FC2ブログ
Loading…
 

雨の三千院 その2

IMGP2350.jpg

IMGP2404.jpg

IMGP2395.jpg

IMGP2420.jpg

IMGP2481.jpg

IMGP2563.jpg

IMGP2533.jpg

IMGP2495.jpg

IMGP2570.jpg

IMGP2555.jpg

IMGP2604.jpg

IMGP2688.jpg

IMGP2677.jpg

IMGP2340.jpg

(2013.5.10)

関連記事

雨の三千院 その1

IMGP2176.jpg

IMGP2145.jpg

IMGP2287.jpg

IMGP2266.jpg

IMGP2250.jpg

IMGP2239.jpg

IMGP2302.jpg

IMGP2336.jpg

IMGP2334.jpg

IMGP2591 - バージョン 2

IMGP2622.jpg

IMGP2310.jpg

IMGP2367.jpg

(2013.5.10撮影)

関連記事

かまいたち  宮部みゆき

410136916X
新潮文庫
Amazon

宮部みゆきの初期の作品なんですね。
時代小説アレルギーのある私はスルーしてました。

以前、勧めて頂いて「初ものがたり」を読んだところ、
「あれ?こういうのは好きだわ!」となりまして。
宮部みゆきの時代小説ならば読めるのか。
それともアレルギーを克服したのか。

検証するために山本周五郎あたりに手を出そうと思いつつ。
先延ばしし続けて今に至ります。

いや。待て。
私の弱いオツムは歴史小説と時代小説を混同してるのでは。
苦手度数は歴史小説の方が上で、時代小説はそうでもない?

山本周五郎は何とか読める感じですが。
司馬遼太郎は到底読めない気がする。
思い込みかもしれませんけれど・・・

人が死ぬのが単に怖いだけだったりするかも。
ミステリの殺人事件とかは「個」の単位の「死」でしょ。
(ま、例外は多々あると言えばありますが)

個人の恨みつらみ・私利私欲の殺人は構わないんですけど。
「大義名分」を振りかざした殺人が受け付けられない。
いや何だろう、「団体的行動」とか「思考」がそもそもダメ。

一致団結して「藩」とか「国」とかのスケールで動くのが。
まぁ、その集団の中の「個」である苦しみとかが描かれてる、
と言うのはわかりますけれども・・・

そうか。「集団」アレルギーか、私は。

一致団結とか言われても、感動とかしないもんなぁ。
全員一つの方向を向いてるとか、同じ目標を共有してるとか、
どちらかというと気持ち悪いと感じてしまう・・・

正直、大河ドラマなんかを見ててイマイチ乗れないのは。
殿のため、お国のため、と闘う気持ちが理解出来ないからかも。

ええ、ええ。そんなこと言っても。
自分も属する場所があるから生きてられるのは承知です。
ていうか羨ましい。命を投げ出せるほど大切なものがあるって。

あれ。何の話だ?なんか妙に淋しい気分になってきたし・・・

本書は江戸の市井の人々の話なんで、そーゆーのとは無縁。
しかも宮部みゆきらしく、超常現象が加味されております。

また話は戻って。時代小説と歴史小説の違いってそもそも何?
Wikiの「時代小説」の項目に以下のように書かれていました。

一般に歴史小説との境界は曖昧であるが、
過去の時代背景を借りて物語を展開するのが時代小説であり、
歴史小説は歴史上の人物や事件を扱い、その核心にせまる小説である。

あ。なるほどね。言われてみれば。

本の感想に全然なってないですが、勝手に納得したのでこの辺で。
ひとこと言うなれば、どこか禍々しいのに和やかな味わいで好きです。

(2013.6.1)

ヘヴンアイズ  デイヴィッド・アーモンド

4309205410
河出書房新社
Amazon

薄暗いのに透明感がある。
不確かなものは、不確かなまま。

夢と現実の合間をたゆたいながら、
闇を照らす淡い光を放つような物語。

青く光る傷跡のような優しさ。
消えない痛みも美しく見ることで救われる。

辛く哀しい思い出も。
憎しみや悔恨で照らすのではなく、
夢や願いでくるんで心にしまっておけるなら・・・

(2013.6.3)
著者の処女作「肩甲骨は翼のなごり」も昔、読みました。
やはり何とも奇妙で、美しい物語でした。
幼心に永遠に宿る痛みを優しく照らすような。

つぶやき集 2013年5月(1)

作曲家よりも演奏者に重点が置かれがちな私の音楽の聴き方。リヒテルが気になったので図書館で4枚借りてみた。モーツァルトのピアノソナタ、チャイコフスキーとラフマニノフの協奏曲、シューベルトのピアノソナタが2枚。この中ではシューベルトのピアノソナタの21番「遺作」が一番気に入った。

隅々まで目が行き届いて、整理整頓がしんどくないくらい、持ち物が減らせたらいいな。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***