FC2ブログ
Loading…
 

アキラとあきら  池井戸潤

4198942307
徳間文庫
Amazon

出来過ぎだけど、ま、いっか。

池井戸潤は、ふつうに面白いですよね。
安定感、安心感あり。

私としては主人公の二人の男の子よりも。
ダメダメな親族のオジさんたちが気になった。

あ・・・いるいる、こういう人。
わかるわかる、こんな経営者が会社を潰すんだ。

あるある過ぎて、笑えない。
きっと。たくさん。こういう会社があっただろうな。

無能なくせに自信家、妙に楽観的。
失敗は自分のせいでなく、他人のせい。

はぁ・・・。

それに対して。主役二人は出来過ぎだよね。
こんなに有能・優秀な人間に生まれたかった。

(2017.9.11)

つぶやき集 2017年2月 〜水仙盆と水の都の古本展

中之島の東洋陶磁美術館の「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」展では、「天青色」を堪能した後、中央公会堂で今日から開催の「水の都の古本展」へ。部屋に足を踏み入れた瞬間「狭い」と思った。

でもそれは天井の高さが生んだ錯覚だったのか、もしくは中身の充実度が高過ぎたのか。何周も何周も部屋のなかをぐるぐる巡っていると、次々に欲しい本が登場するのには、ほとほと参った。かつてこんなに私の欲しい本が集まっていた古本市があっただろうか。

結局、10冊で我慢したのだけれど。たぶん、この3倍くらいは欲しい本があった。キリがないので、新刊でも買える(高いけど…いつかお金持ちになったら)であろう本と、小口にしみが目立つのはやめにした。バベルの図書館シリーズも本当は欲しかったし。百年文庫はあと10冊は買いたかった。

出店されている古書店の中で。明らかに私の好みに珍しいくらいにぴったり来る書店があって。そう。こんなに翻訳文学の程良いもの(マニアック過ぎないけれどポピュラーに寄ってもいない)が揃っているって素晴らしい。本のコンディションも良かった。ちなみに寸心書店さん。

モズブックスさんも、芸術関係の面白いものがあった。悩んで買わなかった本が何冊もあるけど!お財布と重量に耐えられるなら買いたかったなぁ。どちらも実店舗がないみたいで残念。ああ。やっぱり、もっと本が買える生活をしたい。お金よりも置き場所が問題だ。


「つぶやき集」は。
私がツイッターのヘビーユーザーだった頃に。
つぶやいた言葉を月ごとに「まとめ」ていたもの。

日記的な。わざわざ人目に晒すものでもないような。
あまり明るくはない心象風景と、読書感想、映画感想。
仕事の愚痴、夕ご飯のメニュー・・・そんな内容でした。

ツイッターは2016年に辞めました・・・公式には。
実はアカウントは「検索用」に作り直しています。

気がついたら、時々つぶやいていました。
とはいえ、2017年のツイートはたった14件。
内容も、本と映画と展覧会のことだけ。

ですので。こうして収録(?)することにしました。
今後も、本と展覧会と映画と音楽に関してのみ、転記します。
というよりも。それしか呟かないかな、たぶん。

月ごとにまとめて副題をつけますね。内容がわかるように。
そもそも、毎月呟くかどうかもわからないのですけれど。

誰にでも描ける! k.m.p.の、イラスト旅ノート。  k.m.p.

4533114407
ジェイティビィパブリッシング
Amazon

旅ノートのアイデア、てんこもり。

イラストや色づかいが、私の好みと違いまして・・・
とにかく、ギュウギュウ盛り沢山。
楽しんで書いておられるんだなぁと思います。

あと、アイデア満載なので、何か参考にはなるかも。
私、そもそも旅をあまりしないし。
旅ノートねぇ・・・作ったら面白いかもだけど。
正直、面倒くさいなぁ。この本読むと余計、そう思う。

でも。イギリス旅行した時は作りましたよ!

うん。海外へ行く機会が貴重だから記録を残したくはなる。
またそういうことがあれば、作る・・・かもしれない。

しかし、大人っぽく、シックな旅ノートにしたいです。
この本のノートは大変コミカルなテイストなのですよ。

あと。頑張り過ぎ?
これだけ詳細なノートを作るのって大変過ぎると思う。
趣味というより、仕事?っていう感じ。
雑誌の編集に限りなく近い雰囲気です。

道具もたくさん必要だし・・・

凝り性な人なら、このくらいやっちゃうのかもなぁ。
私は無理だなぁ・・・

(2017.9.28)

「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術  橋本淳司

4479792880
大和書房
Amazon

なんだろう・・・合わない。

ちょっと、ピンと来ませんでした。
私、箇条書きがとことん、向かない人間なのかも。

そもそも箇条書きを必要する場面がありません。
職場で・・・とか思いましたが。
それはそれなりにナントカなってます。

無意識に出来てることもありますね。
いい悪いではなく、私には必要のない本でした。

必要なくても「魅力を感じる」ということもありますが。
残念ながら、本書は該当しませんでした。

(2017.9.16)

ayacoの手帖のつくりかた  ayaco

4847092341
ワニブックス
Amazon

手帖の中身というより、外見のカスタマイズ。

DIY要素の濃い本です。
モレスキンを自分のデザインに変身させるというのが主な内容。
他の手帖にも応用出来なく・・・もない・・・?
いや。9割方、モレスキンでないと無理。

モレスキン好きで、自分仕様に作り替えたいひと向き。
おしゃれなことは、おしゃれです。
ペンホルダーの作り方も丁寧に解説されています。

でも、まぁ。基本的に私とは手帖の使い方が違う。
外見を飾ろうという熱意はあまりないのです。
昔はスタンプを押したり、シールを貼ったりもしましたが。
なんだかんだで。黒い無地のまんまが私は落ち着きます。

(2017.9.10)
参考になったとは言えませんが。
創意工夫に溢れていて、眺めて楽しい本でした。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***