FC2ブログ
Loading…
 

『羊をめぐる冒険』村上春樹

4061879324村上春樹全作品 1979~1989〈2〉
講談社
Amazon

かつて。何度も何度も読んだ本。

さようなら。
もう。読むことはないでしょう。
あんなに好きだった、この本。

久しぶりに読み返してみて感じたのは。
この本を愛読していた頃の私が若かったということ。

全集本を買い揃えようと思うほど好きでした。
海辺のカフカ以降の村上春樹は受け付けなかったけれど。
彼の過去の作品はずっと愛読すると思っていました。

そうではなかったみたい。
いや。読むのかな。10年後くらいに。

圧倒的な愛着を失って読むと。
それはそれで不思議に魅力と謎と暗示に満ちていた。
ただ。繰り返し読んでいた頃の自分を思い出すと。
もう。お別れしていい本だという気がした。

読んでいる私が妙に冷静だった。
冷静なら読めないとか価値がない本というのではない。

それでも。
若さを自覚していない若さ、を失ってみると。
かつてのような感動や満足は得られないのだった。

村上春樹流の表現は。
ある意味、だいぶ離れていてから読むと新鮮で。
しかし、時々うるさくも感じた。

通奏低音としてあるのは。
自己愛の強さだ。途轍もない強さだ。

そんな風に感じた自分にもびっくりしたけれど。
なんていうか、自分大好きと叫んでる感じを受けた。

それは。読んでいる私自身もそうだったのだ。

自己否定、自己卑下が強いというのは。
むしろ自己愛が強いことを示している。

いや。主人公はそういうことはない。
愛読していた頃の自分の話。

ズバリ、言いましょう。
比べるべきものがない魅力を持っていた頃でも。
村上春樹の描く主人公は、いささか幼稚だった。

それが悪いわけではない。
でもね。だんだん。こちらが年をとると。
そういう主人公と付き合ってはいられなくなる。

本当に。本当に。本当に。
かつて大好きだったから。哀しいけれど。
好きではい続けられないものも、ある。

生きるのがどうしようもなく辛かった頃。
村上春樹を読んでいると生きていける気がした。

希望を与えてくれるからではない。
希望を持たなくても生きていけると思わされたから。

スマートな諦念というか。
彼の口癖の「やれやれ」が表すように。
「ほんと、勘弁してくれよ」と思いながら生きていくこと。

まぁ。今も。私はその状況にあると言っていい。

自分自身に呆れつつ。
自分自身の生活習慣を頑なに守り。
大切なものを失い続けながら生きていく。

もっと、厳しいことを言おう。

彼の小説の主人公は。
無力でずるい自分を自覚していながらも。
「自分が特別である」という確信を失わない。

しかし、そのことを自分で語らず。
周囲にそれとなく「あなたは特別」と語らせる。

それによって読者も。
主人公に共感・同調しながら。
「私は特別」と信じることができる。
そのことを明確に意識をせずに。心地よく。

(2018.8.9)
村上春樹のファンの方が読まないことを祈りつつ。
かなり言いたい放題書いてしまいました。
私もファンだったし、ファンだったことを悔いてもいない。
好きだった頃の私が愚かだったとも思いません。
ただ若かったんです。若いことはそれなりに良いことです。
あと。彼の文体って中毒性がありますよね。伝染もしやすい。
大好きだった短編を読み返すか否か、悩むところです。

『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』村上春樹

4163731008
文藝春秋
Amazon

最初にお詫びを。この感想は、とてつもなく長く。
その長さに見合うだけの内容があるとは到底、言えません。
不完全ながら、私が個人的な感情の整理のために書いたようなものです。

気が済むまで、きちんと書いたら本一冊になりそうなところを、
無理矢理に縮めたため、なんとも不親切な文章となっております。

お読みになることを積極的にお勧めはいたしません。
時間がない方、村上春樹に興味がない方、あるいは彼の大ファンの方は、
特に、避けて頂いた方がよろしいかと存じます。

今回ばかりは、書き逃げ御免をお許し願いたいと思います。
補足するならば、否定的な感想に見えるかもしれませんが、
本書は春樹ファンでなくとも読む値打ちのある本です。
 
近い期間に二度読みましたが、非常に面白く読みました。

『村上春樹 雑文集』村上春樹

4103534273
新潮社
Amazon

お蔵入りになっていた超短篇。
賞をもらった時の挨拶文。
知人へ寄せた解説文や序文。

・・・村上春樹の、単行本には収録されなかった雑文たち。

細々と雑多な印象ながら、くっきりと「村上春樹」の世界。
何でもないように、さりげなく、しかし濃厚に。

「ハルキ印」の烙印が、そこここにあって。
私は、その「らしさ」が明確な形になったスタイルが、
ずっとずっと羨ましかったことを思い出した。

彼のこだわりが、リズムよくスタイリッシュに、
しかし、思いのほか深く読み手の心に刻まれる。

自分の好きなことを、ひっそりと、しかし頑固に大切にする。
どうでもいいことには、あっさりと対処して涼しげに佇み。
曲げたくないことは、しんどくて非効率でも守り続ける。

口当たりは甘いのに、噛むと歯が折れそうな芯がある。
飴のように。嚙まずに口の中で、転がしてのんびり味わう。

ほろ苦い懐かしさと共に、心の襞に埋もれていた記憶の欠片たちが、
ぷくぷくと愛らしい泡のように浮き上がり、甦ってくる。

(2011.5.3)
この本の中で一番好きなのは、彼が友人の娘に送った挨拶文。
かおりさん、ご結婚おめでとうございます。僕もいちどしか結婚したことがないので、くわしいことはよくわかりませんが、結婚というのは、いいときにはとてもいいものです。あまりよくないときには、僕はいつもなにかべつのことを考えるようにしています。でもいいときには、とてもいいものです。いいときがたくさんあることをお祈りしています。お幸せに。


『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹

416369580X
文藝春秋
Amazon
自分が興味を持つ領域のものごとを、自分に合ったペースで自分の好きな方法で追求していくと、知識や技術がきわめて効率よく身につく。
(時間もかかり試行錯誤も重ねるが、その分学んだことはそっくり身につく)


すみません、原文のままではないかもしれませんが・・・。
村上春樹らしいなぁと思い、自分もかくありたいと感じたところの抜粋。
高品質なマイペース、ってことかな。
私も昔からマイペースだけど、粗雑な上に結構、周囲に振り回されてしまうのだ。

村上春樹が一歩よく理解できるようになる本だと思う。
彼のストイックな一面。
ある意味、私にも似たところはある。

まぁ、私がマラソンやトライアスロンを始めることは無いだろうけれども。

この本を読んだら走りたくなる人、少なくないと思います。


(2008.5.16)

『象の消滅』村上春樹

4103534168
新潮社
Amazon

村上春樹の初期短篇17篇。
アメリカで出版された英語版の、日本語版、だそう。
読む前からわかっていたことだけど、全作読了済み。バラバラに。
この本のセレクトは、どうなんだろう。
やはり、ニューヨーカーの視点で編まれている、かな。

話せば長くなりますが、私にとって村上春樹は特別な作家の一人。
で、ありながら、「IQ84」いまだ、読んでいない。
哀しいことに、私は近年の彼の作品が好きではなく、
初期から、中期・・・今から5年か、10年前までの彼の作品が大好き。
世界的な大作家になる前の・・・・。

それは何故か、を問うと非常に多くの言葉が必要だと思う。
し、その説明が人を納得させるという自信もない。
それでも、敢えて言うなら、私にとっては「海辺のカフカ」も
「アフターダーク」も「残念な」作品でした。
あの頃から、今度は、と思って読み、失望することを繰り返し、
とうとう新作が、どんなに評判が良かろうと不安で読めなくなった。

初期の短編を久しぶりに読み返し、やはり、好きだなぁと思い、
でも、全てが、というわけではないことにも気づく。
未熟な部分もある。それでも・・・ああ、うまく説明できない。

17篇のなかで「沈黙」と「午後の最後の芝生」と「眠り」が好き。
すごく、共感できるので。とくに、「眠り」は。
私も、この作品の主人公のように眠らずに本を読んだことがあるのだ。

村上春樹の文章が好き。その、リズムと独特の比喩。歯切れのよい、余韻。
あと、主人公の生きる姿勢が日常の細部に丁寧に表現されているところも。
そういう意味では近年の作品は一層磨きがかかっているとは言える。
私が受け入れ難いのは、ストーリーなのだ。
しかし極限すれば、村上春樹の作品において重要なのはストーリーではない。
物語が複雑になればなるほど、むしろ失われるものがあるような気がしてしまう。

単純に私の好みに合わない要素が彼のなかで育っていった、ということなのかも。
・・・方向性の違い、というだけ。
作品に失望しても、村上氏のことはずっと尊敬し、憧れています。

「IQ84」、そのうち勇気を出して読もう。

(2010.3.16)


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***