FC2ブログ
Loading…
 

おいしいくふうたのしいくふう  山本 ふみこ

4873036143
ORANGEPAGE BOOKS
Amazon

ふしぎな、と私には思えてしまうような、
伸びやかな、発想と話術を持つ人だ。
あれ?と思い。あっ、と気付かされ。

彼女の文章は私の心に小さな旅をさせる。
そして、思いがけぬ場所に、ストンと降ろされる。

エッセイのひとつひとつに、へぇぇ。ふふふ。なーるほど。
・・・私のアタマ、ずいぶんと硬直してたのだ、と
彼女の発する柔らかなコトバと思考に教えられる。

日々の暮らしのアイデアや美学を語る本は、
にょきにょきと気味悪いほど、書物畑に生えているが。

どこかの学派に属してるの?と尋ねたくなるような、
分類できる、似たカオをもっているものが多い・・・気がする。

山本ふみこさんの書く文章は面白い。
話の展開がスキップしている。カツカツとまっすぐ歩かない。
リズムよく、楽しげに弾んでいる。

おやおや。私、毎日、何を見て暮らしてるんだろう。
「あおむしさんたちっ」と青虫に話しかけるところから、
思わぬドラマが展開する彼女のエッセイを読み、感じる。

心の隙間を、形あるもので埋め尽くさねばならぬとばかりに、
頭に心を従属させ、窮屈に生きることが、すっかり習い性な私。

ああ、勿体ない!こんなワクワクが身近に溢れているのに。

ふみこさん、ありがとう。
くふうは、たのしいですね。えがおの素ですね。
私の心が、久しぶりに大口を開けて、笑いましたよ。

(2011.6.14)
すぐ、読めちゃいます。字、少ないので。
しかし、この少ない言葉数に包まれるものが大きい。
自分の中にも、この広場はあるはずなのに。
どうしてつまらぬ、しゃちほこばった理屈に占拠させてるのだろう。

ふみこさんにかかると、思いもかけぬところに楽しさが生まれ、
澱んでいた空気もぱっと明るく晴れ渡る。
何か新しい朝をプレゼントしてもらったような、
そういう清々しさを送り届けてくれる本です。

おいしそうなお料理のレシピも載ってます。



関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1012-a5985df2

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • おいしいくふうたのしいくふう  山本 ふみこ
  • 2011年06月18日 (土)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***