FC2ブログ
Loading…
 

悪魔のささやき  加賀乙彦

4087203549
集英社新書
Amazon

人間はなぜ殺人者となるか、なり得るか。


私は殺人ということに興味というか、自分なりの考えがあります。
その考えは、著者とほぼ一致しています。

要は、誰でも(当然私も)殺人者にはなれるということです。

著者は人が凶事に走ることを後押しをする力を、
「悪魔のささやき」と名づけました。

宗教的ニュアンスが入るため、
できれば「悪魔」という言葉は使いたくなかったそうですが・・・

その「悪魔」の力はどんな時、人を動かすのか。
その圧倒的な力に負けないにはどう生きたらいいか。

何しろ、著者は犯罪心理学者として身を立てようとして、
何百人という犯罪者に会ってきたのです。

何より、殺人者が殺人に至る経緯のあっけなさが怖い。
まさに「悪魔のささやき」にふっと乗ってしまったような。

著者は「私たち日本人は、特に流されやすい」と言います。

もの凄く、簡単に言えば。
社会が刑務所化している。そして人間の関心も狭くなっている。
興味の幅が狭くなるというのは大変、危険なことなのだと言う。

そして。
悪魔は人間の無知につけこむ。

そうですね。
加賀氏の言葉を追いながらゆっくり考えていくと。
私はやはり「悪魔のささやき」には乗らない人間ですね。

(でも、「悪魔のささやき」を聞くことはありますよ)

氏が語る「悪魔のささやき」を避けるための方法は。
つまるところは、「自分を生きる」ということです。

本物の「個人主義」は、自分の生き方を決めるということ。
流されずに自分について考え、自分を育て、生きるということ。
著者も言うとおり、それが一番大切なことだと思います。

自分自身の内面を見つめ、個人としての成長を重んじること。
自分で物事を考えること、そして反省すること。

悪魔のささやきに乗る瞬間、
きっと「自分」は失われているでしょう。

そういう、「自分を失う瞬間」を日常に持って生きている。
自分の心や意識を、乗っ取られることが珍しくないような、
そんな弱い意識しかない「自分」を生きている。

いえ。やはり。
私もそうなりかかっている・・・と思います。

時代にそのまんま乗っかれば、そうなります。
そうじゃないな。どの時代でも、あることです。

自分自身と対峙するのは決して楽なことではない。
不満足だらけの「自分」を育てるのもしんどい。
もっと言えば、自分の姿なんて見るのも面倒くさい。

「自分」を好んで「失う」素地があって。
社会のシステム、風潮、娯楽がそれを後押しする。

凶事は「強い自我」が生むものではない。
むしろ「自我」の空白から生まれるのだという気がする。

残念ながら。
ありとあらゆる恐ろしい犯罪の根っこは。
人間の「欲望」から生まれている。

たいていの人は道徳や両親や理性などが歯止めになり、
それらの欲望は娯楽や空想で遊ぶだけに留めて一生を終える。

でも。その歯止めは脆い、と著者は言う。

人がもともと持っている残虐性を。
解き放つきっかけとなるのは些細な偶然であることが多い。

「漂っている意識」が危険なのだ・・・というのもわかる。
そして、その「漂っているふわふわした意識」はよく見かける。

あ。私もその一員になりかかってた・・・

(2017.6.8)
怖くて、面白くて、共感して、反省する。
そんな、感情が「忙しい」読書となりました。
読了した本は、付箋で膨れ上がっていました。
犯罪心理に興味のある人はぜひ、ご一読を。
加賀乙彦の小説もそういえば昔、読んだなぁ・・・
近々、また何か一冊読んでみよう。

小さい“つ”が消えた日  ステファノ・フォン・ロー

4384055145
三修社
Amazon

小さい“つ”が可愛い〜

外国の方が、日本語の五十音をモチーフに描いた絵本。
かわいいお話ですね。

うん。まぁ。でも。
だからどうした〜とも言えちゃう内容。

ほっこりしたい人は読んでみてもいいかも。

(2017.6.7)
イラストも可愛いです。

人生はふんどし1枚で変えられる  中川ケイジ

4799314491
ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

なんで、ふんどしやねん!?

あ。皆さまの心の声を代弁してみました。
職場の物入れを整理整頓していたら、出て来て。
軽い好奇心で読んでみました。

なぜ職場に?という疑問もおありかと思いますが。
売り場でふんどしを一種類だけ扱っているのですよね。
その関連で、以前の上司が買って来たんじゃないかな。

(はい、とある小売業に従事しております)

「これを読め!」と従業員に渡したけれど。
誰も読まずに引き出しの奥にしまい込まれたと推察。

(ちなみに。ふんどしは半年に一枚くらいしか売れません)

これが。なかなか予想外に感動的。
著者の人生の挫折っぷりが思ったより本格的。
そこから立ち直っていく過程も思ったよりドラマチック。

起業するって。
なんかすっごく格好いいじゃないですか。
でも。申し訳ありませんが。著者はそーゆーんと違う。
いえ。だからこそ。なんか違う方向にカッコいい。

何より。奥さん、あなたエライよー。
ダンナが「ふんどしの会社を起こす!」と言い出して。
「いいよ!」と明るく言える妻はなかなかいない!

うん。予想を遥かに超えて、いい話だ。
成功談というところまで行ってないのがまた、良い。

(2017.6.6)
著者のビジネスが上手くいくことを心から応援したくなります。
ええ。ふんどし履いたら人生が変わる、という話ではありません。

天職は寝て待て  山口 周

4334036775
光文社新書
Amazon

「いい偶然」を引き寄せることが大事。

従来型の「天職への戦略」は。
「ありたい姿」ー「現実の姿」の引き算。

その差を解消するための行動の計画が
「戦略確定」となる・・・と。

それは違うんじゃないか、と著者は言う。
で。冒頭の太字の台詞がでてくるわけです。

じゃあ、どうすればいい偶然を引き寄せられるのか?
「日々の習慣」が重要だそうです。

まず、就職活動に関するノウハウ本は読まない。
読むとしても、ノウハウ本を読んだ人が出す陳腐な回答から
いかに差別化するかという視点で読む。

そして。天職探しは、
自分が世界に何を求めるのかではなく、
世界が自分に何を求めているかの問いに答えを出すことだ、と。

往々にして人は「自分が好きなこと」と
「自分が憧れていること」を混同している。

その為、何がやりたいかの問いに間違った答えを出してしまう。

あ。わかります・・・
職業じゃないけれど。大学の科目を選ぶ時の私がそう。
憧れて英文科に行きましたが、国文科に行くべきでした。

以下、本文よりメモしたところ(そのままの文章ではない)。

キャリアを考える上では、
「何をするべきか」と考えるのはダメ、
「何が譲れないのか」を考える。

「逃げの転職」をしようとしているのであれば、
一刻も早く逃げ出したいため、拙速に転職先を選んでしまう傾向がある。
「半年待てないか?」
じっと待ってみるのも有効な戦略の一つ。

自由に生きるためには技術が必要であり、
それを身につけるための訓練という側面から、
不自由な時間を甘んじて受け入れざるを得ない。

最後にフロベールの小説からの引用がありました。

どんなに汚くてかっこ悪いものでも、あなた自身のこれまでの人生はかけがえのないものでしょう。そして、また、これからの人生を愛してあげて欲しい。そうして慈しんであげれば、それはやがてかけがえのない、輝きを持つ何かをあなたに与えてくれますよ。

行き詰まって自己嫌悪に陥っている時、
「どうせ私なんて」病にかかっている時、
この言葉を読むと励まされますね。

(2017.6.5)
副題に「新しい転職・就活・キャリア論」とあります。
私はこの本を読んだのが理由とばかり言えませんが、
「逃げの転職」をしそうになっている自分に気づき、
なんとか踏みとどまりました。
まぁ。それが吉なのか凶なのかわかりませんが。

「モノを正しい場所に置く」だけで部屋は自然とキレイになる  佐和田久美

4905073685

文響社
Amazon

整理整頓下手は決断が苦手な人。

これ、本書の中にあった言葉なんですけれど。
う・・・耳が痛い。

著者が書いている通り。
整理整頓というのはそもそも決断の連続。

私。調子が良いときは決断できるのです。
精神か体力かどっちもか・・・が、不調だと。
まったく決断できない人になってしまうのです。

つまりですね。
決断は体力と気力を消耗するのです!

そして。
近頃、また収納術の本を読むのが増えてきたのは。
ズバリ、部屋が散らかっているからです!

さて。
本書はモノの「量」よりも、「場所」を重視。

確かに同じくらいの量のモノがあっても。
散らかっている部屋と片づいている部屋がある。
その違いはモノの置き場所が正しいかどうか。

じゃあ、どうしたら正しい場所に置けるのか。
正しい場所はどうやって見つけるのか。

たとえば。
モノを取りに行くまでの歩数を数える。
理想は3〜5歩、それ以上はストレスになる。

あと。
アクション数を数える。
これは万年筆を例にしますね。
出すまでの手順を考えてみましょう。

1 引き出しをあける
2 箱を取り出す
3 箱を持つ
4 箱をあける
5 万年筆を取る

つまり、5アクション。
これでは手順が多過ぎます。

あとは、散らかりやすいものはひとまとめに。
さっと動かせるので掃除も楽になります。

なるほど、なるほど。
 
(2017.6.1)
でも。私の部屋は片づかないのでした。
なんだかんだ言って、モノが増え過ぎたのです。
置き場所は決まってますが。そこに収まらない。
減らさないと無理ですね・・・

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***