Loading…
 

2012年5月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・21冊

本の画像をクリック アマゾンへ  
タイトルをクリック 私の感想ページへ


マリアビートル 「マリアビートル」 伊坂幸太郎
殺し屋たちの饗宴?
ドタコメチックなノリが私は苦手でしたが。
いかにも伊坂幸太郎らしい佳作だと思います。

赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1) 「赤毛のレドメイン家」 イーデン・フィルポッツ
江戸川乱歩が激賞した古典ミステリ。
トリックは地味ですが一読の価値あり。

転迷―隠蔽捜査〈4〉 「転迷―隠蔽捜査〈4〉」 今野敏
相変わらずの主人公に癒されます。
堂々としてるよねぇ。マイペースだよねぇ。

京都読書さんぽ 「京都読書さんぽ」 アリカ
京都の素敵な本屋さんとカフェの紹介。
行きたい所だらけです。

罪深き緑の夏 (角川文庫)
服部まゆみ
4041785022
ゴシックロマン調のミステリ。夏にぴったり。

女性のためのカメラレッスン―すてきな写真が撮れる! 「女性のためのカメラレッスン―すてきな写真が撮れる!」 林 和美
写真初心者さんのための、ちょっとしたコツ。
とてもわかりやすいです。

調香師の手帖 香りの世界をさぐる (朝日文庫) 「調香師の手帖 香りの世界をさぐる」 中村祥二
馥郁とした香りに包まれるよう。
読んでいるだけで、うっとり・・・

共喰い 「共喰い」 田中慎弥
芥川賞受賞の話題作。
読んで損はしません。

琉璃玉の耳輪 「琉璃玉の耳輪」 津原泰水 尾崎翠
昭和初期の活劇風ミステリ。
楽しいです。

星野道夫 永遠のまなざし 「星野道夫 永遠のまなざし」 小坂洋右 大山卓悠
苦しい。でも、美しい。
星野さんの目に映ったもの・・・

保湿とUVケアだけが美肌を作る 「保湿とUVケアだけが美肌を作る」 北條元治
実践するのは簡単だけど・・・
ここまで徹底的にやれるか?

千年ごはん (-) 「千年ごはん」 東 直子
やさしい、食べ物の記憶。

朝2時起きで、なんでもできる! 「朝2時起きで、なんでもできる!」 枝廣淳子
要するに、やる気があれば何でもできる?

人生、寝たもの勝ち 「人生、寝たもの勝ち」 ポール・マーティン
睡眠不足な人もそうでない人も。
眠りについて改めて考えてみるのも良いかも。

水魑の如き沈むもの (ミステリー・リーグ) 「水魑の如き沈むもの」 三津田信三
すみませぬ。私の好みには合いません。
雰囲気はいいんだけど、何かと残念なミステリ。

犬の力 上 (角川文庫) 「犬の力 (上)」 ドン・ウィンズロウ
圧倒されます。読み出したら止まらない!
麻薬戦争の中で、浮き沈みする人々。

犬の力 下 (角川文庫) 「犬の力 (下)」ドン・ウィンズロウ
脱皮しようとしてるのかな?
著者の進化が窺える気がする。面白かった。

自宅にて急逝 (ハヤカワ・ミステリ 492) 「自宅にて急逝」 クリスチアナ・ブロンド
これぞ、英国ミステリ。
いいな。いいな。大好き。

ともだちは緑のにおい (きみとぼくの本) 「ともだちは緑のにおい」 工藤直子
心に広がる草原。
心に沁みる優しさと楽しさと淋しさ。

完本 紳士と淑女 1980‐2009 (文春新書)「完本 紳士と淑女」 徳岡孝夫
事件の裏側にあるもの・・・
ズバズバ切ります。痛快。

おうちで使えるカルトナージュの基礎BOOK―牛乳パック・空き箱・厚紙で作ろう 「おうちで使えるカルトナージュの基礎BOOK」
カルトナージュの参考に。初心者向け。



以下、今月の私のつぶやきです。

関連記事

藤森神社の紫陽花苑 その2

SN3O6601.jpg

SN3O6637.jpg

SN3O6645.jpg

SN3O6653.jpg

SN3O6654.jpg

SN3O6638.jpg

SN3O6589.jpg

SN3O6639.jpg
 
SN3O6651.jpg

SN3O6640.jpg

SN3O6652.jpg

SN3O6612.jpg

SN3O6674.jpg


関連記事

藤森神社の紫陽花苑 その1

SN3O6667.jpg

ちょっと見頃は過ぎているだろうなぁ・・・と思いつつ。
京都の藤森神社の紫陽花苑を訪れました。
やはり少し遅かったようですが。
綺麗に手入れされていて、まだ充分に楽しむことができました。

たくさん写真を撮って参りましたので披露いたします。
シリーズ化出来るくらい枚数はあるのですけど。頑張って絞りました。
(・・・の、割にはパッとしないかもしれません・・・)

私はここは初めてだったのですが。「学問・勝運と馬の神社」だそう。
馬主・騎手・競馬関係者も参拝に訪れるようです。


関連記事

女性のためのカメラレッスン―すてきな写真が撮れる! 林 和美

427804111X
大泉書店
Amzon

超・初心者向けのカメラ入門本。
「女性」とわざわざ断っていますが。
やたらと可愛い写真ばかりということもないです。

ニュアンスの出し方のコツが親切に解説されていて。
ほほぉ〜。そうか!とヒザを打つものもありました。

雑貨などを写す時、手作りのレフ版を使うというのは良さそう。
厚紙二枚をテープで張り合わせるだけなんですけどね。
ほら。折りたたみの二枚屏風みたいな感じにするわけです。
片面を黒、もう片面は白にすると用途に応じて使い分けできて便利。

あと。カメラ好きの人には常識なのかもしれないけど。
「置きピン」という小ワザは役に立ちますね。
白っぽい被写体はいつもピントが合わなくて困ってたんです。

文字が書かれた紙などを対象の直前に置いてピントを合わせ、
撮影時にさっと取り除く・・・というそれだけのことなのですが。

同じものを撮っても構図と光の取込み方でまるで違うというのは。
まぁ誰でも理屈ではわかると思うのですけれど。
じゃあ、どうすればいいのかって・・・わからないですよね。

それも実例をあげて、わかりやすく説明してあります。

女子向きのカメラ本だと、実例が甘ったるくて、
ちょっとちょっと加工し過ぎじゃない?って感じることが多いのですが。
この本は、程よく柔らかい雰囲気で良かったです。

(2012.5.21)
そういう私は。そもそもカメラを持ってない(^_^;)))
(くどいようですが、携帯のカメラでいつも撮影しています)
ああ。やっぱり一眼レフのデジカメが欲しいなぁ・・・


ともだちは緑のにおい 工藤直子 ・長 新太

4652012284
理論社
Amazon

「ともだちは海のにおい」の姉妹編みたいな感じかな?

ライオンと、ロバと、かたつむりの友情。
こう説明すると子供っぽい印象を受けるかもしれませんが。
どうしてどうして。哲学的な側面を持っています。

ふわーっと。ん? とろーっと。
温めたチーズかバターみたいに黄金色に溶けますね、心が。
で、じわーっと染み込んで。ぷくぷく泡立つ。

抽象的で、よくわかんない比喩ですが。
つまり、読んでて幸せな本なのです。

だけど、ちょびっと淋しい。少し、しんみりする。
ほのぼのなんだけど・・・ぽかぽかしてるんだけど。
この優しさがとても奥が深いから・・・なのかな。

自分が3匹の中の誰に似てるかを考えてみても面白い。
私はね、断然、まちがいなく、ライオンです。
このライオン、強いとか威張ってるとかそんなんじゃないの。

自分で言うのは恥ずかしいので。
気になる方は読んでみてください(笑)
ああ成程、とたぶんお感じになるかと思います。

(2012.5.30)
私の大のお気に入りの詩「てつがくのライオン」も本書の中に。
いや、「てつがくのライオン」っていう詩集もあるんだよね。
それも読みたいな。読まなきゃな。
勝手な憶測ですけど。工藤さんもライオンじゃないかな。
茨木のり子さんも、自分をライオンになぞらえていたっけ。
タネ明かししますと。ライオンは孤独で見栄っ張りで優しい。
芸術家って、煎じ詰めたら皆そうなんだって気がします。
え?私もライオンだというのは図々しい?・・・ごもっとも。


  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***