Loading…
 

街中の小さな緑たち

DSC00513.jpg

DSC00509.jpg

DSC00423.jpg

DSC00432.jpg

DSC00507.jpg

DSC00438.jpg

DSC00501.jpg

C00445.jpg

C00447.jpg

D00165.jpg

DSC00515.jpg

(2013.1.13撮影)

関連記事

2012年12月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・14冊


本の画像をクリック アマゾンへ  
タイトルをクリック 私の感想ページへ


THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」 「THE BOOKS」
私が好きそうな本がいっぱい載ってる!


贋作『坊っちゃん』殺人事件 (集英社文庫)「贋作『坊っちゃん』殺人事件」 柳 広司
坊ちゃんが挑む殺人事件?


とびきりすてきなクリスマス 「とびきりすてきなクリスマス」 リー・キングマン バーバラ・クーニー
こういうクリスマス、いいなぁ・・・


スキッピングクリスマス〔文庫〕 (小学館文庫) 「スキッピングクリスマス」 ジョン・グリシャム
うわぁ。キッツイな、こりゃ。最悪のクリスマス?


スノーフレーク 「スノーフレーク」 ケネス・リブレクト
雪の結晶って、なんか好きです。


気になる部分 (白水uブックス) 「気になる部分」 岸本佐知子 
岸本さんの頭の中がどうなってるのかが気になる。  


太陽の塔 (新潮文庫) 「太陽の塔」 森見登美彦
森見登美彦のアクがいっぱい。濃ゆいなぁ。


燔祭の丘 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス) 「燔祭の丘」 篠田真由美
ため息しかでません・・・(呆れ果てて)。


この道歩こうベスト40関西周辺―自然・歴史見聞ウォーキング (遊歩ナビ) 「この道歩こうベスト40関西周辺」
こんなにたくさん歩けるかなぁ?


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA) 「ハーモニー」 伊藤計劃
なつかしく、哀しく。心揺さぶられて。


定番おせちとお祝い料理―料理ならおまかせ (特選実用ブックス) 「定番おせちとお祝い料理―料理ならおまかせ」
まずまず、まっとうなレシピだと思う(→何様?)


かわいい手編みの円座と角座 (レディブティックシリーズno.3471) 「かわいい手編みの円座と角座」
座布団を編みたかったので。無事、完成!


向田邦子の恋文 (新潮文庫) 「向田邦子の恋文」 向田和子
向田邦子さんの秘密を覗き見。ドキドキ。


休日のカフェめぐり大阪「休日のカフェめぐり大阪」
カフェ(喫茶店も含む)で過ごすの大好き。



以下、今月の私のつぶやきです。&2012年のまとめ。

関連記事

つぶやき集 2013年1月(1)

ツイッターで知らない人と話するのは好き。話しかけられるのは嬉しい。でも「ご挨拶」は好きじゃない。フォローしたら声をかけるのが礼儀だと思ってる人もいるみたいだけど・・・それはやめて欲しい。フォローのお礼って変じゃない?初めて話しかける時に「はじめまして」を添えるのは良いのだけど。

夏の怠惰はどうしても、だらしなく感じられてしまうけれど。冬だと静止していても、内部で活動してるみたいに錯覚できる。動けないんじゃなくて、動かないんだよ、と。芽を出す前の準備の季節だから・・・と。自分に言い訳するのが容易すぎて、それはそれで程々にした方がいいかもしれない。

ちょっと頑張るくらいの買い物が好きだな。少し無理して良いものを買った場合、だいたい長く大切に気持ちよく使い続けられてる気がする。そもそも本当に好きな物であることが前提だけど。

向田邦子の恋文   向田和子

4101190410
新潮文庫
Amazon

この本を読むと、向田邦子さんの様々な面が見えて来ます。

娘としての、向田邦子。
姉としての、向田邦子。
恋人としての、向田邦子。

強い女性だったと思う。
それは強くならざるを得ない境遇に負けなかったからなのか。
それとも持って生まれた心の芯の強さだったのか。

お茶目な可愛らしさや、大雑把な面も持っていたと知り、
なんとはなしに、ほっとします。

向田邦子という人がそれで身近になるからではなくて。
彼女自身の生き苦しさが少しは緩和される気がして。

それでも。あまりにも格好よすぎるじゃないか。
こんな鮮やかな生き方を見ると悔しくなるじゃないか。

彼女の胸の内にはどんな嵐が吹き荒れていただろう・・・。
生涯消えなかったはずのものをどのように心に収めていただろう。

(2012.12.20)
妹の和子さんが邦子の死後に見つけた、恋文。
姉が生涯、秘めていたものをこうして明るみに出す事に、
きっと異を唱える方もあるでしょう。
けれど、私はこの恋文を読めたことは嬉しかった。
彼女が書いた小説にも劣らない珠玉の一篇に思えます。

スノーフレーク  ケネス・リブレクト

2013.01.27 未分類   comments 0
4635680118

山と溪谷社
Amazon

雪の結晶の写真がとても綺麗。
こんなに、鮮やかに撮ることができるんですね。
撮り方も書いてあったので、ちょっと試してみたい。

問題は・・・私の住んでいるところは殆ど雪が降らないこと。

文章もすごく学術的ではないのですが。トリビア的でもなく。
雪や雪の結晶のなりたちの不思議を味わいながら楽しく読めます。

ちょっとしたプレゼントなんかにも良さそうな本。

(2012.12.28)

写真だけを楽しむなら、洋書をおすすめという声もあったので。
いちおう、こちらも載せておきます。
読めるくらいの英語だったら私もこちらを買いたいかな。

The Snowflake: Winter's Secret Beauty
The Snowflake: Winter's Secret Beauty
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 2013年01月

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***