Loading…
 

あたしの一生  ディー・レディー

487031696X

飛鳥新社
Amazon

あたしの主人、ではなく。あたしの人間。

ああ、そうか。
猫は自分が飼われているとか、保護されているとか。
そういう風には考えていないのかもしれないな。
うん、きっと、そうなんだな。

飼い主への愛情は深い。
その想いのまっすぐさに胸が痛むほど。

この物語の主人公は、猫のダルシー。
飼い主が自分を選んだのではなく、
自分が飼い主を選んだのだと、強く主張する。

彼女の良いところは。
一途に「あたしの人間」を愛しつつも。
誇りを持って「あたしの人生」を生きている点。

これは猫が語る自分の一生の物語だけれど。
彼女の人生・・・ならぬ猫生は、
飼い主にとってかけがえのない贈り物だったとわかる。

自分らしく生きる。

そう願うのは簡単だけれど。
そこに愛が絡む時。その実現は難しくなる。
でも、だからこそ、人生は輝く。

猫にでも出来る、とは思わない。
猫だから出来る、とも思わない。

多くを望まず、しかし自分の求めているものには貪欲な生き方。

猫好きさんも。そうでない人も。
人嫌いさんも、人見知りさんも、寂しがりさんも。

愛ってなんだろうと考えてみたことのある人は。
胸にズキン、と響くものがあるでしょう。

著者が何度も繰り返したであろう言葉を、最後に。
「ありがとう、ダルシー」

(2017.4.6)
感想を書くにあたって。もう一度読み返しました。
(再読日は2017.8.25です)
内容を軽くチェックするつもりだったのに。
気付けば最後まで読み切っていて。目には涙・・・
猫目線の物語を読むのはこれが初めてではありませんが。
これほど、リアルな猫らしさを体感したことは無かったかも。
小説向きに脚色されていない、これぞ猫!な感じ。
(あ。私、擬人化された猫が主人公の物語とかも好きですよ)

意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本  舘神龍彦

4799315846

ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

完璧な手帳はありません。

手帳選びについて著者はまず、そう断言しています。

そりゃそうですよねー。
だから「自作」に走っちゃう人もいます。
私も、ほぼその直前まで行きました。

でも。せいぜい「カスタマイズ」に留めるべきかな。
そこまで労力と時間を注ぐほどのメリットはないような・・・

自分に必要な機能を持った手帳を見つける。
同じものを使い続けて、使い方を安定させる。
それが結局、いちばん効率的。

何しろ、手帳で大事なのは。
どこを見れば何が書いてあるかわかること。

毎年違うのを使っていると。
見たい情報を見つけるのに、モタモタします。
書き込むのも、サクッと出来ない。

手帳に対して「求める」のではなく。
手帳を工夫して「使いこなす」べきなんですね。

だからって、どんな手帳でもいいとまでは言えず。
自分と相性がいいものを見つけた方が快適です。

私は、紙質やサイズ、デザインに比重を置きがち。
使い勝手を犠牲にし過ぎて、失敗します・・・

まずは。
自分が手帳に何を書きたいか。
手帳を書くことで何を実現したいかを熟孝すべき!

私が願うのは。
自由時間を増やすことですね。
疲れているからとダラダラして余暇が潰れるのがイヤ。
時間の使い方が上手くなりたいのです。

下手でもいいやん!と開き直っていつつも。
浪費し尽くされた時間の残骸を日々眺め暮らすのは辛い。
疲労を言い訳にダラけ過ぎの毎日には飽き飽きです。
でも、気合いや決意では、どうにもならない。

というわけなので。
私には急務と言っていいですね、時間管理。

時間など考えずに熱中できることだけやればいい、と。
ずーっとそう思って来たんですけれども。
計画性を持たないと、熱中するための時間も持てません。

あ。本書の感想から、かけ離れてってる〜

正直、もう覚えてないんですが、
(読後のメモを頼りにこの記事書いてます)
どんな手帳を選べばいいか悩む人の助けになるはずです。

手帳とスマホを併用して使ってもいいんですよ。
どちらに、どんな役割を持たせるかさえ決めてあれば。

私もまだまだ試行錯誤します・・・

(2017.3.8)
2018年は、バーチカルタイプに回帰しようかと。
今のところ、有力候補は伊東屋の24時間手帳。
昔、何年か続けて使ってました。サイズもコンパクト。
ただ、老眼気味な私には少々辛い小ささかも・・・

第二候補は、これ!

名画座手帳2017
名画座手帳2017
去年、とある書店で実物を見て一目惚れ。
勢いで買いそうなぐらい、気に入ったのです。
だけど、こっちは少し大きいかな・・・
(制服のポケットに入れたいのですよ)

50歳、おしゃれ元年。  地曳いく子

4087815307

集英社
Amazon

おしゃれは人生を楽しむためのもの。

イマイチの服を着ている時間の余裕などない。
好きなものを自由に着て、
人からも「あら素敵」と思ってもらえると嬉しい。

・・・というのが著者の考えで。
全面的に、大賛成です。

地曳さんが目指すのは「ナイス&カジュアル」。
=張り切りすぎず、決めすぎず、好印象でセンスがいい。

私の理想もそうだけど、なかなか出来ないんだよなー
でも。著者は以下のような信念をお持ちです。

余計なものを買わず、本当に似合うものだけを真剣に探して、めぐり逢った時だけその出会いに感謝して買い、服の寿命が尽きるまでフルに活用する。こういう心がけの人には、洋服の神様が「その人を輝かせる最高の一着」を必要な時にめぐりあわせてくれるはず。

そうかも。うん。洋服の神様っているような気がする。

不要な服を捨てないマイナスについての辛辣なご意見も。

どんどん増える。あるからつい着る。後悔する。
部屋着にしても、鏡を見てゾッとする。

さて。ファッションについて書かれた本で共通することは。
「サイズにこだわる」という点。私自身の課題でもあります。

本書では「スカートは5ミリ単位でこだわって」と・・・

うう。厳しいな。
一方で。気が楽になるような一文も。

アクセサリーは外出のたびに変える必要なし。
つねにアルハンブラのネックレスという友人もいるが素敵。

しかしね。
常につけても飽きないアクセセリーを見つけるのが困難・・・

(2017.4.1)
著者のおしゃれについての考え方が好きです。

飾る・贈る・楽しむ 花屋さんの花事典  

4816359648

ナツメ社
Amazon

花屋さんで売ってる花のことがわかる本。

とても、わかりやすいです。
ていねい、親切な本。

切り花をよく買う人は持ってると便利。
花言葉や花名にまつわるエピソードも載っています。
花屋さんで選ぶ際のポイント、水揚げ方法、日もちなども。

写真もきれい。なかなか良き事典。

(2017.3.13)

すぐやる!   菅原洋平

4905073464

文響社
Amazon

変えるのは、「脳に入る情報」

「行動力」を高める“科学的な"方法・・・と副題にあります。

行動力がないという自信は非常にあります。
やることを後回しにし、切羽詰まらないとやらない・・・

しかし、著者はそういうタイプの人間はいない、と断言。

自分を否定する前に、自分の無意識の「脳への指令」を見直す。

脳が「正しい指令」を出すようになり、「行動」が変わる。

自分の時間を充実させられるようになる。


やるかやらないかのせめぎ合いが脳を疲れされるので、
そういう状況を作らないようにしましょう、と。

たとえば。
ついつい、見たくもないテレビを見てしまう人は。
そもそも、リモコンを見なければいい。

リモコンを決まった場所へ必ず片づけ。
テレビを見ようと思ったら、そこへリモコンを取りに行く。
するとテレビを見ることが意識的な行動になる。

結果、踏みとどまることも出来るようになる。

あとは。出したものは元の場所に必ず片付ける。
いつもと違う場所にあると脳が無駄なエネルギーを消費。

バッグの口をきちんと閉めるという些細なことも怠らない。
「行動に区切りを付ける」習慣をつけることが大事。

内言語(頭の中の言葉)も変える。

「できるはず」は、アウト。
「ここまではできる」と到達点を具体的に。
現実に出来ていないことを脳に要求しないように。

早く寝ようと思ったら、入浴を早くする。
やろうとする行動の「基準行動」を見つけてそこを改善。

たとえば、「寝る」の基準行動は、「入浴」「食事」など。

持ち物から省エネポイントを探す。
使い方、しまい方の工夫と、固定。

失敗談で盛り上がらない。そういう会話に参加しない。
実行出来たことを言葉にする。脳に言い聞かせる。
なぜなら、言葉にすると定着してしまうから。

ざーっと書き出してみましたが、まぁ納得です。
具体例が載っているのがいいですよね。

帰宅後に勉強するという習慣がつかない人は。
帰宅したらノートを机に広げ、日付けを書く。
たとえその後、勉強しなくてもいいのでこれだけ続ける。

ええ。習慣ってね。地道に育てるしかないわけです。
習慣を変えるのは環境の変化がない限り難しいんです。

だから、脳をだます。
ほんのちょっとずつ、変えていく。

自分の脳は、自分で望むように作れる、と著者の言。
簡単に言えば、「思い込み」ですよね。

出来ると思い込んでることは、結構出来るんです。
そのことを確認したり自慢したりすると、さらに強くなる。
「良い思い込み」を増やせばいい、ってことかもしれません。

できないと思ってると、ずーっと出来ない。

ただ、「できるはず」というのは間違った思い込み。
「できるはず」と自分に言い聞かせると失敗する、確かに。

本書の内容を自分が応用するとしたら。

帰宅したら、ブログの管理画面を開く。
書かなくてもいいから、開く!ってとこですかね。
それを続けたら、毎日記事が書けるかもしれません(笑)

いや。笑い事じゃなくて。一時期それが成功してました。

毎日、ひとつ記事を書こうと決めると出来ないんだけど。
ただ画面を開くことだけ守っていると、いつの間にか書けてる。
タイトルを入力するだけだったりもしますが・・・
それでも、画面開かなかったらゼロですからね。

さっそく、今日から管理画面を開くことを習慣にします。

(2017.4.3)
色々、「行動力」を高めるコツが紹介されていますが。
著者が強調しているのは、睡眠の重要性。
睡眠不足は絶対にダメ、としつこく書いておられます。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***