Loading…
 

続 明暗    水村美苗

4480426094
ちくま文庫
Amazon

面白いものを書こうと決めていた、と。
著者が言っているだけのことはあって。
夢中で一気に読めてしまいます。

漱石の「明暗」がそもそも。
どんな話だったのかが思い出せず・・・
何だか主人公がグズグズしていた、としか。

高校の時に読まさせれた本だったから。
「=買わされる」ということでもあって。
買った筈なのに、手元にはなく。

つまるところ、
私にとっては売り払っても惜しくない本だったらしい。
うーん。でも。あの頃の私は日本文学が嫌いだった。

今読めば、面白いのではないかという気がする。
近々、読み直してみよう。

(2014.10.28)
漱石の未完の傑作の続篇を書いてみようだなんて。
うわー心臓が強いなぁと思いますが。
私は、著者の心意気も作品も好きです。

本格小説  水村美苗

本格小説〈上〉 (新潮文庫)
4101338140
新潮文庫
Amazon

ずっと、読みたかった本。
夢中で読めるという評判だったが、始め、そうでもなかった。
俄然、面白くなってきて眠気もふっとんだのは、下巻の中盤から。

そういえば誰かが導入部分は飛ばして読んだ方がいい、と
乱暴なことを言ってた・・・私は、少々我慢して読むことを勧めるけど。

最後に、わっと様々な場面や思いが押し寄せてくる凄味と
読後のカタルシスは、そうじゃなきゃ半滅すると思う。

語り手が入れ子式になってい構成の妙に、最期になって感心した。

「人間て、なんて恐ろしい生き物なんだろう」
豪奢な物語のなか、きらびやかに生きている人々に幻惑されながら、
私は折に触れ、身震いした。・・・そう、恐ろしくて、哀れだ。

読み始めてすぐ、これは「嵐が丘」の日本版だな、と気付く。
どこか狂った一途な愛は、三島由紀夫の「春の雪」を思い出させ、
華やかな姉妹たちは、谷崎潤一郎の「細雪」を、
そして、女の不幸は有島武郎の「或る女」を思い出させる。

ちなみに、私は「嵐が丘」は苦手。なぜか、好きになれない。
「春の雪」は大好きで、繰りかえし読み返している。
「細雪」は、まぁまぁ好きで、2回ほど読んだ。
「或る女」は、日本文学が苦手だった高校時代に無理やり読まされた。

基本、恋愛を扱った小説って苦手で、女の生涯、的なのが、趣味じゃない。
だけど時々、ツボにハマる小説がある。何が違うかは説明できないけれど。

何はともあれ、久々に息をつくのも忘れて読書できて、幸せ。
華やかな毒の散りばめられた、贅沢な物語だった。
没入しきって「自分」を忘れる時間を与えてくれる本は、大歓迎。

どの登場人物にも、ちょっとずつ共感できる。
よう子の我儘は、幼少時に病弱だった私にはよく理解できる。
太郎も三姉妹も、3人の語り手(美苗、祐介、冨美子)にも、何かしら、
ぞっとするほど「わかる」と思える部分がある。

そして、終盤にて太郎が吐いた日本人を評する言葉、
「軽薄を通り越して希薄」
が忘れられずに、頭に残っている・・・。

(2010.5.9)
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 水村美苗
2014年12月25日 (木)
続 明暗    水村美苗
2010年05月13日 (木)
本格小説  水村美苗

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***