Loading…
 

続けて行く決意。

ccIMGP8052.jpg

とうとう、このブログも今日で7歳。
通って下さっている方はご存知の通り、私も一つ歳を重ねます。
なにしろ、誕生日にスタートしたブログですので。

私の年齢は伏せておきますが。
積極的に隠してもいないので、推測は可能でしょう。
あ。聞かれても答えませんよ!(笑)

長かったような。短かったような7年。
今までに、何度もやめようと考えました。
辞めたくなった理由はその時々により少しずつ異なり。
平たくいえば、いずれにせよ「心の問題」でした。

ところが一昨年、事件と呼べる事態からの失職と再就職で。
「時間の不足」という新たな危機が発生しました。

このブログはそもそも「暇すぎる」という理由で始め。
時間だけはたっぷりあることが私の強みだったのに・・・

仕事に時間も精神力も体力も奪われて。
やりたいことが出来ず、不満と失望と諦めとヤケに囚われ。
「疲れた」「しんどい」「もう嫌」が口癖になりました。

でも。「ブログ」はやめなかった。
やめてもいいやと何度も思ったのに、やめなかった。

読者数、アクセス数は減り続けているけれど。
強がりではなく、今は本当にそのことが気にならない。

読んで下さる人は少ないけれど。
丁寧に読んでくれているように思います。
それが気のせいではないことを知る機会にも恵まれました。

昔。私が他人には理解されないだろうと思って書いた言葉を、
「素晴らしい!」と激賞して下さった先生がいました。
あの時の喜びはどれほど日が経っても褪せません。

私は、先生だけが特別な例外だと思い込みましたが。
わかってくれた人は他にもいたかもしれないと今は思います。

どちらにせよ私は。誰かの理解や共感を得ることはなくても。
思ったことは「書きたい」人間なのです。

感情を吐き出すように書くのはあまり好きではなくて。
意見を述べるというのもやはり性には合わない。
あるようなないような「自分の考え」を、
自分の心の中から見つけ出して、整理して・・・
「あ、そうだったんだ!」と腑に落ちる瞬間が好き。

読んでくれる人がたとえいなくても「書く」「書きたい」。
そのくらい「書きたい」ことが「本物」なのだと思う。

私が文章の出来不出来は別として、
「書けた」と感じることができるのは。
そういう「書かずにはいられない」何かを見つけて、
「書き表せない」もどかしさにメゲズに「書いた」時。

語彙不足・才能不足に泣きそうになりながらも踏ん張り。
自分の頭のなかの言葉を精一杯、かき集めて書いた時。

足りないのは「言葉」だけではないんだな。
頭と心の体力というか、センスというか、経験値というか。
それでも。「不足」を認めつつも、書く。
そのしんどさのなかに、楽しさがある。

「自分自身との対話」でありながら。
「読んでくれているかもしれない誰か」に向けての言葉。

読む人が何を感じながら読むかはわからない。
感じて欲しいことや、伝えたいことがあるわけではない。
でも、何かが伝わったということを知るのは何より嬉しい。

私の言葉が通じる(それは奇跡だと思いました)先生の存在は、
文章を書く私の気持ちを強く支えてくれました。
だからと言って、書く内容までもが変わるわけではない。

違ったのは「本気度」です。

自分の能力の範囲でではあるけれど「妥協しない」ということ。
その気概を与えてくれた、大好きな先生でした。
「ほんとうに思っていること」を書く勇気も与えてくれました。

今、あの時の気持ちを思い出しながら書いています。

いつも全力の本気、というわけにはいきませんが。
私の文章を嬉しそうに弾んだ声で読んで下さった先生のように
素敵な「同族」の読者さんがいることを忘れることなく・・・
「私」の言葉を紡いでいけたらと思います。

「上手く」というより、「素直に」。
ただ素材のままという意味での素直ではなくて。
シンプルだけれど、香辛料も程よく効いたお料理のように。
自分の好きな味付けの、何度も食べたい一品みたいに。

コンビニ・ファミレス・ファストフード味は避けたい。
でも家庭料理ともすこし違う気がするし。
何だろうな、私の目指している味って。

やはり「ひと味違う」隠し味は持ちたい。

以下、今までの「誕生日記念記事」のリンクです。
未読かつ、ご興味のある方、かつ暇のある方はどうぞ。


2011年(1周年)「ダブル・バースデー その2~ブログ一周年」
2012年(2周年)「そして月日は巡る」
2013年(3周年)「気づけば、ブログ3周年」 
2014年(4周年)「ぶつくさ言いながら、4周年」
2015年(5周年)「とうとう5周年。ありがとうございます。」
2016年(6周年)「あ。そういえば誕生日だった・・・」

以前も書きましたが。2012年の記事が気に入っています。
笑えることに、ほぼ今日と同じことを書いています。
いえ、毎年毎年、内容は似たようなものです。

来年は違うことを書けたらいいなと少し、思います。
でも。こうして変わらぬ想いを持ち続けられるのも幸せなこと。
いつも読んで下さる方も、初めての方もありがとうございます。

私は読むことが書くことよりも好きなくらいなので。
「読む力」ということを強く感じます。
ううん、「読み手の存在の力」・・・かな。

ふふ。もう長くなるし、上手くは言えませんが。
「読み手」はもっと、どうぞ威張って下さいね。
「読む」ってほんとうに実は凄いことです。

モレスキンのある素敵な毎日  中牟田洋子

4479783598

大和書房
Amazon

芸術的センスがあるユーザーが多過ぎ。

たぶんね、だからモレスキンの敷居が高くなるんです。
ま、お値段も高いですけれど・・・

大きさ(私はポケット・ラージ共に使用)の割に、
みっちり書き込めるし、ページ数も多いので。
案外、コストパフォーマンスは高いんですよ。
(注:定価でなくAmazonで安値で購入した場合)

あと。使用中・使用後の佇まいが美しいです。
ただの真っ黒、というのは視覚の邪魔にならない。
なおかつ、アレンジも効く。

紙質は正直、万年筆の裏写りがあるのが辛い。
し、ハズレに当たると背の部分から剥がれます・・・
品質と値段が見合っているかというと言葉に詰まる。

でも。ここしばらくモレスキンをやめてみて。
やはり他のノートにはない良さが見えて来ました。
一番は表紙の固さですね。ここが最大のポイント。

実を言えば、百均のそっくりさんも試してみました。
これが結構使えちゃったりもするのですが。
なぜか、使っていてテンションが下がってしまう。
ページ数も少ないし、ぱっと見分からないけれど、
全体にやはり、しょぼいんです(当たり前ですが)。

本書で紹介されるモレスキンユーザーは軒並み上級者。
紙面が、ミニ雑誌かなんかのようにカッコいい。
色づかいのセンス、レイアウト。字体まで洒落てる!
イラストレーターさんのものなど、もはやミニ画集。

こういうのを書きたい!

・・・とか思うと、挫けますよ、凡人は。
まずは、ぐっちゃぐちゃに書き込んでもいいと思う。
それから、自分の書きたいことを自分なりに整理して。
少しずつ、「私の書式」を作っていけばいいんです。

部分的に参考にしてみようという目線で眺めると楽しい。

さらっとした紹介に物足りなさを感じる人もいるでしょうが。
「アイデア集」として活用できて、むしろ好きです。

登場するユーザーも徐々に自分の様式を作り上げたのが分かる。
ノートというより、小さな本を作る感覚がどこかにある。
それはモレスキンの形のせいなんだと思います。

そう、そこが好き。

本書は入門篇というよりは。
すでに使っている人が使い方に工夫加えたい時に役立つ本かな。
逆に言うと、もうそれくらいやってる!って場合も多いのかも。

私自身は文字の書き込みがメインですが。
それでも色とレイアウトに試行錯誤中なのです。

(2017.1.16)
過去に読んだモレスキン関連の本の感想を貼っておきます。
恥ずかしながら、私のモレスキンも少し載せてます。
このころは「モールスキン」と頑なに呼んでいました。


モレスキン「伝説のノート」活用術

ニットマルシェ vol.20

2017.02.26 手芸   comments 0
4529054977

日本ヴォーグ社
Amazon

またも、編みたい!で終わる・・・

ていうか、そもそも何でこの本を借りたか不明。
ネット上で、編みたいものを見つけて。
それが、この号に載ってたからだと思うのですが。

手元に本が来てみると。ナニを編みたかったかわからず・・・
それでも、つらつらと眺めていると可愛いものはあり。

P14のピンクッションが是非とも編みたい。
シザーキーパーもいい。うん。
配色は本のポップな感じから、自分の好みに変えて。

あと。P56のリフ編み。
これ、トルコの編み方なんだそうですが。
ふかふかの厚地の花模様が編めて可愛いですよ。
私はネットの動画を参考に編みました。

慣れたら簡単ですが、手は疲れるかなー。
次回の座布団はリフ編みにしよう。
今使ってるのも自作の手編みなのですが。
二度とこんな大変なものを作れそうにはないので・・・

ああ。編み物がしたい。もう冬は終わるけれど。

(2017.2.20)
ちなみに私が編んだのはリフ編みのコースター。
目が不揃いなのと、余り毛糸使用のため色がダサい。
よって、ここで披露するのは控えます。

心の整骨  036 life

2017.02.24 life   comments 0
存在する唯一の教師は、唯一信頼できるほんものの教師は、自分の意識なのだ。それを見つけるには、静寂のなかに–––––ひとりだけでひっそりと––––身をおかなければいけない。なにもない地面の上に、何も飾らず裸のままで、死んだようにしていなければならない。
                 
      スザンナ・タマーロ「心のおもむくままに」

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

今日の心模様 170214

ああ。嬉しいな!と感じる何気ないこと。私の気に入っているドラマをあの人も見ているんだ、と。約束が果たせずにいるうちに音信不通になってしまった憧れの女性。お会いしたことはないけれど。幾度も私を励まして下さった人。美しい言葉を紡ぐ人。

私は、私を乗り越えられるだろうか? 心の壁の内側にびっしり生えた苔のような思い込みを剥がして。もう忘れてしまった「私」を取り戻せるだろうか。ちょっと見える気がするのだ。まだらに描く木洩れ陽の影のように、懐かしい私が。「私」へと戻る道は、けれど回帰ではない。今の私を越えて行くことだ。

「話法が違う」という言葉。誰にでも同じには話さない、話せない。人は対する人によって言葉遣いも着替える。時には意識的に、時には無意識に。お気に入りの服もあれば、窮屈で好きになれない服もある。割り切って着る「便利な」服もある(制服のような)。マナーでもあるし、自己防衛でもあるし。

とっておきだから。滅多に着ない服もある。気に入ってはいないけれど、場面を比較的選ばない便利な服もある。そして時々。気づかぬ内にシミをつけてしまったり、破いてしまったり、ほつれてしまったりしている服もある。好きな服を着ることができない環境は。じわじわと私のアタマを蝕んでいるのかもしれない。

自発的に変えていた筈の話法に。自分が染まってしまうこともある、きっと。

ツイッターをやめて、だいぶ気持ちはすっきりして。
でも、少し、淋しくて、不自由でもあって。

気がつくと「ツイッター風」の短文で書いていました。

でも。今後は「本のこと」中心のブログにする、と。
よくよく考えて決意したのですから、意志を貫くことにします。
あ、今日だけは「最後の」例外、としておきましょう。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

表示中の記事

  • 2017年02月
2017年02月28日 (火)
続けて行く決意。
2017年02月26日 (日)
ニットマルシェ vol.20
2017年02月24日 (金)
心の整骨  036 life
2017年02月23日 (木)
今日の心模様 170214
次 >>

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***