FC2ブログ
Loading…
 

バーティミアス(1) サマルカンドの秘宝  ジョナサン・ストラウド

4652077351

理論社
Amazon

何年かぶりの再読。
ちょっと・・・いいえ、だいぶ。
現実逃避したい気分だったので。

結末は覚えているけれど。
物語そのものは、ほぼ忘れてました(汗)

超生意気な少年ナサニエルがなんか不憫で。
バーティミアスのキャラクターが好きで。

自分とは全く共通するところのない登場人物なのが良い。

(2015.8.24)

つぶやき集 2015年9月 9

昨日。私を長く接客してくれた店員さんは。このお客さんは買ってくれる!という手応えと。もともと接客が大好き、服が大好きという性分とが相まって。テンションが上がり過ぎていたきらいがあり。何度も「お綺麗ですから似合います!」とお世辞を連発していたのだけれど(それが不思議と嫌味ではない)

一度、彼女が無意識に口走った台詞が。「お客様はどちらかというと美人さんですから、凄く似合われます」えーっと。「どちらかというと美人」ってナカナカのフレーズですぞ(笑)でも、これ。私のキャッチフレーズにしてもいいくらい、当を得た発言で。腹が立つどころか、今頃になってジワジワ来てる。

美人ではないし。でもブスでもない。十人並みでもない。美人に一歩足りない(但しかなり大股の一歩)というのが自己判断。美しいと言えないものは「可愛い」で済ますのが一般的かもしれないけれど。可愛いという系統ではない。綺麗系とか美人風とか、「なんちゃって感」を付け足すと近い感じ。

だから。「どちらかというと美人」は、ホント。言い得て妙! 秀逸な形容!「どちらかというと」に含まれる「残念感」がもの凄くいい。面白い。・・・ってひとりで面白がってる私が可笑しいんだろうけれど。「まぁまぁ美人」でもなく、「そこそこ美人」でもなく、「いちおう美人」より劣る感じね(笑)

『モノが少ないと快適に働ける』土橋 正

4492045228:

東洋経済新報社
Amazon

「書類の山から解放されるミニマリズム的整理術」と副題にあります。

近頃、ずっとそんな感じで申し訳ありませんが。
以下、ザクっと、読みながら書いたメモです。



人は集中したい時、モノが少ない環境に身を置きたいと思う。

ミニマリズム
=単にシンプルということでなく、
ある哲学にもとづいて内側からにじみ出てきたシンプルさ。

必要最小限ではなく、快適最小限。
そのために意識することは。
「ためずに流れをつくる」
「器のサイズを意識する」

書類を4つに分類

1 アクティブ書類
2 スキャン用書類
3 保存用書類
4 ゴミ箱行き

スキャンフォルダの中身は月に一度決まった日に処理(スキャン)する。
その処理日は向こう一年分、スケジュール帳に書き込んでいる。

ブックチェア・・・本の書き写しに便利。

ポスタルコ「ツールボックス」

デスクトップの背景を「カバノキ」というナチュラルウッドにしている。
まるで机の上、という風に。

手帳の置く位置も決めている。
常に、立たせている(IKEAの「テーブルイーゼル」を利用)
パソコンの左側に。

「買う」より「使っている」時に満足感が得られる。

モノを買うということは、そのモノをしっかり活用してあげるという責任も同時に引き受けるということ。(中略)そのモノに対して責任がとれると判断した時だけ、迎え入れるようにしている。

「多機能」より「単機能」商品。
一つのことに絞られるので、集中出来る。
使うツールによって、自分の思考の切り替えも出来る。

多機能派が多い中で、これは慧眼!

ATOMA「PPカバーノートA7」

「TODO全集」
カテゴリは3つ。
「事業」「連載」「一般」

TODO全集は持ち出さない。

その日のTODOをチェックしてリストアップ。
 
新たなTODOはポストイットにメモ

行程はひとつひとつ、細かく。

時計式のリストに。
 
24時間の文字盤に書く。

まずはTODOを午前・午後に分ける。
始業と終業を決めて線を引く。
その中にTODOを所要時間を考えながら書き込む。

おわったら、塗りつぶす。

時計式TODO管理付せん

・毎月やるべきことは向こう一年分を手帳に記入

パソコンのバックアップ、スキャン、銀行。

美容院へ行く日も。

ここまで?と思うかも知れないが。
やるべきこと、やりたいことにタップリ時間を割けるよう、ルーティンワークは何も考えずできるようにしておく。

モノだけでなく予定も定位置化することで、本来やるべきことに集中できるようになる。

インプットもアウトプットもしない日を作る

ジェットエース(メモ)持ち歩く。

(2015.8.23)
幾つか、真似してみましたが。
なかなか上手く機能していません(笑)
でも考え方とツールの使い方なんかは好きです。


つぶやき集 2015年9月 8

久しぶりに。お洋服を衝動買い。しかもまとめ買い。ワンピースと。そのワンピースに合うキャミソールと長袖のインナーと、それからアクセントカラーになるカーディガンと。フェイクファーのティペット。可愛らしい店員さんが惜しげなく試着させてくれて。ワンピースを10着も試着。楽しかった!

色々着てみたおかげで。わかっているつもりだった「自分に似合うワンピース」像が一段と明確になった。次はこんなに悩まずに選べると思う。店員さんに感謝。子どもっぽくならないギリギリのふわふわひらひらと、少し落ち着いた甘めの色柄。生地は厚ぼったくないことが肝要。ウエストは絞ってあること。

服選びを楽しむことは。忘れたくないな。店員さんは新人さんで慣れていなくて。だから「これ!」と強く勧めることが出来なくて。その分惜しみなく、あれもこれもと試させてくれたと思う。見るのと着るのはとにかく、全然違うので。これだけ沢山着てみることができたのは良い体験だった。嬉しかった。

ワンピースを着てみた後も。それに合う羽織物を4種類ほども試着させてくれた。これがまた。色、素材、形で印象がガラリと変わる。ワンピースとの相性ということだけでなく、私自身との相性も確認できるというのは大きい。試着の良さは捉え難いニュアンスを「実感」できることだとしみじみ感じた。

理屈で。この色にはこの色が合うとか。この丈にはこの形が似合うとか。そういうので決められない要素がある。私自身のキャラクターとか肌色とか体型とかで。ベストな組み合わせも違ってくる。課題だった「色の選び方」(地味な色を選び過ぎて顔映りが悪い)も。だいぶ、似合う色が見えてきた。

花散らしの雨  高田 郁

2015.12.20 高田 郁   comments 0
4758434387

角川春樹事務所
Amazon

みをつくし料理帖シリーズの2作目。

とにかく、料理がおいしそうです。
そして、ほっこりする。
主人公の澪を応援したくなりますね。

「りうさん、恋は厄介なものなんですか?」
「厄介ですとも。楽しい恋は女をうつけ者にし、重い恋は女に辛抱を教える。淡い恋は感性を育て、拙い恋は自分も周囲も傷つける。恋ほど厄介なものはありゃしませんよ」

なんか、いいですね。この描写。言い得て妙。

シンプルなのだけれど。「忍び瓜」が美味しそうでした。
今度、作ってみよう!

(2015.8.3)
関連記事
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***