FC2ブログ
Loading…
 

PLUS1LivingNo.98

 主婦の友社
 Amazon


モノが多めの家がやっぱり好き。

カントリーでもない、北欧風でもない、カフェ風でもない。
住んでいる人の自然なスタイル。
載ってる部屋がどれも素敵。

石井佳苗さんの海辺の新居、いいなー。
程よく雑然としてる。
この感じ、落ち着くなー。

他にも好きな特集が多い。

「クラフトフェア&蚤の市に行ってみよう!」とか。
「気持ちが華やぐ植物のしつらい」とか。

メインの特集は「こだわりのある家づくり、をはじめよう」
ほんと、どちらのお宅も住みごこちが良さそうです。

バックナンバー見つけたら買いたい。

(2019.2.18 読了)

『クロワッサン 2018年6/25号 No.975 スマホ時代の、伝わる文章術。』


わかるようでわからない手紙とメールのマナー。

手紙のマナー。
いまだに、あやふやです。

というよりもですね。
正しいマナーって堅苦しいなぁと。
あまりにも非現代的だなぁと。

意図的に崩しているというか。
簡略化しているのですけれども。

決まり文句がさらさら書いてある手紙も悪くない。
そもそも型があってから崩すのが本当でしょうし。

手紙だけでなく。メールもLINEも。
言葉で人に伝える時に大事なことは同じ。

ただ。ツールが違うことで。
表面の形は異なってはいる。

心遣いで乗り越えられる違いだろうけれど。
ただ。そのツールのクセは知っていた方がいい。
基本の型というか。使い方のコツというか。

そうじゃないと。しんどくなっちゃう。
億劫になるし。面倒くさくなるし。

手紙をもらうのも。メールをもらうのも。
LINEでつながるのも。
嬉しいはずなのに、うまく返事できなくて。
気が重くなってしまう。

ザ・基本っていう感じでもなく。
ちゃんと時代に合ってて、いい内容。

(2018.10.3)
ぎっしり過ぎて、簡単に読めないくらいでした。
クロワッサンの手紙特集は大昔のをずっと大事に持ってたな。
さすがに近年、処分しちゃったけど。
これも新たな保存版たり得る内容。

『NHKすてきにハンドメイド 2017年5月号』


かぎ針でクロスステッチみたいな模様

なるほどね。
これだと色んな模様ができるよね。
クロスステッチ図案をそのまま編んでもいいし。

いつか……
あ。また。いつか……

編めたら編んでみたいです。

(2018.10.19)

季刊 銀花 1995年 102号

B00C85U0FA
文化出版局
Amazon

串田孫一、上高地、古伊万里。

これだけ好きなものが載っていたら買います。
写真もとてもいいし、状態もいいし。
たったの500円だったし。

「銀花」は我が家に古い号が、結構あります。
母いわく「おばあちゃんがずっと読んでいた」とのこと。
懐かしがって、古本屋で見かけると買ったりしていて。

私も、この何とも独特な味わいの雑誌が好きです。
日本の伝統文化が主に紹介されていますが。
深いというか、渋いというか。

コンセプトは「心豊かな暮らし」。
美意識の高さが万人向けとは言えぬ空気を放っています。

休刊なんですね・・・ずいぶんと前から。
出版社は、「文化出版局」でしたか。
私が手芸本でよくお世話になっている出版社です。

串田孫一の特集から、印象に残った言葉を3つ。

 有効な忙しさの中にいる人は忙しがらない。疲れも感じない。それは不必要な忙しさ、或いは能力のちぐはぐな忙しさから解放され、それを寄せつけないからである。

 真剣になればなるほど、それについて遊ぼうとする。真剣になると、遊びが許されるどころか、大切なゆとりを設ける。「遊び」のないハンドルは運転を拒む。「遊び」のない橋梁は危険である。
 遊ぼうと思うことが真剣になれる入り口である。真剣の出口には快い笑いが待っている。それなのに、疲労や飽きが飛び掛って来れば、これは真剣の中での拙劣な手段の証拠である。

 驚きの感じ方に拠って自分を知ることが出来る。驚く人を見ていても、その人を可なり正確に判断出来る。
 驚きには瞬間の鋭さがあり、それで終る吃驚箱のようなものもあり、いつまでも長く尾を引くものもある。
 快い驚きは評価されていいものであって、長くそれに浸っていたい。それは突然襲うことには変りないが、怒濤のように襲うようには来ないで、小波のように、潮の満ちるようにやって来る。


(2017.12.29)
年末の掘り出し物。104号と105号も同じ時に購入。

SAVVY(サヴィ) 2015年 4月号

B00S5TMOZ2 [雑誌]
京阪神エルマガジン社
Amazon

喫茶店・カフェのモーニング特集、なのです。
はぁー。モーニング食べにいきたい。

(2015.11.20)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***