FC2ブログ
Loading…
 

必要十分生活  たっく

4479794786
大和書房
Amazon

自分の「必要十分」を知る。

炊飯器もプリンターも掃除機もいらない、と。
著者のミニマリストぶりは相当激しいです。
下着も3枚をローテーション、靴も3足だけ。

「参考にならない」と放り出しそうになる内容ですが。
よく読めば、彼は「俺を真似ろ」とは言っていません。

頭を使って、心地よい「ルール」を作ろう、という提言。
ただ「いかに減らせるか」を考える必要性は説いています。

著者の持ち物紹介にも多くページを割いていて。
ご多分に漏れず、デジタルの申し子&Apple信者の様子ですが。
ペンや紙には案外こだわってらして。

万年筆(ペリカンのスーベレーン)を持ってらっしゃる。
これと三菱の証券用ボールペンを一本。この二本のみって凄い!
ボールペンは高級なものでなく使い捨てのものですが。
書き味を考えたら、間違っていないチョイスです。

デジタル寄りの自分の生活を披露しつつも。
アナログの良さを否定しない一言を必ず添える気配りが伺われる。
そもそも、アナログを愛する気持ちも持っておられるんですね。

なによりも一番、共感したところは。
なぜか、「セダンこそ、車」の一言でした(笑)

ワゴンやコンパクトカーの方が便利なのはわかるのですが。
私も車好きとかではないながらに、車は絶対にセダンだ!と。
なんと言っても、車らしい。車として美しい。
そして、一番大切な「人を運ぶ」役割を必要十分に果たしている。

私自身、自分のもの選びは「車だったらセダン」的だと思っている。
道具においては、単機能で美しいものが好き。
そしてセダンがそうであるように、形が美しいもの。
ただそれは、「無駄がない」というのとはちょっと違う。

シンプルライフを志した日々の中で。
ミニマムなデザインの美しさも知りましたが。
私はもともと切り詰めたデザインより、
大らか、優美、遊び心があるデザインが好きです。

「必要十分」よりは「遊び心のトッピング」が欲しい。
ていうか、そういうものが程よくある状態が「必要十分」。

さて。冒頭で著者がこんなことを書いていました。

「何となくこう決めている」と「ルール」とは違う。
曖昧な決まり事は、隙間から多くのものが漏れて行く。
そしていつしか巨大な山となる。

あ。思い当たります。
私のルールは今も昔も「自分が好きな物」だけ持つことですが。
「好き」の定義がゆるいというか・・・
「好き」の最上級の物だけにしたいのに、
「まぁまぁ好き」を許容してまう。
何が自分の「好き」の最上級かを真剣に突き詰めねば!

あ。脱線しました。本の感想に戻ります。

著者の言葉で、セダンの次(笑)に共感したのは。
「選ばなくてもいいことは一流の証である」というところ。
ごちゃごちゃメニューがあるのではなく、これだけ!という店。
そして、それは生活に応用できるのだ、と。

以下長くなりますが。
私自身が常日頃思っていたことなので、引用します。

 身の周りの物も同じです。多少お金に余裕があったり、部屋にスペースがあったりしても、最高の品だけを持っているべきです。二流品を周りに置くだけで、一流品の価値が間接的に落ちていくのです。具体的には、メンテナンスの頻度が落ちたり、保管方法が雑になったりします。服であれば、クリーニングに出すのが面倒になったり、タンスに詰め込んでシワが増えたりします。さらに、「この服は最近着ていないから着てみるかな」と、たいして気に入っていない服を着てしまい、休日のお出かけを台無しにしてしまうかもしれません。

 品物の値段は一流品を満たす十分な条件ではありません。一流品であるための、必要かつ十分な条件とは、ご自身が惚れ込むことです。物の価値を決めるのはお店がつけた値札ではなく、自分自身なのです。気分が盛り上がらない物は、たとえ高級ブティックで買った服であっても、二流品といえます。逆に言えば、安くても、最高と思うものであれば、それは最高級品になるのです。

 これは物を作る側から見ても健全な環境です。値段にかかわらず、本当にいい物を作っているお店というのは、これから先も残って欲しいものです。壊れた時に修理をして欲しいのはもちろんですが、高い技術はそれ自体が文化ですから、消えてほしくないと素直に思います。私たち消費者がよく吟味して買い物をすることで、いい仕事をしているお店は正当に評価されていくと思います。その点で、買い物は消費だけでなくお店に対する投資の側面も持っていると思います。ぜひ、自分が気に入っているお店を贔屓にしてください。


(2016.12.24)
著者の暮らしぶりは正直、まったく参考になりませんでしたが。最後に引用した箇所を読めただけでも、私には「読んで良かった」本でした。

『30日で人生を変える「続ける」習慣』古川武士

4534047703
日本実業出版社
Amazon

好きなことなら、続けられる。

・・・とは、著者はひとことも言ってません(笑)

良い習慣も悪い習慣も脳は区別しないので、
良い習慣を脳が「いつも通り」と認識するまで続けましょう、と。

何が良い習慣かということは前作を参照してください。
新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

で、ですね。勉強という以外であれば。
私は著者が提唱することをだいたい続けています。

早起き(子供の時から)
ブログ(もうすぐ7年)
読書(物心ついてから)
日記(今年で十年日記完了)

これはどれもよく人に褒められるんですけれど。
本人はさほど苦ではなくて。ただ好きなんです。

日記だけは意識的にかなり苦労して習慣化しました。
10年日記の前は5年日記、その前が3年日記。
不思議なことに1年式の日記は数回頓挫しています。

数年先までの日記帳はプレッシャーになりそうですが。
私はむしろ、その方が楽しみに続けられました。

頑張って続けていると、もっと楽しくなります。
去年の今日、一昨年の今日、3年前の今日。
過去の同じ日に何をして過ごしたかがわかるんです。

ただ。記憶力に頼って、三日分や一週間分を書いたり・・・
抜けている日こそ無いものの、「しんどかった」一行の日も。

そこで。ルールを決めました。
書くのは翌朝。昨日のことを思い出しながら。
それも朝食前に必ず、と固く決意。

朝食前っていうか。起きたらまず、書きます。
今では書かないと気持ち悪いくらい「習慣化」しました。

ちなみに古川氏によれば「習慣化」とは以下のようなもの。
自分が続けたいと思っていることを、意志や根性に頼らず、毎日のハミガキのように楽々続く状態に導くこと。

なるほど。となると、日記と早起きは習慣化していますが。
ブログは違うなぁ・・・意志と根性が必要だもの(笑)

ただ、私の場合、読書感想を書くことが元々習慣で。
それがブログに移行したので、努力してる感じはありません。
読書感想は「書かないと気持ちが悪い」ものなのです。

問題は。自分で読む感想はメモで良かったけれど。
ブログだと、最低限の体裁は整えなければならないこと。
読者への気遣いも必要ですよね・・・
(不足しているのは認めます、すみません)

習慣化として弱いのは。
書ける時にまとめ書きしているせいかなぁ。
毎日コツコツ書くようにしたいです。
うん。続いてはいるのだけれど。
もっと気持ち良く続けられるように「習慣化」したい。

あとは。続かないものの筆頭の「運動」ですね。
それと、「勉強」。勉強はもう諦めるかもですが(笑)

さて。本書が提唱する習慣化の手順をざっくりまとめますと。

1 習慣にしたいことをリストアップ
本書には参考に70の習慣を6つに分類して挙げてあります(自己投資、お金、精神充実、時間活用、人間関係、健康・美)

2 習慣年間計画を立てる
一ヶ月にひとつ、習慣化に時間がかかるものは三ヶ月をあてて、一年の計画を立てます。たとえば、1ヶ月目は英語のリスニング、2ヶ月目は英語のリーディング、3ヶ月〜5ヶ月目は筋トレ、6ヶ月めは読書メモ・・・という具合。

3 パターン化する
いつ、どこで、どれだけやるかを明確に決めて守る。毎週月・水・金の20時から30分、自宅で英語の勉強、など。

4 例外ルールを作成する
イレギュラーを想定して、その場合の対処法をあらかじめ決めておく。突然の残業で帰宅が遅くなったら15分だけテキストを読む、とか。移動の電車内で単語帳を眺めてOKにする、とか。なるべく休まないことが大事。

他に細かいコツが丁寧に書かれていますが、軸はこんな感じかな?

私が思うに、最後の例外ルールは欠かせません。
これがないと、挫けてしまいがち。
あとは、儀式やご褒美というのもあればベター。

本書を参考にしたら、好きじゃないことも、続けられるかな?
でも、好きじゃないなら続けなくてもいいかな?

いや。好きだけど、続いているけど、アップアップなものを、
もっと苦にならずに続けていけるようになるかな?

いきなり苦手なものから着手せず。
ブログを書くことをある程度パターン化してみようと思います。

(2016.12.24)
実は一つもう始めています。私なりのゆるい基準ですが。「例えタイトルの入力だけであってもいいから、毎日ブログを書く」ということ。最初、夕食後の一時間と決めたのですが守れなくて(笑)編集画面を開くだけでも「習慣化」すると、じわじわと効果があります。

『気持ちの整理―不思議なくらい前向きになる94のヒント』斎藤茂太

4837973124
知的生きかた文庫
Amazon

のんびり、前向き。

よくある人生訓かな?と思いながら読んでいると。
特別なことを言ってないのだけれど、ホッとする。

前向きって、どうもガムシャラ感がありますが。
のんびりと何となく、ほんわか明るいくらいでいいのかも。

前進しようとするから、「わぁぁ無理」となるので。
「窓の外を眺める」ことから始める。

私も昨年、かなり、どん詰まってまして・・・
ひたすら真剣にジタバタしてたのに。
浮上するきっかけは、すごく些細でした。

身なりを整えることと、部屋をきれいにすること。
それで大きく何かが変わりはしませんが。
少し、自分のペースを取り戻せた気がします。

以下、少々長めの引用。

 人間が生き生きと毎日を充実させて生きていくためには、目標が必要だ。それは、どんな目標でもいい。大好きなアーティストに会うことでもいい。何かひとつの仕事をやりとげることでもいい。休暇を取って旅行に行くことでもいい。

 何か目標があれば、それが励みになり、前に進む原動力になる。人間が悩みに落ち込むときは、だいたい先が見えないときである。どちらの方向に進んでいいのかわからず、右も左も視界が開けず、どんづまりのような気分になる。一メートル先も見えない霧の中にいるようなものだ。

 そんなとき、じっと動かずに霧が晴れるのを持つ手もある。晴れて視界が開けてくれば、また動ける。または、誰かに手をひいてもらうのもいい。人のいうことに素直に従ってみるのである。むやみに走ってみる手もある。走れば、見える景色もまた変わってくる。走っているうちに、どこかに行き着くものだ。もしも道が間違っていたとしたら、また方向転換をすればいいのだ。

 あなたは今、何か目標を持っているだろうか。まずはあせらず、小さな目標をつくってみよう。「きょうの目標」「今月の目標」である。それができれば、自然にもっと先の目標も見えてくる。一年単位の目標、十年単位の目標も設定してみよう。目標は途中で変えたっていい。とりあえず現段階での指針をつくってみよう。

 一里塚を目標に歩いていくうちに、いつのまにか遠くまで歩を進めているものだ。ときには立ちどまってもいいし、走ってみてもいい。あなたの人生を一歩一歩、進めてみよう。

 病気にかぎらず、「おれはいつもふんだりけったりの目にばかり遭っている」という人も、いつかドカンと不幸にあったら、すっきりさっぱり、幸せな体質になってしまうかもしれない。大きな不幸を乗り越えたら、「これ以上悪いことなんてないさ」という度胸がついて、ささいな不幸ははね飛ばす力がつくかもしれない。

(中略)元マラソン選手の増田明美さんが、テレビでこんなことをいっていた。
「挫折したときは、階段の踊り場で休んでいると思えばいい」
 病気も階段の踊り場なのである。


(2016.12.10)
小さな目標、私も立てましたよー。
これも効果がありました。

基本の10着でつくる大人ベーシックスタイル  本瀬久美子

4479920943
大和書房
Amazon

着回しのコツと、自分好みのテイストの把握。

基本の10着?
無理でしょー。足りませーん!

きれいめ・カジュアル・ナチュラル、と。
テイスト別に提案しているのは親切かな。

眺めてみると。
私はカジュアルとナチュラルは無視!
眼中にないというか、着ないわーというテイスト。

確実に。「きれいめ」一択です。
まだしも何とか、着れるのはこのタイプ。

それでも、私に似合う色ではないし。
シンプル過ぎて、形がダメだ・・・
私は貧弱な体型なんで、装飾を足さないと。

上品で、シンプルで、決して悪くないんです。
なかなか上手く着回しているんじゃないかしら。

問題は。確実に私に似合わないということです。
あと。あまりにも「ザ・定番」「ど真ん中」過ぎる。

ではありますが。
着回しするコツは、やっぱり服選びなんだなと実感。
10着とは言わないまでも、絞り込んで行きたいな。

私の好きかつ似合うものも基本の10着に入っていて。
カーディガンとフレアースカート。これは鉄板。
この二つのアイテムをいかに効果的に着回すか。

あと。本書で提案しているのと型と色は変えて。
応用のきくノーカラーのジャケットを持ちたい。

で。いくら好きだからと言っても。
「きれいめ」の服だけで生活はできません。
カジュアルが苦手過ぎて、ふだん着がボロボロな私・・・

きれいめカジュアルとかいうのも馴染めなくて。
お出かけしない時の服装がネックになっています。

それはともかく。
真似したいとは言えないものの。
ファッションにおける自分の好みや課題が確認出来、
買い足さねばならぬもの、撤廃すべきものが把握できました。

(2016.12.24)
装飾性は私には「必須」であると言い切りますが。
それでも「要素」「色」をもう少しすっきりさせようと決意。
そのためには「自分に似合うもの」を見定めなければなりません。
この大きな課題、研究してみるのは楽しそうだな。


『5 (ファイブ) 』ダン・ゼドラ

4903212459
海と月社
Amazon

5年後、あなたはどこにいるのだろう?

あ。これ。副題です(笑)

もっと、もっと、生き生きと今を生きよう!
やりたいことをやろう!

そう力強く励ましてくれる、応援歌的な本です。

様々な名言がちりばめらていて。
そのチョイスと編集が上手い。

読むと、やる気が湧いてくる本なので。
停滞気味、もしくはどんより沈んでいる人にオススメ。

的を定めなければ、永遠に的を射ることはできない。

仏頂面で過ごすには人生は短い

わたしたちは常に、自分が想像しているよりもはるかに多くのものを持っている。自問すべきは、「できるだろうか?」ではない。「どうすればできるか?」だ。

惰性で生きたり、本心を偽ったりするのはもうやめよう。人生は冒険だ。これからの5年間を、現状維持ではなく、学習と成長に捧げることを決意しよう。

毎朝、わたしは目覚めると2つのことを決意する。ひとつは、世界を変えること。もうひとつは、その日を思いきり楽しむこと。1日の予定がなかなか立たないことがあるのはそのせいだ。

もし自分が考える「成功」ではないなら—たとえ世間体はよくても自分の心に照らしてよいと感じられないなら—それは断じて成功ではない。

成功とは、価値ある理想を1歩ずつ実現していくことである。


(2016.12.9)
5年後、わたしはどこにいるのだろう?
秘かに、めざすところを思い描いています。


「★★★★★」 また読みたい本
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***