Loading…
 

気まぐれ美術館  州之内 徹 

4101407215
新潮文庫
Amazon

タイトルから、美術評論か、それに類するエッセイだろうと、
大抵の方が、想像するだろうと思う。

しかし、洲之内氏の文章は、それこそ気まぐれで、
そもそも、絵の話にはなかなか、到達しない。

ご本人は、一応、絵について語ろうという心づもりはあるのである。
なのに、山荘を見知らぬ人にプレゼントされた話やら、
雪の街での出来事やら、偶然見た交通事故の話が延々と続く。

それでいて、ふっと、いつの間にか、絵の核心に触れている。
面白くも、羨ましい・・・この自由自在さ。
洲之内さんの気まぐれな散歩にお供するのは、とても楽しい。

当たり前に絵を楽しむ、その感覚が好ましい。

*以下、長すぎる本の感想でない文章となります。

芸術随想  おいてけぼり    州之内 徹

4418045015
世界文化社
Amazon

ああ、これはいいものを読んだなぁ。
物を見る目を育むこと、は幸せ、と思う。
すてき。
かっこいいなぁ。

(2005.12.15)

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***