Loading…
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンで本を読む 丸谷才一

4838712413

マガジンハウス
Amazon

イギリスの書評を集めた本。
編者の丸谷才一氏が、書評の評論もしていて。

しかし、彼の紹介を読むと「面白そう♪」と思うのに、
実際にはあまり感興の湧かない評論もありました。

ていうか・・・私、長い書評が好きじゃなかった、そういえば。

読んだことある本の書評はじっくり読みますが、
未読の本の書評を読むのは、意識的に避けています。

予備知識っていうのが、とても邪魔に思えるのです。
真っ白な状態で本に出会い、読後に補足情報を得る、
という方が性に合っているのですよね。

よって。書評を読むこともないではないのですが。
「情報」ではなく、「印象」を掴む感覚で書評は斜め読みです。
「感想」もけっこう邪魔になるので、さらっと流します。

書評が嫌いというのとは違い、文章芸として楽しみますが。
題材になっている本の内容のことは、なるべく忘れます(笑)

あ。なんだか。何が言いたいのかよくわからなくなってきた。

読んだことのある本についての書評で「あ!」と思ったのを一つ。
村上春樹『象の消滅』は、私も好きな本ですが、その書評より。

 具体的なものについては細かいのに、人間にかかわる面は朦朧という——この対象はむろん滑稽だが、同時にやや不気味でもある。

うん。わかる。でも、その不気味さが妙に安らぎを与えてもくれるのだ。

彼らの書評は、いはゆるジャーナリスト批評家のものとくらべていつそう趣向に富み、話術が奔放で、目鼻立ちがくつきりしていた。

これは丸谷才一氏が思うところの魅力的な書評の姿。
私は趣向に富み、話術が奔放というのは、長所とは感じませんが・・・
目鼻立ちがくっきり、というところは同感です。

そして書評家を花やかな存在にするのは、まづ文章の魅力のゆえである。イーヴリン・ウォーの新聞雑誌への寄稿は、流暢で優雅で個性のある文体のせいで圧倒的な人気を博したと言はれるが、(後略)

えー。イーヴリン・ウォーが好きなので。何となく書き抜きました(笑)

まぁ。ナンダカンダで楽しんで読みました。
 
(2015.2.15)
スポンサーサイト

別れの挨拶   丸谷才一

4087715272
集英社
Amazon

ああ、いいな。
私、この方の本の読み方が好きです。
好きな本の傾向も似ているような気がします。

丸谷氏はイギリスの小説がお好きですし。
私小説に対して敵愾心を抱いてらして。
「物語」をこよなく愛してらっしゃいました。

そして。度が過ぎるのではと感じるほどに。
吉田秀和フリークでもあったりして。
ああ。でも。私も同じ。とてもとても好きなのです。

好みの傾向が似ているとは言っても。
学識やら教養がケタ違いに私の方が劣るので。
読み方が浅い・・・ということは認めざるを得ません。

それでも。自分が大好きなものを。
氏が激賞してくれていたりすると、嬉しくなるのでした。

ふんふんふんと首をブンブンと縦降り状態だった私が。
一瞬氷りついたのは、私が貶しまくった某書の書評でした。
え・・・と。そうですか。氏は高く評価なさるのですね。

まぁ・・・でも。そうかもしれない。
だからって、私の気持ちは変わりませんが。
見る角度を変えることができれば、美点が見えるのかもしれない。

何か。不思議と。氏と意見が相違したことの淋しさの中に。
面白さと安堵を感じたりもしていました。

我が家は毎日新聞を購読しておりますので。
氏が顧問を務めておられた書評欄には、随分お世話になりました。

勝手に親しみを覚えていて。
大好きな「おじちゃま」という印象を持っています。

歴史的仮名遣いを頑固に貫く姿も印象的でしたね。
現代的仮名遣いで育った私には、無駄な意地に見えなくもなく。
それでも、丸谷氏が書く歴史的仮名遣いは好きでした。

それは、主義主張を認めるか否かではなくて。
似合う服を着こなしていらっしゃることへの敬意に似ていました。

(2014.3.24)
丸谷氏への追悼の一冊と言える本書。
読み終えたとき、心いっぱいに広がる、
「ありがとうございました」の想いがありました。

星のあひびき  丸谷才一

4087713679

集英社
Amazon

丸谷才一氏の文章は気持ちがよい。
闊達でのびのびしていながら、すっきりしている。

文章ということで私が好きなものは?と考えると。
幸田文、森茉莉、村上春樹、吉田秀和、串田孫一。

他にもあると思うけれど、パッと浮かぶのはこの辺り。
いずれの作家も、どちらかというと小説より随筆の方が好きだ。

で、何が言いたいかというと。
丸谷才一氏の文章はそこまで積極的に好きなわけではなくて、
それでも、とても読み心地が良くて、あ、やっぱり好きだ!

氏の視線が好きなんだな、と思う。
温かさと鋭さが同居して、そこにトボケた味もある。
教養と知性が背景にしっかりあるけれど、堅苦しくなくて。

書評としては、いちばん好きかもしれない。
はい、この本の大半は書評もしくは本に関する話です。

交友関係の豪華さも魅力のひとつですが。
故人の思い出をまことに美しく語る人だと感心する。

飾らない、浸らない。だからとて、冷淡ではない。
死者も今、すぐそこに居るかのように生き生きと描き出す。
その姿は華やいでいて、けれどさりげない。

こういうところが、「気持ちがよい」のだ。

読書の幅の広さにも驚かされるが。
さらに彼が好きな本が悉く、自分のお気に入りに重なるという僥倖。
引用される文からしても、好みが近いのだろうと思われる。

となると、未読の本も勢い込んで読みたくなってくるというもの。
ああ、また読みたい本が増えちゃったなぁ・・・

(2013.1.23)
本書のおかげで、以下の本が読みたい本リストに追加されました。

池澤夏樹「風神帖」
河合祥一郎「ハムレットは太っていた!」
野崎歓「ジャン・ルノワール 越境する映画」
高橋潤二郎「鑑賞 経営寓句」
ミルチャ・エリアーデ「マイトレイ」
福原義春「ぼくの複線人生」
リック・ゲコスキー「トールキンのガウン」
井上ひさし「ふふふふ」「父と暮らせば」「雨」
小島正二郎「小説 永井荷風」
スティーグ・ラーソン「ミレニアム」
大野晋「源氏物語のもののあはれ」
丸谷才一「輝く日の宮」「樹影譚」「笹まくら」

それと。吉田秀和全集をいつか絶対に買おうと思いました。
あと・・・この本自体も持っておきたいです。
吉行淳之介や川村二郎について書いた文章がとても好きなので。
(こんな風に人を思い出したい、こんな風に人に思い出されたい。)

思考のレッスン  丸谷才一

4167138166
文春文庫
Amazon

手元に置いておきたい本。
文を書くってどういうことか、を考えさせられる。

煎じ詰めてしまえば、
言うべきことを持つ、それに限る、ということ。

日本の小説は、ただいやなことを書く、
読んでいて不愉快になることを書く、
それが不思議だった、と著者は言う。

志賀直哉を読むとゲンナリする、という発言に、
私は思わず、はしゃいでしまった。

なーんだ、私だけがそう思ってたんじゃないんだ!
(志賀直哉ファンの方、ごめんなさい・・・)

(2007.4.16)
日本の小説を全否定しているわけではありませんので、悪しからず。
相変わらず、走り書きにて、書名がメモされていた。
横光利一「寝園」、阿部知二訳「お気に召すまま」、
中村真一郎「荷風の生涯と芸術」、
ジョイス「フェネガンズ・ウェイク」、「絶滅のクレーター」、
日高普「マルクスの夢の行方」、ゴンブリッチ「生涯を通じての関心」
何一つとして読んでないんだけど・・・
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 丸谷才一

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。