FC2ブログ
Loading…
 

大アンケートでわかった! 本当に使えるiPhone鉄板アプリ ジャンル別ベスト100!

2013.05.14 未分類   comments 0
4800205212
宝島社
Amazon

レシピブログ
日記ブログのお手軽レシピを検索

e食材辞典
食材の選び方から調理法まで役立つ情報が満載

Shazam
いま流れている曲をその場で判定!
(精度の高さに吃驚です。すごーい)

Midomi SoundHound
鼻歌からでも楽曲を探せる音声認識検索

とりあえず、上記のアプリをインストールしてみました(いずれも無料)
それ以外のものは、あまりにも王道過ぎて絶句・・・
当然知ってる、しかも人気ある割に使いづらい、というアプリが多い。

こんなアプリばかり使ってたらiPhone嫌いになるぞー(→言いすぎです)
悪口書くだけで終わっちゃうのはあんまりなので。
この本には載ってなかったイチオシアプリを紹介しましょう。
(リンク貼ってますので、詳しくはAppStoreでチェックして下さい)

ThreadNote  
これは私が愛用してるアプリの筆頭。無料とは思えない!
シンプルで美しく、果てしなく階層化できるノートアプリです。
間違いなく、いちばん大好きな子。

タスク計測
何をするのに、どのくらい時間がかかっているかチェック。
生活のペースや行動の配分を見直すのに役立ちます。
何よりアイコンが好きです(笑) ¥250

palu
手書きのカレンダーアプリ。
通常のものと別にブログや読書など趣味の予定のみ管理するのに使用。
無料アプリですが、広告を消すために ¥85出費。
(どんなに便利でも広告付きのアプリには耐えられません)

普通の電卓ミニ
電卓アプリは色々ありますが、これが一番「普通」。
アイコンも起動画面もシンプルで美しいです。無料。

twincle
とてもとてもシンプルなカレンダーアプリ。
多機能っていうのは私は何につけ、好きではありません。
この潔いスッキリ感と、アイコンのオシャレさ。¥70
(ま・・・実はカレンダーは幾つか併用してるんですが)

Shoot!
まぁ・・・細かく言えば不満もなくはないのですが。
これがあると、予定がサクサク入力できます。¥170

ノートブック(メモ・日記アプリ)
これもとにかくシンプル。アイコンも超シンプル。¥85

KeepSafe
これは有名かもしれません。見られたくない写真に鍵をかけれます。
似たアプリは色々ありますが、写真が消えたり劣化したり・・・
この子はちゃんと働きますし、操作もシンプルです。無料。

cal2todo
カレンダーがそのままチェックリストになります。これも便利。
いや・・・私カレンダーアプリが好きなんですね。
一つに絞れずに乱立してまして・・・でも。
これがあると、咄嗟に今日・明日の予定をチェックできます。¥85

ピクトメモ
メモするより写メる方が早くてパシャッ、ってことありますよね?
でもカメラロールに画像が収められると埋もれる・・・
これはカメラ機能と観る機能が一つになっててイイです!¥85

キリがないので、この辺で。あくまで私の独断と偏見で選んだものです。
iPhoneユーザーにしか縁のない話題でごめんなさい。
(しかも、本の内容を大幅無視・・・)

(2013.5.7)
紹介の際、やたら「シンプル」を連呼してますが・・・
アプリは機能も見た目もすっきりしてなきゃイヤです。
無料にはこだわりませんが、上限は450円。
¥85くらいのものに良いものが結構あります。
関連記事

心の整骨  034 life

2013.05.13 life   comments 0
考えてみれば、日常というものは、そんなものではなかろうか。僕たちは、自覚のないままに、まわりまわって誰かの血の上に安住し、誰かの死の上に地歩を築いているのだ。

          三崎亜記「となり町戦争」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをどうぞ。
「心の整骨  まえがき」 

2013年4月に観た映画

2013.05.12 映画   comments 0
ccsub2_large.jpg 4/20
舟を編む
★★★★★

監督 石井裕也
2013年 日本 
133分

松田龍平
宮﨑あおい
オダギリジョー


原作を読んでる映画を観ると、がっかりすることが多いのですが。
本作はとても良かった。演出もキャストも、しっくり馴染んでいました。
特にオダギリジョーがもの凄くハマリ役で面白かったです。

予告の雰囲気だと、もっとコメディタッチなのかと思ったけれど、
佇まいの上品さがあって絵が綺麗で、いい映画でした。
久しぶりに現代の邦画を観て、満足できました。


今月も観た映画は一本だけ。興味があるものを上映していないんです。
何だか安っぽい娯楽映画ばかりでイヤんなっちゃうなぁ・・・

暮しの手帖日記   松浦弥太郎

4766001788

暮しの手帖社
Amazon

剥がすのが憂鬱になるくらい付箋で膨れ上がっている。
忘れていたことを思い出させられる・・・というより。
見て見ぬフリをしがちなことに気付かされる。

ドキッとするけど、時々チクッとするけど、とことん優しい。
松浦氏の「ありがとう」の想いの溢れた本。

「暮しの手帖」の編集長としての彼の仕事ぶりが垣間見え、
大好きな「暮しの手帖」のことがもっと好きになりました。

創刊者の花森安治という人はまさに巨人でありましたから。
本書の中で引用されている文章など、その凄みに身がすくむ。

どうも花森氏の書いたものを見ると涙が湧いて来るのですが、
この箇所を読めただけでも良かったと思えるほどでした。

その花森氏の意を継承しつつ、現代に対応していくという難業を
あくまでも見た目は軽やかに、かつ誠実にこなしている著者に
エールを送るためにも・・・「暮しの手帖」を買いたくなります。

ご存知の方も多いと思いますが。
「暮しの手帖」は一切、広告収入のない雑誌なのです。

(2013.5.9)

『colors スタイリスト菊池京子 12色のファッションファイル』

4087806480

集英社
Amazon

人気のスタイリストさんのファッション本というのは。
今までにも何冊か目を通しましたが。
この本が一番、ヒットです・・・ワタシ的には。

色がまず、好みです。
シルエットのバランスも。
何というか全体の雰囲気が好きな感じ。

こんなにキレイにまとめられてる自信はありませんが。
ほぼ私の服装の傾向に近いと思います。
色は抑えめ、ややフェミニン、重ね着大好き!

これだったら、一冊持ってて折に触れ眺めても楽しいな。

(2013.4.24)
この方のコーディネイトは私のドストライクです。
あれ・・・マリソルのスタイリストさんですか。
まったくノーチェックでしたので今度見てみます。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***