FC2ブログ
Loading…
 

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里

4043756011
角川文庫
Amazon

人の心だけに棲む真実。

そんな。そんな。そんなことって・・・
読みながら、何度も絶句した。

バカな。バカな。理不尽な。

表題にもなっている嘘つきアーニャは。
万里さんの友人なのだが。
自己を守るために自分を上手に騙せる人。

こういう人間を見ると心底ゾッとするが。
だから単純に彼女を憎んだり批判できもしない。

ある意味、スケールが違うだけでよくある話。
それは人間は自分の見たいものしか見ないということ。

万里さんは違った、というのも言い過ぎかもしれない。
万里さんも自分の見たいものを見ようとしたとも言える。

でも。それは「自分に都合のいいこと」ではなかった。

万里さんが泣いていないのに。
私は読みながら何度も泣いてしまった。

苦しかった。
あまりにも鮮明に見えてくる心の景色。
怖い。哀しい。救いがない。許せない。悔しい。

こんなにも「見えて」しまう人は。
生きるのがとても辛いだろうと思った。

それは私の余計なお世話で。
万里さんは自らの鋭い感受性と洞察力に押し潰されることなく。
強かに鮮やかに生き切ったのだろう。

でも。もっと長く生きていて欲しかった。

私たちが今見ている景色を。
彼女がどんな風に表現したかを読んでみたい。

(2018.5.10)
一見骨太に見える、きっぱりとした彼女の文章。
力強くて、疾走感があって。うん走っている。
けれど。とてもとてもとても繊細で。
伝わってくる気配や振動が私の髪の先まで震わせるようで。
感嘆と憧れで痺れながら読み終えました。
万里さんの友人三人の中では、ヤースナが私は好き。
ていうよりもヤースナのエピソードに心が救われる。
それでもやっぱり猛烈に切ないけれど。

『マイナス50℃の世界』米原万里 山本皓一

4044094438
角川ソフィア文庫
Amazon

それでも人は生きられる。

うそー。うそうそうそー。
永久凍土の上で生きている人々。
っていうか。街があるの!

ビルが建ってるの!
マイナス40℃でも学校行くの!
市営バスも走ってるの!

万里さんは行ったのね、ココに。
いやぁ逞しい。頼もしい。

何もかもが、想定外で。
ショック過ぎて、面白過ぎる。

人間て、「慣れる」のね。どんなことにも。
この寒さに慣れると。なんとなんと。
マイナス30℃よりマイナス55℃の方が快適、となる。

はぁぁぁ・・・・

励まされるというか。
なんかなんか。癒される。
寒過ぎて、あったかいよ。

(2018.4.26)
とにかく。びっくりして。
口を開けっ放しで読んでいた。
私には「冒険」な生活が「日常」なんだもんな。
気が狂いそうに寒いと思うのだけれど。
普通に暮らしてるんだものな。
住めば都、か。うん。そうかそうか。
それがいいね。私もそうありたい。
落ち込んでる時に読むと、いい本かもしれません。
写真もたくさん載ってるし。とにかく面白い。
何より。驚きが悩みを吹き飛ばしてくれる気がする。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***