FC2ブログ
Loading…
 

『火花』  又吉直樹

4163902309
文藝春秋
Amazon

今更だけど、読んでみた。

芥川賞受賞作は、読んだり読まなかったり。
読まない方が確実に多い。
なんとなく、避けてしまうのだ。

理由は、そこそこはっきりしている。
たぶん。大抵の場合。読んだら怒りが湧くからだ。
「何でこれが芥川賞なの!」と。

芥川賞を神聖化しなければいいだけのことで。
恒例行事というか、文学界のイベントというか。
軽く流して、面白がってればいいんだと思う。

というよりも、読まない方が安心だ。

又吉(親しみをこめて呼び捨て)は嫌いではない。
積極的に好きまでもいかないけれど。
とにかく死ぬほど太宰が好きな人と記憶されている。

実は私が苦手な作家トップ3に入るのが太宰治。
あと、志賀直哉がダメですね。それからヘミングウェイ。

なぜと聞かないでください。
本に関しては好き嫌いはそんなに無いつもりなので。
嫌いって言い切るのは余程のことなのだけど。
理由なんてあるだろうけど、簡単に説明できません。

ほぼ生理的なものだとしか言えない。
よくわからないけど受け付けないもの、ってあるでしょう。

言い訳するようだけど。
嫌いっていうのはある意味、その対象を理解してると思う。
わかってないから嫌いって言える!とファンは言うかもだけど。
「嫌い」という感覚は意外と鋭く本質を察知している結果なのだ。

で。嫌いなのは、自分に繋がる部分もあるからだとも思っている。

あとは一見、似たり寄ったりなAとBのうち。
Aは大好きで、Bは大嫌いとかも私はあり得る。

「Aが好きなら当然Bも好きじゃないの?」って言われるが。
似ているからこそ、AとBの違いは大きい(と私は思う)。
似ていても一番肝腎なところが違う(と私は思う)。

「私は思う」と付け加えたのは、その違いを感じるかどうかは。
私の個性だか資質だか好みだかであって。万人共通ではないから。
私の言う「いちばん大切」も他人には何それ?なことかもしれない。

だいたい、その「大切なこと」を説明できないところが弱い。
「読めばわかる!」で終わらせたくなるのだ。

さて。本題である筈の本の感想に入る前にかなり脱線しました。
この本の感想も「読めばわかるでしょ」で終わらせましょう。

うそですよ。
書きますよ。感想。書きますけど・・・・

(以下、むやみやたらと長いので暇のある人だけどうぞ)

『クワイエットルームにようこそ』  松尾スズキ

4167717387
文春文庫
Amazon

ああ、勘違い。

「大人計画」の舞台で著者を拝見したことあります。
そのせいか。いや、私のいつものうっかりで。
エッセイだと思いこんで読み始めました。

ブックオフの100円棚で買ってきた文庫本で。
移動中に軽くてちょうどいいなぁと思って。
松尾さんのファンでもなんでもなくて。

えー。あら。おネエ喋り?
そーだったっけかな?
ふーん。いきなり。男にフラレる?
えっと・・・そっちの人だったけ?

いやはや。大いなる勘違い。
主人公が女性のフィクションなのに。
「松尾スズキ氏=オカマ」になっちゃって。
頭の中をクエッションマークが踊り狂いました。

軽いっすねー。ノリが。
内容は案外重いんですけど。
でね。ひとことで言うと、超下品!!!
特に冒頭は圧倒される・・・吐きそう。

だんだん慣れてきます。軽さも下品さも。
じわじわコレはスゴい作品かも、と思えてくる。
下品を突き抜けた爽やかさとキレがあって。

うん。「持ってる」ヒトですよね、松尾さん。
面白いんです、けっきょく。かなり。

冒頭が「え、ナニこれ、サイテー」なので。
ぐんぐん加速していく展開の妙が一層引き立つ。
で、最後に「ヤラレタ」感にどーっと襲われる。

ただひとつ気になったのは。
私には、主人公が「女性」に見えて来ないこと。
男性が描いた「女性」だとすぐにわかる。
内から見た女性でなく、外からみた女性。

要するにツクリモノめいている。
それが作風たり得ているとも言えるのだけど。

そもそも。登場人物たち自身が。
そんな「ツクリモノ」めいた自分を生きざるを得ない。
その現代的な哀しさが作中に充溢している。

どっちみち。ヒトは自分を「創作」して生きているんだ。
しかし。それをこんな風に表現されると怖いな。ツラいな。

その怖さを感じ取れるかどうかで。
この本の評価は大きく違ってくるんだろう。

(2018.1.27)
芥川賞候補だったそうですね。
近年の受賞作品を思い返してみれば、
この作品がもらっても良かった気がする。

ついでに、そのとき誰が受賞したのか調べてみた。
絲山秋子 「沖で待つ」・・・へーぇ。読んでみよう。
(絲山さんは一作しか読んでないけれど好感触)

選評を読むとこの作品は軒並み0点で。
宮本輝がただ一人、強く推しているっていうのが面白い。
あと。山田詠美の評にハッとしました。

ウィノナ・ライダー主演の映画「17歳のカルテ」の日本版ノヴェライズとしては上出来だが。

あ。言われてみれば・・・似てる気がする。
若きアンジェリーナ・ジョリーの存在感が半端じゃなく。
私の頭にはそれしか残ってないんですが。

私としては、この作品の惜しいところは。
「小器用さ」がチラつくところだと感じます。

一方、それは著者自身に密着した本性な気がするので、
それをなくすのは不可能なんだろうとも思います。
「小器用」であるところにも哀しみが実は漂ってもいる。

宮本輝氏は、それがわかる読者だったんだなぁと。
その点に妙にささやかに感動したりもしました。
ついでなので。その評を貼っておきます。

入院患者のひとりひとりが巧みに描かれ、しかも根底に書き手の愛情のようなものが確かに存在していると感じて受賞作に推した。他の委員の賛同は少なく、受賞には到らなかったが、松尾氏の次作を読みたいと思う。

羊と鋼の森  宮下奈都

4163902945
文藝春秋
Amazon

あなたの目指す音は?

本書は主人公が調律師。だから「音」となりますが。
人それぞれ、職業や生き方において、
「音」に代わる何か目指すものがきっとあるでしょう。

でも。それがよくわからない、という人の方がきっと多い。
主人公も同じで、だから敬愛する先輩に訊ねるのです。

先輩は原民喜という作家の文章の一節を語る。

明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体

原民喜はこんな文体に憧れていると書いていて、
「文体」を「音」と捉えれば、まさに理想だ、と。

素養にすぐれているとは言えない主人公。
ピアノが弾けない、クラシックも聴いたことがなかった。
ある日、調律師の調律したピアノの音色に出会い、
その「美しさ」が自らの中の美の記憶を生みなおしたことに、
どうしようもなく惹かれ、導かれて、調律師になる。

ピアノが、どこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら、僕はよろこんでそのしもべになろう。

その想いを抱いて、彼は「音」を探し続ける。

「音」に正解はない。
ピアノもみな違うし、弾く人も違う。
調律師はピアノの所有者の希望に沿って調律する。

でも「やわらかい音」ってどんな音だろう?
半熟卵のやわらかさか、春の風のやわらかさか、
カケスの卵のやわらかさか・・・

お客様の希望が読み取れたとしても。
そのイメージを具現化するのは容易ではない。

音を揃えるのに手間取り。
それが何とか出来ても「音を決める」ことができない。

「音を決める」

これは何を創るにしても。厳しい一歩だと思う。
料理だったら「味を決める」だし、
文章や絵の場合だったら、何かな・・・
言葉でもない、構図でもない、
やはりそれは「音」か「味」か・・・

原民喜の「文体」が「音」に置き換えられたのだから、
その逆も然りと捉えるなら「文体」なのでしょうが。
「文体を決める」と言ってしまうと何か違う。

文章にも「音」はあるな。今、初めてそう気づく。
どちらかというと「味」で捉えていたけれど。
もしくは「風味」とか「香り」とか「風合い」とか。
でもそれは漂うもの、醸し出されるものであって。
「音」はもっとぴりっとした、「決める」ものだ。

「音の決まらない」文章はある。いや、その方が多い。

高い・低い、柔らかい・硬い、澄んでいる・濁っている・・・
そういう音色の特色だけの問題ではなくて。
音階として奏でた時の、全体の調和の中に「音」がある。

もっと言えば「音」が決まっても、「曲」にはならないかもしれない。
まぁそれはまた、少し違う話になるのかな。

「音」を探す主人公の姿に。
きっと読者は、自分にとっての理想の「音」を想い、
手に届くとは思えない彼方に輝く美しさを思い出すでしょう。

だけど。「音」が自分の中にない、と絶望することはない。

 もしかしたら、この道で間違っていないのかもしれない。時間がかかっても、まわり道になっても、この道を行けばいい。何もないと思っていた森で、なんでもないと思っていた風景の中に、すべてがあったのだと思う。隠されていたのでさえなく、ただ見つけられなかっただけだ。
 安心してよかったのだ。僕にはなにもなくても、美しいものも、音楽も、もともと世界に溶けている。

この物語の終盤の主人公の独白。
心に広がる森の景色に光が差した瞬間。

「音」にいつか辿り着く、その一歩を踏み出した彼を祝福し、
同時に自らも「音」を探すことを諦めまい、
否、諦めずにいていいんだと思わせてくれる・・・

「音」を探す全ての人を優しく励ましてくれる、そんな本です。

(2016.9.1)
この作品はひとことで言うと「優しい」。とてもとても優しい。
その優しさを「甘さ」と取るならば、疵にもなるでしょう。
私はでも。きっとそこが作者の「味」なのだと思います。
それにしても、原民喜の憧れの文体には痺れますね。
読まず嫌いしていた原民喜の作品も、ぜひ読まねば。

櫻守  水上 勉

4101141096
新潮文庫
Amazon

桜が好きなので。タイトルに惹かれて読みました。
えっと・・・水上 勉氏はなんと、初めましてです。
確か、国語の教科書とかで少し読んだ気がしますが。

なんというか。見事ですよね。日本語が。
人物描写も情景描写も、とにかく言葉が美しい。

そして・・・ええーっと。私の苦手な作風ですね。
いえ、「苦手だった」と言い直した方がいいかな。

この手の小説は徹底的に無意識に避けている気がします。
ああ、だから水上 勉って読もうと思ったことなかったんだ。

嫌いとか理解できないとか、そういうんじゃないんです。
日本的な土着性を感じるものがどうしても怖くて。

作品を読むことで自分の心の底の底に見えて来る何かが嫌というか。
いや・・・あるのかな・・・ないのかな・・・
遠く呼ぶ声がするような微かな気配かな・・・

って、へんな感想にもならない述懐ですみません。

でも。でも。この作品。表題作「櫻守」と「凩」という二編収録で。
どちらも「読ませる」作品です・・・主人公たちの生き方が胸に迫る。
ほろほろと思わず涙が落ちました。

遠かったものが以前より近く親しく感じられます。

(2013.4.27)
ソメイヨシノは堕落した桜、という一節がありまして。
見慣れてるのがソメイヨシノなので、そう言われると辛いですが。
山桜は確かに表情に何とも言い難い陰影があって好きです。


水魑の如き沈むもの   三津田 信三

4562045418
原書房
Amazon

古い因習にとらわれた村の儀式と殺人事件の組み合わせって、
なんか懐かしい・・・金田一耕助っぽい世界。

惜しむらくは、おどろおどろしさが不足気味。
探偵役のズッコケ具合が私の好みには合いません。
ワトソン役の女性も、全然、良さがわかんない。

舞台作りはなかなか良いので勿体ないな・・・。
どんでん返しの嵐で、後半盛り上がるのに、
そこから一気に失速しちゃう感じも残念。うーん残念。

楽しめなくはなかったんですけども。
これだったら横溝正史を読み返すなぁ、私だったら。
たとえ犯人がわかっちゃってても、面白いと思うもん。

ていうか、たぶん。もうそろそろ忘れちゃってる気がするし。

(2012.5.29)
この雰囲気自体は、かなり好きなだけに惜しい。
作風がこういう感じなのでしょうから、私には合わないな。
土俗的因習の醸し出す空気なんかは緻密で良いんですけれど・・・
キャラがアニメ調というかラノベ調というか、軽過ぎるんです。


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

カテゴリ

コメント リンク


カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***