FC2ブログ
Loading…
 

『六甲かもめ食堂の野菜が美味しいお弁当』船橋律子

誠文堂新光社
Amazon



とりあえず美味しそう。

「少しの仕込みで生み出す毎日食べたくなる味」
・・・と、副題にあります。

一つだけ、作ってみました。

プチトマトのしょうが酢和え

プチトマト10個(150g)

<A>
おろししょうが 小さじ1/2
酢 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
塩 少々

1 プチトマトを湯むき
  (熱湯に10秒くぐらせて冷水にとり水気を取って皮をむく)

2 Aで和える

えっと。簡単にできました。
食べてみると。生姜好きの私ではあるのですが。
生姜が効きすぎてバランス悪く感じてしまいました。
次、生姜少なめで作ってみます。

以下、作ってみたいレシピ

黒ごまポテトサラダ

じゃがいも 大4個(500g)
きゅうり 一本
コーン缶(粒)50g

A
塩こしょう少々
酢 大さじ1

B
マヨネーズ 70g
黒ごま(する)大さじ3
醤油 小さじ1

1 じゃがいもは皮を切り2cm角に切る
2 ざるに入れ蒸し器で柔らかくなるまで蒸す
3 ボウルに移し、Aで下味をつけ冷ましておく
 (好みでじゃがいもを潰しても良い)
4 きゅうりは薄切りにして塩もみ、水気を絞る
5 コーン缶の汁を切り、加え、Bで和える

ポテトサラダ

じゃがいも 大4個(500g)
たまねぎ 大1/4個(80g)
人参 中1本(50g)
きゅうり 小1本
りんご 1/4個

A
塩こしょう少々
酢 大さじ1
 
B
マヨネーズ 100g
粒マスタード 大さじ1

1 じゃがいも皮をむき2cm角に
2 玉ねぎは半分に切り薄切り
3 人参はいちょう切り
4 それぞれざるに入れ蒸し器で火が通るまで蒸す
5 蒸しあがったらじゃがいもは潰してAで下味
6 その他はそのまま冷ます
7 きゅうりの塩もみ、りんごのいちょう切り(塩をする)を加える
8 Bで和える

さわらとにんじんのマリネ

さわら 2切れ
人参 1/2本
塩こしょう 少々
小麦粉適宜

A
はちみつ 大さじ1
酢 大さじ3
塩 少々
サラダ油 大さじ1と1/3

1 Aは合わせておく
2 人参はピーラーで細長くむき、塩少々を加えてもむ
  10分置いてしんなりしたら水気を絞り、Aにつけておく
3 さわらは一口大に切り、塩こしょうし、小麦粉をまぶす
4 フライパンに油を熱し、中火で3〜4分、
  中に火が通り両面がこんがりなるまで焼く
5 焼きたてを2に加えて冷ます

人参の梅煮

人参 1/2本
梅肉 大さじ1
かつおぶし 適宜

1 人参は5mm厚さの半月に切る
2 小鍋に入れ水100cc、梅肉、鰹節を加え火にかける
3 煮立ったら弱火にし人参が柔らかくなり汁気がなくなるまで煮る

白菜と炒り卵のサラダ

白菜 350g
ほうれん草 1/2把
卵 2個
バター(無塩) 10g

A
砂糖 大さじ1/2
塩少々
昆布茶 大さじ1/3

B
砂糖 小さじ1
塩少々

C
マヨネーズ 大さじ2
醤油 少々

1 白菜は2cm幅に切り茹でてざるに上げる
2 粗熱がとれたら絞ってボウルに移し、Aを混ぜ冷ます
3 ほうれん草はさっと茹でて冷水にとり、絞って3cmに切る
4 卵にBを加えて混ぜ、フライパンにバターを熱し、炒り卵に
5 白菜をもう一度絞り、ボウルに移し、全てを和える

キャベツと人参のカレーサラダ

キャベツ 2、3枚
人参 1/4本(50g)

A(カレードレッシング)
カレー粉 小さじ1/2
酢 小さじ1/2
塩 小さじ1/4
こしょう 少々
サラダ油 小さじ2

1 キャベツはざく切り、人参は千切り
2 耐熱容器に入れラップしてレンジで2分
3 水気を捨て、熱いうちにAを混ぜ合わせて冷ます

えのきとじゃこのさっと炒め

えのき 1パック
ちりめんじゃこ 10g
サラダ油 大さじ1/2
青のり 適宜

A
酒 大さじ1
水 大さじ1
醤油 小さじ1
塩少々

1 えのきは半分に切りほぐす
2 フライパンにサラダ油を熱し、1を中火で炒める
3 しんなりしたら、Aとじゃこを加え強火にし、さっと炒める
4 火を止めて青のりをふる

プチトマトのしょうゆ炒め

プチトマト10個(150g)
サラダ油 大さじ1/2
醤油 小さじ1/2

1プチトマトは洗ってへたをとる
2フライパンに油を熱し、中火で炒める
3皮がはじけ出したら手早く醤油を加えさっと炒める

レシピだけ見てると。
これって、美味しい???と感じなくもないですが。
野菜のレシピが多いのが嬉しい。

ポテトサラダのレシピ、まだありました。
私、ハムを食べない人なので。
ハムなしのポテトサラダレシピはありがたい。

黒ごまかー。これは良さそう。
作ってみたら感想載せます。

あと。六甲にはちょくちょく行くので。
六甲かもめ食堂で一度食べてみたいな。

(2019. 11.4 読了)

『二度寝で番茶』木皿 泉

2020.01.22 木皿 泉   comments 0
 双葉文庫
 Amazon


気が合う友人とお喋りしてるような

読んでいて楽しい。
夫婦脚本家、木皿泉。
この二人、いいわー。

癒される。
なんか、ほっとする。

マトモなんだな。
変人の部類に分類されそうな二人だけれど。

ああ。生きていけそう、って思う。読んでいると。
特別なキラキラする言葉ではなく普通の言葉で。
とても大切なことが書かれていると思う。

突き刺さってくるような鋭さではない。
ほんわか、ふわふわ優しくもない。

ちょっとトボけた感じの。
でも。油断した隙をチョンと、突いてくる感じの。

ジーンと浸みるというより。
あ、そうだそうだ!という感じの。

気づいているようで気づいていないこと。
日常の中の大切にしたいこと。

やっぱり私は色々忘れている。
あれこれ置き去りにしている。
そうでなきゃ生きていけないと開き直っている。

そのことが精神的には「無理」なんだと思う。
ぎっしり無理してる自分に気付かされる。

でも。
責められているように感じたり。
反省しなきゃと感じたりはしなくて。

親しい友人が。ガハハと笑いながら。
「あかんやーん!アンタ、それ!」と
パーンと肩を叩いてくれたような。

そういう感じだ。

深刻じゃないんだよね。
いや。実はしばしば重いことを語っているのだけど。

で。救われる。
アハハハと笑いながら。
肩に入っていた力が抜ける。

格好つけて言えば。
明日からの自分に希望が持ててくる。

「湧いてくる」っていうべきなんだろうけど。
「持ててくる」っていう変な日本語をあえて使いたい。
・・・なんとなく。

(2019. 9.20 読了)
シュールな挿絵も愉快です。
関連記事

『 ひでこさんのたからもの。』つばた英子

 主婦と生活社
 Amazon



今日中に終わらせなきゃっていうのはない

「いっぺんにやろうとするからいやになっちゃうの。明日やったっていいと思えば、気分も楽でしょ。最近はもう、そういうペースにしたから」

 編み物や機織りは1日1時間、テーブルクロスのアイロンかけも一度にたくさんはやりません。
(中略)片づけもそう。畑もそう。手仕事も料理もそう。今日中に終わらせようとせず、少しずつがちょうどいい。
「楽しくやらないと」がしゅういちさんのモットーだからね。


そう。無理しないって、大事なんですよね。
「最低、今日中にこれだけは!」とか、
「ここまでやっちゃってから寝よう!」とか。

ま。そういうのは若い人のリクツ。
もう私もそろそろ、ひでこさん流にのんびりしよう。

(できるかどうかはさておき)

しゅういちさんの病気以来、減塩にも取り組まれましたね。
私は味が薄いと言われるくらい塩控えめ料理なんです、元々。

でも。忙しくなると。味が濃くなる
悪い傾向だな・・・。
それにね。慣れちゃうんだよね。濃い味にも。

その逆がいいんです。
薄味に慣れると、いいこといっぱいありますよ。

塩を減らすと、甘みも薄くてすむようになった。
市販のものは味が濃くて食べられなくなってきた。

とにかく出汁をしっかりとる。
鰹節、昆布、干し貝柱、エビなど、いいものを探し、
何種類かの出汁を、週に一度たっぷりとり、
切らさないように冷蔵庫に保存。

醤油は角長
富士酢
みりんの代わりにメーブルシロップ
平田牧場 とんかつソース

みりんの代わりにメープルシロップね!
これはやってみよう。

調味料は良いものを使いたいなぁ、私も。
実際は、なかなかそうもいかない(経済的に)けれど。

関西は出汁の文化とも言われますし。
出汁、好きですよ。
でも、必ず取るかっていうと・・・
余裕があるときはやります、っていうのが現実。

そうか。出汁をとる日を作ればいいのか。

血液検査をすると、いつも褒められる。
なので、多分、食生活は間違ってないと自信はある。

自覚してるのは、塩分より、やや糖分過多。
あと、バターと乳製品は好きすぎるかもしれない。

気持ちにゆとりは足りないだろうなぁ。
ゆとりはないけど怠けてる、ひでこさんよりずっと。

生活を全体的にもう少し、軽くしていきたいな。


(2019. 11.19 読了)

『忙しくても家事を楽しむ小さな工夫』田中千恵

2020.01.18 家事   comments 0
 KADOKAWA
 Amazon



なるほど、京都の人だ。

ビミョウに差別発言的なタイトルでごめんなさい。
そうだなぁ、やっぱり私。京都の人苦手なんかなぁ。

「京都の人」と一括りにするのが間違ってるよね。
うん。うん。だけど。やっぱり、京都人の特性ってありますよ。

それは・・・まぁ苦手な部分と。憧れの部分に分かれる。

京都の人の暮らしぶりには、流石と思わされる。
衣食住へのこだわりというか、美意識というか。

特別な人だけがそうなのじゃなくて。
全体的に。一般の人も意識が高いと感じます。

この本の中で言えば。
「忙しくても、だしだけは取っておく」

京都人じゃなくても、やってる方はいらっしゃると思います。
ただ、なんかこの発言に京都っぽさを感じてしまうのです。
えっと。心から尊敬いたしますが。うん。

見習いたくても、見習えないかな・・・

暮らしぶりは。穏やかに健やかに、静かに美しい。
和でもないけど、洋でもない。
この和モダンというか、和洋折衷は私の苦手な感じ。

でも。それは見た目の問題で。
暮らしぶりとしてはとても好ましい。
いい空気が流れてるお宅ですね。

まぁ。どうってことないって言えば。
どうってことないような内容で。
目新しい発見といえば。

たこ焼き器でホットケーキをやく!
これいいな。でも、たこ焼き器捨てちゃったしな・・・

簡単おつまみが載ってる中で、これやってみよう。

レンジで水菜の豚巻き

水菜を洗って食べやすい長さに切り、豚肉でくるくると巻く。
耐熱皿にのせラップし、レンジで5分くらい加熱。
刻んだネギと大根おろしをたっぷりのせ、ポン酢をかける。


(2019. 11.3 読了)
特に参考になったところはないのですが。
きちんと暮らすって、やっぱりいいなと思わされます。

『大人のヘルシー弁当』

レタスクラブMOOK
Amazon




お財布と胃に優しいお弁当レシピを探して

「体にも、家計にもやさしい」と副題にあります。
あ。私の望みにぴったり!

何しろ、お財布の中身が潤沢とは言えないし。
胃腸は弱いし(だから正直、冷たいご飯とおかずが苦手)。
お弁当って、どうしても味付けが濃くなりがちだしね。

さて。作ってみようかなのレシピをいくつかメモ。

さつまいもとヨーグルトのサラダ

さつまいも 1/5本(50g)
レーズン 小さじ1

A
プレーンヨーグルト 小さじ1
マヨネーズ 小さじ1
塩、粗挽き黒胡椒少々

1 さつまいも は皮付きのままラップで包み、レンジで1分30秒
2 粗熱が取れるまで冷ましたら1,5cm角に切る
3 さつまいもとレーズンを合わせ、混ぜ合わせたAで和える

にんじんの甘煮

人参 1/5本

A
はちみつ 大さじ1
バター、塩 各少々

1 小鍋に5mm厚さの輪切りにした人参とかぶるくらいの水、
  Aを入れ、オーブン用ペーパーで落し蓋して火にかける
2 煮立ったら弱火にし、柔らかくなるまで煮る

ブロッコリーの胡麻和え

ブロッコリ 3房

A
白すりごま 小さじ1
砂糖 小さじ 1/3
醤油 少々

1 ブロッコリは水にくぐらせラップで包みレンジで約20秒加熱
2 Aを混ぜ合わせ、ブロッコリを和える

大根の梅和え

大根 1cm
梅肉 小さじ1/4

1 大根を薄いいちょう切りにする
2 ポリ袋に入れ、梅肉を加えてもむ

菜飯

大根の葉 適宜
温かいご飯 150g
白いりごま少々
塩 少々

1 大根の葉は塩茹でし、冷水にとって水気を絞り、粗く刻む
2 ご飯に、1とゴマを加えて混ぜる

タンドリーチキン風弁当

鶏ささ身 2本

A
ヨーグルト 大さじ1
トマトケチャップ 小さじ1
ウスターソース 小さじ1
カレー粉 小さじ1/4

オリーブ油 少々
塩こしょう少々

1 鶏ささ身は、混ぜ合わせたAに1時間から一晩つける
2 オーブントースターの天板にペーパーをひき、
  ささ身のたれを軽く拭き取って並べる
3 12〜15分焼く

キャベツの塩昆布和え

キャベツ 1枚
塩昆布 小さじ1/2

1 キャベツは食べやすくちぎる
2 塩昆布と合わせて和える

ポークオニオン炒め

豚こま切れ肉 100g
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
塩こしょう 適宜
サラダ油 小さじ1

A
酒 小さじ1
ウスターソース 小さじ1
オイスターソース 小さじ1

1 豚肉は塩こしょう
2 玉ねぎは1cm厚さのくし切り
3 パプリカは3〜4cm長さの細切り
4 フライパンに油を熱して豚肉を炒める
5 色が変わったら、玉ねぎとパプリカを加える
6 Aで味付けし、塩こしょうで整える

きのこのチーズソテー

粉チーズ 小さじ1弱
エリンギ 大1本
マッシュルーム 3個
オリーブ油 小さじ1/2
塩こしょう

1 エリンギは3〜4cm長さ、1cm幅の薄切り
2 マッシュルームは薄切り
3 フライパンにオリーブ油を熱して1と2を炒める
4 しんなりしたら粉チーズをふり、塩こしょうで味を整える

プルーンの紅茶煮

プルーン 10個
濃いめに入れた紅茶 1/4カップ
砂糖 大さじ1/2〜1

1 小鍋に材料全ていれる
2 オーブンペーパーで落し蓋し火にかける
3 煮立ったら弱火にし、汁気が少なくなるまで煮る

小松菜のからし和え

小松菜 2株

A
だし汁 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
酢 小さじ1
醤油 小さじ1
練り辛子 小さじ1/4

1 小松菜は水にくぐらせラップで包み1分レンジ加熱
2 冷水にとって水気を絞り、3cm長さに切る
3 Aを混ぜ合わせ、小松菜を和える

干し椎茸のオイスターソース煮

干し椎茸 3枚

A
みりん 小さじ1
オイスターソース 小さじ1

1 干し椎茸は、ぬるま湯1/2カップに1時間つけて戻す
2 水気を絞り、軸を除いて4等分に切る
3 小鍋に戻した干し椎茸と戻し汁とAを入れる
  オーブンペーパーで落し蓋して火にかける
  煮立ったら弱火にし、汁気がなくなるまで煮る


(2019. 11.11 読了)
こんなにレシピを載せちゃっていいのかしら・・・
簡単で材料がシンプルなレシピが多くて実用的。
私が選んだレシピは副菜ばかりですが(笑)
ちなみに毎日頑張ってお弁当を作っています。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***