FC2ブログ
Loading…
 

『ななつのこ』加納朋子



可愛さの後ろの闇。

北村薫の「空飛ぶ馬」シリーズを彷彿させる。
要するに、日常の小さな謎とき。
殺人事件は起こらない。

主人公が読書家なのも同じ。
それに女子大生だし。
素敵な男性に出会うし。

それだけではなくて。
物語の中に物語があって。

この「入れ子構造」は加納さんのお得意かな。
私はね、ちょっとあざとく感じてあまり好きじゃない。

物語の中に物語がある、式はね。
どうしても説明くさいというか。
ちょっと無理を感じてしまうの。

世界観に深みを出す効果がなくもないけれど。
ツクリモノ感が強くなってしまう危うさがある。

著者の繊細な感覚が作風に生きている。
そこが少し、苦い。いや、だいぶ苦い。

なんだか、可愛らしく描けているけれど。
爽やかではない。でも湿っぽくもない。

泥々はしていないけれど。
そして澄み渡ってもいないけれど。

闇。

主人公が、実は好きじゃない。
彼女と似た感性を持っていると感じる人ほど。
この子が都合の良いキャラクターに見えるかも。

そんなに若いうちから。
こういう素質の子が上手く生きられたりしないよ。

あ。そうでもないのかな。
羨ましいのかな。

彼女は自分自身との折り合いのつけ方が上手く見える。
若いうちに自分を殺しすぎず生きる術を身につけている。

私はまだ。この年頃にはもがき苦しんでいた。
いえ。今も、だ。

優しさが全体に満ちているようだけれど。
それを感じ取って和む面もあるけれど。

闇。

構成に凝るタイプの作家さんで。
物語をキレイに緻密に作り上げるのだけれど。

そこから溢れるものに毒がある。
見落としてしまう人が多いのかな・・・

そうでなければ。
こんなにこの人の作品が「かわいい」と言われるわけがない。

闇。

私はそれを著者が描くつもりはなかったんだと思う。
こぼれ落ちてしまった、図らずも見せてしまった、と取れる。

ノスタルジーや、心地よさは感じない。
むしろ、後味は悪い。それが悪いというのではない。
それは著者の本質なのだと思う。

愛情や優しさや夢や思い出が満ちて。
まあるく、ふんわりした世界を作り上げている、と。
そんな風に感じて、この本を読める方が幸せかもしれない。

北村薫の描く女子大生の方が。
そういう意味ではファンタジーなのかな。
でも、私はそちらの方が好きなのだ。共感できるのだ。

著者が女性だからかな。
描こうとしたわけではなく、滲み出てしまった何かが。
創り上げようとしている世界観からはみ出している。

それも持ち味と取ることはできるのだけれど。
残念ながら、それゆえに。
私にとっては繰り返し読みたいとは思わせない作品。

(2019.3.10 読了)
私のように感じる人は多くはないと思います。
加納朋子さんの作風自体は好きなんです。
読んだ時期が悪かったのかもしれない。
心底、癒しを求めている時は。
敏感に「闇」を感じとるのかもしれない。
そして元気な時はその「闇」も美しく見えるのに。
そんなものを見せてくれるな、と思ってしまうのかもしれない。
もっと「必要性」を感じさせる「闇」なら良かったのですが。


『牧神の影』 ヘレン・マクロイ


情景描写の美しさ。

ミステリにあるまじき……っていうと語弊あるな。
描写の美しいミステリだってあるんですけれど。
でも。ほんと、繊細な見事な描写だな。

じわじわじわ……と迫ってくる。
いいなぁ。

正直、謎解き部分で拍子抜けして。
直前に犯人はわかったのですけれども。

ま。でも。楽しめた。
傑作ってことはないけれど。佳品です。

ヘレン・マクロイは作風が好きだな。
シリーズものも書いてるようのなので読んでみよう。

(2018.10.3)

2019年2月に観た映画

2019.03.29 映画   comments 0
女王陛下 2/26
女王陛下のお気に入り
★★★★

監督 ヨルゴス・ランティモス
2018年 アイルランド・イギリス・アメリカ合作
120分

オリビア・コールマン
エマ・ストーン
レイチェル・ワイズ


楽しかったなー。
アカデミー主演女優賞のオリヴィア・コールマン、さすがです。
エマ・ストーンも、レイチェル・ワイズも良かった。
女優さんたちの演技、見応えありました。

そして。衣装が美しい。
画面がことごとく美しい。
一場面一場面、切り取って絵になる。

話はね。結構、下衆な内容ですよ。
とにかく、お上品ではない。
その割には意外と映画そのものは下品ではない。

あな恐ろしや、という女の闘いではあるのですが。
不思議と後味は悪くないのね。
勝っても負けても幸せではないわけですけれど。

絶対に、好かれないタイプの三人の女。
強かで、あざとくて、執念深くて、自己中で。
淋しくて、可哀想で、自業自得で、あっぱれで。

救われないのだけれど。
しぶとく生きていく女たち。

クセがあるし。芸術的でもない。感動作でもない。
万人にお勧めできる作品ではありません。

好きな人は好き、な感じ。
コクもキレもある俗っぽさとでも言えばいいのか。
私は自分でも意外なくらい気に入りました。

心の整骨  003 beauty

2019.03.29 beauty   comments 0
平均点の美ということと、個性の美ということは、
白と黒ぐらいに、ちがっているはずである。
はっきりいえば、個性を生かすということは
欠点をなくすことでなしに、
むしろ逆に、欠点を強調することだと思う。
個性を生かすということは、
自分の欠点が、どこにあるかを知って、
その欠点が、なによりの魅力になるように、
誇張したり、強調したりして、
みがき上げることである。
その意味では、大多数のひとは、
逆の方向に歩いている。
その結果、面白くも、おかしくもない、
うすぼやけた印象しか与えないものになろうとして、
苦労しているとしか思われないのである。

           花森安治『灯をともす言葉』 

「心の整骨」って?と疑問な方はこちらをお読み下さい。
「心の整骨  まえがき」

関連記事

『スティール・キス』ジェフリー ディーヴァー


それでも、ライムとサックスが好き。

悪の種類?
うーん。なるほど。
犯人像の傾向をちょっと変えてみたのね。

ジェフリー・ディーヴァーは、とにかく頑張っている。
読者を楽しませよう、退屈させまい、と。

しかしだな。
まぁ。正直。迷走気味ではあるかな・・・
スマート家電が凶器になる、っていうのは。
うん。現代的だよね。タイムリーだよね。

ちょっと。ぞぞーっとしたよね。
犯人像も。ある意味、この感じは今っぽいかも。

で。なんか、妙にてんこ盛りなのね。
あれやこれやと同時進行してて。

どうも、スッキリと面白いとは言えない。
でも。じわじわと楽しめなくはなく。

そうそう。レギュラーになりそうな、新人物も登場。
いや。頑張ってるわ。ディーヴァーは。
(頑張ってるって・・・二度目の発言だけど、褒め言葉?)

なんだかんだで、ライムとサックスが好き。
ずっと。二人を陰ながら応援してる。
作者のディーヴァーも応援してる。

頑張ってるのはすごく伝わってくるので。
これからも頑張って下さい。

(2018.12.10)
まぁねぇ。「頑張り」が見えるのがそもそも失敗ではある。
見えちゃいけないわけですよ、そこんところは。
読む側が余裕をなくすほどの面白さではないってこと。
読者の裏をかくことは、もう難しいよね。
色々、やり尽くしちゃったものね。
本作でも「サプライズ」を幾つも用意してあるんだけれど。
なかなか、もう吃驚も出来ないんだよねぇ。
正直なところ。シリーズが長くなり過ぎている感は否めない。
ライムとサックスに愛着があるから読んでいるんだよなぁ。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***