Loading…
 

文章のみがき方  辰濃和男

4004310954
岩波新書
Amazon

「文章の書き方」を読んで感動して。
ええ。文章の書き方の本なのですけど、お役立ち本ではなくて。
技術を学ぶというよりも、文章を書く志を叱咤激励される本なのです。

で。続編?姉妹編?のこちらも読んでみました。

やっぱりね。いいわぁ。いいねぇ。良い文章って、はぁぁ〜。
つまるところ、ため息しか出てきません。

例に挙げられる文章にうっとりするばかりです。
けれど。お手本と言っても。とても親しみの持てるものばかり。
文章読本といえば、文豪の名文をズラリ並べがちなものなのに。

よしもとばなな、村上春樹、宮部みゆき、池波正太郎、向田邦子、
浅田次郎、武田百合子、川上弘美、宇野千代、田口ランディ、
俵万智、姫野カオルコ、北川悦吏子、高村薫、宮本輝、板坂元、
山口瞳、大岡昇平、岡本太郎、甘糟りり子、須賀敦子・・・

これでも全部じゃないんですけど。疲れたからもういいですか。
とにかく、バラエティに富んでます。いや、読んでますねぇ辰濃さん。

私も濫読家ですが。これは負けます。
姫野カオルコとか田口ランディとか甘糟りり子とか、
北川悦吏子とか・・・読まず嫌いで手をつけてないです。

それが・・・引用されてる文章を読むと、唸っちゃいます。
え〜。やっぱり読むべきでしょうか。いや読みたくなってきた。
これじゃあ、読書のススメ、ではありませんか。

いやいや。ちゃんと。実践的な提言もあるのですよ。
その為に、これらの作家さんたちの文章の膨大な引用があります。

目次をちょっと覗いてみましょうか。

Ⅰ 基本的なことを、いくつか
 1 毎日、書く
 2 書き抜く
 3 繰り返し読む
 4 乱読をたのしむ
 5 歩く
 6 現場感覚をきたえる
 7 小さな発見を重ねる

お。1〜5までは。私、実践出来てる気がしますぞ。
でも、そうだねぇ、6と7。サボってますね。

Ⅱ さあ、書こう
 1 辞書を手もとにおく
 2 肩の力を抜く
 3 書きたいことを書く
 4 正直に飾りげなく書く
 5 借りものでない言葉で書く
 6 異質なものを結びつける
 7 自慢話は書かない
 8 わかりやすく書く
 9 単純・簡素に書く
 10具体性を大切にして書く
 11正確に書く
 12ゆとりをもつ
 13抑える

これは・・・うわっ。厳しい。イタイとこ突きますね。
1以外は、全滅なんじゃないでしょうか、私。
2、3、4は心がけてはいますが。5以降は・・・もう泣きたい。

小見出しは省きますが、
「Ⅲ 遂行する」「Ⅳ 文章修業のために」と続きます。
どの章を読んでも、例文が神々しくてクラクラします。
さらに、辰濃さんのそれらの文章を読み取る力も眩しい。

感動と絶望に交互に襲われながら。
うわぁ。どひゃあ。どうしよう。やだ〜。
ど、ど、ど、ど、努力とかで、間に合うの?
ぶ、ぶ、ぶ、文章力とかって、いまさら身に付くの?

ダメだ、ダメだ、ヤダー。ポカポカポカ。
漫画風に自分の頭を叩きたくなります・・・
さらに視界がぼやけてきました・・・

はい。深呼吸。気を取り直しまして。
己の文章力の向上を願う方は、怖れず読んでみて欲しいです。
さんざん私が脅かしましたが、稀有な才能と比べるのが間違いなだけ。

素直に感動し。ちょびっとでも見習おうとし。
その為に、辰濃さんが教えて下さる心得を胸に刻み。
よし、今日も書くぞ、明日も書くぞ、読むぞ、考えるぞ〜。

よく読み、よく書き、よく考え、よく観察する。
この積み重ねが文章をみがく・・・ということなのだと思います。

当たり前のことなんです。
名文と言われるほどのものを書いた人は、とことん突き詰めたんですね。
生来のもの・・・そりゃ当然ありますが。凡人でも進歩はしますとも。

と、自分に言い聞かせつつ、ひっそり涙する私なのでした。

(2012.4.5)
最近読んだばかりの山口瞳『人生論手帖』からの引用もありました。
山口瞳の文章について辰濃さんはこのように書いています。
「そっけない文章だからこそ、それがかえって読み手の想像力を呼び起こす」
数ある私に足りない資質のなかでも、これは最大のものかもしれない・・・


関連記事

つぶやき集 2012年4月(3)

綺麗な桜を見たいといつになく強く思ったのは。舞い散る桜の姿に。目と心を喜ばせてあげたかったから。美しいものを見ることが私にとって何よりの薬だから。しかし薬が効き過ぎて。ずっと頭の中が桜吹雪。おめでたさも度が過ぎる気がしてきた。ああ。でも。桜前線を追って旅している人もいるのだから。

私の好きなもの。綺麗、美味しい、静か。私にとって美味しいものは佇まいが静かだし、綺麗なものも静けさを纏っている。あ。「静か」がいちばん重要なのか?ただ・・・静けさを存分に味わうために、ふだん喧噪に浸っておくのも無駄ではない。賑やかな中で静けさを味う境地に達すれば、何も怖くない。

頭が軽い。すっきりと白々としてる。いいことのような。心細いような。心が穏やかだと、身も軽いのはいいのだけど。脳みそまで軽くならなくてもいいのに。幸せってことは。空っぽってことの気もする。広々した空間があるから。何が入って来ても、のほほーんと受け止められる。ていうか気付かないとか?

何かを思い出したいような。何かを探しているような。空白を埋めたいというよりも。空っぽを楽しむことができる自分をいましめる、もう一人の自分の声に導かれて・・・。無を恐れるのではない。無に馴染むことが怖い。憧れと畏れは、表と裏。軽やかな気持ちに錘をつけたがる、小心者の私。

ふわふわ。くるくる。ふらふら。ほわほわ。季節の変わり目、は越えたのかな。春らしい、心模様。移り変わる色に忠実に。「今」に染まる気持ち。堂々と。自分の想いの揺らぎに従って。ぴょこぴょこ跳ねる。夏が来れば。またきっと、閉じこもる。自らが作り上げた小さな家に。だから今は。毎日お散歩。

言いたいことがあるわけではないけれど。言葉を探してる。今の自分を説明したい。昨日の私とは違うと証明したい。それが何になるというわけでもなく。ただ一日分の小さな変化を確認したい。進んだわけでもなく、後戻りしたわけでもなく。事件もなかった今日を。それでもかけがえない一日だったと。


夢のつぶやき 2012年4月(1)

頭がまわってないのに、何か言いたいというのは困った。何が言いたいのかわからないなら、黙っていればいいのにね。何故かこういう時ほど、おしゃべりをしたくなる。空回ってる自分が、ちょっと面白いんだね。ハタ迷惑な気もするので。そろそろおしまいにして、寝よう。空飛ぶ夢か、泳ぐ夢を見たいな。

今日の夢。今思い出した。凄く散らかった職場。どの机もおそろしく物が山積み。何か書物に関する仕事らしいけれど、自由きわまりない空気が漂っている。新人の私は何をしたらいいのかわからない。おもちゃ箱をひっくり返したような散乱ぶりのデスクを与えられ、その片付けから、スタートする。

隣のオジさまだけが、なんとなしに、かまってくれる。仕事を教えてくれるという雰囲気ではない。彼が退屈しているから遊んでくれるだけ。本気にすると大嘘をつかれてそうで、身構える。仕事中なのにアンティークの大皿とかを購入してるし・・・。一応、上司ではあるらしい。ていうか何が仕事なの?

夢の中の散らかった机が。妙に魅惑的であったことは否めない。整理整頓好きの血が騒いで、職場中の机を片付けたくてウズウズする一方で。見事なまでの混沌ぶりに、うっとりと見惚れてもいた。それらの一つ一つが、物語を纏っているような佇まいをもっていて。目も心も弾むのだった。

昼間、うたた寝しても夢をみる。気味が悪いほど、何ひとつ思いだせない。誰に会ったのか、どこへ行ったのか、何をしたのか。「探しもの」をして彷徨っているような、そんな印象だけが色濃く残っている。目覚めた後も、大切なものをどこかに落としてきたような心細さがいつまでも消えない。

くっきり記憶に残っている夢より。目覚めた瞬間に霧散してしまう夢の方が、美しいのだという気がする。言葉にできないから。もしくは知覚することが不可能だから。儚く消えて行くのだ。残り香のような気配だけを残して。語られることのないものの方が、心に残るのと同じ。見えない余韻に酔うひととき。


マキアヴェッリ語録  塩野七生

4103096276
新潮社
Amazon

なぜ古典は敬遠されるのか。理由の一つは膨大な「註」である。
・・・と、かように塩野女史はお考えになりました。

で。マキアヴェッリを読むには「註」なんぞ不要、取り払ってしまえ!
いや。西洋では元々なくてもなんら問題はないそうで。

それは言ってみれば、聖徳太子や信長に「註」がいらないのと同様で。
西洋では説明不要の偉人たちしか登場しないからなのだけど。
日本ではどうかというと。ローマ史に精通してる人は、そうそういない。

つまり、やっぱり、どうしても、註は必要。
ここで塩野女史、思い切った手段を取ります。

「註」がないと理解できないところは省いちゃえ!
それで出来たのが本書。完訳でもなく、要約でもなく、抜粋。

これは・・・いいですね。好きですね。
この形でも、マキアヴェッリの思想はよくわかる。
何より解説がないことで、自分で読む楽しみがある。

『君主論』を読めばわかることですが。
軍事力の重要性が、前面に強く押し出されている上に、
民衆の管理について、極めて冷徹な思想を持っている。

よって彼の思想は「人倫の道に反する」と非難されることが多い。
擁護する人も「あの時代にはやむをえなかった」と言うに留まる。

塩野女史は、どちらにも賛成しない。
マキアヴェッリの思想は、正否はともかく普遍性のあるものであり、
彼の生きた時代の特殊性を強調すれば、そのことを否定することになる。

ではマキアヴェッリの思想とは何か?
「政治とは、場合によっては人倫の道に反することもやらねばならない」

そりゃ、これを民主主義の社会が受け入れるわけもなく。
キリスト教が容認するわけもなく、いや仏教だって駄目だろう。

塩野さんは正しいか正しくないかではなく、選択の問題とおっしゃる。
「政治と倫理を切り離す」ことを是とするか、否とするか。

実はね。私はどちらかというと賛成の方になります。
倫理を否定するのではなく、政治に倫理はさして求めません。
そして、この道を歩むのは実はとても厳しいことだと思っています。

ま。それはさておいても。考えさせられることの多い本です。

マキアヴェッリは「力」として「軍事力」を考えていたけれど。
現代の「力」は「情報」なのではないかな・・・とか、ね。
軍事力以上にマスメディアが力を持つ時代になって。
たぶん、現代に生まれたらマキアヴェッリは違うことを書いたかな。

それでも。もしも賛成できないとしても。
彼の人を見る目の鋭さと、それを表現する言葉の力は非凡なもの。
陰鬱で、シニカルで。冷酷で。そして・・・、繊細。

君主は愛されるのと怖れられるのとどちらがいいか、と問うて。
両方兼ね備えるのが望ましいが、一方であれば怖れられる方、と答える。
なぜなら、人間は怖れている者よりも愛している者の方を、
容赦なく傷つけるという性向があるからだ、と。

こんなペシミスティックな考え方に賛同したい人は少ないと思うけれど。

為政者であるということを。その存在の意味を。
ある究極まで考え抜いた一つの形として。魅了される読み物です。

(2012.4.23)
政治に正直、あまり興味はありません。それでもマキアヴェッリは面白い。
「君主」はリーダーに置き換えて読むことも可能です。
組織の上に立つ人は一度は読んでみるべき本ではないでしょうか。
リーダーなんて立場と縁のない私のような人間にとっても、
「リーダーはどうあって欲しいか」を考えることで視野が広がります。
受け身の側だからこそ、思い至ることもあると思います。



つぶやき集 2012年4月(2)

夢の内容は覚えていない。幾つか連なっていた気がする。色んな人に出会った。ただ、突き刺さるように胸に残っている痛みだけが今も生々しい。それは言葉にするには重過ぎるものだけど。近いものを探して見つけたのは。「疎外感と孤独」・・・それも圧倒的な。打ちのめされるほどの。

「疎外感と孤独」それは夢の中に在ったのではなくて。もともと私が抱えているものなのだろう。生まれてこの方、ずっと傍らに在ったものと言ってもいい。その存在を意識から追いやるコツだけは身につけたけれど。消えたわけではなかった。消えるはずもなかった。それを直視する勇気を失っただけだった。

「孤独」を意識することは閉じこもることではなくて。「だからこそ今自分に与えられている縁を大切にしよう」という想いを深めることなのだ。「在る」ものから目を逸らす行為は。私はどんな場合も何よりも憎む。けれど。見たくないものはいっぱいある。見つめるのが怖くて、目を閉じてしまっている。

私の「良いところ」ばかり見る人がどうしても苦手。他人の長所に目を向け短所には目をつむるのが処世術の基本、もしくは優しさと思われてるようだが。「悪いところ」も私の一部分。その欠陥と悲喜こもごも日々格闘しているのが「私」なわけだから。良い面だけに着目されると、それは「私」ではない。

褒められるのが嬉しくない訳ではないけれど。褒めてくれる人は、その裏面を見たがらない傾向が強い気がする。私は自分の長所より、その影にある短所に愛情を持っている。消しさりたいけれど消せない駄目なところこそ、私の本質だと思っている。誰しも、陰の部分は見たくなくて当然とは思いつつ・・・

一日のスタートにこれだけ躓けば、後は好転していくしかないと思える(無理矢理なポジティブ思考を発動中)朝ご飯を食べ始めてる時間に、まだ準備にも取りかかっていない。さらに、3つの嫌な気分が同時に立ち上がったところ。シェイクするか、一つずつ飲み込むか、叩き潰すか。・・・まずは深呼吸。

負のスパイラルに陥ることは避ける。そのため「今」に集中。まず朝ご飯を美味しく頂くことに全力投球する。次は久しぶりに本気でメイクする。あ・・・でも。これはやり過ぎると顔が「お水の人」になるので要注意。・・・っていうか。こうして先のこと考える時点で「今」から充分、彷徨い出している。

カフェで須賀敦子の随筆をパラパラめくったら。川端康成に『山の音』のイタリア語訳の本を出させて欲しいとお願いに行く、という話が出て来た。須賀敦子女史が好きで。川端康成氏も好きで。しかも『山の音』が最高傑作だと思い込んでいる私は、意味もなく嬉しくなってしまった。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***