんが。
150歳まで生きられるとかも思いませんが。

「念」の強さに応じて。
物事や人が引き寄せられてくるのは間違いない。

私はちょっと。
最悪のところから抜け出したところです。
沼にハマっているとき、負が負を呼ぶ感じでした。

(近頃は「沼」は悪い方に使わないですけど)

なるべく気分良く過ごしているだけでも。
状況は好転してくるものですね。

(2018.9.12)
引き寄せに興味がある人は読んでソンはない本です。
私はこれを最後に引き寄せ本を卒業しようと思います。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***