Loading…
 

つぶやき集 2012年2月(4)

どう頑張っても。ん?頑張るから?余計に落ち込む気が。でもボーっとすることに罪悪感がある。だけど結果的には何もせず、グダグダしてる。で自己嫌悪に陥る。何だかなぁ思春期じゃあるまいし・・・。好きなことをすればと思うけど。それも楽しくないのだった。ていうか何もしたくないけど何かしたい。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観た。泣けるだろうと予測はしていたけど。まさかの涙腺崩壊。泣きっぱなしだった。私、涙もろくはないのに。いや、隣の中年女性も泣きどおしだったし、館内に鼻をすする音が絶えなかった。不思議と母は泣いておらず。「あの子、大変過ぎ」という感想。

だから。私自身がその「大変な」系統のお子様だったのだ(あんなに賢くないけど)。それで感情移入し過ぎて涙ボロボロだったのだけど。母にしたら「ああいう子を育てるのは大変なんだ」と。はい。はい。苦労をかけましたことは承知しておりまする。母親役のサンドラ・ブロックもすごく良かった~!

ゾロ目好きな私。縁もあるのか昨日も何気に時計を見たら4:44で、次見た時は5:55。多い日はこういう事が5・6回ある。ほらデジタル時計って色んな所にあるでしょ?あ。今さっきも10:10の瞬間に時計を見た(これはゾロ目と言わない?)ツイ数も3333を楽しみにしてたのに見逃した・・・

明日と明後日は。思いっきり、本を読もう。後回しに出来る雑用は、全て後回し。悩み事は保留。ただ、ひたすらに読む。うん。そういう日があってもいい。

歳を重ねることに。だんだん、意味を見出さなくなる。強がりではない、とは言い切れないけれど。成長でもなく、老いでもなく。光と影が仄かに揺れ動く・・・静かな停滞。徐々に広がる綻びを眺めながら。それでも、ひっそりと「今」に感謝する。時を追うことも、時に追われることもなく過ごせる時間を。

きちんと。11時半までに就寝する生活を1週間。コツコツと築き上げてきたのに。この、眠るタイミングを失った心許なさが・・・実は。何とも言えず好きだったりする。起きていることに、目的も意味もないのに。ただ眠りそびれた・・・宙ぶらりんの時間。


関連記事

そして月日は巡る

2012_02130075.jpg

ヒマ過ぎるから。
という、なんともコメントし難い理由から始めた当ブログ。

その意気込みに欠けるスタートに反して、すぐ夢中になり。
読者がいなくても、ぜんぜんおかまいなく記事を乱発。
ブログは毎日更新するのがしんどい・・・と良く耳にしますが。
一日3回でも平気!という異常なペースでした。

さすがに途中、スランプに陥って。やめたくなったことも。
書くのが苦になるというのではなくて、「迷う」んですよね。
迷いの源は、えー何だろう。リストアップしてみますと。

1 文体について (軽過ぎないか?)
2 文章のボリュームについて (長過ぎないか?)
3 記事内容について (こんなの誰か興味ある?)
4 更新ペースについて (多過ぎないか?)
5 記事を書く時間について (私生活を圧迫し過ぎ?)
6 ブログデザインについて (もっと見やすく出来ないか?)

・・・こんなとこでしょうか。
文体についての悩みは落ち着いてきました(諦めたという方が正しいかも)。

接続詞と擬音語の多用を自重すること。
ブログという媒体を考慮して、重くなり過ぎないようにすること。
はしゃぎ過ぎないこと(たまにハイテンションになるので)。

以上の点を気をつけるくらいで、あとは気分任せに書いています。
その他に特に心掛けていることと言えば、「読みやすさ」。

ここに重点を置き過ぎると、内容が薄くなりがちですし。
あと・・・お気付きかもしれませんが、文章が行をまたぐことを避けている為、
センテンスの長さや句点の位置にも、制約がかかります。

もっと、どっしりとブログに文章をお書きの方もいらして。
それで「読みにくいか?」と言うと、えーすみません。読みにくい場合も・・・

あくまで私個人の感じ方ですが、WEB上で混んだ文章は目がしんどい。
が、「読ませる」のですね。それでも「読みたい」と思わされる。
そういう記事に出会うと、うむむ・・・と考え込んでしまいますが。

私なりにブログという媒体での、活字量の許容範囲を模索して、
極力ボリュームを抑えるという方針でいます。

あ。そうなんです。抑えても、ちっとも短くはないんですよ^^;
ただ、改行が多いので文章の長さ自体は案外、それほどでもない筈。
しかし、改行が多いのが読みやすいかどうかも悩むところ・・・
スクロールさせるのが疲れる、という見方もできますよね。

もっと幅のあるテンプレートを選ぶという道もありますが。
すっかり、このスタイルに慣れてしまったので、このままで行こうかと。
息の長いセンテンスも、そりゃたまには書きたいですけれど。
敢えて書かない姿勢を貫いてやっていこう、と。苦渋の決断です(言い過ぎ)。

その他の迷いは、答えは出ぬまま、試行錯誤が続いております。
などと言ってるうちに、時は流れ・・・



関連記事

夢のつぶやき 2012年2月

夢の中で。めでたいことは何もないのに、母と二人で赤飯を食べていた。なぜか茶碗3つによそっていて、しかも山盛り。不思議な小さな商店でごまペースト入りのアイスを買ってたりもした。エスカレーターの研究もしていた。なんか街づくりのプロジェクト的な?ずいぶんとまとまりのない夢の連なり・・・

夢の中の自分の姿に何だか救われた。どうでもいいようなことに悩みつつも、積極的に楽しもうとしていて。あれもこれもと欲張っているのは現実と同じなのだけど。そんな自分自身をどこかで突き放して、目の前のことに集中。甦る過去からの使者にも笑って対応してた。この能天気な強さ、見習わなきゃ。

たちまち体が温まる ふくらはぎ健康法  槙 孝子


4776206366
アスコム健康BOOKS
Amazon

昨日も、当ブログを訪れて下さった方へ。

足裏の次は、ふくらはぎ?と呆れないで下さい。
ていうか、本格的な足ツボマッサージだったら、
かならず最後は、ふくらはぎを揉んで汚れを流す・・・のですよ。

なので、ふくらはぎマッサージの重要性は承知しております。
ただ。この本は。ふくらはぎさえ揉めば健康に!というんで。
足裏のツボを覚えなくてもいいわけで、ずいぶんと楽ですよね。

正しい手順を無視して(笑)、適当に1週間試してみましたが。
悪くないですよ、ふくらはぎマッサージだけでも。

冷え性と便秘に効いてる気配があります。
まぁ・・・私は足裏の反射区も覚えてて、
簡単にではありますが、合わせて行ってますので。
ふくらはぎマッサージのみの効用を証明できないんですけど。

一度は、手で正しいやり方を試してみました。
いいんですけど・・・毎日は大変過ぎるので、手抜きすることに。
私は、これをつかってます。



コジット セルローラー
B000FQRRX2

ひと昔前にはやった、簡易コロコロマッサージ機。
当時一世を風靡していたIKKOさんが美脚のために使用してたもの。
私は美脚のためっていうより、むくみ解消に買ったんですが。
(買った頃は、長時間の立ち仕事でしたので・・・)

すーっかり存在も忘れてましたが。
これを使うと、マッサージがラクチンです。何より手が疲れない。

健康法って、きっちりと本のとおりに実行するのは難しい。
だけど適当に、やり易いとこだけやるのも、ダメなんだよねぇ。

数回、まぁ出来れば一ヶ月くらいは、みっちり本に従って。
それから、自分に合うように省略していく、というのが私のやり方。
初めから「やり易いこところだけ真似る」のではなく、
一度はちゃんと本に倣って実践して・・・その後、徐々に自己流に変える。

結果的に省略形で実行するにしても。歴然と効果のほどは違います。

(2012.2.16)
健康オタクではない、つもりです。むしろ不健康を誇るタイプ^^;
だいたい、常にどっか悪いので。体調不良に慣れちゃっている。
特に、3月と4月は毎年、ひどい状態です。
うっかり日記を見返したら、3月中ずーっと「しんどい」「動けない」「だるい」、
「眠れない」「苦しい」「気分が悪い」「痛い」のオンパレード。
これが年中行事化してて、「春は私は死んでます」と公言してる有様。
だけど。改善する努力もした方がいいんじゃないかと・・・
今年は「春は死人」というのは、回避したいと思います、出来れば。
というわけで、遅すぎかもだけど、小さな努力を積み重ねております。



足心道 足ツボ家庭健康術  柴田當子 柴田和久

4861062047
元就出版社
Amazon

なんか、新しそうな本なので借りてみた。
ちょっと、いい加減なチョイス過ぎました。
うーんと。あまり、納得がいかない・・・。
足ツボ関連の本は、結構いろいろ読んできたんだけど。

結局、すごく古い本ですが、これが一番お勧めかな・・・個人的に。

足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―足心道秘術 (マイ・ブック)
官 有謀
493850071X

父方の祖母が健康マニアな人で、持ってた本。
独特な説教臭さはありますが、明快でわかりやすい。
反射区も、諸説あるなかで、これが一番当たってる気がする。

表題の本はねぇ、どうも違うんだよね。
ていうか、曖昧すぎてよくわからなかった。

何も私には収穫なかったので。ごめんなさい、こんな感想で・・・
たぶん、実際に施術してもらったら、良いんだろうと思います。
ただ自分でやるには、どうもねぇ・・・

(2012.2.10)
足裏をもむと健康になる
大谷 由紀子
4569791778

こちらも、なかなか良いです。
足ツボ健康法は、私の隠れた趣味?の領域だったりします。
サロンにも、昔は通いましたが・・・。今はセルフですね。


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***