FC2ブログ
Loading…
 

2012年10月に観た映画

2013.01.26 映画   comments 2
godfather2.jpg 10/3
ゴッドファーザー2
★★★★★

監督 フランシス・フォード・コッポラ
1974年 アメリカ
202分

アルパチーノ
ロバート・デュヴァル
ダイアン・キートン


たいてい、シリーズものは最初の作品が一番いい。
ゴッドファーザーもやはり、そうかもしれない。
でも、私は本作もかなり好き。なんと言っても凄みがある。
独特の重厚感がしみじみと素敵だなぁ・・・

marge.jpg 10/12
そして友よ、静かに死ね
★★★

監督 オリビエ・マルシャル
2011年 フランス
102分

ジェラール・ランバン
チェッキー・カリョ
ダニエル・デュバル


この監督の前作「あるいは裏切りという名の犬」が大好きで。
期待大で張り切って(!)観に行きましたが・・・ううむ。
筋も読めちゃったし、主人公に感情移入もし難いし。
フランス映画っぽい人物の描き方や映像だけは楽しめました。
それにしてもフランスのオジさんは、どうしてあんなに格好いいの?

かわいい手編みの円座と角座

2013.01.25 手芸   comments 0
4834734714
ブティック社
Amazon

表紙を見たらわかると思うのですけれども。
極太のアクリル毛糸で編むカラフルな座布団が載ってます。

が。私は家に眠っているウールの毛糸で地味なのを作ろうかと。
気楽なノリで編み始めてみたら、けっこう大変でした。

完成品がこちら!



SC00390.jpg

もとの図案では三色づかいで、色合いも華やか。
これとは、似ても似つかないものです。

地味過ぎたかもですが・・・私は気に入っています。
なにしろ、すごく温かいんですよ。
今も私のお尻の下に敷かれております。

(2013.1.20)

気になる部分  岸本佐知子

4560720878
白水uブックス
Amazn

著者は自分がネガティブだと言う。

昨今のポジティブ思考を取り入れてみようとしたものの、
ネガティブな人間が無理やりポジティブになろうとすれば、
何のたしにもならないばかりか、健康を害すると悟り、
心ゆくまでひがんだり、くよくよしたりすることにきめた、と。

ここまでは私にも充分理解できる。問題はここから。

しかし後ろ向きな人間とはいえ、やはり何の材料もなしでは上手くひがめない。想像力の助けとなるようなネタ、すなわちガミネタが、必要となってくる。

ガミネタ? ひがむためのネタ??? むむむ。

彼女は不眠の気もあり、眠れぬ夜は「一人しりとり」をするそう。
あ、私もそれ、やるやる〜。わー仲間だ!
ただのしりとりだと退屈するので「お題目」を導入するのも同じ。

食べ物とか人名とか、動物とか、植物とか。
しかし、私と大きく違うのは「お題目」が進化すること。

*淫靡なもの
*ポストモダンなもの
*八◯年代バブル経済を象徴するもの

えらい、ハイレベルなお題だなぁ〜
ポストモダンって言われても私、何も浮かんで来ないぞ。
いや、彼女も悩みだすらしい。「へこおび」は淫靡か否か?

そこで、一人しりとりに「レフェリー」が導入される。
ううう・・・シュールだ・・・。

はっきり言いましょう、著者はかなり「ヘンな人」です。
彼女の理屈に途中までついていける私は「ちょっとヘンな人」。

そのことに安心するような、残念なような。

これは、ほんの一例で、もっともっと著者の変人ぶりが炸裂してます。
ヘンだけど妙に感心させられる、ヒネリのある可笑しさです。

(2012.12.13)
申し忘れましたが、著者は翻訳者です。
訳している本がまた、かなりクセがあって面白そうな気配。
近々読んでみたいと思っています。これなんか良さそう。




中二階 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
ニコルソン ベイカー Nicholson Baker
4560071225

『休日のカフェめぐり大阪』

4906799108

幹書房
Amazon

カフェ巡りが趣味というほどではないですが
どこかへ出掛ける時は必ず、良さげなお茶処を探します。

なので。ちょこちょこ知ってる店も載ってました。
実は数店を覗き、リピートはなしだったんですよね。

写真ではすごく素敵に写ってますが。
実際に訪れてみると「違う」。

居心地よさって単にインテリアやロケーションじゃない。
そのお店の持ってる空気が自分に合うかどうか。
これは結局のところ、写真や評判ではわからないんです。

というわけで、以下のお店に機会があれば行ってみようと思います。

うてな喫茶店
アラビク
もなか珈琲
ディエチ
LOW
ロカ
うさぎとぼく
杢キリン
Oogi


行った事ある中で好きだったのは、以下の二店。

Mole Hosoi Coffee
iTohen

載ってないけどダントツで好きなのは「喫茶 星霜」だな。
行き慣れてるせいもあるけど「ロンドンティールム」も良い。

困るのは良いカフェは、不便な場所にあること。
お買い物や、展覧会帰りの休憩用にいい店を見つけたいのに。
たいてい「わざわざ」行く場所にあるんだよね・・・

(2012.12.28)
大阪以外にもあるんじゃないか?と調べてみたら見つかりました。
なんか、関東に偏ってますねぇ。一応、ご参考までに。


休日のカフェめぐり 千葉
休日のカフェめぐり 千葉
休日のカフェめぐり埼玉・栃木・茨城・群馬
休日のカフェめぐり埼玉・栃木・茨城・群馬
休日のカフェめぐり愛知・岐阜・三重
休日のカフェめぐり愛知・岐阜・三重
休日のカフェめぐり静岡 伊豆・東部・中部
休日のカフェめぐり静岡 伊豆・東部・中部
休日のカフェめぐり湘南・鎌倉・三浦・横浜
休日のカフェめぐり湘南・鎌倉・三浦・横浜

つぶやき集 2012年12月(2)

体調がやっとマシになってきたので。後回しにしていた細々した雑用を幾つか片づける。だいぶ気持ちがすっきりした。やらなくても何となることでも、溜め込むと心に重たいものだ。

今、家の外で音痴のチャルメラが鳴ってる・・・なんなん、あの音程狂ったチャルメラ。気になってつい、ベランダの外に出てみたら。映画に出て来そうな小さな古びた屋台が。ボロボロ過ぎて、そのレトロ感が強烈な存在感。赤いのれんがポイントになってて。なんか、もう、むしろ可愛い。

通勤途中、絵に描いたようなマダム風美人とすれ違う。ぱっちり大きな目、今どき珍しいほど濃いルージュでしっかり塗られた唇、額をしっかり出して華やかに巻いた髪。古臭いと言えば古臭いけど。潔いほどゴージャスでむしろ気持ちよい。ワイン色のコートも素敵。しかし彼女はチャリを漕いでいた・・・

京都の伊勢丹で開かれている「レオ・レオニ 絵本のしごと」展へ。綺麗な色、可愛い動物たち。伸びやかで繊細な世界。色も表現も抑制されていて、なのに狭苦しく感じない。中島 誠之助さんの口癖を借りれば「いい仕事してますねぇ」。心がゆるゆる和むひとときを過ごしました。

つぶやく気持ちになれない時の方が、もしかしたら心が健康なのかもしれない・・・私の場合は。でも、つぶやきながら気持ちの整理が出来て、有り難い場合もちょくちょくある。

今日は一日、おせち作りで台所に立ってた。合間に洗い忘れてたレースのカーテンを洗濯、ヘアブラシとアイシャドウブラシとチークブラシも洗う。料理も洗い物だらけなので、ずーっと水を触ってた感じ。でも結構、楽しいんだよね。魚座だから水が好き?(→関係ない)

煮しめ、いつもは面倒なので。筑前煮にしちゃうんだけど。今年は頑張って具をひとつずつ煮た。蒟蒻、里芋、人参、筍、レンコン、牛蒡、干し椎茸・・・ふぅ。思ったより大変だった。しかも舌が麻痺して味がわかんなくなっちゃった。美味しく出来てるといいんだけど。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 2013年01月

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***