FC2ブログ
Loading…
 

2011年 6月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・18冊

本の画像をクリックするとamazonへ、タイトルをクリックすると私の感想ページへ飛びます。

悪意 (講談社文庫) 「悪意」 東野圭吾
自らの「悪意」に蝕まれていく・・・
無さそうで、ありそうな話。
騙される心地良さがある。

始末な暮らし 「始末な暮らし」 阿部絢子
部屋づくりも、整理整頓も、死の準備。
そうかもしれない。

おいしいくふうたのしいくふう―山本さんの愉快な家事手帖〈2〉 (ORANGEPAGE BOOKS) 「おいしいくふうたのしいくふう」山本ふみこ
楽しくなれて。心が伸び伸び。
山本ふみこさんの本は、よく効く栄養剤。

ロンドンのガーデニング 「ロンドンのガーデニング」 ジュウ・ドゥ・ポゥム
お庭好きさん、この指、とーまれ!
「秘密の花園」を思い出しながら眺めました。

Rose Book―今、最も美しく新しいバラ図鑑625品種 「Rose Book―今、最も美しく新しいバラ図鑑625品種」
綺麗なバラが、たくさん♪

こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍 「こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍」
東北の手工芸が好きなのです。
なかでも、「こぎん刺し」が!

苦役列車 「苦役列車」 西村賢太
芥川賞、納得の作品。
これは、やっぱり凄いのだ。

沼地のある森を抜けて (新潮文庫) 「沼地のある森を抜けて」 梨木香歩
力作ですが、やや空回り・・・。
主人公の性格、私に似てます。

きことわ 「きことわ」 朝吹真理子
すみません。
どうしても許せなかった小説。

改訂新版 宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版 「宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版」 宇野功芳
懐かしい。
宇野功芳氏のクラシック批評。

貧乏入門 「貧乏入門」 小池龍之介
本物の貧乏、がわかります。
煩悩を捨てなきゃ、タダのケチ。

どんなことでもムリせず3週間以上続けられる本 「どんなことでもムリせず3週間以上続けられる本」 菊原智明
良い習慣をつけるための具体策。
とても参考になります。

寝ても覚めても本の虫 (新潮文庫) 「寝ても覚めても本の虫」 児玉清
児玉さん・・・。
大好きでした。

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) 「宇宙は何でできているのか」 村山 斉
頑張って読むべし。
面白いけど難しい・・・。

静思のすすめ (文春新書) 「静思のすすめ」 大谷徹奘
仏教が身近になります。
静思を語りつつ、にぎやかな印象の人。
その人柄に心が温まります。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」 村上春樹
面白い。
インタビューから見えてくる、
村上春樹の作家としての立ち位置。

煩悩リセット稽古帖 「煩悩リセット稽古帖」 小池龍之介
煩悩をリセット。
できたらいいな。できるかな・・・。

神々の杜 「神々の杜」 石橋睦美
しーんと心に静けさが。
この写真家の、切り取る場面が好き。


以下、今月の私のつぶやきです。
やっと。やっと。6月を振り返れました。
こうして一覧にして眺めると、何だか遠い昔に読んだ本のような気がしてくる。
なぜなんだろう・・・。

感想を書くのがしんどい本に、よく遭遇した月でした。
読むより書くことを頑張った!と自分では思っています。

よく書けたかどうかはともかく、何とか思いを言葉にしようと、
かなり、ジタバタと足掻きました。

感想を書き辛い本はそれだけ、読み応えがあったということで。
考えようによっては、良き読書月だったと言えましょう。

さてさて。そういえば、夏本番。
去年の今頃は涼しい本を探していたような気がしますが。
今年の夏は、どうしようかなぁ・・・。

関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1008-73697d55

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 2011年 6月に読んだ本
  • 2011年07月27日 (水)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***