FC2ブログ
Loading…
 

『水彩画 小さな光の音楽』あべ としゆき



原画を見たいなぁ・・・

繊細で、精密で、透明感があって。
最初に受ける印象は「本物そっくりの風景画」。
写真と見紛うほど、写実的でもある。

でも。色が違う。
いや。色も実物に即したリアルな色だけれど。
画家の目を通した色だということがわかる。
描き手に表現したいものがあることが伝わってくる。

それは何なのだろう。

本書に収められた画家自身の言葉から知ることができた。
「見えない美を信じる」というタイトルの短いエッセイ。
全文引用したいくらい共感したのだけれど煎じつめるならば。

声高に語らぬ美を愛し、
そのような美を静かに守っている人々が
ふと足を止めてくれるような絵を描きたい、
それが目標だと。

その想いが体現できている絵だと思う。

どれも、どこかで見たことがあるような光景で。
懐かしいとも、平凡とも取れなくもないが。
何か特別で尊くて大切なものを思い出させてくれるような。
当たり前に感じているものの美しさを教えてくれるような。

そうだ。光があった。
そうだ。風が吹いているんだ。
そうだ。せせらぎが聞こえる。

静けさの中にすーっと。
見ているうちに吸い込まれていく感じがする。
そしてその静けさが実はとても賑やかで華やかで。
新鮮で清らかで楽しいと知らされるのだ。

澄み渡った優しさ。
とても気持ちの良い絵。
光の差し方が特に美しい。

コラムがいくつか収められています。
そのうち、とても心に響いたのが以下のもの。

(長くなりますが全文引用)

『福々うつわの本』稲葉カヨ

怒濤のポジティブ(正直、食傷するかも)。

1ページに一つの小皿。
そして、エッセイというか、メッセージ。

すべては福!という超ポジティブさ。
ポジティブすぎて、ちょっと怖いよ。
ねぇ。無理してません?

自分で自分に言い聞かせてる?
それとも心の底から、こういう気持ちで生きてる?

この本、帰郷した弟が持っていて。
「書いてある言葉がいい」って。

うーん。
自分にエールを送り過ぎじゃなかろうか。
こんなに前向きであろうとするのは不自然ではないのか。

ふと。私は。
悩んでる人がなんだかんだ言って好きだという気がしてくる。

いや。
カヨさんも悩んでいて。
そんな自分を励ますように、こんな風につぶやいてるのかも。

それでもなぁ。陶芸家ならば。
言葉ではなく。自分の作品に語らせたらいいのに。

へたうま風の絵付けは。
いかにも「オモロいもん好き」の弟が好きそう。
私は正直、あまり好きじゃない。

でも。味はあるよね。
なんとなく、へにゃっと力が抜ける。
これが著者の言う「福々」だろうか。

作る人が楽しんでいるというのは伝わってくる。
実物の方が、もしかしたら魅力的かもしれないな。

好き嫌いは別として。
作品に「声」はあると感じられる。

文章の方も。
一気に読むと、ポジティブの胸焼けが起きるけど。
ひとつかふたつ、拾い読むには悪くない。

一ページにひとつの絵皿の写真。
それに短い文章が添えられている。
すっきりした構成には好感が持てます。

一つ、引用してみましょう。

このページの小皿は鏡餅の絵。
お餅は重なった上のが赤、下が白で、紅白のめでたさ。
みかんも葉っぱも大振り。
添えられた文章は以下のとおり。

「もちはもちや 気持ちは自分や」

「餅は餅屋」・・・何事も専門家に頼むのが良いという意見。

自分の気持ちの専門家は自分です。
自分の気持ちは自分次第。人のせいではありません。
笑うも怒るも泣くも楽しむも自分の自由。
いつも世界を創っているのは自分。
自分で自分のご機嫌とろう!
(人のせいにして気分がよければそうしよう♪)

ね。ポジティブでしょう。
でも、「自分の気持ちの専門家は自分」って言葉はいいな。
もっと大きく言えば、「私の専門家は私」かな。

実は自分自身のことが一番分かってないとかも言うけれど。
いや、そうじゃなくて。自分のことは自分がよくわかってなきゃ。

自分で自分のご機嫌取りをするのは大切だと思う。
著者はそれが上手な人なのかもしれません。

私の場合。
時々、どよーんと落ち込むことも。
自分にとっての必要行事だったりするかもしれない。

悩んでる私も、時々は好きなんだ。
いつもポジティブな自分とか、自分とは思えない。

ポジティブ過ぎる人に呆れちゃう自分は私らしくて。
それはそれでいいんだと思う。

・・・あれ?
著者のポジティブが伝染しましたか?

(2018.12.30)
Amazonに在庫なし。
雑貨屋さんとかで扱ってる本みたいです。
本屋さんには置いてないのかも。

『気持ちを伝える手づくり文房具』宇田川 一美


身近にあるものを利用して作れます

ありがとうのかわりにひと手間かける
・・・と副題にあります。

プレゼント向きのアイデアが多いです。
わざわざ用紙を買ったりしなくてもいい。
ショッピング袋や、封筒のリユースでOK。

シールやマスキングテープは必要かな。
でも、ちょっとした工夫で可愛いものが出来る。

刺繍糸でカラフルな三つ編み紐を編むのもいいね。
暇な時に作っておくと重宝しそう。

30cmの糸で25cmくらいの紐ができる、と。
ふむふむ。覚えておこう。

(2018.11.19)
試してみたいアイデアが幾つもあったので。
また借りたいです(買わないのか!)

『たのしい水彩の時間』あべまりえ

4861008999
ビー・エヌ・エヌ新社
Amazon

私にも描けそうな気がしてくる。

細やかで、優しくて可愛いイラスト。
カードや包装紙に向きます。

水彩入門の本はたくさんありますが。
この本のいいところは、説明のやさしさ。
ていねいで、ほんとうに一般の人向き。

小難しい道具や技を使っていません。
絵の具も手に入りやすいホルベインをすすめ、
鉛筆は三菱のふつうの(シャーペンでも可)、
消しゴムも通常のプラ消し。

まず色見本を作りましょう!というのは鉄板ですが。
その色見本をせっかくだから作品にしましょう、って。
可愛らしいアコーディオンブックに仕立てたり。
描いたイラストでしおりやブックカバーを作ったり。

描いたものを活かすことを考えてくれている。
これって、趣味で描く人には嬉しいこと。

飾るほどの絵はなかなか描けませんし。
ちょっとした小物に変身させると楽しめる。

可愛く見せるコツが参考になります。

(2018.3.5)
副題は「0からの水彩イラスト」。

『PON! PON! スタンプアイデアBOOK』

4837306403
マール社
Amazon

スタンプを効果的に使うコツ

意外とね、難しいんです。
スタンプって、普通にペタ、と推しても映えない。
色合いとか、バランスとか、組み合わせとか。

この本、すごく参考になります!

昔からスタンプが好きで。
集めたものを一度、大量に処分したのに。
また、気がつくと買い集めている・・・という。

メール時代になって。
手紙をあまり書かなくなって。
出番もめっきり減ってしまって。
正直、なくてもいいなと思うアイテム。

でも。やっぱり好きなんだな。
せっかくだから積極的に使ってみよう。

本の紹介じゃないけど。
私のスタンプを紹介します!(誰得?)

stamp1111.jpg

stamp112.jpg

押し方の雑さには目を瞑って下さい。
インクの色もケバケバしいですが。
これはスキャンしたら薄過ぎたので加工したせいです。

なんだかんだ言って結構ありますね(26個)
半分くらいには減らしたいと思っています。

インクも基本的な、茶と黒を揃えたいところ。

(2018.2.4)
こんなページをみつけました。
東京アンティークのスタンプ、可愛いんですよね・・・
(持ってませんが)

東京アンティーク 動画でわかるスタンプレッスン


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***