FC2ブログ
Loading…
 

祖父・小金井良精の記(上)  星 新一

2011.03.26 星 新一   comments 2
4309407145
河出文庫
Amazon

祖父から老醜という印象を受けたことがない。年齢に不相応な欲望がどこかに残っていると、それが老醜となる。祖父にはそれがなかった。歳月の流れとともに、精神的にも肉体的にも、調和のとれた老いかたをしていた。

星新一が、祖父「小金井良精」を評した一節。
本書の最初の方に出てくるこの文章が、とても印象深くて。
私は、「どういう生き方をしたらそういう老い方ができるだろう?」と。
それが知りたさに、この大作を読んだような気がする・・・。

小金井良精と言う人は、越後長岡藩士として生まれ、
東大医学部の前身に入学、苦学の末、解剖学の草創期を築いた学者。
妻は、なんと森鴎外の妹であり、他にも姻戚関係には有名人がごろごろ。

つまり・・・星新一って、はっきり言って、めっちゃセレブ。
小金井良精さんに、興味がなかろうとも、周辺にキラ星のごとく、
あんな人やら、こんな人やらが登場し、退屈する間もない。
歴史上の人物が身近に見えてくるという余禄もある。

ショートショートのイメージの強い星新一氏、
祖父の伝記を書いても、その持ち味で文体がすっきりしてる。
正直、さして盛り上がりがないのに、淡々と面白いです。

(2011.3.10)
森鴎外に興味がある人は、これは必読かもしれません。
かの「エリス」もちょこっとですが登場します。

STYLE スタイル  ケイト・スペード

2011.03.25 暮らし   comments 0
4893085824
ブックマン社
Amazon

ケイト・スペードが、おしゃれのエッセンスをまとめた本。
ふんだんに、水彩イラストが散りばめられて、目に楽しい。

タイトルが「STYLE」となっていることからも窺えるように、
自分の「スタイル」を作りだすためのヒントが、いっぱい。

あくまで、これらは、「ケイト・スペード」の場合。
似合う色も好きなものも異なるから・・・参考にはならない。

彼女、明るいキレイな色が好きなんですね。
私は、もっぱら、スモーキーな色を好んで選びます。

でも、オシャレの真髄、が詰まってて。
インスピレーションが刺激され、眺めてるだけで、気持ちが生き生きします。

オシャレ好きな女性に。いい息抜きになる素敵な本です。

(2011.3.3)
ケイト・スペードのバッグを、かつて仕事用に愛用してました。
今は、そんなオシャレなものと無縁な生活・・・ちょっと淋しい。
大好きな映画「プラダを着た悪魔」では、ヒロインがケイト・スペードの、
とっても素敵なバッグを色々と持ってましたっけ。


彩月氷香の献立日記 番外編その2

3月21日 朝食の時に聴いたCD
B00005FLU5ブラームス
ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品83

ウィルヘルム・バックハウス(ピアノ)
私が持ってるのとジャケットが違うけど。
録音年と指揮者とフィルが一緒だから、同じはず。
これも、私の愛聴盤。お気に入りベスト10に入る。
他の演奏を聴こうと思わぬくらい惚れ込んでいる。
不思議なくらい、聴き飽きません。

3月21日 昼食の時に聴いたCD
B001FOSKI4マーラー
交響曲第1番「巨人」

ブルーノ・ワルター
懐かしい・・・私が初めて聴いた交響曲。
この曲を友人に大推薦されたものの良さがわからず。
誰の指揮のを聴いたんだっけなぁ・・・全然だった。
それが、このワルター指揮を聴いて大好きになった。
どうも、私、古い演奏が好みらしいなぁ。

3月21日 夕食の時に聴いたCD
B001CRGT1Yシューベルト
弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」
第13番「ロザムンデ」

アルバン・ベルク四重奏団
アルバンベルク演奏の「死と乙女」が好き過ぎて、
なんと、2枚CD持ってます。これは古い方の録音。
コンサートで生で聴いたこともあり、思い出深い曲。
心地よい暗さ・・・哀愁、ゾクゾクするような音色。

3月22日 朝食の時に聴いたCD
B00005FJ7Jブラームス
ヴァイオリン協奏曲ニ長調

アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
何故か、好きな曲。違う演奏のを5枚持っている。
でも決定版は見つかっていない・・・
これも好きだけど、これじゃなきゃってこともない。
おススメCD、ご存じな人いらしたら教えて下さい。

自己満足企画、これで終了~。お付き合い(!?)有難うございました。
両親が帰ってきたら、クラシック熱も去りました。
なんか、一人の時しか、聴きたい気分にならないらしいです・・・


彩月氷香の献立日記 四日目(3月23日)

SN3O2268_convert_20110324090603.jpg
朝食の献立       (調理時間15分)

丸い食パン(バター、マンゴージャム、ブルーベリージャム)
キャベツと人参とブロッコリの温野菜サラダ
クリームチーズ、グレープフルーツソース添え
ヨーグルト
プルーン
紅茶
りんご
ホテル風朝食を目指したけど、卵とベーコンが足りない(笑)

SN3O2276_convert_20110324091026.jpg
夕食の献立        (調理時間50分)

糸こんと豚肉と野菜のオイスターソース炒め
ブロッコリとジャガイモのニンニク味
しらすの卵焼き
白菜とわかめと豆腐の味噌汁
今日も定食メニューだねぇ。
両親が帰ってきたので、この一膳だけは、3人前作りました。

これで献立日記終了です。こうしてイベント化(?)することで、
ナントカ4日間、料理を作り続けられました。
あ、4日目は出勤で・・・昼は、実はカロリーメイト(汗)ははは。

一人分の食事って、食材が偏るなぁと実感・・・
3日連続で豚肉って!・・・だって、グラムが多すぎて。
冷凍すればいいんだろうけど、我が家が冷凍の習慣がなく(!)
ヘンに冷凍に苦手意識があるのだった・・・これは直さなきゃ。

きちんと食事、をコツコツ続けるのって偉大な努力だなと感じました。
改めて、母よ、いつもいつもありがとう~。
(休みの日くらいは、たまには私もご飯、作ります・・・)

おやつは、両親のお土産のうなぎパイを。
ええ、これでウチの親の実家が何県か、バレますね(笑)

おはん  宇野千代

4101027021
新潮文庫
Amazon

昔、読んだことがある、と。読み始めて気付いた。
若過ぎた私には、理解できなかった小説だった。

とことん、駄目な男。放蕩して家業もつぶし。
七年前に捨てた妻「おはん」と、今更、恋に落ちる。
妻を捨てるきっかけになった女「おかよ」に養ってもらいながら。

おはんが、哀れだとしか思えなかったのに。
今読むと、一番幸せなのは、おはんだと感じた・・・

そして。ぞっとするほど、主人公の男の気持ちがわかるのだ。
宇野千代自身、この3人の誰の中にも自分がいる、と語っている。
私も、少しずつ、「おはん」であり「おかよ」である自分を
見つけることができるけれど・・・でも。

いちばん、自分に近く思えるのが「私」・・・優柔不断な男。
どうにも、この男には「迷い」があるというよりも。
ただ、瞬間、瞬間の「真実」があり、それがくるくる入れ替わっている。

嘘と誠の境が無く、ゆえに嘘も真実味を帯びている。
いや、刹那の真実であるのだ・・・なんとも哀しい生き様だ。
そして、尽きることなく「悔い」を口にしながら絶対に変わらない。

ああ、こんな阿呆(と本人が言っている)に振り回される女の気がしれない。
私は、絶対に、こんなヤツに騙されたりは、しない。

そう。やっぱり、そういう意味では、わからない小説だ、今も。
でも、残念ながら・・・主人公の気持ちは、逐一、わかる。

ただ、気持ちと実際は違うので。私が似た行動を取るというのではない。
同じ状況に陥ることがない限りは・・・ああそれにしても。
この男の、とめどなく前へ進まず、懺悔の周りを巡る思考回路の、
鬱陶しいほどに生々しく、親近感を覚えることと言ったら・・・。

それに。まぁ馬鹿な男に、それとわかってても振り回されるのは、
無いとは言えないかもしれないよね・・・被虐趣味的に。
男の、「優しさ」がよくわかる気がします。
こういうのに弱い人、いるんだよねぇ、私は違うな。
むしろ私が、やっぱり、この男と似たタイプなんだな。やれやれ・・・。

驚くべきは、透徹した文体の美しさ。
独特な語り口の持つ、心地よい酔いを生むリズム、
きりりとしているようでもあり、ねっとりしてるようでもある、
濃密な情感の漂う、一字一句揺るがせない、言葉運び。

著者は十年かけて、この作品を書いたという・・・さもありなん。

(2011.3.9)
あらすじだけ説明すれば、身勝手もいいとこな男の、
その自虐ぶりが鬱陶しさを通り越して、親近感を覚え・・・何故だ?


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***