FC2ブログ
Loading…
 

『雑な読書』  古屋美登里

4401643968
BURRN!叢書
Amazon

書き出しの上手さ、マネしたくなる。

いや。突拍子もないんですけどね。
だってね。羽生善治の本の紹介の出だしが、こう。

「近くの空き地に蛇が一匹棲みついていた」

かっこいいわ・・・
私、こういう書評、大好きです。
そもそも、本好きの書いた書評や読書日記が大好物なんだけど。

これは! これは! これは!

やられた!
くやしい!
楽しい!
面白い!
読みたい!
大好き!

久々に本を読みながら大興奮。
で。一周回ってやっぱりなんか敗北感。

お行儀のよい、ザ・書評って好きじゃなくて。
本とは関係ない雑談が繰り広げられるようなのが楽しい。
でも、ちゃんと最終的には話が繋がってくるというのが最上。

古川さんの書評はまさにそのタイプ。
しかも読者たる「自分」が主張しまくっている!

書評家の個性とかプライベートは邪魔という意見もあるけれど。
私は、どんな人が読んでいるかってとこが気になるの。

本の情報を知りたいわけではなくて。
本が好きな人が何を感じてるかに興味がある。

本書で紹介されてる本、かなり私は読んでいて。
だから余計に、唸りっぱなしだった。

たとえば、こんな一文。

もともと北村薫は、美しさや哀しさが消え去るのを惜しむようにして物語を書いてきた作家である。

そうなのよー。そうですよー。
あー。こういう風に表現したかったのよ。
北村薫の魅力って、ここなんだよね。

著者の読書の傾向があまりに私と近くて。
紹介される本がすべて面白そうで。
一気に読みたい本が増えました。

一年間大学へ行かず、ひたすら本を読んだという逸話も凄い。
そのとき自分にとって何より、読書が必要だと思ったそうで。
うん。若いうちに読めるだけ読んだ方がいいよね。

私ももっと読んでおけば良かったと後悔してる・・・

それにしても、ページを巡るごとにワクワクして。
ニタニタ、ホクホク、ぴょんぴょん、と心が弾む。
なんだこの底抜けのたのしさは。

(2018.2.16)
あ。古川さんの本業は翻訳家。
彼女が訳した本も、読んでみたいな。

関連記事

『あかるい物撮り』  ゆかい

4802510225
ビー・エヌ・エヌ新社
Amazon

楽しいけれど、本格的過ぎ。

えーと。もうちょっと素人臭くていいんです。
こんなにがっつりと本格的だと思わなかった!

「揃えたい物撮りの道具」というページがありますが。
私はカメラ以外、ナニひとつも持ってません。

じゃあこれから買いそろえたいかと言えば。
こんな収納に困りそうな物、欲しくない・・・

幾つか、試してみると面白いかも?というアイデアを拾い。
いまだに光の扱いかたが適当な我が身を反省し。

うん。
カメラにおいては「光」がすごく大事だよね。
わかっちゃいるんだけれど。
撮ってみてから移動する方式で・・・

毎回。あれー。どっち向きがいいんだろうって。
光の方向のことは撮る前から考えなきゃね。

(2018.3.19)
セミプロ向きかな。
道具とかスタジオとか、本格的なんです。
アイデアとセンスは楽しくて好き。
広告とか、商品紹介とか、商業向きな感じですね。

『あなたを天才にするスマートノート』  岡田斗司夫

4163735704
文藝春秋
Amazon

ま、間違いなく天才にはならないですけど。

そもそも、この本を書いた著者が天才でしょうか?
「発想力を高める」くらいが妥当なところ。

「レコーディングダイエット」でかつて一世を風靡なさった著者。
根本的にそれと同じ発想、やり方です。
「成せば成る」ならぬ、「書けば成る」

5行日記に0〜5点の点数をつけるだけ。
つまり、一日を振り返って自分の行いを5つ記して。
その横に点を書き添えるだけなんです。

自分の行動に点をつけると、徐々に習慣が変化するとのこと。
(半月ばかり試しましたが、私は変化なしでした)

本書のコラムのうちの一つが気に入りました。
タイトルは、「脳という“魔法の財布”を活かす」
著者いわく、脳は魔法の財布、だそうで。

ま、あまり上手い比喩じゃないですし。
その財布には穴があいているとか言われても・・・ですが。
なぜノートを書くか、のいちばん重要な点を述べています。

ではでは引用。
(読みやすいように、改行しています)

スマートノートに限らず、あらゆるノートの目的は、
「普段自分が考えていることを失わないため」です。

実は、私たち個人個人は自分で考えているよりも頭がいい。
しかし、せっかく考えたことを忘れたり、途中で考え続けるのをやめてしまいます。そのため、前にこの問題について考えたことがあると思いつつ、また一から考えることになってしまいます。

これが旅行であれば、1日目に10キロ、2日目に5キロ、3日目に10キロ歩いたとして、合計25キロ進んでいるとわかる。地図を見ると自分の達成度もわかります。

でも「考えたこと」は、どこにも地図がありません。
だから「どこまで考えたか」も忘れてしまいます。

ノートに記録しないと、自分がどこまで歩いたかわからなくなる。
毎日毎日出発点まで戻ってしまいます。

毎日出発点まで戻っていては、絶対に10キロ以上遠くへは行けません。
確かに頭の中のものを「すべて書き込む」ことはできません。
その地点までもどれるわけでもありません。
 
しかし、自分の考えをノートに書き貯めておくことによって、
徐々に距離を伸ばしていくことができます。
だからこそ、自分の考えを失わないために毎日ノートに書いた方がいい。 
 
「考えたこと」を地図にする、ってことね。
ま。進まずにグルグル回るんだけどさ・・・(私の場合)

私の地図は実用性はたぶん、度外視で。
森のなかで出会った小鳥の絵とか描き込むかも。
色もつけるといいよね。

私の弱い頭だと。
次にまた小鳥に会った時に前のと同じかわからない。
だから、尾が青い鳥だった、とが記録しておくといい。

わぁーきれい!と感動した花も。
月日が過ぎれば、白だったか黄色だったか忘れるかもだし。
いやいやいや、それはないでしょう!!!

・・・って思うけど。
実際は忘れるのよ。ほんとうに。

3年日記、5年日記、10年日記とつけてきて。
今年、再びの10年日記がスタートしましたが。
読み返すと忘れてることだらけだから!

行動はマメに記録している私ですが。
「考えたこと」の記録は疎かになっています。

以前は日記を二つに分けていて。

1 行動のみ記す(10年日記)
2 考えたこと・感じたことのみ記す(モレスキンノート)

・・・だったのですが。
2の方のノートがほぼ停止しちゃっていて。
もともと毎日ではなくて、一日おきくらいだったのが、
数ヶ月に一度、よほど気になることがあった時しか書いてない。

おそろしいことに考えてないんです。
なるべく、色んなことを「考えないようにしている」んです。

考えたことを書けば天才になるとは思いませんが。
考えることを禁じた脳が退化することは疑いない。

逆説的ですが。
ノートを書こうとすると考えるんです。
考えたことを書くというよりも。
考えるために書く、というのが正しい気がする。

このノート法は私にはあいませんでしたが。
自分なりのノートは書きたいなと改めて思います。

(2018.2.11)
5行日記は入り口で、ノート術は発展していきます。
詳細が気になる人は読んでみてください。
やってみたいなー面白そう、とは感じます。
で、実際やってみたんですけれど。相性が悪かった。
まず、点数をつけるっていうのは性にあわないみたい。
5行でなく、やったことを全て書き出す方が良かった。


『パトリス・ジュリアンのデザート』  パトリス・ジュリアン

4579205243
文化出版局
Amazon

飾っておきたいレシピ本。

家庭で楽しむ42のおいしいレシピ
・・・と、副題にあります。

うーん。どうだろ。特に家庭向きでもない。
読んでみて。これは作らないなーと。

まず。簡単ではない。
作り方の説明も不親切。

そして、写真では美味しそうなのだけど。
作り方を追っていくと、大して美味しくなさそう。

ていうかね。
もともと料理のセンスがある人が脱力気味に作れば。
いい具合にカジュアルでお洒落な味になるのかも。
こういうレシピがいちばん、事故る気がする。

なので。作ってません。作りません。

ただ。紙面がお洒落すぎて。
開いて飾っておいても絵になるレベル。
縦長の版型からして、ステキだし。
陰影を活かした写真がすごくイイ。

センスの塊みたいなレシピ本。

(2018.3.23)
カジュアルおしゃれな、テーブルセッティングとか。
物撮りのお手本に持って置きたいようなセンス抜群の本。



『デザイナーズハンドブック レイアウト編』風日舎 佐々木剛士

4756246621
パイインターナショナル
Amazon

手元に置きたい一冊。

デザイナーではありませんが。
レイアウトって、日頃から気になるものの一つ。

手紙とか。コラージュとか、スクラップとか。
日常的に、絵と文字を混ぜて配置する機会はあります。
バランスが、すごーく気になるのです。

あ。ブログかな・・・それより、いちばんは。
レイアウトで違和感や、心地よさが生じる。
でも。どこをどう整えたらいいかわからない。

この本があれば。すごーくよくわかる。
基礎の基礎ではありますが。
みっちりと、具体的に紹介されています。

この本自体のレイアウトがいいんですね。
とにかく、見やすい。
見やすいと理解しやすくなるんだな。

感覚的に「わかっていた」ことも。
こうして、整理して明確な言葉で説明されるとスッキリ!

(2018.2.25)
手作りのミニ雑誌とか作るのも好きなのですが。
そんな時にこの本があると心強い。
見た目がファンシーなのが玉に瑕ではありますが。
(イラストが少々可愛過ぎるんです)
例に挙げている写真なども的確でセンスがいい。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

フリーエリア

***