FC2ブログ
Loading…
 

まだ定かならぬ決意とともに。

IMGP9540cosmos.jpg

私とブログの誕生日が今年もやって参りました。
誕生日にブログを始めたので、記念日が重なるのです。

何回目の誕生日かということは明かしませんが。
まぁ、だいたい人生半ば、ということにしましょう。
ん? そんなに生きないか・・・・生きないな、たぶん。

そして。ブログの方は、とうとう8歳!

初期の頃しか、毎日更新はしていませんし。
一ヶ月以上停止したことも何度かあります。
それでも、辞めることなく8年続いたわけで。

頑張った!とは。なんだか今は思えません。

振り返れば色々あったし。
でも、それを気に病む余裕もないほど近年は忙しく。
悩むことがありすぎてブログのことで悩んでもいられず。

だけど。時々。
すごくすごくすごく悩んで記事を書いてた頃が懐かしくなる。

きっと。歳をとったし。図太くなったんだな。
どんな人がどんな気持ちで読んでくれるんだろうって。
始めたころは、不安と期待が溢れていたっけ。

記事を投稿した後に。「怖い」と思うことが何度もあった。
その恐怖は、自分の発する言葉の責任というところから来ていて。

伝わらないとか、誤解されるとか、間違った印象を与えるとか。
誰かを傷つけるとか、怒らすとか、苛立たせるとか。
もしくはもっと単純に間違った情報を発信してしまうとか。

そんなに怖いなら、書かなければいいのにってくらい、怖かった。

振り返れば。
どれも。ひととおりもふたとおりも、やってますね。

十分に気を配って避けるべきことばかりですが。
完全にこれらの事故と無縁であれるとしたら。
それはよほど運がいいか、気配り超人であるか、でしょう。

自分が書きたいことを書きたいように書けば。
無事故であるのは不可能だという予測と覚悟はありました。
でも。実際に起きてみると、ほんとうに辛かった。

「それは誤解です」というのは。言い訳だと思います。
誤解されるようにしか表現できなかった側に責任はあります。
だけど、本人の努力の範囲で届かなかった場合は・・・

まぁ。それもやっぱり、言い訳です。

だけど。わかってくれる人もいるし。わからない人もいるし。
そもそも、受け取り方は受け取る側の自由なのだと思うし。
そう突き放してしまうと、なんだかとても冷たいようだけれど。

幼い頃から、あまり周囲から理解されない子供だった私は。
ある意味、初めから諦めがついているのです。
だからといって、「誰もわかってくれない」とは思っていません。

いつも。少数の、わかってくれる人がいます。

少数派であることを気取ってるのでも誇ってるのでもなく。
たまには。話の通じる人がいると信じているということ。
そして。それで満足だということでもあります。

だから。ブログを始めてみて、むしろ驚きました。
話が通じる人は、実は思っているよりたくさんいることに。

そもそも。好みや考え方が異なっていようとも。
読書好きというだけで、大きな共通点があるわけで。
感じ方の違いも、私には面白いのです。

私は「私はこう感じます。こう考えます」ということを書きますが。
それが正しい意見であるとは思っていません。

ただ、私は「私は」という主語のアクセントが強いらしく。
本人の意図せぬところで攻撃的な印象を与えるようです。

それは「書く」場面のみならず、「語る」場面も同じで。
相手を「突き刺した」ことか何度かあります。

いずれの場合も攻める(責める)つもりなど欠片も無く。
発した側としては、ひたすらうろたえるばかりですが・・・

それは相手が報告してくれて判明したことで。
知らないうちにもっと矢を飛ばしているかもしれません。

報告を受けた後に毎回びっくりしつつ、最初に思うことは。

私は何かに反対したり否定したりしたつもりはなく。
自分にとってどう感じられたかを述べたに過ぎないのに・・・
だいたい、私の感想なんかを気にする必要もないのに・・・
そもそも、そちらを目がけて矢を飛ばしてもいないのに・・・

たぶん。
この発言自体、もう、問題なんでしょうね。

ずーっと。言い続けていることですが。
私は「自己本位」の人間で。常に自分に向けて言葉を発しています。
どうも、そこが周囲の人には理解してもらえない気がする。

誰かに言葉をぶつけるという意識が本当にまったくない。
なので、ぶつけられました、と言われると面食らう。

いや。こうして、書けば書くほど、ただの言い訳で。
要するに「客観性」ってものがないのよ、思いやりがないのよ、
他人の気持ちがわからないのよ!っていう声が降ってきます。

うーん。でも。やっぱり。そうではない・・・

ちょっと。飛躍するかもしれませんが。
書き切れないので、すこし私の思考をショートカットしますね。

あの。毒舌家と言われている人(のうち私が認める本物のみ)って。
他人を刺す以上に、自分を刺していると思うんです。
無責任な人は自分を棚に上げて他人を刺しますけどね。

強い毒を持つ人は。
その毒を一番、自分に注いでいる、と。

自分自身を常に毒矢で四方八方から攻めてますので。
ある意味、毒にも矢にも不感症気味というのもあるかもしれません。

そして。日々、毒を濃縮させ。矢じりを尖らせ。

一見、毒にも矢にも見えない場合も人によってはあるかもしれず。
でも。才能ある人はみな、持っているはず。毒も矢も。

あ。いかん。しまった。まずい。

これじゃ、自分で「私は才能あります」って言ってることになる!
そういうことじゃありませんから! 断じて! 

私の毒も矢も。弱いですよ。弱過ぎますよ。もっと強くなりたい。

なんだかんだ言って。私は安易な「癒し」を信じません。
意外にもいちばん与えられる褒め言葉は「優しい」であり。
優しくありたいという気持ちは人並みにはありますけれど。

毒も矢も(もしくは刃も)持たない優しさなんて!

むむむむむ、いったい何が書きたかったんでしょうか、私。
もっと強くなりたい宣言か! ゴーイングマイウェイ宣言か!
今でも十分じゃないかと言われそうです。

そうだな。たぶん。でも。私には足りないんだな。

あー。久しぶりにこんな訳のわからぬことを書き。
そんなものを他人目に晒そうという我が神経がいささか怖い。

こう言って伝わるかどうかわかりませんが。
私はもっともっと、自分自身に毒でも矢でも降り注げる、
そういう強い人間になりたいのだと思います。

自分で、わかるから・・・
「あ、いま、誤摩化したな」「逃げたな」って。

あれ。自分との闘い宣言だったのか!
あー。まぁ。そうかな。そうかもな。そうだよな。

辞めずに続けられているだけでもいい、と。
完全に開き直り気味のブログの現状ですが。
せっかく続けて来たのだから。より良い形にして行きたい。

欲張っても無理だから、少しね。少しずつ、ね。

以下、今までの「誕生日記念記事」のリンクです。
未読かつ、ご興味のある方、かつ暇のある方はどうぞ。


2011年(1周年)「ダブル・バースデー その2~ブログ一周年」
2012年(2周年)「そして月日は巡る」
2013年(3周年)「気づけば、ブログ3周年」 
2014年(4周年)「ぶつくさ言いながら、4周年」
2015年(5周年)「とうとう5周年。ありがとうございます。」
2016年(6周年)「あ。そういえば誕生日だった・・・」
2017年(7周年)「続けて行く決意。」

奇しくも。去年の記事にも「決意」の言葉が。
今年の「決意」はそれとは内容は違うのですが。
不確かなままなので、中身を表明することは控えます。

というのは。あんまりですよね。
ひとことで言えば「時間を作る努力をする」ということです。
もっと言えば「ひまな時間を作ることを優先する」ということです。
「悩む時間を持ちたい」ということです。

そのためには。
もっともっと諦めなければならないことがたくさんあって。
かつ。自分の気持ちに素直になる必要があって。
世間一般基準の「ねばならない」を放棄する勇気も必要で。

できるのかなぁ・・・

最後に。
こんな、何がいいたいのだかわからぬ長文を読んで下さった方に深く感謝。

青い絵具の匂い - 松本竣介と私  中野 淳

4122056748
中公文庫
Amazon

熱く清い心のままに。

私。去年・・・ん? 一昨年かな?
松本竣介の絵を桐生の大川美術館で見ました。
この美術館がことのほか素敵な場所で。
今も時々、うっとりと思い返します。

行こうと思ったのは。
母が「わたらせ渓谷鐵道」に乗りたいと言い。
それにあわせて一泊旅行のプランを立て。
何となく桐生に泊まることになり。
はて。どこへ観光に行こうかと調べ。

あ。美術館がある。
しかも、ここに松本竣介の絵がある。
じゃあ、行ってみよう!

・・・という行き当たりばったりな流れでした。

彼を知っている人はあまり多くないかもしれません。
私も何か本を読んでうっすらと記憶に残っていただけ。

実はさきほど、その本の正体を捜索しておりました。
どうやら、州之内 徹「気まぐれ美術館」らしいです。 
(リンクで過去記事に飛びます)

なんとなく。見たいなぁと思い。
もしかしたら好きになれるかなと感じていましたが。
暗くて、しんどい絵だなという印象も抱いていました。

やはり実物を見ないとわからないものですね。
ひと目見て、大好きになりました。
ずーっと。ずーっと。見ていたいような絵でした。

暗い淋しい色、情景、と写真では感じましたが。
実物は都会的で瀟洒な印象がありました。

妙に怖いくらい、胸に迫ってくる何かがあって。
重苦しいとも言える気配もないではないのだけれど。

静かなのです。
その静けさが私を釘付けにしました。

この本の著者は。
松本竣介と交流のあった画家。
兄のように慕っていたというか、憧れていたというか。

老いてから振り返って書いた思い出話なのですが。
そうとは思えぬような瑞々しさのある文章。

平易な言葉遣いですが、細やかな心の持主と知れます。
華美でなく、感情的でなく、とても素直で。
想いがよく伝わってくる、いい文章だと思います。

読んでいると松本竣介がいっそう好きになり。
同時に著者のことも好きになってしまうのです。
回顧録としては異例なくらい、読んでいて清々しい。

とくに著者が俊介の絵に出会った時の感想が素晴らしい。
「精神の職人の手による絵だ、と感じた」

ああ。これだなぁ。ほんとう。この言葉はいいなぁ。
悔しいくらい、松本竣介の絵の魅力を表している。

ご存知の方はご存知でしょうが。
松本竣介の絵が「静けさ」を醸し出しているのは。
明確な理由があるのですよね。

絵の魅力を裏打ちするように。
本人がとても魅力的な人でした。
頭がよくて。格好良くて。優しくて。真っ直ぐで。
絵の世界観と本人の像が似合い過ぎるくらい似合う。

藤田嗣治とは交流はなかった彼だけど。
ニアミスというのか、すれ違いつつ意識はしていて。
画法というところでも。間接的に通じている部分がある。

画家が、画家のことを書く。
だからこそ、書けた文章だということを感じる。
専門家や批評家ではなく、自身が描く者であるからこその視点。

本書の締めくくりは、著者が心の支えとしてる松本竣介の言葉。

「絵描きはいつまでも、初めてパレットを持ったあの感激を、忘れてはいけないんだよ」


(2017.1016)
読み終えて、「この本は宝物」と感じました。
大川美術館を訪れたときの幸せな記憶と通じるからかもしれない。
でも。不思議なほど「幸せな調和」に満ちている本でもあって。
それはきっと、松本竣介のファンではない人にも伝わる気がします。
「松本竣介展」、どこかでやってくれないかしら、と思ったら。
生誕100年の2012年に行われていました。次はいつだろう?
岩手県立美術館に多く所蔵されているようなので、いつか行きたい。

2017年9月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・20冊


本の画像をクリック アマゾンへ  
タイトルをクリック 私の感想ページへ



ジェイン・オースティン―象牙の細工「ジェイン・オースティン―象牙の細工」 中尾真理
★★★☆☆
オースティンの魅力を再確認。

新 手帳で楽しむスケッチイラスト「新 手帳で楽しむスケッチイラスト」
★★★☆☆
写真が小っちゃ過ぎ!

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」 ジェレミー・マーサー
★★★★☆
あり得ないほど魅力的な書店。

ayacoの手帖のつくりかた「ayacoの手帖のつくりかた」 ayaco
★★★☆☆
手帖カスタマイズの参考に。


「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術「「箇条書き」を使ってまとまった量でもラクラク書ける文章術」 橋本淳司
★★★☆☆
箇条書きって、面倒臭いかも・・・

誰にでも描ける! k.m.p.の、イラスト旅ノート。 (単行本)「誰にでも描ける! k.m.p.の、イラスト旅ノート。」
★★☆☆☆
うわぁぁ。ガチャガチャしてる。

聖エセルドレダ女学院の殺人 (創元推理文庫)「聖エセルドレダ女学院の殺人」 ジュリー・ベリー
★★★☆☆
びっくりなんだけど。なかなか面白い。

1分で疲れがとれる!  指ヨガ呼吸法 (青春新書プレイブックス)「指ヨガ呼吸法」 龍村 修
★★★☆☆
1分では出来ないでしょー!!

1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法「世界一シンプルなこころの整理法」 赤羽雄二
★★★☆☆
これ、出来そうで出来ない。
効果ありそうであまり、ない。

煽動者「煽動者」 ジェフリー・ディーヴァー
★★★★☆
マンネリとの闘い。
好きだから許す(上から目線ですみません)

素敵にアレンジ マスキングテープをもっと楽しむ本 (コツがわかる本!)「マスキングテープをもっと楽しむ本」
★★★★☆
なるほど。この使い方があったか。

ロンドン・アンティーク物語「究極の贅沢版」「ロンドン・アンティーク物語」 小関由美 笹尾多恵
★★★★☆
アンティークはやっぱり大好き。

―かわいい紙雑貨のつくり方「マスキングテープでコラージュ」 永岡 綾
★★★★★
センスがいいわぁ・・・憧れ。

アキラとあきら (徳間文庫)「アキラとあきら」 池井戸潤
★★★☆☆
ハズレないけど、アタラない。

ミス・ムダがゼロになる「集中力」 (アスカビジネス)「ミス・ムダがゼロになる「集中力」」 須崎恭彦
★★★☆☆
参考になる部分もある。

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック「必要なのはコスメではなくテクニック」 長井かおり
★★★★☆
鵜呑みに出来ないけど。
なるほどと思うところも。

仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術 (アスカビジネス)「仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術」 鈴木真理子
★★★☆☆
参考になるところもあります。

お裁縫気分で楽しむフレンチ・コラージュ・レッスン「お裁縫気分で楽しむフレンチ・コラージュ・レッスン」 永岡 綾
★★★★★
うわぁぁ。可愛い。

大人の切り紙のほん「大人の切り紙のほん」 矢口加奈子
★★★★★
気に入ったので買いました。

オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)「オーウェル評論集」 ジョージ・オーウェル
★★★★★
傑作。


★★★★★ また読みたい本
★★★★☆ 堪能した本
★★★☆☆ まぁ満足した本
★★☆☆☆ どっちでもいい本
★☆☆☆☆ 時間のムダだった本

(あくまでも独断・偏見ですので悪しからず)


軽い本多めですが、まぁまぁ読みました。
「オーウェル評論集」はピカイチ。
「シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」も良かった。

つぶやき集 2017年10、11月 〜映画の感想

「 エタニティ 永遠の花たちへ」を観る。美しいものに溢れていた。息苦しくなるほどに。美男美女、天使のような子供たち。場面場面、人も背景も一体化して絵画のよう。あり得ないほどの完璧な美しさがあってこその説得力・・・というものを感じた。かつてこういう時代、こういう暮らしもあった、と。

女性は子供を産むだけの人生なのか?と言いたくなる人もあるであろう内容だけれど。自分と愛する夫の間に生まれる子供を心から愛し、その幸せを願い、愛情を降り注いで育てる女性の姿は無条件に美しかった。

「 人生フルーツ」を昨日やっと観れた。今日もご夫婦の笑顔を思い出して、私も笑顔になる。お二人の生活を真似ることは難しい環境に暮しているけれど。私なりに日々のくらしをていねいに生きたい。秀子さんと修一さんのような、いいお顔になれるような生き方をしたい。こつこつ、と。

「 女神の見えざる手」を昨日観た。とにかくジェシカ・チャスティン演じる主人公が格好良かった。惚れ惚れした。「境界線を超えてしまう」彼女を責める気持ちにはなれない。彼女は他人を駒の如く扱うだけでなく、自分自身を誰よりも冷酷に利用し尽くしている。その強さ、覚悟、頭脳、才能・・・感服。

何が彼女をそこまで突き動かすのか、を敢えて描いていない。過去に何かあったに違いないと周囲に勘ぐらせるほどの熱意の源を明かしていない。そこが逆に脚本として秀逸だと思う。いかにしてあの「強い女」が出来上がったかという興味を掻き立てつつ、それは謎のままにしたところ。

ミス・ムダがゼロになる「集中力」  須崎恭彦

4756918883
明日香出版社
Amazon

人が本来持っている能力にさほど大差はない?

著者いわく。
PCに例えると人間のスペックは、ほとんど同じ。
それでも仕事の能力に違いが出る理由は。
ソフトが入っているか、それを使いこなせているかだ、と。

ですので。
ソフトが入っていないなら、インストール。
ソフトが使いこなせていないなら、使い方を教えればいいのだ、と。
 
本書で紹介されていた小技を以下に、いくつか。

無計画に取りかからない

1 ステップをリストアップ
2 そのステップに必要な道具、準備をリストアップ
3 そのリストを随時改良

今必要ないことを考えない
 
1 今取り組むこととその理由をノートに書く
2 それ以外のことは終わるまで考えないと決める

ゴールを決めずになんとなくとりかからない

作業に取りかかる前に、次の項目を自問自答

・私の最終ゴールは何か?
・それをどの程度の仕上がりにするのか?
・いつまでに?
・どんな方法で?
・そのために「今」私は何に取り組むのか?
・それが終わるまで何をしないか?
・休憩時間をどれくらいで何分入れるか?
・その時間の使い方でいいか?

⇒これらを明確にして時間を使う
 慣れれば短時間でできるようになる
 頑張って習慣化を

主な仕事にかかる時間を見積もる

作業を10回やって、平均時間を計算

作業時間のリストを作っておく

⇒10分空いたら10分の仕事ができる
(5分の仕事2つでも良い)


(2017.9.10)
悪くはないですが、特に目新しい内容でもありませんでした。
  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***