FC2ブログ
Loading…
 

自選・つぶやき集

ツイッターのつぶやきを日ごとに区切って
自動で「まとめ記事」にしてくれるサービスがあり。
導入するかどうか、ただいま悩んでおります。

ツイッターやってない人にも、つぶやきを読んでもらおうというのは。
ただの自己顕示欲なのか!?

自慢じゃありませんが、私のつぶやきは「疲れた~」「暑い~」と
ひとことで終了することは、絶対にありません。
99%、140字ぎりぎり一杯までの長さのツイートです。

読み応えがあるのか、暑苦しいのかは・・・悩ましいところ。

本日は、私のツイートの中からランダムに選んで並べてみました。
皆様の反応を見て、「まとめ記事」導入するか否か決めようと思います。

昨日一日、「今、ここ」に集中するよう心掛けて過ごした。真剣にというのでもなく、なんて言うのだろう、心をしっかりと「ここ」に向ける。お皿洗いをするにしても、ぼんやり考え事しながらではなく、「お皿を洗ってる自分」に100%意識の焦点を合わせる。そしたら、何をやっても楽しくなった。

ストレスって。種はあるのだとしても。自分でせっせと大事に育ててしまってることが多いのでは?うん、そうだ。考えてみれば思い当たる。負の感情を育てるのにエネルギー使ったら、勿体ない。かと言って無視したら、暗闇で大きく育ってしまう。ちゃんと見つめる。でも振り回されない。できるかなぁ?

大好きな石井ゆかりさんの占い。今日は食べ物に運を例えてらした。「魚座はマシュマロ。やさしいかわいい、嬉しい味がする」となってて。これ読んだだけで、気持ちがふんわり。でも正直、どんな良いことがあるかイメージが湧かなかった。今、うれしいお便りを2つ読み、嬉しい味を心に転がしている。

大谷徹装『静思のすすめ』読了。仏教に全く興味のない私。なぜ、この本を手にとったのだろう?きっとどなたかが素敵な書評を書いておられたのだ。お礼を申し上げねば。「我」の強さに苦しむ若き僧の姿。その彼が無条件に憧れ、尊敬した高田好胤という名僧。道に迷う多くの人々。不覚にも涙がこぼれた。

こんな早く夏が来ると思わなかった。始まったばかりの夏に、すでに物憂く沈みかけている心。奮い立たせる、もしくは慰める言葉を探す。「われ 石と鉄の建物のあひまに / 何やらむ花の白きをみたり / 物すごき花の心なるかな / 鉄と石のあひまに咲き輝けり」・・・室生犀星「夏 花」

昔々の雑文の山の中に。漢字ばかりのメモを見つける。「湯金器」「指約石」「赤甘果」「色石装銀」「赤光華石」「添獣」「爪飾」「指縛金輪」・・・物語の為の言葉を作ろうとしてたらしい。今では何のことやらさっぱり。「色石装銀」の横にのみ、「アクセサリ」とふってある。じゃあ「添獣」はペット?

140字の空白を埋めること。その小さな、流れ去るスペースに何が込められるというものでもないのだろうに。限られた空間が、むしろ安らぎのようなものを生み、留まらず瞬く間に消える言葉に、ささやかな自由を錯覚する。人の心は、時にとても単純に、身近に幸せを見つけるものらしい。彷徨いながら。

母が夕食のおかずを並べながら呟いた。「何だか、可愛い味だわ・・・」ん?可愛い味って、どんな味~?なんか、アリそうでナイ斬新な表現ではないか!?いったい今日のおかずのどれが、可愛い味なのっ?とテーブルの上を見た私の目に飛び込んで来たものは・・・小ぶりの鯵。ああ、可愛い鯵、ね・・・。

「なかを開けてみると、実にいろんなものが入っていて、その取り出し方、使い方によっては、それは無限に役立ったり、無限に美しかったりする。そういうような、小さい蔵を無尽蔵と私は名づけたい。」昔、どこからか写した言葉。出典が書いていないのだけれど・・・いったい誰の言葉なのだろう?

メモ整理の途中で発見・・・その③ 図書館で借りた本に挟まってた、以前借りた人の貸出票。★ティファニーで朝食を★めぐりあう時間たち★真珠の耳飾りの少女★クリスマスの食卓・・・なんとセンスの良い読書人。お知り合いになりたい。十中八九、女性と推察するが、もし男性だったりしたらなお素敵

やるべきことを溜めてしまって心が重い。取りかかろうと思うと、違うことをしてしまう。本も山積みになり過ぎて読みたい気分が薄れる。手が伸びるのは詩集ばかり。室生犀星の「旅上」の冒頭の「旅にいづらば / はろばろと心うれしきもの」のところに、心が立ち止まる。ああ、そうだ。旅に出たい。

読んで下さってありがとう。こんな調子で毎日つぶやいております。
ツイッターでこんな長文をつぶやく人はちなみに、皆無に近いようです・・・

「140字に過ぎゆく思いを込める」というスタンスでつぶやいてます。
コンパクトに綴る練習・・・という趣きも少しあり。なかなかこれは楽しいのです。

なおリアルタイムで読みたいという方は、こちらへ→http://twitter.com/#!/motiarukeruniwa




関連記事


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://raffiner.blog70.fc2.com/tb.php/1051-867e87fd

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。

表示中の記事

  • 自選・つぶやき集
  • 2011年07月04日 (月)

カテゴリ

カテゴリー 月別アーカイブ

 

***