Loading…
 

プラトン入門  竹田青嗣

2011.11.29 哲学   comments 2
4480057900
ちくま新書
Amazon

プラトン入門、というタイトルですが。

プラトンばかりでなく、哲学全体の流れが垣間見えます。
いえ・・・そもそも、哲学とは何なのか?
著者の哲学への愛情が伝わってきます。

著書は、プラトンが誤解されているという点を端緒として。
彼なりのプラトン論を繰り広げていくのですが。

現代(近代?)においてプラトンが軽視されている理由は。
完璧主義、絶対主義、理想主義、そして帝国主義に繋がるから。
まぁ・・・かなり乱暴に要約するとそういうことですね。

かつ、現実的でない、と。
プラトン?なにソレ?な人も「プラトニックラブ」という語を、
思い浮かべて頂けば、何となく察せられるかもしれません。

イデア、という言葉は聞いたことあるでしょうか?

個人的には、プラトンは・・・好きですね。
著作が純粋に、面白い読み物になってますものね。
まぁ、それじゃあ哲学として読んでることにならないのでしょうが。

「饗宴」「国家」がプラトンの最盛期の作品だと著者はおっしゃられ。
わ~。私が読んだことがあって、好きなのもこの2冊。

この本の中でも、第四章の「エロス、美、愛」のところが特に面白い。

全体的には、「普遍性」という言葉の意味を問うていると思います。

かつ、プラトンを見直そうの書、でもありながら。
ニーチェやヘーゲルやハイデガーやカントが絡んできます。
ここんとこが、ワクワクする部分でもありつつ。
全くの哲学初心者には、チンプンカンプンだろうなぁと感じます。

私、一応さらっとではありますが、主な哲学書は昔、読んだのです。
理解するどころじゃなく、雰囲気が頭に残ってる程度なのですけど。
まぁ・・・それでも、何とか著者が訴えたいことは朧にわかります。

そういえば。ニーチェさんはプラトンさんに厳しかった(笑)
それは、読み違いも多々ある、と竹田さんはおっしゃるわけです。

哲学をすべて、現代に置き換えて読むと間違いが発生しますよね。
そこんとこを丁寧に、竹田氏は読み解いていかれます。

いや。いいですね。これは、とてもいい本を読みました。
どんどん哲学を読みたい気分になるという効用だけをとっても名著。
明日にでも、プラトンの「饗宴」を読み返したくなりました。

著者のプラトン考が妥当かどうかは、私の貧しい哲学知識では、何とも。
異論もあって良いとは思います。ただ・・・この人の考え方は好きです。

私はどうも、哲学も「物語」として読んでしまうという弱点がありまして。
それゆえに、「読める」哲学と「読めない」哲学があり・・・
正しく理解できるという自信も、全くなく・・・・
 
あるいは理解しようという意識すら薄いがために、哲学を面白く読めるのかも。
ええ。カント以外は。カント以外は。わからなくても楽しい読み物です。

こう、脳内の世界が広がる感じがするんですよね、哲学を読むと。
何かが閃きそうで閃かないような、もどかしさも伴いますけれど。
(ええ、たぶん。私の脳には負担が大き過ぎるんでしょう)

こういうヘンテコ(単に思考力が乏しいだけかも・・・^_^;)な
哲学ファンがいても、許されますよね・・・?

(2011.11.28)
引用されたカントの文章を噛砕いた、著者の文章のわかりやすさ!
いや・・・ここんとこ、感動すらおぼえました・・・。
(残念ながら到底、自力でカントの文章が読めそうにない私^_^;)
次は、著者の『カント入門』を読もうかなぁ。
あまり、周辺から読み進むのは、主義に反するのですが。
いつか、カントを読みとおそうという意志はまだかろうじて持ってます。


キリマンジャロの雪  ヘミングウェイ

4042135048
角川文庫
Amazon

読み始めて気がついたのですが。
私。ヘミングウェイが大の苦手なのです。

十代の頃に。「名作と呼ばれるものは全部読もう」と決意して。
せっせと有名な文学作品(主に古典)を読みまして。
(とは言え、まぁ結局のところ、中途半端に終わるのですが)

「日はまた昇る」「老人と海」「武器よさらば」「誰がために鐘が鳴る」
・・・と、ヘミングウェイも、主な作品は読みました。

ですが。ぶっちゃけ。全然、好きになれなかったのです。
そして、これは。私にしたら、珍しいことなのです。

察しの良い方。もしくは、文学に心得のある方なら。
なるほどなぁ・・・と思われるかもしれませんね。

今回読みながら、ヘミングウェイが好きでない理由を考えてみました。

ひとつ言えるのは。切り詰めた文章を、私は好まないということ。
あと叙情性のない(と言い切るのは語弊があるけれど)作品も苦手。

つまり、文体と作風が、私の苦手の頂点にあるのがヘミングウェイ。

私は割と、「華麗」なぐらい、飾り立てた文章が好きな傾向があります。
心象風景も、ネチネチしつこいくらいの方が、どちらかというと好きです。
修飾語は、これでもか、これでもか!と、てんこもりでも、全然OKです(笑)

いえ。すっきりと。余白がたっぷりで、行間で語るような文章も好きですが。
ヘミングウェイは、そういうのとも、違いますよね。

あとね。ヘミングウェイは、「男」っぽいですよね、すごく。
私、自分が特に女らしいとは思いませんし。
ある種の女らしさにアレルギーがあって、全く受け付けないのですが。

ヘミングウェイが発する「男らしさ」にも違和感を感じます。
ヘミングウェイが描く女性が、嫌いです。すごく、男目線な女、だと思う。
会話のセンスも(もしかしたら翻訳がマズイのかも?)、無理なんです。

いい悪いではなく、私の感受性の限界をはみ出してしまうんですね。

それでも。今回、短編集ということで。所々、いいなと思うところもあり。
なんだかんだ言って、一気に読めたのですが。

まぁ。この先、ヘミングウェイを好きになることは間違ってもない、と確信。

昔は、名作を理解できないことを恥だと感じたものですが。
全ての名作に感動する方が、むしろ。
人間としてどこか欠陥があるのでは・・・と今は思います。

理解できることに偏りや限界がある自分自身を、素直に認めよう。
それも、個性だ。というか、そこに発見できる自分らしさというものがある。

・・・と。そんなことを考えました・・・って開き直りなんでしょうか!?

(2011.11.2)
それでも、ヘミングウェイの価値を否定するつもりは・・・ありません。
(私がその真価を、理解できていないことは認めつつ)

しかし、そんなに苦手なのに何故読んだかと言えば。
あまりにもタイトルが魅力的で。そこから、パーッと。
読みたい作品のイメージを勝手に作り上げてしまったからです。
読んでみたら、見事にまるっきり違ってました(笑)

あと。文学通の方に、クイズ。
私が、苦手とする日本の文豪は誰でしょう?
ヘミングウェイから連想して、ピンと来る方、いらっしゃるかしら・・・。
いやしくも読書家を名乗るなら、嫌いだと公言出来ない大物です(笑)


つぶやき集 2011年11月(6)


愛らしいイラスト入りの素敵な手紙を、夢の中で貰った。内容を全部は覚えていないけれど。ジャム瓶の絵もあって、「庭の葡萄でジャムを作りました」って添え書きしてあった。いいなぁ~お庭に葡萄って。・・・と思いながら、葡萄がある庭の様子を想像していたら目が覚めてしまった。

音楽は大好き・・・ではあるのだけれど。何日も全く聴かないことも、珍しくなくて。音のある空気も音のない空気も、どちらも好きなのだと思う。音楽が与えてくれるものと、静寂が与えてくれるものと。どちらも同じくらい、私にとっては大切。だから、あまりたくさんの音楽を聴くことができない。

NHKBSモニターのため録画していた番組を二つ観る。「邦画を彩った女優たち」と「旅のチカラ」。どちらも良かった!前者は倍賞千恵子さん、後者は宇津井健さんが本当に素敵で。「役にどんどん入っていっちゃう」倍賞さんは、さくらさんや民子さんから、倍賞千恵子に戻ってこれなくて辛かったって。

宇津井健さんは、馬が大好きで。大学の馬術部に入っていて。時代劇には自分の馬に乗っていたほど、馬を愛してやまなかったのに。70歳で妻を亡くしてから馬は全て手放し、乗ることもやめたのだそう。アンダルシアで憧れの馬に乗る80歳の宇津井さん。ああ、良いお顔。そして何て美しい馬、景色!

グアテマラの弟  片桐はいり

4344013409
幻冬舎
Amazon

「わたしのマトカ」を読んで一気にファンになった、片桐はいりさん。
本書も期待を裏切らず、思い切り笑わせてくれました。

しかし。おかしくて堪らない、あれやこれやの出来事の背景に。
決して笑いごとでは済まない、家族の事情が見えてきます。

はいりさんだから、笑いに転換できるけど。
私だったら、ドーンと、落ち込んでるかも・・・
いや。グズグズ悩むとか。グチグチこぼすとか。

この発想の芯の強さ!ただの能天気とは違うのです。

はいりさんは、常にちゃんと考えていて。
でも、それがマイナス思考ではなくて。
かと言って今風にやたらにプラス思考に捻じ曲げてるのでもなく。

ちょっと諦めっていうか・・・悟りのような空気も漂わせつつ、
淡々と真面目にズッコケつつ、気がつくとシャン!と立っている(笑)

素直なんですね、お人柄が。だけど、まっすぐ前を見る!ってのでなく。
微妙にナナメで・・・その具合が楽しくて、愛らしい。かつ鋭いんです。

それにしても、やっぱり語り口が絶妙で。
自然体な感じだけど、言葉選びが、さりげなく上手くて。
ちょうどいいお湯加減のお風呂みたいな心地よさ。

で、ありながら、ちゃんとオチまでついてる、サービス精神!

なんでだろう・・・と思っていたら、それは家庭環境に秘密が。
彼女の母は、とっても忙しい人だったので。
話を聞いてもらうには、面白く、かつ短くまとめて要領よく、
喋る必要があったのだそうです。

常に「今日の出来事」をいかに面白く効果的に語るかに、
頭をフル回転させていた子供時代だったとのこと・・・

なるほど!
母が忙しいということには、そういう思わぬ効用があるんだ!(笑)
(それ以前に「話を聞いてもらいたいような母」である必要がありますが)

(2011.11.8)
タイトルの意味を、妙にヒネって理解していた私。
はいりさんには、グアテマラに「弟のような存在」がいるのだとばかり。
じゃなくて。実の弟さんがグアテマラで妻(現地の人)と暮らしている・・・
なぜ。私は、素直に言葉を理解できないんだ!?
(いや。グアテマラに弟が住んでる、とはまさか誰も思うまい・・・違う?)


関連記事

万病を治す冷えとり健康法  進藤義晴

4540000721
農山漁村文化協会
Amazon

「あたらしい自分になる本」(服部みれい著)で紹介されていました。

冷えが万病の元!という考えは新しくないですが。

その冷えをどのように撃退するかという方法論は、結構激しい。
やってみたいような・・・面倒なような・・・「靴下の4枚がさね履き」

しかも、必ず天然素材100%のものを、という指定。
理想とされているのは、以下のような履き方です。

一番下に絹の5本指
次、木綿または毛の5本指、または指なし靴下
次、絹の指なし靴下
その上に好みの靴下(天然素材の物)

微妙に、流行ってるんですよね?
おしゃれな雑貨屋さんで、「冷えとりセット」として売られてました・・・靴下。
でも・・・素材が高級なせいなのか。4枚で4000円を越えてました。

どうだろうなぁ・・・試してみたくはあるけど・・・信じきれない。
24時間、ずっと履かなきゃいけないんですって。
(ってことは、洗い替えもいるとして・・・結構な投資だわ)

とにかく、下半身を温める。
上半身は薄着で、下半身は厚着。富士山をイメージして服を着る。

うーん。ファッションは諦めろってことよね。

靴もハイカットがいい、サンダルは問題外、って言われちゃうとねぇ。
スパッツ(レギンス?)も嫌いだしなぁ・・・

タイツは化繊だから駄目だって・・・大好きなのになぁ。
あ、綿とかウールのもあるけど・・・オシャレって感じではないし。

パンストを履くのは自殺行為、って・・・仕事柄必須ってこともあるんだよ~
(かつての私がそうでした・・・ 毎日、パンストでパンプス)
絹のストッキングを履きましょうですって!? うっわー。なんて贅沢。

さらに靴下4枚どころか、それを基本として10枚重ねても良いって!?

たしか服部みれいさんも凄い重ね履きを実践してましたっけ・・・
それで健康になるわ、肌はきれいになるは、白髪は消えるわ、と。
奇跡のように、いいことずくめ、らしいんですけども・・・

著者が、最後の方、神がかってきちゃって。
私には阿弥陀仏の霊がついている、だなんて言い出すものだから。
途端、怪しげになってきちゃうんですよ・・・

いいこと書いてらっしゃると思うんですけど。
すごく、なるほどな、と納得できる部分もあるんですよ。
基本的には、東洋医学の考え方だと思います。

確かに、ものっ凄く冷えきってる私(体がです、心は大丈夫)、
体調はあちこち悪いですけど。靴下4枚履きたい気分にはなれない。

きついジーパンも履くな、というお達しですが。
私、ゆるい服って全般に大嫌いなんだよね~。

首と手首は涼しく、という考え方なのですが。
私、マフラーやらストールやらを巻くのが大好きなんだよね~。
手袋も好き。袖が長い服が好き。だから手首も常にぬくぬく。

ことごとく、先生のおっしゃるダメな服装です。

誰か、試して効果があったかどうか教えて下さい。
興味はあって、やってみたい気もするけど、踏み出せません。

(2011.11.14)
しかし、私の冷えっぷりは、半端じゃなく。
本気で試してみようかと今、思案中・・・
とりあえず、靴下がムリでも、シルクの腹巻から始めようか・・・?


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***