FC2ブログ
Loading…
 

『know』野崎まど

4150311218ハヤカワ文庫JA
Amazon

ひとことで言うと・・・「残念」。
途中までは、かなり面白かったんだけどなぁ。
実は私、こういう近未来ものとか好きなんです。

表紙から危ぶまれたんですが、作風はラノベチックです。
ていうか、これはもはやラノベ(ライトノベル)・・・?

ラノベを馬鹿してるように聞こえたら、すみません。
昔は読みましたし、中には読み応えのあるものがあるのは
十分に承知してはいるのですが・・・

何かをやめないと、何でもかんでもは読めませんので。
現在、基本的にラノベは読まないことにしています。

どんな分野にも「お約束ごと」がある気がするんですが、
私はまぁそれはあっても良いんじゃないかと思うんですね。

SFでも、時代小説でも、ミステリでも。
それがないと世界が成り立たない暗黙の了解の領域。

ライトノベルの場合。
必ずしも絶対というわけではありませんが。
記号的な存在として「少女」が登場することが多い気がします。

私はですね、この「少女」が苦手なんですよ。
これも心理学的に分析すると秘められたトラウマとか、
抑圧されたナンチャラとかがあるのかもしれませんが。

まぁ・・・そういうのは、さておいといて。
興味が持てないんです、そういう少女のキャラクターに。

なので、本書も「いかにもソレ系」な少女が出てきて、
途端に興ざめてしまいました。

こういう社会が実現するかも!?と思って読んでいた前半は、
わくわくと楽しかったので、良しとします。

(2013.9.24)
結末も、私は納得できませんでした。
この手の終わり方って、どうしても好きになれません。

アクセス数なんて気にしない!?

さて、Googlenのペナルティを受けていることが発覚して。
更新の頻度や記事数やトレンドにかかわりなく、
アクセス数が増えることは絶対ないという状態になりました。

経験者の話では、ペナルティ期間は一日に10件記事を書こうとも、
アクセスは増えないそうです・・・やれやれ。

アクセス数なんて気にしない!

・・・と、言い切れたらいいんですけれど。
そこまで達観出来るほど人間が出来てません。

やはり多くの人に読んでもらいたい気持ちはあります。
そのために、ブログランキングに参加してみたり、
マメに更新したり、ツイッターで通知したり・・・

数を気にするのは、確かに性には合わないんです。
だから、ランキングも脱会し、拍手バナーも外し・・・、
その経過ではずいぶんと悩んだりもしました。

それならアクセスカウンターも外し、アクセス数も無視しちゃえ!
とか・・・思わなくも・・・・いや、思えません。
アクセス数だけが最後に私が残したかったものなんです。

検索で飛んでくる人なんて、どうせ通過していく旅人・・・とか、
うそぶいてみようとしても・・・うーん。うーん。

正直ね。ずっと通って下さってる方はお気づきかと思いますが。
ブログを更新することに対するモチベーションは、
なだらかな下り坂をずーっと下り続けている状態でした。

今回の、Googleのペナルティを受けるという事態は。
弱っている私のモチベーションに大きな打撃を与えました。
ブログを続けていく気力は、今や瀕死の状態。

頑張れますか? 頑張りますか? 何のために? 誰のために?

そもそも、何で私はブログをやってたんでしょう?
続けることに何の意味があるんでしょう?

きれいごとを言ってもはじまらなくて。
結局、絶対に「自分のため」なはずだと思います。

自分が楽しいから、自分が書きたいから。
自分が誰かに読んで欲しいから。

その気持ち・・・今の私にあるでしょうか?

ブログの画面を開くときに気分が暗くなるくらいなら。
本を読んだから書かなくちゃとずっと気にするくらいなら。

もう、いいかな、そろそろ・・・・

ですが。どこか頑固な几帳面さとヘンテコな好奇心を持つ私。
気になるんですよね、Googleのペナルティを受けたその後が。
実際、いつかペナルティが解けたとわかる日が来るのかどうか。

それを見届けるために、ブログを続けようと思います。
ええ、変なヒトなんです。天の邪鬼なんです。

あとですね。今やめちゃうと、自分の読書記録が途絶えちゃう。
ブログをやめるとしても、読書記録は紙に書くつもりですが。
年度の途中からとなると、おさまりが悪いというか・・・

なので、2013年に読んだ本の感想を書き切るまでは続けます。

そして、更新のペースは大幅に落します。
ぽつりぽつり、しかも記事の過半数が「つぶやき集」になる・・・
そんな感じの更新具合になってしまいそうです。

変わらず読んで下さいという気はありません。
自分の記録(読書・映画・つぶやき)を残すために、
ざっくりと書き置く・・・そういう場として、ここを残すつもりです。

いちおうブログは続くのですが。気持ちの中では幕を閉じたというか。
だから、訪れて頂く方が申し訳ないような気もします。

単純に試算してみても、2013年の読書感想を全てアップするまで、
来年の半ばくらいまではかかりそうなので、先は案外長いのですが。

脱力しきった状態で淡々とブログ更新することが、
もし自分にとって何か意味があると思えたならば、
まだ続けていこうという気持ちが起こるのかもしれません。

終わらないけど終わります・・・というヘンな挨拶です。
いや、終わるかもしれないけど続きますという予告でしょうか。
どちらにせよ、何かが決定したわけではないのですが。

とりあえず、決断の日は来年の半ばまで持ち越しです。
それまでは頑張ることもなく、ゆるゆると(ズルズルと?)
更新していこうと考えています。

コメントを頂くのはいつも変わらず嬉しいことなので。
何でもないことでも、お気持ちにひっかかることがあれば、
どうぞ気軽に言葉を残して下さると有り難いです。

つぶやき集のなかの、アホくさい私の日常や心情吐露にでも、
遠慮なくツッコミなど入れて下さいね。

長々と愚痴を書き続けてしまいました・・・ごめんなさい。
根気よく読んでくださった方、ありがとうございました。


追記
この記事を書き終えた後、Googleペナルティでない可能性、
ということを考え始めました・・・
私と同じことをなさって大丈夫という方がおられたので、
他の原因もあるかもしれない・・・と。
結果たどり着いたのは「GoogleにFC2が嫌われている」という
以前からたまに耳にしていた噂でした。これ、噂ではないんですね。
理由もなくGoogleから弾かれることがFC2では頻繁に起きるようです。
詳細なレポートを書かれている方も発見しました。
もしかしたら、これかもしれないなと今思い始めています。
どちらにせよ、というかむしろこの場合、どうすることもできません。
ドメインの引っ越しとか、大掛かりなことをやる気力はありませんし。
ブログをゆっくりと閉鎖するという決意がいっそう固まっただけです。
アクセス数は気にかけても仕方ないとほぼ諦めることができましたが、
ブログというシステムに対する信頼がなくなってしまったので、
ここに記録することがほんとうに怖くなりました。
今更ながらバックアップを取ろうと思いますが、取りかかる前から
気が遠くなってています・・・(記事と画像の数がかなりあるので)
あとはテンプレートが原因ということもあり得ます。
この辺りは私にとっては難し過ぎる話になってくるのですが・・・

Googleペナルティの原因?これも?

お読みでない方は、こちらに先に目を通して頂けると幸いです。

Googleペナルティって、ご存知ですか?
Googleペナルティを受けた原因を探る・・・

さて。アフィリエイト以外でのGoogleペナルティのお話。
なにしろ、私、こういう関係の知識がありませんので、
ネットで検索しまくって、経験された方の話を読みました。

ですので、正確な情報であるという保証はできません。
あくまでも、「・・・らしい」という範囲で聞いてください。

なお専門的な用語も使えませんので、
噛み砕きすぎて文面が幼稚なことも寛大に見てやってください。

ええとですね。ズバリ、核心に触れましょう!

私がひっかかった疑いのある行為は、
「自分で自分のブログサイトを検索すること」です!

あ、なんで、そんなバカなことするの!って思ったでしょ?
今から説明しますよ・・・事情を。

インターネット中毒と言っても過言ではない私。
ブックマークの量が物凄いのです。
で、なんか多すぎるせいか具合が悪くてですね・・・

自分のサイトはブックマークはせずに、検索で飛んでます。
すぐ打てるでしょ? 別にさしたる手間でもありません。

これがね。ペナルティの対象になるらしいのですよ!!!
えっと・・・理由は忘れました。なんか負荷がかかると・・・
短時間で繰り返し、という場合に限ったとは思います。

で、ですね・・・私、近頃それらしいことをやりました。
うまく繋がらなくて、何回か検索しました。
ページをいじったので表示がどんな具合か見たかったのですよね。

普段、Googleではない検索を使ってたのですが、
たまたまGoogleを使った・・・と思います。

繰り返しというのが、どのくらいの頻度を指すのかわかりませんが。
あと・・・そうですね、iPhoneからもそういえば検索しました。
iPhoneもWi-Fiで同じサーバーにつないでいますので・・・
コンピューターは同一人物と判定するでしょうねぇ。

となると、まぁ・・・こちらの理由でのペナルティも有り得ます。

私みたいな、うっかりさんがそうそういるとは思えませんが。
自分のブログを検索することは絶対にやめましょう、危険です。

他にも。同じ語が繰り返し登場するのがいけないらしいのですが、
それは調べてみたところ、私のブログでは大丈夫でした。
こちらでチェックできます。

FC2キーワード出現率チェッカー

私の場合「本」という言葉が多かったですが、それでも4%でした。
5%以下ならば大丈夫だそうです(たぶん)。

他にも掘ればいくらでも可能性は出てきますが、もう疲れました。
当ブログに限っては前回のアフィリエイトの件と、
この検索に関する件のどちらかか、どっちもかだと思います。

さて。確信はないながら何となく理由は解明できたところで。
これから、どうするのか、どうしたらいいのか・・・という話。

問題点を改善したから許してもらえるというのでもありません。
(まぁ、とりあえず問題と思われる記事は消しましたが)

ペナルティ期間が終わったら元の状態に戻るかというと。
その保証も全くありません。戻らないという声もあります。

そういう将来の不安というのを脇にのけたとしても。
とりあえず、自分が現在ペナルティを受けているという、
その事実だけで気持ちがどんよりと沈み込みます・・・

今後どうするかについては、次の記事に書きますね。

2013年8月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・15冊


本の画像をクリック アマゾンへ  
タイトルをクリック 私の感想ページへ



神去なあなあ夜話 「神去なあなあ夜話」 三浦しをん
★★★☆☆


世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」 中井精也 
★★★★★ 


シンプルに暮らす人のバッグの中身と愛用品 「シンプルに暮らす人のバッグの中身と愛用品」
★★☆☆☆


おそうざいふう中国料理 「おそうざいふう中国料理」 戦 美樸
★★★★☆ 


暮しの手帖の評判料理 「暮しの手帖の評判料理」
★★★★★


小指ダイエット 「小指ダイエット」 田口 亮
★★★☆☆


ある男「ある男」 木内 昇
★★★☆☆


桜ほうさら 「桜ほうさら」 宮部みゆき
★★★★★


ネコはどうしてわがままか (新潮文庫) 「ネコはどうしてわがままか」 日高敏隆
★★★★★


宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing) 「宇宙に上手にお願いする法」 ピエール・フランク

★★★★☆
フィガロブックス 憧れは、パリジェンヌの部屋。 (FIGARO BOOKS) 「憧れは、パリジェンヌの部屋。」
★★★☆☆


おひとり京都の愉しみ (光文社新書) 「おひとり京都の愉しみ」 柏井壽
★★★★★


闇の底のシルキー 「闇の底のシルキー」 デイヴィッド・アーモンド
★★★☆☆


宇宙にもっと上手にお願いする法 (Successful wishing 2) 「宇宙にもっと上手にお願いする法」 ピエール・フランク
★★★★☆


白夜行 (集英社文庫) 「白夜行」 東野圭吾
★★★★☆



以下、今月の私のつぶやきです。

関連記事

Googleペナルティを受けた原因を探る・・・

先日の「Googleペナルティってご存知ですか?」という記事の続きです。

さて。Googleペナルティを受けたという確証を得たところで。
いったい何故なんだ~!と絶叫しました、私。

まず考えられるのはアフィリエイト関係。
私はこのブログを始めた時から、本の画像と情報を、
Amazonのアフィリエイトで取得して貼り付けています。
ずーっと同じスタイルなので、問題は何もないハズ。

・・・と。ちょっと待てよ。
そういえば最近、楽天のアフィリエイトを使いました。
もう消してしまったのですが、ボールペンの記事で。

Amazonに画像がなかったんですよね。
本当いうと、アフィリエイトである必要もなかったのですが、
個人の画像を借用するわけにもいかないし・・・

自分で撮ればいいんですが、なにしろ現物がなかったのです。
だから、画像をお借りするという感覚で貼ってました。
おそらく、これがペナルティの対象になったと思われます。

私はSEOとか、ほんと弱い人で、対策も全然してません。
一応アフィリエイトはAmazonと楽天に登録してあって、
Amazonはフルで活用してますし、楽天は数回だけ使いました。

本人はアフィリエイトしているという意識はなくて、
ちょうど頃合の画像を貼らせてもらっているという感覚。

本の紹介にタイトルだけだと淋しいし。
かと言って、いちいち自分で撮影するのも大変すぎる。
それに、Amazonへリンクで飛べると詳細がわかって便利だな、と。
まぁでも、こちらはちゃんとAmazonの名前を入れてますね。

そう。楽天からの画像は画像だけを貼っていました。
字がごちゃごちゃして見苦しくて嫌だったんです・・・
この考え方が浅はかで無知でした。

ただの画像に見えるのに、販売先へ飛ぶというのは、
ペナルティ対象になるようです。
私としては、別に飛んでもらいたいわけでもなく、
飛んじゃったからって買う人もそうそういないだろうし、
単に値段とか詳細が知りたい人は便利かな・・・と。

楽天のリンクだと書き添えるべきだったとは思います。
言い訳になりますが、ただ面倒くさかったんですよね。

あと。楽天のリンクだと書き添えたらセーフだったかというと。
それも実はちょっとわかりません・・・
アフィリエイトを貼る数も多いとひっかかるらしいので、
そちらでアウトだった可能性もあります。

しかしですね、常習ならともかく、3年以上続けてきて、
たった一つの記事でミスを犯しただけですよ?
しかも悪意がないことは、見ればわかると思うのに・・・

と。ここで留意しなければならないことは。
悪意のあるなしなど、Googleさんは知ったこっちゃないということ。
特に、私は手動(人間のチェック)ではなく、
自動(コンピューターのアルゴリズム)にひっかかったから尚更です。

はい。ペナルティを課せられるのは手動と自動があります。
手動であれば、ウエブマスターツールに警告がきます。

ええと、ウエブマスターツールはご存知でしょうか・・・
Googleが提供しているサイト管理者向けWEB管理ツールです。
無料なので、私も初期の頃に登録していました。

ただですね、私みたいなど素人には内容が高度すぎて、
ていうか、なんか面倒っちくて・・・放置してあります。

ですが、こんな非常事態なので、慌ててログインしましたよ。
そしたらなんと!メタタグを貼り忘れてて、機能してなかった!
テンプレートデザイン変えたときに忘れたらしいです。

自分の馬鹿さを呪いつつ、タグを貼ってしばらく待ち、チェック。
警告は来てません・・・やはり自動のペナルティです。

で、ですね。手動の方が罪が重い感じはするんですが。
手動であれば、警告された点を改善して再審査を申請できます。
自動は・・・何も手を打つことができません・・・

ペナルティ期間がすぎるのを耐えて待つしかないらしいです。
その期間もお知らせされてませんから、まったく不明です。
先日も申し上げましたとおり、90日というのをよく耳にしますが、
罪状の重さにより、30日、60日、90日の三種あるという説も。

せめて、30日だったらいいんですけれどもね・・・

と。ここで。悲しいお知らせ(?)がありまして。
どうやら私は、もう一つペナルティ対象になるかもしれないミスを、
最近やらかしていたことが判明いたしました・・・

こちらはなんと、アフィリエイトとは関係がありません。
私みたいなうっかりさんが、やらないとは限らないミスです。
ですので、それについても後日書きたいと思います。

アフィリエイト収入とか私、まったく求めてないんだけどなぁ。
実際に収入と呼べるものも得てませんし・・・

まぁでも、知らなかったとか、悪意はなかったとか、
完全に子供のいいわけですよね。勉強不足を素直に反省します。

この際、アフィリエイト使用をやめることも考えますが。
アフィリエイトに関係ないペナルティもあるんですよね。
もう、WEBなんてそういう世界(水物)だと割り切って、
アクセス数なんて気にしないしかないかもしれません・・・

ちなみに、気になる方はこちらを熟読されるかとよろしいかと。
細かい注意事項が列挙されております。

googleガイドライン


はぁ・・・それにしても私がひっかかったのは、どっちなんだろ?
ていうか、どっちもだろうか・・・
となると、やっぱり90日なんだろうか・・・ううう・・・
 
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***