Loading…

箸袋で箸置き。  山口 真

Posted by 彩月氷香 on 31.2017 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4569703631

PHP研究所
Amazon

箸置きがないお店だったら、重宝。

近頃は割と箸置きが出て来たりするんですけれど。
無い時は私も、細く折って結んだりしていました。

なす、さやえんどう、ハート、へび、いぬ、ねこ。
色々載っていて楽しいですし、折り方も簡単。

でも。結局。私がこの中で気に入ったのは。
その名も「シンプル箸置き」。
ただの細い舟形の地味な形なのです。

使いやすいし、折りやすいし。
これだけ覚えておけば、私は満足かも。

お札で折る折り紙も載っているのですが。
ハイヒールが格好いい。これは折ってみたい。
でも・・・お札を折るのは勇気がいりますね。

(2017.4.7)
それにしても。
タイトルに句点をつけたのはなぜだろう?
まぁ別に、苦情を申したいわけでもないですが。
著者の意向なのかどうなのかが、ちょっと知りたい。
他の著作には句点のついたものはないみたいなので。
「。」がつくと、ノリが軽くなりますよね。
手に取りやすい本を目指してのことなのかしら?

m&m&m’sのコラージュレッスン  m&m&m’s

Posted by 彩月氷香 on 18.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4894448386
ピエブックス
Amazon

ハイセンスな甘さ。

甘いものは好きです。味でもデザインでも。
でも。その「甘さ」の質にはうるさいつもりです。

お菓子も、上質なものを少し、食べたい。
実際には駄菓子をバリバリ食べる日もないとは言えませんが。

希望としては。理想としては。
「あー。この味に出会えて幸せ」的なものを食べたいです。

甘さ控えめがいいとは限りません。
しっかり甘いからこその「本物」もあります。

・・・って。何の話でしたっけ?
あ。この本の感想だった!

可愛いです。上質な甘さ。なんか眺めて幸せ。
ハウツー的な感じではなくて。
楽しんで眺めてて、やってみたいなという気持ちになる。

(2016.11.7)
近々、100均の手帳の表紙を可愛くコラージュするつもり。
もし上手く出来たら、お見せしますね。

〜後日談〜
こんな感じになりました。じ、地味になってしまった・・・

ccIMG_6084.jpg

ccIMG_6083.jpg


はじめての絵封筒  内尾夕子

Posted by 彩月氷香 on 12.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4408453447
実業之日本社
Amazon

こんなお手紙を貰いたい。

絵封筒ってナニ?という方もいらっしゃるかと思いますが。
手紙の封筒を絵で可愛くデコレーションしたものです。
切手もデザインの中に含めちゃうのがポイント。

・・・などと口で説明しても分かり辛いかと。
気になる人は、ネットで画像検索してみて下さい。

センス、ですねぇ。
絵の上手い下手よりも、遊び心と洒落っ気が肝心。
いえいえいえ、絵も上手いに越したことはありませんが。

まぁでも。キレイっていうより。
楽しい!!!っていうのが私は好きですね。

(2016.11.4)
この本に載ってるような絵封筒のお手紙、欲しいなぁ。
書くのも楽しそうだけど。アイデアが湧いてこない・・・

逆引きでわかる色鉛筆の技法書  河合ひとみ

Posted by 彩月氷香 on 22.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
441631017X
誠文堂新光社
Amazon

あなたの上手に描けない理由がずばり解決!・・・と副題にあります。実例が載っているのでわかりやすい。生徒さんの失敗・・・スミマセンええっと、イマイチな作品を先生が手直しするというスタイル。

ビフォーアフターでその差は歴然。私なんてビフォーの絵よりさらに下手くそです(涙) でも失敗の傾向は似ていて。塗り過ぎている、塗り足りない、陰がおかしい、質感が出ていない・・・ああ、とてもとても思い当たる症例。

河合ひとみさんの絵は繊細でリアル。ビロードのリボンの艶など感心してしまいます。正直・・・リアルに綺麗過ぎて、面白みがない・・・とか負け惜しみ的感想を吐いてみたり。塗りあとを残さない、輪郭を描かないという辺りが到底真似できそうもないというか。

輪郭ばっちり、塗りあとガシガシの絵も、私は好きですよー

だけど、描く対象の特徴や素材感を捉えるのは、やっぱり大事だよね。ちょっと手を加えるだけで、こんなに違うんだなぁと実感します。

キメルところをキメルって必要だなー。それには技が必要だなー。

(2016.7.24)

できる大人の"一筆添える"技術"  むらかみ かずこ

Posted by 彩月氷香 on 19.2016 美術・工芸・デザイン   0 comments   0 trackback
4887596936
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

職業柄(百貨店の販売員)、
お礼のひとことを品物に添えるという場面もあるかな?と。

あ。実際は、なかなかありませんけれども。

まぁでもね。商品の発注だの連絡だのにでも。
ひとこと添えたいなーと思ったりするわけです。

あ。実際はそんな余裕ありませんけれども。

なので、願望だけですね(涙)
でも一度だけ、お客様がお買い上げ下さった品に、
一筆箋でひとこと添えて送ったことがあります。

何しろ、もうびっくりするくらいお買い上げ頂いて。
たくさん買って下さったお客様を特別扱いするつもりはないのですが、
半日くらいかけて、ゆっくり店内をご案内しつつ色々お話もしたので。
商品だけを詰め合わせてポンと送るのが何だか心苦しかったのです。

さりげなく気遣いと心遣いのあるひとことを添えたかったので、
休み時間中にウンウンうなって文章をひねり出しましたが。
月並なご挨拶になってしまいました。

ではありますけれども。
それはそれは、こちらが恐縮するほどに感激して頂いて・・・
下手くそでも、ひとこと添える習慣をつけようと決意した次第。

この本、参考になります。
気持ちだけでは、なかなかできないことでもあるので。
思い立った時さっとひとこと添えることができるように、
下準備をしておくコツなども紹介してくれています。

私もまず、一筆箋と封筒を持ち歩くことにしました。
なんと。今は百均でもなかなか綺麗なものが売ってるんですよ。

(2016.7.10)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***